ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲食店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!レストラン・ファミレス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でレストラン・ファミレス関連の質問をチェック
質問!カフェ・喫茶店→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でカフェ・喫茶店関連の質問をチェック
「飲食店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

ワクチン接種浸透で客足増え:
酒類提供する飲食店の本音 過料覚悟も「売り上げ好調」
4回目の新型コロナウイルス緊急事態宣言下でも、国や東京都の要請に従わず午後8時以降の営業や酒類提供を継続する飲食店が増えている。(2021/7/21)

苦境に悲鳴:
「いい加減にして」 飲食業界は悲鳴、埼玉で重点措置拡大
新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、埼玉県は20日、蔓延(まんえん)防止等重点措置の対象地域を見直し、さいたま、川口の2市から、川越、所沢、朝霞、志木、和光、富士見の各市などを加えた計20市町に拡大した。(2021/7/21)

7月15日から販売:
大王製紙、紙製のハンガーやマドラーを販売 脱プラ需要に応える
紙製のハンガーやマドラーが誕生した。飲食店やアパレルなどの脱プラ需要に応える狙いがある。(2021/7/15)

麻生財務相「普通に考えておかしい」 金融機関働きかけ問題で
西村康稔経済再生担当相が8日示し、その後撤回した新型コロナウイルス対策で金融機関から飲食店に順守を働きかけてもらうとした方針について、麻生太郎財務・金融担当相は13日の閣議後会見で「(金融庁として)事業者への迅速かつ柔軟な融資をお願いしてきた。融資を止めろというような話は普通に考えておかしい。『ほっとけ』といった」と明らかにした。(2021/7/13)

スピン経済の歩き方:
真面目に運営していても、「飲食店」だけが叩かれるシンプルな理由
4度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店がまた攻撃されている。西村康稔経済再生相からは、まるで「反社」扱いされたわけだが、なぜ飲食店はここまで叩かれるのか。背景にあるのは……。(2021/7/13)

最新ロボットはどこまで人の代わりになる? キーワードは“親しみやすさ”? 新人記者が体験してみた
コロナ禍もあり、飲食店の配膳ロボットや、コンビニの商品棚を遠隔操作で陳列するロボットなどの導入が進んでいる。新人記者が触れ合って感じた、最新ロボットが人の代わりに働く上での工夫点などを紹介する。(2021/7/13)

金融機関への情報提供は撤回も:
4度目の緊急事態宣言、飲食店が恐れる“新たな制裁案”とは
東京都で12日、4回目の緊急事態宣言が発令されたが、酒類を提供する飲食店に対する休業要請に応じない飲食店への「制裁」が厳しさを増している。取引金融機関への情報提供こそ撤回されたものの……。(2021/7/12)

7月13日から:
ローソン、餃子の王将とのコラボ商品を販売 コロナで苦しむ飲食店救う
ローソンが餃子の王将とのコラボ商品を販売すると発表した。7月13日からで唐揚げ重とチャーハンの2種類だ。ローソンでは2020年10月からコロナ禍で苦しむ飲食店とのコラボを進めている。(2021/7/9)

東京で4度目の緊急事態:
五輪無観客で900億円が水の泡 飲食&観光業、復調気配も消えた
政府は8日夕、東京都に4度目の新型コロナウイルス緊急事態宣言を12日から発令することを決める。都が当初見込んでいた五輪のチケット収入はパーになりそうだが、酒類を提供する飲食業や、復調の兆しもあった観光業への打撃はより深刻だ。(2021/7/8)

納得できない:
「生活犠牲にしてオリンピックやるのか」緊急事態の延長、観光業界から驚きと不満
沖縄に出している緊急事態宣言について、政府は8月22日まで再延長する方針を固めた。このことに対し、観光業界や、飲食業界からは「納得できない」「国民の生活より東京五輪を優先している」などと憤る声が上がった。(2021/7/8)

特措法に基づく:
東京都、時短命令違反4店に過料25万円 全国初
東京都は6日、今年1月から3月にかけての新型コロナウイルスをめぐる緊急事態宣言発令中に、新型コロナ特別措置法に基づく営業時間短縮命令に従わなかった飲食店4店の運営会社4社に対し、裁判所が25万円の過料を決定したと発表した。(2021/7/6)

