ニュース
» 2017年06月06日 05時46分 UPDATE

「iOS 11」発表 Apple Payの個人間送金、Siriの翻訳、App Storeリニューアルなど

iOSデバイス向けの最新OS「iOS 11」が「WWDC 2017」で発表された。メッセージアプリからApple Payの個人間送金が可能になる。Siriがさらに賢くなり、英語から多言語の翻訳も可能に。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが6月5日(米国時間)、開発者向けのカンファレンス「WWDC 2017」にて、iOS向けの最新OS「iOS 11」の詳細を発表した。ディベロッパープレビューを同日に配布し、一般向けには2017年秋リリースする。

 対応機種は、iPhoneが「iPhone 5s」以降、iPadが「iPad mini 2」以降、iPodがiPod touch(第6世代)で、iOS 10と変わらない。

 iOS 11では、メッセージ、Apple Pay、カメラ、Siri、マップ、App Storeなど多岐にわたってアップデートされる。

iOS 11

メッセージアプリ

 メッセージアプリからApple Payを使った個人間送金が可能になる。任意の額を決めてTouch IDで認証をすれば送金が可能になる。受信すると、Apple Payにその額が保存され、他の人に送金したり、支払いに使ったりできる。

iOS 11 メッセージ中の金額をタップすると、Apple Payの送金ができるようだ

 ステッカーや絵文字を選択する際のUI(ユーザーインタフェース)を改善し、より簡単に素材を選べるようになる。

Siri

 Siriは、「○○は●●語でなんて言うの?」と話しかけると翻訳が可能になる。まずは英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語からの翻訳をサポートする。翻訳機能はβ版で、日本語は今のところ対象外。

iOS 11 Siriの翻訳機能

 Safariで調べた場所に関連するニュースを「News」アプリで提案する、調べた単語を文字入力で予測変換する、Safariでフライトの時刻を確認すると、その予定をカレンダーに登録したかを確認するなど、ユーザーの趣味や行動に応じた先読み提案もしてくれる。これらはSiriの機械学習がベースになっており、学習した情報は、Siriが使えるiOS・macOSデバイスを横断して反映される。

カメラ

 カメラは、撮影した動画のコーデックとして、従来のH.264より2倍の圧縮率を持つH.265/HEVCを新たにサポート。静止画については、「iPhone 7 Plus」のデュアルカメラを利用したポートレートモードの画質、暗所での性能を改善。またポートレートモードでの光学式手ブレ補正、フォトライト(True Tone Flash)、HDR撮影にも対応する。

iOS 11 ポートレートモードの改善

 撮影する前後1.5秒ずつ(計3秒)の動画を写真と一緒に記録してくれる「Live Photos」にも機能が追加される。3秒間の中からベストショットをキャプチャーできるようになるほか、動画をループさせる・巻き戻すといった再生方法も可能になる。

iOS 11 Live Photosの新機能

コントロールセンター、ロック画面

 画面下部から上スワイプで呼び出せる「コントロールセンター」のUIも変更される。iOS 10の2ページ構成から1ページ構成になり、iOS 10では2ページ目にあった音楽操作のボタンは1ページ目に含まれる。それぞれの設定を3D Touchで押し込むと、詳細な設定が呼び出せるようになる。

iOS 11 新たな「コントロールセンター」

 ロック画面と通知センターが統合され、上にスワイプすると、過去に受信した通知もまとめて確認できるようになる。つまりロックを解除せずに、直近と過去の通知が分かる。

iOS 11 ロック画面をスワイプすると、過去の通知一覧も見られる

App Store

 App Storeもリニューアル。現在の「おすすめ」「カテゴリ」「ランキング」(日本語)タブがなくなり、「Today」「Games」「Apps」(英語)タブが新設される。UIは現在のApple Musicと同様になり、それぞれのタブではカードのような形で、おすすめのアプリやアプリ活用のTipsなどが紹介される。ランキングやカテゴリー別のアプリも、各タブから確認できる。

iOS 11 App Storeは「Today」「Games」「Apps」タブを新設

その他

 「マップ」アプリでは、インドアマップが利用可能になり、日本を含む、世界各国の空港や商業施設が対象となる。

iOS 11

 各種メッセージを受信しないようにできる「おやすみモード(Do Not Disturb)」が、運転中に自動で有効になる。運転中にメッセージが来ると、運転中なので返信できない旨のメッセージを返してくれる。

 Apple Musicでは、友達が聞いている楽曲が共有されるようになる。

 新たな「AirPlay 2」では、家に設置してある複数のオーディオシステムをiPhoneから操作できるようになる。

iOS 11

iPad向けの新機能

 iPad独自の新機能も追加される。

 iPadに保存されたファイルを一元管理できる「Files」アプリが利用できるようになる。他に、iCloud DriveやDropboxなど、オンラインストレージに保存されたファイルもここから確認できる。ファイルやフォルダにタグを付けることも可能だ。

iOS 11 「Files」アプリ

 スワイプすると、画面下部に「ドック」と呼ばれるショートカット一覧が表示される。よく使うアプリを任意で登録したり、iPhoneやMacで最近使ったアプリを自動で表示したりしてくれる。ドックから呼び出したアプリはSplit Viewで2画面表示にもできる。

iOS 11 新設された「ドック」

 テキスト、写真、ファイルのドラッグ&ドロップも可能になる。例えばSplit Viewで写真アプリとメールアプリを同時に開き、写真アプリから任意の写真をドラッグ&ドロップしてメールに添付するといったことができる。

 Apple Pencilの使い勝手も向上させ、スクリーンショットやPDFファイルなどに簡単にメモや印を書き込める「Instant Markup」、ロック画面のままメモを書き込める「Instant Notes」なども利用できる。

iOS 11 「Instant Markup」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう