ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カルロス・ゴーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カルロス・ゴーン」に関する情報が集まったページです。

堀江貴文が説く「経営者は非常識であれ」:
ホリエモンが「テレビはインターネットに完敗した」と断言する、これだけの理由
ホリエモンこと堀江貴文が考える今後のメディアビジネスの方向性を語ってもらった。堀江は2020年3月、日本のメディアが成功していないカルロス・ゴーン氏の単独インタビューを実現した。「あらためて思う。マスコミ、とりわけテレビの役割は、もう終わりつつある」という。ホリエモンのメディア論とは?(2021/5/22)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
最終赤字6700億円でも「手元資金は十分」とうそぶく日産 問われる内田社長のリーダーシップ
日産自動車は最終損益が6712億円の赤字になった。赤字額としてはカルロス・ゴーン元会長が改革に乗り出した2000年3月期の6843億円に次ぐ規模。内田誠社長は「現時点では十分な資金が確保できている」と言うが、日産の求心力は失われ、幹部の流出も続いている。(2020/6/23)

生産能力と商品数は2割削減:
6700億円赤字の日産自動車 待ったなしの「選択と集中」、その中身とは?
日産自動車が発表した2020年3月期決算では、純損益が6712億円の赤字に転落。“拡大路線”からの転換ができていない中で新型コロナによる危機が襲った。構造改革を進める4カ年計画では、生産能力や商品数の削減などによる「選択と集中」を加速させる。(2020/5/29)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
トヨタ自動車、来期営業益8割減の衝撃 「コロナ恐慌」が大手企業も飲み込む
5月12日にトヨタ自動車が発表した2021年3月期決算予想には衝撃が走った。3月の段階では「日本の大企業は余裕があるから大丈夫ですよ」と語っていた霞ケ関の幹部も、言葉を失った。(2020/5/14)

スピン経済の歩き方:
「新型コロナには一致団結で!」と叫ぶ組織が、残念な結果を招く理由
新型コロナウイルスの対応について、各国から批判の声があがっている。クルーズ船に3711人を閉じ込めたこと、乗客を下船させたこと、公共交通機関で帰宅させたこと。日本には“優秀”な官僚や感染対策の専門家がいるのに、なぜこのような事態を招いてしまったのか。(2020/2/25)

日産、ゴーン被告に100億円の支払い求め提訴 「長年にわたる不正行為により発生した損害」の賠償請求
“損害額”はさらに増える可能性。(2020/2/12)

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)

専門家のイロメガネ:
報酬5億円でゴーンの暴走を放置した西川前社長の責任(中編)
メディアでは一斉にゴーン批判の嵐が巻き起こったが、仮に暴走していたのであればそれをとめる役目を負うのは役員であり、その最高責任者は日産の代表取締役社長兼CEOの西川氏にほかならない。ゴーン氏が犯罪を行って逮捕・起訴されたのであれば、西川氏もセットで逮捕されるべきで、西川氏が逮捕されないのであればゴーン氏の逮捕もあり得ないはずだ。(2020/1/30)

専門家のイロメガネ:
ゴーン国外逃亡で考える、日産前社長の西川氏が逮捕されない理由と検察の劣化(前編)
ゴーン氏の会見後も毎日のように新しい動きが報じられたが、そもそもの発端を理解している人は少ないだろう。世間では「給料をごまかして逮捕された挙句に国外逃亡したとんでもないヤツ」と認識されていると思うが、実際はそのような単純な話ではない。なぜゴーン氏が国外逃亡を選んだのか、なぜ西川氏と検察もまた問題があると断言できるのか、複雑に絡んだ事件を整理してみたい。(2020/1/30)

ゴーン被告の妻・キャロル容疑者の逮捕状よりもやるべきことがある! 森永卓郎が解説
2人ともレバノンにいるので……。(2020/1/14)

楽器箱に身を潜めて国外脱出を目指す 実在の人物とは一切関係ないゲーム「Ghone is gone」
主人公の名前はカルロs……じゃなくて「ロスカル・ゴン」(2020/1/9)