グルメサイトで飲食店の感染対策を”採点” 7月中にも導入
西村康稔経済再生担当相が、飲食店が新型コロナウイルスの感染対策を適切に講じているかを、大手グルメサイトを通じて利用者から情報収集するシステムを導入することを明らかにした。「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」の協力を得て、7月中にも開始する方針。(2021/7/5)

減収84社、増収10社:
上場外食企業の総売上、約9000億円減 増収した企業は?
コロナ禍の酒類提供禁止や時短営業など多くの制限をかけられた飲食店。帝国データバンクが発表した調査によると、2020年度の上場外食企業の総売り上げは19年度比約9000億円のマイナスとなったことが分かった。逆にコロナ禍で増収した企業もあるという。明暗を分けた要因は?(2021/7/1)

群馬県・邑楽町がデジタル通貨 子供1人に3000円の食事券
 群馬県邑楽町(おうらまち)は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するトラストバンク(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。(2021/7/1)

群馬・邑楽町がデジタル通貨 子供1人に3千円の食事券
群馬県邑楽町は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するIT企業「トラストバンク」(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。(2021/6/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)

自治体で基準まちま:
首都圏、酒類提供「再停止」も 「抜け駆けしたもの勝ち」状態
東京都の新型コロナ感染がリバウンド状態となるなか、政府から飲食店の酒類提供を再停止する案が出ている。各自治体は人数や時間制限を行っているが、要請に従わない事業者も多く、「抜け駆けしたもの勝ち」の状態だという。(2021/6/28)

近所の飲食店が、1週間夕食を作る!:
「料理がツラい」 子育て奮闘中のライオン社員が作った新サービスが、愛されるワケ
ライオンは今年2月、LINEで1週間の夕食作りを近所の飲食店に依頼できるテークアウトサービス「ご近所シェフトモ」をスタートした。サービスを起案したのは、子育てと仕事の両立に励む社内起業家の、廣岡茜さん。サービスが生まれた背景や、テークアウトに特化した理由などを聞いた。(2021/6/28)

我慢の限界:
「これ以上は耐えられない」 沖縄「緊急事態」延長の初日に営業再開した飲食店
沖縄県で新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の延長初日となった21日、飲食店の休業要請は続くが、那覇市内では営業再開に踏み切る店も。(2021/6/22)

戻ってきてくれるかな:
酒提供「客足戻るか」 都内飲食店、期待と不安
新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が蔓延防止等重点措置に移行する東京都では、感染対策の徹底などを条件に酒類の提供が一部認められることになる。(2021/6/19)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(3):
50坪以下の貸店舗、募集物件数は“前年比+61.2%”と大幅増!飲食店可物件が増加〜東京〜
東京都などの緊急事態宣言は解除見通しながら、人の流れを抑える動きは依然続いています。対象地域の飲食店が嘆く姿を報道で目にしたり、繁華街で空き店舗を見掛けることも多いのではないでしょうか。そこで今回は、アットホームが先日公表した「50坪以下の貸店舗の募集動向」から、2020年下期(2020年10月〜2021年3月:以下、今期)の状況を詳しく見ていきます。(2021/6/18)

【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
残念ながらそんな場所はない。(2021/6/15)

25店が同居する店舗も:
フードデリバリーの「ゴーストレストラン」、運営はどのように?
コロナ禍で特需が発生しているフードデリバリーで、「ゴーストレストラン」と呼ばれる業態が増えている。複数の「専門店」を名乗るが、実際には同じ調理場で料理を作ることが多く、25店もの専門店が同居する店舗もあるという。(2021/6/14)

フードデリバリーの「ゴーストレストラン」の正体 25店もの専門店が同居する店舗も
コロナ禍で特需が発生しているフードデリバリーで「ゴーストレストラン」と呼ばれる業態が増えている。複数の「専門店」を名乗るが、実際には同じ調理場で料理を作ることが多く、25店もの専門店が同居する店舗もあるという。(2021/6/14)

専門家は東京のリバウンド懸念:
緊急事態宣言は20日に解除されるのか 飲食業界からは「もう無理」
東京、大阪など10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、20日の期限通りに解除される公算が大きくなったと11日付の産経新聞が報じた。政府は来週後半に解除の可否を検討するが、難しい判断を迫られる。(2021/6/12)

卵を使わずにスクランブルエッグを再現、キユーピーから卵アレルギーに寄り添う「HOBOTAMA(ほぼたま)」
今後、飲食店や給食などに登場するかも?(2021/6/10)

飲食サービス業が招く空洞化 雇用消え日本経済は「下方屈折」
 東京都などへの緊急事態宣言が20日まで延長され、4〜6月期の国内総生産(GDP)が2期連続のマイナス成長になる可能性が高まってきた。問題は飲食業を中心にした対面型サービス企業が持ちこたえることができず、この分野の雇用が「空洞化」する危険性が出てきたことだ。(2021/6/10)

コロナ要因での倒産が半数:
1〜5月の飲食業倒産は270件 業種別、都道府県別では?
2020年には842件と年間最高を記録した飲食業の倒産件数。倒産件数は減少しているものの、時短営業や酒類提供禁止などによってコロナ要因の倒産には拍車がかかっているようだ。業種別・都道府県別に倒産の実態を見てみよう。(2021/6/8)

石野純也のMobile Eye:
au、ソフトバンクと連携を深めるフードデリバリー 「dデリバリー」を失ったドコモはどう出る?
コロナ禍に伴う緊急事態宣言などで飲食店の営業に大きな制限がかかる中、フードデリバリーは急激に市場を拡大している。KDDIはmenuとの業務提携を発表し、ソフトバンク傘下のPayPayは、Uber Eatsのミニアプリを搭載する他、出前館でもPayPayのネット決済を利用できる。一方、「dデリバリー」を終了させたドコモはこの分野で後れを取っているように見える。(2021/6/5)

「シェフのツンデレサラダください」→そこが変わるのかよ! ある意味本格的なレストランの漫画がじわじわくる
まあ確かに本格的ではある。(2021/6/1)

審査や入金遅れ:
緊急事態宣言再延長に飲食店悲鳴「もう限界」 1月分の振り込みは、まだ
東京、大阪など9都道府県の新型コロナウイルス緊急事態宣言は、沖縄県の期限に合わせて6月20日まで再延長された。昨年以来、飲食店への休業要請や時短要請も長期化しているが、頼みの協力金も審査や入金が遅れ、資金繰りに窮する店も少なくない。(2021/5/31)

プロジェクト:
入居する飲食店の販促を効率化するシステムを導入した商業施設が竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区宇田川町で開発を進めていた商業施設「HULIC &New UDAGAWA」を2021年3月12日に開業した。(2021/5/31)

小売・流通アナリストの視点:
コロナ禍で飲食業界は「格差社会」に? スシロー・コロワイド・鳥貴族に学ぶ、生き延びるカギ
コロナ禍に大きく影響を受けた2020年度に関する飲食業界の決算が出そろった。影響の大きかった/小さかった業態、そしてその業態の中でもうまく適応できた企業とできなかった企業とで「格差社会」となるなか、生き残りのカギはどこにあるのか。有名企業の戦略から解説する。(2021/5/27)

誰が補償するのか:
「縛りがきつすぎる」「飲食店は悪者ではない」休業要請に応じる店も応じない店も不満
沖縄県で、緊急事態宣言が発出された。県は酒類を提供する飲食店に休業を要請するほか、酒類を提供しない飲食店には午前5時から午後8時の時短営業を求めているが……。(2021/5/24)

レストランの認知度調査 「吉野家」や「スシロー」を抑えて1位になったのは?
マーケティングリサーチ事業を展開するRJCリサーチがLINEユーザーを対象にレストランチェーンのブランド浸透度調査を実施した。(2021/5/22)

飲食店の「フードデリバリー対応端末ごちゃごちゃ問題」を解決するSaaS登場 注文受け付け・売上管理を一元化
tacmosが、「Uber Eats」など複数のフードデリバリーからの注文を1つのタブレットで管理できるようにする飲食店向けSaaSの提供を始めた。サービスごとに端末を用意したり、それぞれの端末に別のIDでログインしたりする手間が減らせるという。(2021/5/21)

先が見えない:
稼ぎがわずか3000円の日も 時短せず満員の居酒屋を見て「泣きそう」
新型コロナ対策で、沖縄県が緊急事態宣言や酒類提供自粛要請を模索している。これまでも営業時間の短縮要請に応じてきた飲食店は、どう受け止めるのか。(2021/5/20)

命令に従わなかった場合:
すべて飲食店! 東京都の休業要請に応じなかった33施設、今後は
東京都は17日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で酒類を提供する飲食店などへの休業要請に応じていない33施設に対し、改正特別措置法45条に基づく休業命令を出した。33施設はいずれも飲食店。命令に従わなかった場合……。(2021/5/17)

1カ月以上かかるケースも:
飲食店「いちるの望み絶たれた」 煩雑な申請、繋がらぬ電話、届かぬ給付金
新型コロナウイルスの感染拡大防止で時短営業の要請に応じた飲食店へ支払われる協力金。申請が煩雑で分かりにくく、問い合わせのためのコールセンターに電話がつながらないなど、飲食店への負担が大きい。(2021/5/14)

「Uber Eats」運用までセットでサービス提供 「バーチャルレストラン」とは
コロナ禍で大きなダメージを被りながらも、ピンチをチャンスに変えようとする飲食業。中には、Uber Eatsを活用して、デリバリーを中心にビジネスを展開している企業もある。(2021/5/13)

スーパールームサービス:
ホテルニューオータニ、部屋を“レストラン”化したサービスを延長 緊急事態宣言の期間延長に伴い
ホテルニューオータニはルームサービスのメニューを拡充させた「スーパールームサービス」の提供期間を延長する。(2021/5/7)

タイムアウト東京のオススメ:
ホテルニューオータニが部屋をレストラン化したルームサービスを開始
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/5/4)

突然の休業要請 予約を断り、食材を廃棄…… 飲食店の大変さを描いた漫画に反響
やるせない……。(2021/5/1)

アフターコロナに備える:
コロナ禍でも従業員が結束して客数2倍! “収束後”を見据えて飲食店が取り組むべき「重要事項」とは
度重なる緊急事態宣言で飲食業界が苦しんでいる。こんな時だからこそ、「ビジョン」が大切だと筆者は主張する。危機を乗り切り、アフターコロナを勝ち抜くために何が必要なのか。(2021/4/30)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
月数万円から飲食店を始められる間借りのマッチングサービス
吉野家グループ生まれのベンチャーが取り組むシェアレストランとは。(2021/4/28)

経営危機は不可避:
居酒屋・パブレストラン業態の3月売り上げは「前々年比32.1%」 業界団体「今年中は厳しい状況が続く」
飲食業界ではファストフード業態が持ち直した一方で、酒を提供する業態の店舗は売り上げの回復が見込めない状況が続いている。日本フードサービス協会が実施している外食産業市場動向調査によれば、2021年3月の居酒屋・パブレストラン業態の売り上げが前々年の3月に比べて32.1%にとどまり、依然として厳しい状況にあることが分かった。(2021/4/28)

苦手な客層を獲得:
やよい軒が新テークアウト「おうち定食」開始 ”一汁三菜”でファミリー層を狙う
定食レストラン「やよい軒」を運営するプレナスは、 テークアウトの新サービス「おうち定食」を4月27日に開始した。(2021/4/28)

神田うの、娘と鉄板焼きディナーも緊急事態宣言に思い複雑 飲食業界を心配し「家族単位での外食なら」と悩む
コロナ禍で大打撃を受けている飲食業界。(2021/4/26)

労働人口の半分以上が低賃金:
サービス産業の苦役に潜む、日本独自の体質とは?
宿泊業や飲食業、卸売・小売業といったサービス産業は、GDPの約55%を占めている。労働力人口で見ても半数以上の人が従事する巨大市場だが、生産性は非常に低いとされている。サービス産業の生産性が上がらない要因、そしてその解決策は何なのか? 度重なる緊急事態宣言により苦戦を強いられるサービス産業が生き抜く術を、染谷氏に聞いた。(2021/4/27)

ソムリエを客室に ホテルニューオータニ、宿泊客に「スーパールームサービス」 飲食店の酒類販売停止で
「ホテルニューオータニ東京」は、緊急事態宣言の再発出を受け、ルームサービスを拡張した「スーパールームサービス」を4月26日に始めた。(2021/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。