連載
» 2015年11月28日 19時12分 UPDATE

ゼロから分かる格安SIM:第11回 SIMフリーの「格安スマホ」はどれを選べばいいの?

格安SIMを利用できる「SIMロックフリースマートフォン」が、続々と発売されています。今回は目的別に、オススメのスマートフォンを紹介しましょう。

[田中聡,ITmedia]

登場人物紹介

photo シムおじさん
格安SIMのことならお任せあれ。MVNOの通信サービスはもれなく契約しており、各社のサービスを日替わりで使っているSIMの博士
photo しむ六くん
格安SIMは使っているけど、通信サービスよりもスマートフォンの方に興味がある男の子。お調子者で、格好良いガジェットには目がない
photo おしむちゃん
格安SIMへの乗り換えを検討している初心者。通信よりは洋服やおいしい食事にお金を使いたいお年頃の女子。しむ六くんのお姉さん的な存在


※記事中で紹介している価格はいずれも税別。

おしむちゃん 格安SIMがいろいろあるのは分かったけれど、スマートフォンは何を選べばいいのかしら?

しむ六くん 片っ端から買えばいいじゃないっすかー。おいらは同じ機種を3カ月以上使ったことないけどね〜。

おしむちゃん あんたは取っ換え引っ換え使いすぎなのよ! だから好きな女の子もコロコロ変わるんじゃないの?

しむ六くん い……いや、その理屈はどうかと。ガジェットと人間は違うし!

シムおじさん これこれ、話の趣旨が変わってきているぞい。格安SIMを使う端末じゃが、まず、ドコモのスマートフォンなら、ドコモ回線を使っているSIMをそのまま使えるぞ。SIMロック解除も不要じゃよ。

おしむちゃん iPhoneのときと同じですね。でも、ドコモを使っていない人は困っちゃいますね。最近は「格安スマホ」という言葉もよく聞くけれど……。

「格安スマホ」とは?

シムおじさん うむ、「格安スマホ」は、文字通り「端末価格が格安のスマホ」ということなんじゃが、今、日本で出ている格安スマホと呼ばれるものは、SIMロックのかかっていない「SIMロックフリー」のスマートフォンと言っていいじゃろう。広い意味では、安く売られているキャリアの中古スマホも格安スマホなのじゃろうがの。

しむ六くん Huawei、ASUS、LG、HTC、エイサー……いろんな海外メーカーのスマートフォンが増えてきましたよね。日本メーカーでは富士通、シャープ、京セラ、ソニーモバイルもSIMロックフリー端末を出していますよね。

シムおじさん そうじゃな。これまで、日本で購入できるスマートフォンは、大手通信キャリアが発売するモデルがほとんどじゃったが、MVNOが提供する格安SIMが増えるにつれ、キャリアに縛られない、SIMロックフリーのスマートフォンも増えてきているんじゃ。

おしむちゃん ということは、auやソフトバンク回線のSIMカードでも使えるのかしら?

シムおじさん 一部、auやソフトバンクのネットワークに対応したSIMロックフリースマホもあるが、ほとんどがドコモのネットワークに合わせて作られたものじゃ。IIJ、OCN、BIGLOBEなど、「ドコモ回線の格安SIMを使う人が選ぶ端末」と言ってもいいじゃろう。

LTE対応でも1万円台から購入できる

おしむちゃん 「格安」っていうくらいだら、かなり安いんだとは思いますけど、実際、どれぐらいの価格で買えるんですか?

シムおじさん スペックはやや劣るが、高速のLTE通信に対応しながら、1万円台前半で買えるスマホもあるんじゃ。例えばFREETELの「Priori 3」(1万2800円※直販サイト)や、楽天モバイルが扱っているエイサーの「Liquid Z330」(1万2000円)じゃ。NTTレゾナントが出している「gooのスマホ」も、LTE対応で2万円台から買えるぞ。

photophoto 「Priori 3」(写真=左)と「Liquid Z330」(写真=右)

おしむちゃん えー、安い! SIMロックフリーのiPhoneは10万円前後しますよね?

