ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VHS一体型」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VHS一体型」に関する情報が集まったページです。

東芝、VHS一体型BDレコーダー「D-BW500」を発売
東芝は、VHS一体型のBu-ray Disc&HDDレコーダー「D-BW500」を2月上旬に発売する。(2011/2/3)

価格比較:
BDレコーダー、今秋の傾向と選択(普及モデル編)
今回は、実売10万円以下で購入できるBlu-ray Discレコーダーにフォーカス。Wチューナー搭載の普及モデルにくわえ、シングルチューナー機やVHS一体型の価格をチェックしていこう。(2009/11/11)

ビクター、WデジタルチューナーのVHS一体型BDレコーダー
日本ビクターがデジタルチューナーを2基搭載した、VHS一体型BD/HDDレコーダー「DR-BH250」を発売する。モニター販売キャンペーンも期間限定で実施する。(2009/10/30)

プレミアムモデルやVHS一体型も:
パナソニックが「ブルーレイDIGA」を拡充、6機種を発売
パナソニックが「ブルーレイDIGA」の新製品を発表した。こだわりの“プレミアムモデル”からVHS一体型のエントリー機までを含む6機種にラインアップを拡大。アナログ録画機からの買い替え需要に対応する。(2009/7/27)

国内ダイジェスト(9月17日)
ソニーがビクターに業務用カムコーダーのファイル形式をライセンス、日立がVHS一体型などBDレコーダー2機種を発売など。(2008/9/17)

シャープ、VHS一体型の「AQUOSブルーレイ」
シャープがBlu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品「BD-HD22」「BD-HDV22」を発売。いずれも5倍録画対応で、BD-HDV22はVHS一体型。(2008/9/16)

パナソニック、“BD1枚24時間フルHD”のVHS搭載ブルーレイDIGA
パナソニックが、VHS一体型の“ブルーレイDIGA”「DMR-BR630V」を発売。1枚のBDメディアへ24時間のフルハイビジョン録画が可能で、VHSからBDへのダビングも行える。(2008/8/25)

MPEG-4 AVC/H.264録画対応の普及型“ハイビジョンDIGA”
パナソニックが、MPEG-4 AVC/H.264ハイプロファイルを用いたフルハイビジョン長時間録画に対応した“ハイビジョンDIGA”を発表。HDD搭載「DMR-XP12」とHDD/VHS一体型の「DMR-XP22V」の2機種。(2008/1/11)

REALINK対応の3in1「楽レコ」
三菱電機は“楽レコ”の新製品として、VHS一体型3in1タイプの「DVR-DV745」「DVR-DV735」を発売する。対応テレビとHDMI接続することで使い勝手を高める「REALINK」に対応。(2007/8/22)

シャープ、0.8秒起動の3in1レコーダー
シャープはスタンバイ状態からわずか0.8秒で動作状態になる「一発起動」を備えたVHS一体型DVDレコーダー「DV-ACV52」を発売する。(2007/4/26)

パナソニック、VHS一体型“DIGA”をブラッシュアップ
パナソニックは、“ハイビジョンDIGA”新製品として、VHS一体型の「DMR-XW41V」および「DMR-XP21V」を発表した。(2007/3/1)

好きな番組だけピックアップ、「ハイビジョンDIGA」5機種登場
パナソニックはデジタル3波チューナー搭載のDVDレコーダー「ハイビジョンDIGA」の新シリーズを発表した。HDD内蔵タイプ3機種、およびVHS一体型2機種の計5機種をラインアップする。(2007/3/1)

デジタルチューナーとHDMI搭載の3in1「楽レコ」、三菱から
三菱電機はDVDレコーダー“楽レコ”の新製品「DVR-DV740」を発売する。デジタルチューナーを搭載したVHS一体型の3in1タイプで、デジタル放送のDVDダビングを高速で行う機能も備える。(2007/1/31)

松下、デジタルWチューナー搭載のVHS一体型レコーダー
パナソニックは、地上/BS/CS110度のデジタルチューナーを搭載したVHS一体型DVDレコーダー2機種を発表した。上位モデルの「DMR-XW40V」は、初のデジタルWチューナー機だ。(2006/8/22)