ゴーン被告の会見受け、東京地検と法務大臣がコメント 被告の主張は「自らの行為を不当に正当化するもの」
どちらも被告の行為や主張について強く批判する内容となっています。(2020/1/9)

スピン経済の歩き方:
「ほら、日本ってめちゃくちゃでしょ」 ゴーン氏の逆襲をナメてはいけない
カルロス・ゴーン氏が、会見を開く予定だ。「大丈夫でしょ。悪いのは彼なんだし」「すぐに逮捕して、日本に戻せ」といった声が聞こえてきそうが、大きな声をあげればあげるほど、日本にダメージを及ぼすリスクがあるのだ。どういうことかというと……。(2020/1/7)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【2019年版】役員報酬ランキング―日産元会長がダントツ1位【自動車メーカー】
上場企業は、年間で1億円を超える報酬を得た役員の名前と金額の開示が義務付けられています。2018年度の有価証券報告書をもとに国内自動車メーカー9社を対象に調査したところ、1億円以上の役員報酬を受けた役員は19名でした。(2019/11/7)

「技術の日産」の魂は、死んでいない アライアンスの行方は?
日産自動車経営陣の新体制が固まった。3頭体制への期待は高いが、その周囲の役員の間にはさまざまな思惑がうごめいているという情報もある。日本とフランスの国策企業というプライドが、足を引っ張りあっていくなら、良いクルマやサービスも生まれない。(2019/11/7)

幹部の報酬は「グローバル・スタンダード」:
“1億円プレーヤー”過去最多の「役員報酬ランキング」 トップ10に外国人が6人
1億円以上の報酬を受け取った役員と企業を公開した「役員報酬額ランキング」。(2019/7/1)

「世界標準」に近付きつつあるか:
1億円以上の「役員報酬額ランキング」――トップ5に外国人が4人、日産・ゴーン氏は5位
役員報酬1億円以上を受け取った企業の役員名を公開――。(2019/6/28)

スピン経済の歩き方:
「空気を読む人」は組織に危機をもたらす、同調圧力のワナ
皆さんが属する組織にも「空気を読まない人」がいるのでは。TPOをわきまえない発言をされて、イライラするケースが多いかもしれないが、少し冷静になっていただきたい。「空気を読む人」も問題を起こすことがあって……。(2019/4/16)

ゴーン報道の第一人者が語る【後編】:
“ゴーン予備軍”は存在する――「怪物」を生まないために
長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、希代のカリスマの実像とゴーン事件が日本社会に残す問題について聞いた。(2019/4/11)

ゴーン報道の「第一人者」が語る【前編】:
ゴーンという「怪物」を生んだのは誰か 日産“権力闘争史”から斬る
ゴーンという人物は結局、日本の企業社会において何者だったのか――。長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、“怪物”が生まれた真因について直撃した。(2019/4/10)

ゴーン氏、動画で無罪主張 報道各社がYouTubeで全編公開
日産自動車の前会長カルロス・ゴーン氏の弁護団が4月9日、記者会見を行い、ゴーン氏自身が無罪を主張する動画を公開した。会見に参加した報道各社がそれぞれ、この動画をYouTubeに公開しており、約7分半にわたる全編を閲覧できる。(2019/4/9)

“認証バッジ”受付停止中のTwitter、ゴーン氏のアカウントは特例で認証
カルロス・ゴーン氏が4月3日、Twitterアカウントを開設した。アカウントには、Twitterが本人と認証したことを示す認証バッジが付いている。Twitterは認証バッジの申請受け付けプログラムを中断しているが、ゴーン氏のアカウントは特例で認証したという。(2019/4/3)

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告がTwitter開始 「真実を話す準備がある」
開始2時間でフォロワー数は4000人を突破。(2019/4/3)

カルロス・ゴーン氏、Twitterアカウントを開設 「11日に記者会見」「真実を話す準備をしている」
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン氏が「何が起きているのか真実をお話しする準備をしています。4月11日に記者会見をします」とツイート。(2019/4/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
なぜ作業服だったのか、臆測と答え合わせ
事実を淡々と受け止めたい。(2019/3/13)