シムおじさん 安い分、画面サイズや解像度が小さかったり、CPUの性能も少し落ちたりするが、Webサイトを見たり、SNSアプリを使ったりする分には問題ないはずじゃ。最近のAndroidスマホの性能は安定してきているからの。

おしむちゃん うんうん、私もスマホはカメラやLINEくらいいしか使わないから、十分かも。

しむ六くん SIMロックフリーなら海外のプリペイドSIMも使えるし、2台目のサブ機として使うのもいいですね。

日本メーカーは防水やおサイフ対応の格安スマホも開発

おしむちゃん 防水のSIMロックフリースマホはあるのかしら? 私、台所で料理をしながらスマホでレシピを見ることが多いので、防水だとありがたいなー。

シムおじさん 富士通の「arrows M01」(3万6720円※イオンスマホ)と「arrows M02」(3万2400円※mineo)、シャープの「AQUOS SH-M02」(3万8800円※gooのスマホ)、京セラの「KYOCERA S301」(2万9800円※イオンスマホ)、ソニーモバイル「Xperia J1 Compact」(5万4800円※イオンスマホ)は、SIMロックフリーで防水じゃぞ。

photophoto 「arrows M02」(写真=左)と「AQUOS SH-M02」(写真=右)

しむ六くん このへんは、日本メーカーならではですよね。

シムおじさん KYOCERA S301は、耐衝撃性能も備えていて、屋外でアクティブに使う人にもうってつけじゃ! また、海外メーカーでは、HTCの「HTC Desire EYE」(5万2800円※HTC e-shop)も防水対応じゃ。

おしむちゃん 私の周りでは「おサイフケータイ」を使っている人もいるけど、格安スマホはどうなのかしら?

シムおじさん さっき挙げたarrows M02、AQUOS SH-M02、Xperia J1 Compactはおサイフケータイにも対応しているぞい。ただし「モバイルSuica」はまだどれも対応していないので要注意じゃ。

“格安”じゃないプレミアムなスマホも登場

しむ六くん おいらは格安スマホでも、ちゃんとスペックの高いものを使いたいな〜。博士はどれをオススメしますか?

シムおじさん 「格安」というと「安かろう悪かろう」のイメージがあるが、決してそうとも限らん。ASUSの「ZenFone 2」(3万2800円〜5万6800円※ZenFone Shop)、Huaweiの「Mate S」(7万9800円※Vモール)、先にも挙げたHTC Desire EYE、FREETELの「SAMURAI 極」(3万9800円※直販サイト)、TCLコミュニケーションの「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」(3万9800円※直販サイト)、ZTEの「AXON mini」(4万円前後)などは、デザインも洗練されていてスペックも高く、大手キャリアが販売しているモデルと比べても遜色ないじゃろう。

photophoto 「ZenFone 2」(写真=左)と「Mate S」(写真=右)
photophoto 「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」(写真=左)と「AXON mini」(写真=右)

しむ六くん 4万円前後でハイスペックなSIMロックフリースマホを買えるのは、お得ですよね!

シムおじさん うむ、格安という言葉のイメージが強いが、プレミアムなスマホも最近は増えているのじゃ。

 少しスペックは落ちるが、HTCの「HTC Desire 626」(2万9800円※HTC e-shop)や、エイサーの「Liquid Z530」(2万4796円※ヨドバシカメラ)も、バランスの取れたいいモデルじゃ。

photophoto 「HTC Desire 626」(写真=左)と「Liquid Z530」(写真=右)

女性でも持ちやすい格安スマホは?

おしむちゃん 女性向けの格安スマはないのかしら? 薄くて軽いのとか。あと、カラバリがシルバーやブラックばかりのスマホが多いような……。

シムおじさん 薄くて軽いものじゃと、やっぱり「iPhone 6」(6.9ミリ、129グラム)なんじゃが、もう少し安いものがよければ、Huaweiの「P8lite」(7.7ミリ、131グラム)(2万8600円※Vモール)がオススメじゃ。

photo 「P8lite」

おしむちゃん P8liteのゴールドは、大人の女性も満足できそうですね♪

シムおじさん カラバリは、確かに大手キャリアのスマホと比べると乏しいかもしれんな。じゃが、arrows M02は、mineo限定で「ピンク」を用意しているし、ASUSの「ZenFone Selfie」(3万7800円※ZenFone Shop)も「ピンク」、Mate Sは「ローズゴールド」がある。HTC Desire EYEの「スカーレット」も女性に受けそうじゃ。

photophoto 「ZenFone 2 Selife」(写真=左)と「HTC Desire EYE」のスカーレット(写真=右)

おしむちゃん ふむふむ、カラバリも、けっこう増えてきたんですね〜。

シムおじさん HTC Desire EYEとZenFone Selfieは、インカメラが1300万画素なので、キレイに自分撮りをしたい人にもオススメじゃ!

しむ六くん 女の子たちに、「一緒にセルフィーしよう!」とお近づきになるのにもいいアイテムですね!

おしむちゃん いくらSIMフリーだからといって、フリーダムすぎるわよ、あんた!

シムおじさん 少し前までは、SIMロックフリースマホと言えば、マニアが持つイメージが強かったが、今は少しずつ端末のバリエーションも広がり、幅広いニーズに合う製品が増えつつあるんじゃ。ここで紹介しきれなかった端末もあるので、「SIM LABO」をチェックしながら、ぴったりの一台を選んでほしいのぅ。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.