レビュー:
“録り逃し”を防ぐソニーの新3 in 1――「RDR-VH85」
ソニーからVHS一体型DVDレコーダーの新モデル「RDR-VH95」「RDR-VH85」が登場した。デザインを旧モデルからほぼそのまま継承するなど一見派手なモデルチェンジではないが、機能面では多くのアップデートが見られる。(2006/3/13)

レビュー:
RDらしさを増したデジタル放送時代の“3 in 1”、東芝「RD-XV81」
東芝からデジタル放送対応のVHS一体型DVDレコーダー「RD-XV81」が登場した。同社初のデジタル放送対応「3 in 1」というだけでなく、HDDへの「W録」、ネット機能、スカパー!連動など、よりRDらしさが増した点に注目だ。(2006/2/21)

シャープ、VHS一体型のハイビジョンレコーダー「DV-ARV22」を発表
シャープは、デジタルチューナーを搭載したVHS一体型DVDレコーダー「DV-ARV22」を3月15日に発売する。DVD-R/-RWドライブ、250GバイトHDD、VHSビデオデッキを一体化した。(2006/1/31)

東芝、“デジ×アナW録”対応の3 in 1レコーダー「RD-XV81」
東芝はDVDレコーダー「RDシリーズ」の新製品として、3波対応デジタルチューナーを搭載し、“W録”を可能にしたVHS一体型「RD-XV81」と、エントリーモデルの「RD-XS48」を発表した。実売想定価格はRD-XV81が14万円前後、RD-XS48が9万円前後。(2006/1/17)

レビュー
“3 in 1”になった「カンタロウ」を試す
東芝の「AK-V200」は、“わかりやすさ”重視の「カンタロウ」シリーズに追加されたVHS一体型デジタルレコーダー。家族で使うけれど、自分は少しマニアックな機能を使いたい……そんなワガママにも応えてくれる3 in 1だ。(2005/10/14)

東芝、VHS一体型DVDプレーヤー2機種を発表
東芝は9月8日、VHS一体型DVDプレーヤー「SD-B600」と「SD-V600」を発表した。10月上旬発売予定。(2005/9/8)

デジタルチューナー内蔵のVHS一体型も登場――松下が新「DIGA」4機種を発表
松下電器が「DIGA」シリーズの新製品を発表した。デジタル3波対応チューナーを搭載したVHS一体型モデルからDVD単体レコーダーまで、バラエティに富んだ4機種をラインアップ。10月1日から順次発売する。(2005/9/1)

ビクター、400GバイトHDDを搭載した3 in 1「快録LUPIN」新製品
日本ビクターはDVD/HDDレコーダー「快録LUPIN」シリーズの新製品を発売する。VHS一体型の「DR-MX50」は「3 in 1タイプとしては最大」(同社)という400GバイトのHDDを搭載する。(2005/7/29)

日立、ハイビジョン対応とVHS一体型〜DVDレコーダー“Wooo”新2機種
日立製作所が、ハイビジョン録画対応HDD&DVDレコーダー“ハイ録 Wooo”「DV-DH161T」と、VHS一体型DVDレコーダー「DV-RV8500」を発表。(2005/5/11)

松下、3 in 1レコーダー「DMR-EH70V」の不具合を修正
松下電器産業は、VHS一体型DVDレコーダー「DMR-EH70V」の一部に不具合が生じていることを明らかにした。一部製品の中に「リモコンでHDD/DVD側チャンネルのUP/DOWNボタンがきかない」ものが含まれているという。(2005/5/9)

パイオニア、DVD-R DLにも対応したVHS一体型レコーダー
パイオニアは、VHSからDVDへのダビングをワンタッチで行えるVHS一体型HDD/DVDレコーダー「DVR-RT7H」を6月下旬より発売する。DVD-R DLにも対応。(2005/4/26)

レビュー
VHSを“特別扱い”しない3 in 1――東芝「RD-XV34」
東芝がVHS+HDD+DVDの“3in1”レコーダー「RD-XV44/34」を発売した。同社のVHS一体型としては初めてEPGを搭載し、より一体感を持った使い勝手を実現。またRDシリーズでは初となるスポーツ中継延長機能など、旧モデルの「RD-XV33」から大きな進化を果たしている。(2005/3/23)

DVDレコーダー販売ランキング(1月31日〜2月6日)
洗練されてきたVHS一体型レコーダー
年末年始の需要期を過ぎ、春モデルの登場までしばし小康状態といった趣のDVDレコーダー市場。今回は、そんな状況の中でも安定した人気を誇る3 in 1レコーダーに注目したい。(2005/2/14)

東芝、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR2」
東芝は、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR2」を12月中旬に発売する。ダブルチューナーを搭載し、DVDとVHSに2番組を同時録画可能。DVDとVHSの録画予約画面を統一してユーザービリティを向上させた。価格はオープンプライス。(2004/11/4)

パイオニア、VHS一体型DVDレコーダー
パイオニアとしては初となるVHS一体型DVDレコーダーを発売する。(2004/10/26)

8倍速DVD-R対応の「快録LUPIN」新製品
HDD&DVDレコーダー2機種と、VHS一体型HDD&DVDレコーダー2機種の計4機種を発売する。(2004/9/30)

「スゴ録」新モデル、ムーブに対応
HDD&DVDレコーダー4機種と、VHS一体型HDD&DVDレコーダー1機種の計5機種を発表。新たにDVD+Rへの録画に対応した。「おまかせ・まる録」も強化されている。(2004/9/15)

DVDレコーダー販売ランキング(2004年8月23日〜29日)
人気の“3 in 1”レコーダー、どこが違う?
ランキングからも分かるように、VHS一体型は相変わらず人気が高い。そこで今回は、VHS/DVD/HDDを搭載した各社の“3 in 1モデル”を簡単に比較してみたい。(2004/9/7)

レビュー
ダビング派に狙いを定めた“3 in 1”レコーダー、東芝「RD-XV33」
東芝からVHS一体型のHDD+DVDレコーダー「RD-XV33」が登場した。RDシリーズのエントリーモデル「RD-XS33」に、S-VHS簡易再生機能を持つVHSデッキとDV端子を追加した製品といえる。RDシリーズの豊富な編集・ダビング機能を活用する“ダビング派”向けの3in1レコーダーだ(2004/9/3)

松下、VHS一体型DVDプレーヤー新製品
高画質化機能を新搭載。DVD-RAMのコピーワンスコンテンツ再生にも対応する。(2004/8/6)

ビクターのVHS一体型HDD&DVDレコーダーに不具合
ビクターの3in1レコーダー「快録LUPIN DR-MX1」に、操作中に電源が切れる不具合が見つかった。(2004/7/28)

DVDプレーヤー販売ランキング(2004年7月5日〜2004年7月11日)
“三位一体”よりも“四位二体”が便利?
VHS一体型DVDプレーヤーが根強い人気。HDD+DVD+VHSという“三位一体”モデルも登場しているが、HDD&DVDレコーダー+VHS一体型DVDプレーヤーという“四位二体”スタイルが便利なこともある。(2004/7/21)

東芝初のVHS一体型HDD&DVDレコーダー
松下、シャープ、ビクターに次いで東芝RDシリーズにも“3in1”型が登場。(2004/7/21)

DVDプレーヤー販売ランキング(2004年6月21日〜2004年6月27日)
DVDプレーヤーも人気は“VHS一体型”
GfK Japan提供のDVDプレーヤー売れ筋ランキング。6月第4週は“VHS一体型”がトップ10のうち4機種もランクインするなどDVDレコーダーと同様の動きを見せた。まだまだVHSデッキのニーズは高い。(2004/7/6)

DVDレコーダー販売ランキング(2004年6月21日〜27日)
“VHS一体型”大人気のなぜ?
VHS一体型のDVDレコーダーが元気だ。松下「DMR-E150V」が3位に浮上し、東芝「D-VR1」が8位にランクイン。やはりトップ10に4機種が名を連ねた。その人気の理由を、データ提供元のGfK Japanに分析してもらった。(2004/7/2)

