調査リポート
» 2016年06月29日 18時01分 UPDATE

MM総研、国内MVNOの利用状況を調査――「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は少数

MM総研は、国内MVNOの利用状況に関する調査結果を発表。利用者の満足度は62.7%、推奨意向は67.9%で、「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は少数にとどまった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MM総研は、6月28日に国内MVNOの利用状況に関する調査結果を発表。MVNO主要8事業者の回線速度調査のほか、MVNOの利用者3690人を対象にWebアンケートを実施して利用状況をまとめている。

 MVNO利用者を対象に、購入後の利用満足度についての「23項目+総合満足度」を5段階評価で聞いたところ、「大変満足」「やや満足」の合計総合満足度は62.7%。23項目で満足度が最も高かったのは「月額費用」の87.4%、「データ容量」の69.0%、「初期費用」の65.5%、「回線速度」の65.2%、「回線安定性」の64.1%で、現在利用しているMVNOの他人への推奨度は「勧めたい」が67.9%、「勧めたくない」が5.5%と大きく差が開いた。

Photo

 既存の通信キャリア(MNO)とMVNOのについて、全23項目について「今のMVNOで満足」「価格が安いので今のMVNOでも納得できる」「どちらともいえない」「価格が高くてもキャリアの方がよかった」の4段階評価で質問したところ、全項目で「今のMVNOで満足」が「価格が高くてもキャリアの方がよかった」を上回った。

 朝・昼・夜の回線速度に関しても「価格が高くてもキャリアの方がよかった」が3%未満にとどまり、実際の回線速度調査でも通常利用には十分な速度が計測できたという。利用者アンケートで最も満足度が高かった業者は「mineo」の71.6%で、次いで「BIGLOBE」が68.8%、「IIJmio」が68.7%だった。

Photo
Photo

 MVNOの契約時に重視した項目は「月額費用」の95.6%が最多で、次いで「初期費用」が68.7%、「回線速度」が66.6%、「回線安定性」が66.1%、「データ容量」が62.0%。オプションサービス6項目では、セキュリティ、端末補償、Wi-Fi、メールの4項目は「BIGLOBE SIM」、容量シェアサービスは「mineo」、追加SIM初期費用は「OCN モバイル ONE」の満足度が高いという結果が出た。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう