ニュース
» 2015年12月10日 12時24分 UPDATE

Microsoft、「Cortana」のiOSおよびAndroid版を米中で公開

MicrosoftがWindows 10端末で提供するパーソナルアシスタント「Cortana」のiOSおよびAndroidアプリ正式版を米国と中国で公開した。PCで設定したリマインダーをスマートフォンで表示することなどができる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは12月9日(現地時間)、パーソナルアシスタント「Cortana」のiOSおよびAndroidアプリの正式版を、米国と中国の各アプリストアで公開したと発表した。

 cortana 1

 Cortanaは、米Appleの「Siri」や米Googleの「Google Now」のようなパーソナルアシスタント機能。音声での問い合わせに答えたり、予定やリマインダーをプッシュ通知してくれる。Cortanaの強みは、Windows 10搭載端末上で連係できる点。今回iOS/Androidにも対応したことで、PCで設定したリマインダーをiPhoneやAndroid端末で表示することなどができるようになった。

 例えば「○○書店で予約した本を受け取る」というようなロケーションベースのリマインダーをPCで設定しておくと、Cortanaアプリをインストールしたスマートフォンを携帯して○○書店に近づいた際にそのリマインダーが表示される。また、会議中などにスマートフォンに電話の着信があって出られなかった場合、Cortanaが相手に後で電話するとテキストメッセージすると同時にPCに電話するようリマインダーを表示する。

 cortana 2 Cortanaアプリの活用例

 Cortanaアプリは、Windows 10版とほぼ同じ機能を利用可能だが、AppleおよびGoogle側の制約により、幾つかの機能は使えない。例えば、Cortanaからのアプリの起動や「Hey Cortana」でのCortanaの呼び出しなどはできない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.