DVDプレーヤー販売ランキング(2004年6月14日〜20日)
DVDプレーヤー選びで注目したい“CPRM対応”
全国量販店データを集計したGfK Japan販売ランキングから、DVDプレーヤー売れ筋をチェック。今回はCPRMディスク再生対応モデルとVHS一体型モデルが数多くランクインした。(2004/6/29)

シャープ、“3 in 1”を含むVHS一体型レコーダー2機種を発表
シャープは6月21日、VHSビデオ一体型のDVDレコーダー2機種を発表した。“3 in 1”タイプの「DV-HRW30」が9万5000円前後、VHS一体型DVDレコーダーの「DV-RW190」は5万4000円前後になる見込み。(2004/6/21)

三洋、VHS一体型DVDレコーダー発表
三洋電機は、VHSデッキ一体型DVDレコーダー「DZR-DV90 ダブルクルーザー」を7月1日に発売する。同社初のDVDレコーダーとなる。(2004/6/15)

ソニー、CPRM対応DVDプレーヤーやVHS一体型などAV新製品
ソニーが、地上/BSデジタルのコピーワンス放送録画ディスクも再生できるCPRM対応の薄型DVDプレーヤー「DVP-NS575P」や、VHSビデオデッキ一体型DVDプレーヤー「SLV-D373P」、VHSビデオデッキ「SLV-NX35」「同NX15」などAV新製品4機種を発表した。(2004/5/11)

プログレッシブのまま処理・出力――ビクター、VHS一体型DVDプレーヤー
日本ビクターが、DVD映像を忠実に再現する「デジタルダイレクトプログレッシブ回路」を搭載したVHSビデオデッキ一体型DVDプレーヤー「HR-DV4」を発表。(2004/5/11)

業界最薄79ミリでCPRM対応――三洋、VHS一体型DVDプレーヤー
三洋電機が、業界最薄のVHSビデオデッキ一体型DVDプレーヤー“ダブルクルーザー”「VZ-DV3G」を発表。テープローディング機構を改良し、高さ79ミリの薄型ボディを実現。CPRM対応に対応し、コピーワンス番組を録画したDVD-RWの再生も可能だ。(2004/5/11)

日立もDVDレコーダーに本格参入、400GバイトHDD搭載機など5モデルを発表
日立製作所がDVD/HDDハイブリッドレコーダー市場に本格参入する。HGST製の400GバイトHDD搭載モデルをはじめ、VHS一体型、DVD単体レコーダーなど計5モデルをラインアップ。初年度10%の市場シェア獲得を目指す。(2004/4/15)

ソニー、「スゴ録」エントリー機とVHS一体型の新モデル
ソニーは、「スゴ録」シリーズの新製品「RDR-HX6」とVHS一体型DVDレコーダー「RDR-VD60」を発表した。どちらも4月21日発売予定で、7万円前後になる見込みだ。(2004/4/1)

日立、プログレッシブ出力可能なVHS一体型DVDプレーヤー
日立は4月18日、VHSビデオデッキ一体型のDVDプレーヤー「DV-PF7」(5月21日発売)と、単体のDVDプレーヤー「DV-P700」(4月1日発売)を発表した。それぞれプログレッシブ再生に対応したのが特徴。(2004/3/18)

似て非なる3つのVHS一体型DVDレコーダー
今回取り上げた3台のVHS一体型DVDレコーダー。どのメーカーでも大差ないのか? というと、やはりそうではない。最後に、先週発表された松下電器産業と三菱電機の新製品3機種を交え、VHS一体型レコーダーの傾向を探ってみたい(2004/3/17)

レビュー:シャープ「DV-RW200」
機能統合が進んだ第2世代のVHS一体型〜シャープ
「DV-RW200」は、シャープでは2世代目となるVHS一体型DVDレコーダーだ。それだけに各所の機能統合が進み、シャープらしい家電的な使い勝手を実現。使いやすい機能が多く盛り込まれている。(2004/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。