ニュース
» 2012年04月13日 14時30分 UPDATE

ディスプレイ、ノートPC、タブレットへ展開:10型で2560×1600、32型で3840×2160――シャープがIGZO液晶パネルを生産開始

シャープは、酸化物半導体(IGZO)によるTFTを採用した高精細な液晶パネルの生産を開始。亀山第2工場で4月から本格的な生産に入る。

[ITmedia]
tm_1204igzo_01.jpg トランジスタを小型化することで、開口率の向上による省電力化や、高精細化が図れる

 シャープは4月13日、酸化物半導体(IGZO)を採用した液晶パネルの生産を開始したと発表した。亀山第2工場(三重県亀山市)で3月に生産を開始し、4月から本格的な生産に移行する。IGZOを採用した液晶パネル製品の生産は世界初という(2012年4月13日現在、同社調べ)。

 今回生産を開始したTFT液晶パネルは、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)で構成する酸化物を採用。従来のアモルファスシリコンTFT液晶パネルに比べて薄膜トランジスタ(TFT)を小型化でき、開口率を上げる(1画素あたりの光の透過量を高める)ことによる省電力化や、高精細化が図れる。また、液晶テレビの「AQUOS」に採用しているUV2A技術で培った光配向技術により、高画質化にも配慮している。

 液晶パネルの仕様(サンプル)は、液晶ディスプレイ向けに3840×2160ドット表示の32型(140dpi)、高精細ノートPC向けに2560×1600ドット表示の10型(300dpi)、タブレット向けに800×1280ドット表示の7型(217dpi)を用意している。

tm_1204igzo_02.jpg 左が現行品、右がノートPC向けIGZO液晶(10型)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.