ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「適性検査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「適性検査」に関する情報が集まったページです。

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“新リストラ時代”の肩たたきツール? 「適性検査」に潜む魔物
金融や製造などの大手企業で、大規模な早期退職や転籍などが広がっている。新手のリストラ策として使われるツールの一つが「適性検査」だ。適性を見極めて転職するのは良いことのように見えるが、「適性がある=いい仕事ができる」わけではない。なぜかというと……(2019/7/12)

付き合い方:
人事部は、AIによって消滅するか?
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。それは、OSが違えば、アプリが動作しないのと同じである。欧米の真似でもない、うまくいっている会社の真似でもない、日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方や施策について思索・指南する。(2019/7/2)

採用枠を増やす企業も:
20卒採用も「売り手市場」続く 「内々定辞退対策」も加速
マイナビが2020年新卒採用に対する企業の意識や動向をまとめた調査結果を発表した。採用活動は前年よりも前倒し傾向で、売り手市場が続く。(2019/4/16)

富裕層に有利な高等教育システム:
入試はセレブの“カネ”次第 米名門大「裏口」と「通用口」
米国で3月、大学入試をめぐる過去最大のスキャンダルが発覚した。有名女優や会社経営者、弁護士らセレブが子供を有名大学に入学させるため、仲介者を通じて試験監督やスポーツチームのコーチらに賄賂を支払っていたのだ。こうした不正行為とは別に米大学の多くは伝統的に、巨額の寄付金と引き換えに子供の入学を認めてきたとされる。経済格差への不満が広がる中、富裕層に有利な側面がある高等教育システムをめぐり議論が紛糾している。(2019/4/11)

ポスト平成の採用戦略:
「65歳以上の社員募集」「未経験可」――パソナが“仰天採用”に込めた狙いとは
パソナグループが1月末に「65歳以上の“新入社員”を80人雇用する」という斬新な採用戦略を発表。この施策を始める狙いを同社の南部靖之代表取締役に聞いた。こうしたシニア雇用は、生産年齢人口のさらなる減少が抑制される“ポスト平成”時代のスタンダードになるのだろうか――。(2019/3/6)

激変の新卒採用サバイバル:
日本企業で外国人留学生の採用が進まない真の理由
日本企業で外国人留学生の採用が進んでいない。日本独特の就活の慣習に外国人がなじめないほか、企業も高い日本語能力を求めたりネガティブなイメージを持つのが原因。(2018/11/6)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
人間とハイテク、スカウト上手はどちら? HR Techとスゴ腕面接官が対決
面接での戦略を立案するHRアナリストというサービスの実力を試した。プロの面接官に戦略案があるなしで2回記者を面接、ある場合は特に「転職したいかも」と思えた。(2018/6/26)

「鉄道会社は鉄ヲタを採用しない」という都市伝説は本当か 鉄オタ学生がガチ鉄道事業者と模擬面接に挑む
ともあれ、みんなよくがんばったー。(2018/4/30)

キャリアニュース:
2018年度の新入社員――場の空気を読み、出るくいになりたがらないのが特徴
エン・ジャパンが「2018年度新入社員の特徴と育成ポイント」について発表。2018年度の新入社員は場の空気を慎重に読み、出るくいになりたがらず、安定したキャリアの形成と私生活を重んじることが明らかになった。(2018/4/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ブレない人事」の確立が、社員と会社の成長を推進する
「ブラック企業」や「働き方改革」にまつわる話題を頻繁に目にするようになったが、では「いい会社」とはどういう会社なのか?(2018/1/25)

8万アカウントが使う人材採用ツール:
PR:社員エンゲージメント向上を採用段階から「無料」で実現。エンジャパンの「エンゲージ」
採用に悩める企業の大きな助けになるエン・ジャパンの「engage」。8万アカウントが活用する採用支援ツールの特徴とは?(2017/12/15)

HR Tech最前線:
“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界
AIが応募者の価値観やタイプを分析し、応募者と企業を「社風」でマッチングさせるサービス「ミツカリ」――。既に700社が導入するなど急成長しているという。(2017/11/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
「経営」と「人事」に距離がある企業は成長が難しい理由
「HRテック」――近年このキーワードを耳にする機会が増えている。人材関連分野は、「人がやる仕事」という一般的なイメージとは異なり、AIなどの新しいテクノロジーとの親和性が高い。各企業が人事のデジタル化を急ぐ背景や、導入の課題などについて考察した。(2017/11/20)

あのキャラに花束を:
ブラック企業と就職難、選ぶならどっち? 「ブラックナイトパレード」日野三春の哀しみのクリスマス
悪い子には、がっかりクリスマスをお届けしましょう。(2017/11/18)

Appleのウォズニアック氏、IT教育サービス「Woz U」立ち上げ
Appleの共同創業者、「ウォズ」ことスティーブ・ウォズニアック氏が、テクノロジー職に必要なコーディングなどの技術を学べるオンライン教育サービス「Woz U」を立ち上げた。(2017/10/15)

“日本が知らない”海外のIT:
学費は“出世払い”でOK 入学希望者が殺到した米大学の正体
入学時の学費支払いが不要で、出世払いができる大学「MissionU」を、米国のスタートアップが開講した。一風変わった大学の講義内容や運営はどうなっているのか。(2017/10/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIは優秀な人材を採用できるのか
企業の採用業務にAIを活用する動きが進んでいる。AIが採用後の結果まで自己学習するようになれば、今後は「採用の基準」もAIが作るようになるかもしれない。(2017/7/13)

キャリアニュース:
2017年度の新入社員――競争を好まず、周囲を巻き込むことが苦手
エン・ジャパンが、2017年度の新入社員の特徴と育成ポイントをまとめ、発表した。2017年度の新人は、自己成長に前向きで合理的だが、周囲を巻き込むことが苦手で、競争やリスクを伴う挑戦を好まない傾向があることが分かった。(2017/6/9)

パナソニック モノづくり革新センター:
機械と人の融合が可能にした最高画質、4K有機ELテレビはこうして作られる
パナソニックが販売を開始した「ビエラ史上最高画質」をうたう4K有機ELテレビ「TH-65EZ1000」、その生産拠点が宇都宮市に存在する「モノづくり革新センター」だ。機械化と匠の技、その融合で最高画質製品は作られている。(2017/6/7)

「採用スケジュール前倒し」企業増える:
18年卒採用も「売り手市場」 スピード感はアップ
マイナビが「2018年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」を発表。18年卒も売り手市場の状態が続いているが、採用環境への危機感からスケジュールは全体的に前倒しになっている。(2017/4/6)

AnimeJapan 2017:
「銃型デバイスで魔法発動」「テレパシーが聞こえる」――アニメ「魔法科高校の劣等生」の世界観、ソニーが最新技術で再現
昨年に続き、ソニーが「AnimeJapan 2017」に出展。「魔法科高校の劣等生」の世界観を再現し、来場者の“魔法力”を判定するというアトラクションを用意した。(2017/3/29)

すごーい! 「AnimeJapan 2017」が過去最大のアニメ尽くしでたーのしー!
AnimeJapan史上最大の出展面積でブースを構える「Fate/Grand Order」をはじめ見どころ多数。(2017/3/25)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(4):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【人物重視編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第4回では、技術者転職における“人物重視”の選考について深堀したいと思います。(2017/3/13)

ソニーが「魔法師開発研究所」を開設、新型CADを用いたテストも
(2017/3/6)

さすがです、ソニー様 アニメ「魔法科高校の劣等生」とソニーがコラボ、最新技術で魔法を再現!?
AnimeJapan 2017で「魔法師適性試験」が受けられる。(2017/3/6)

タイピングは得意なんです:
PR:池澤あやか、タレントとエンジニアのダブルワークを希望する
えっ、週に3日働くだけでそんなにもらえるの?――希望条件に合った仕事を選ぶはずだったのに、時給が気になる池澤さん。派遣エンジニアってそんなにもうかるの?(2017/2/17)

就活のトリセツ(7):
資格がないと就職できないって本当?――いまさら過ぎて誰にも聞けない、IT業界就活の「超キホン」
IT系の資格は何を持っていたらいいの? SPIは対策はいらないって本当?――IT業界に就職したい、エンジニアになりたい、そんな就活生の素朴な疑問にお答えします。(2016/4/28)

キャリアニュース:
適性テストでミドル管理職は仕事最優先、大学生は調和重視の傾向が明らかに
エン・ジャパンは、ミドル管理職・若手管理職・大学生を対象に実施した適性テストの結果を比較分析。3者には「コミュニケーション力」や「エネルギー量」などに大きな違いが認められた。(2015/9/30)

不採用の理由を「お答えできない」ワケ
就活中の学生から「エントリーシート(ES)まで進むのに、なぜか面接で落ちる」といった声をよく聞きますが、なぜこうした事態に陥るのでしょうか。その理由は……。(2015/8/5)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(4):
新型うつの予防法
新型うつは対岸の火事ではない。社員が新型うつ傾向に陥らないように企業が行っている予防と対策の実例を紹介する。(2014/6/5)

今後5年で社会はどう変わる? 米IBMが恒例の未来予測を発表
IBMは今後5年間で人々の働き方や生活を変える可能性を持つ5つのイノベーション「IBM 5 in 5」を今年も発表した。(2013/12/18)

「広く問題提起」──ドワンゴ「入社試験に受験料」発案の川上会長に聞く、その真意と“就活”観
新卒採用に「受験料」を導入するドワンゴ。社内でも反対が多かったという試みについて、自ら発案したという川上量生会長にその背景や意図、過熱する就職活動をどう見ているかについて聞いた。(2013/12/6)

ITエンジニアのチームリーダーシップ実践講座(5):
自分の性格や思考の癖を把握しよう
多様な価値観のメンバーを率いるためには、まずリーダーが自分の性格や思考の癖を把握するとよいだろう。己を知ることによって、異なる価値観の集合体をまとめられるようになるからだ(2013/11/18)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
転職が大変になっている――転職したい人が対処すべき2つのポイント
「人が採れなくて困っています」と嘆く人事担当者が多い割に、以前に比べて転職が大変になっているのをご存じでしょうか。なぜ採用が難しくなっているのか、そして転職したい人が対処すべきポイントとは?(2013/9/30)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「就活できない」就活生が急速に増加中
リクルートスーツ姿の就活生が、合同説明会などに列を成している映像をみたことありませんか。「就活は大変」という前に、「就活できない」就活生が、実は存在します。(2012/12/17)

外国人留学生に聞く、日本での就活で困っていること
外国人留学生は日本で就活をする上で、どんなことに困っているのだろうか。現在就活中の留学生に聞いた。パソナグループ調べ。(2012/3/16)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
中間管理職の真実
「中間管理職」は組織の中では、トップ管理職と、一般職の間に位置し、両社の考えをうまくすり合わせるまとめ役を担っている。その心構えや立場、そして行うべきことを明確に理解することによって、会社そのものを活性化させることができる。(2011/11/30)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(8):
グローバル人材の“優秀さ”とは何か――複雑化した「グローバル」という言葉を読み解く
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。(2010/12/16)

新卒採用の適性検査、やっている意味はありますか?
新卒採用時に行われる、SPIに代表される適性検査。しかし、有効に使いたいけど使いこなせない(または使う気はないけど実施している)人事と、大して意味もないのに受けさせられている学生という構図ができていると筆者は主張します。(2010/12/7)

サイエンスフューチャーの創造者たち:
ITは「もっと自由で勝手で、ばかばかしくていい」 ポストペット八谷氏×セカイカメラ井口氏
ソーシャル、AR、サイコミュ――。ポストペットの生みの親としても知られるメディアアーティストの八谷氏と、セカイカメラ生みの親である井口氏の対談は、八谷氏の作品に対する考えから、日本のネットビジネスに対する思いまで、さまざまな話題が飛び出した。(2010/10/1)

IT業界の“旬”なインターン情報、教えます:
第1回 徹底的にプログラミングせよ! ECナビインターンで得る技術力
インターンシップを実施する企業や参加する学生が増えてきた。「インターンシップでは何ができる?」「どんなスキルを得られる?」――インターンシップを行うIT企業の取り組みを紹介しながら、学生が気になる疑問に答える。(2010/8/31)

大前氏によるリアルタイムケーススタディも!:
PR:仕事を続けながら海外MBAを取る、という選択――ボンド大学大学院
海外で本場のMBAを取りたい。しかし会社をやめるのは不安だし、金銭面や英語力が心配……そんな人にオススメしたいのが、日本にいながらオンラインで学べる「BOND-BBT MBA」プログラムだ。(2013/2/1)

オンライン狩人に新たな試練――「MHF」に新クエスト4種類が登場
(2010/5/6)

企業は性格で人を採用するべきか?
適性検査と称して性格検査を実施している企業が多くあります。なぜ企業は性格を知りたがるのでしょうか? 性格の問題ととらえているような部分は、実は別の検査を実施しなくてはならないのではないでしょうか。(2009/11/11)

現地からお届け!中国オフショア最新事情(14):
中国人に改善させるには現金を渡せ
日本が得意な“カイゼン活動”。問題があった場合、それを分析して見直していく、いわゆるPDCAサイクルだが、中国ではこれを行うのが難しいという。それはなぜなのか。国民性や報酬に対する意識の違いなどが原因として考えられる。今回はこの問題を考える。(2009/10/5)

IT企業 新卒採用の裏側(2):
IBM人事「学生は受け身にならず積極的に考え抜け」
IT業界を目指す学生にとって、IT企業の人事担当者は気になる存在だ。果たして、IT企業はどんな人材を求めているのか。新卒採用のキーパーソンに学生記者が迫る。(2009/8/14)

「Fallout 3」レビュー:
正義の味方じゃなくてもいいんです――善いことも悪いこともすべてはプレイヤーの思うがままに!
PS3、Xbox 360でリリースされる、核戦争後の荒廃した世界が舞台のRPG「Fallout 3」。襲い掛かる巨大生物、暴徒と化した人間、過酷な環境のアメリカを生き残れ!(2008/12/12)

「Fallout 3」体験リポート――核戦争後の荒廃した世界はまさに世紀末?
Xbox 360、PS3で発売される「Fallout」シリーズの最新作「Fallout 3」。核戦争後の荒廃した世界を描き、高い自由度と過激な描写が売りとなる本作のXbox 360版を、ひと足早く体験できる体験会に参加してきた。(2008/11/10)

新iPod nanoとclassic、ゲームの追加が可能に
「テトリス」など予告されていた新作ゲーム3作品が、iTunes Storeから購入できるようになった。(2007/9/19)

現地からお届け!中国オフショア最新事情(9):
やる気のない日本人上司に失望しました
今回は、来日して1年の中国人エンジニアの上司に対する悩みを中心に紹介する。やる気のない日本人上司に対して、どうやってアプローチしていけばよいのだろうか。(2007/9/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。