ニュース
» 2017年02月07日 16時50分 UPDATE

KDDIが「Tango」を活用した実証実験を実施 「SNOW MIKU 2017」で雪ミクとAR体験

KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは、Google社「Tango」の空間認識技術を活用した仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を実施する。「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として「雪ミク」とのAR体験を提供する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIとクリプトン・フューチャー・メディア(以下「クリンプトン」)は2月7日、仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験について発表した。

 今回の実証実験では、GoogleのAR技術「Tango」の空間認識技術を活用。クリンプトンが主催するイベント「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として、北海道を応援するキャラクター「雪ミク(初音ミク)」のARコンテンツを用意する。

Photo 「SNOW MIKU 2017」メインビジュアル

 実証実験は新千歳国際空港(北海道千歳市)の「雪ミクスカイタウン」とサッポロファクトリー(札幌市中央区)のアトリウムで実施する。期間は2月10日から12日までとなる。

 実験を実施する会場では、Tango対応のAndroidスマートフォン「Lenovo Phab 2 Pro」が用意される。同端末にインストールされた専用アプリ「ミク☆さんぽ」を起動することで、等身大の3D雪ミクが画面に表示される。雪ミクはあらゆる角度から見られるだけではなく、一緒に会場を散歩することもできる。

 また、かざした先にある絵画などに雪ミクが反応するようになっており、キャラクターが現実に居るかのような体験ができる。同端末で雪ミクが楽曲に合わせて歌って踊る姿を撮影すると、その場で写真をダウンロードできる特典も用意する。

 なお、サッポロファクトリーでは2月11日と12日に雪ミクが歌っている姿をあらゆる角度から見られるデモンストレーションコンテンツも体験できる。

イベント開催に合わせたオリジナルデータチャージカードも

 SNOW MIKU 2017の開催に合わせて、KDDIでは雪ミクを券面に描いた「データチャージカード」をau SAPPRO(札幌市北区)とauショップ サッポロファクトリー(サッポロファクトリー内)で期間限定販売する。販売期間は、以下の通り。

  • au SAPPRO:2月11日〜28日
  • auショップ サッポロファクトリー:2月11日・12日
Photo オリジナルデザインの「データチャージカード

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう