ニュース
» 2016年02月23日 18時04分 UPDATE

ドコモ、5Gの実証実験で20Gbps以上の無線データ伝送に成功

NTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)の実証実験で20Gbpsを超える通信容量の無線データ通信に成功したと発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモとエリクソン・ジャパンは、2月22日に神奈川県横須賀市のドコモR&Dセンターで行った第5世代移動通信方式(5G)の実証実験で、10〜20Gbpsを超える通信に成功したことを発表した。

 本実験は、2月17日に実際の利用環境に近い15GHz帯を用いた屋外環境で実施。両社が共同で仕様を策定し、実験用の無線基地局と携帯電話端末に相当する移動局装置で行った。

 実験では、基地局アンテナから複数のビームでそれぞれ異なるデータを同時に伝送。通信速度を向上させる「マルチビームMIMO」の利用で10Gbpsを超える無線データ通信を実現した。また、2月21日に実施した2台の移動局装置を同時接続するマルチユーザ通信実験では、受信時最大20Gbpsを超える通信容量の無線データ通信に成功した。

Photo 実験の様子

 さらに64個のアンテナ素子でビームを作り、電波の放射エリアを特定方向へ集中させる「ビームフォーミング」で、これまでの約7倍となる70メートル以上の移動局装置へ10Gbps、120メートル以上の移動局装置へ9Gbpsを超える通信速度の無線データ通信を可能とした。

Photo 実験の様子

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.