叶姉妹、堀江貴文の“言葉選び”に疑問 サンジャポでの発言に「誤解を招く失礼にもなりえる」
美香さん「悪意があるとも私達は思っておりません」。(2019/3/12)

ゴーン被告の変装劇「すべて私が計画」 高野隆弁護士がブログで意図明かす
計画は失敗だったと認め、ゴーン氏の名声に泥を塗る結果になってしまったと振り返っています。(2019/3/8)

「変装のくせが強い」「確かに怪しい」 渡辺直美&横澤夏子、ディズニーランド内の“本気すぎる変装”が逆にバレバレ
「カルロス・ゴーンの次にわかりやすい」などツッコミ続出。(2019/3/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
ゴーン妻の“人質司法”批判を「ざまあみろ」と笑っていられない理由
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕・勾留に関して、キャロル夫人がいわゆる「人質司法」を批判した書簡を人権団体に送った。刑事司法制度において「自白偏重主義」を貫いてきた日本は、海外からどんな国であると認識されているのか。(2019/1/17)

ホンダ・トヨタもトップ10入り:
19年版「社長が注目する会社」、ZOZOや日産など上位に 1位は投資会社の性格強める……
産業能率大学が「社長が注目する会社」ランキングを発表。前澤友作社長の“プレゼント企画”で話題のZOZOや、ゴーン前会長の逮捕でビジネス界に衝撃を与えた日産が上位に入った。1位になったのは……(2019/1/16)

スピン経済の歩き方:
カルロス・ゴーンは現代の立花萬平か 日本が「人質司法」を止められない事情
日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者が意見陳述で容疑を否認した。一連の騒動についてさまざまな人がいろいろなことを述べているが、筆者の窪田順生氏はちょっと違う見方をしている。NHKの朝ドラ『まんぷく』とかぶるところがあって……。(2019/1/15)

競馬で100万円勝った父「お父さんのいいところを挙げたら分けます」 → 金のために父を褒め殺すLINE大喜利開始
みなさん正直でとてもいい。(2018/12/29)

約18億5000万円:
東京地検特捜部、ゴーン容疑者を再逮捕  日産に投資損失負わせた疑い
東京地検特捜部は21日、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。(2018/12/21)

5時間に及ぶ取締役会:
ゴーン会長の解任再び見送り、現時点で不正見つからず=ルノー
仏自動車大手ルノーは13日に開いた取締役会で、日本で逮捕されたカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の解任を再び見送った。ゴーン氏の報酬に関する内部調査の結果、現時点で不正は見つからなかったという。(2018/12/14)

スピン経済の歩き方:
ゴーン事件を「西川の乱」だと感じてしまう、これだけの理由
カルロス・ゴーン前会長の逮捕で、日本中に衝撃が走った。有価証券報告書で役員報酬の一部を少なく記載した容疑で逮捕されたわけだが、この事件について、筆者の窪田氏は「西川の乱」ではないかと見ている。その理由は……。(2018/12/11)

「不平等」な関係の行方:
日産など3社、29日にトップ会合 すれ違う人事・資本関係での思惑
日産、Renault(ルノー)、三菱自の経営トップが29日、会合を開く。3社連合を主導してきたカルロス・ゴーン容疑者の逮捕後、初となる話し合いでは、今後の3社連合のあり方を協議する。(2018/11/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガバナンスの失敗 ゴーン問題の補助線(4)
シリーズでお伝えしてきた「ゴーン問題の補助線」。最終回は、日産リバイバルプラン前から現在の状況に至る企業ガバナンスのあり方について考えてみたいと思う。(2018/11/29)

タフなリーダー:
ゴーン会長解任劇で注目、「敏腕」西川日産社長の横顔
日産の西川廣人社長は、長年「指導役」であったカルロス・ゴーン容疑者を会長職から解任したことで、大義のためなら周りを敵に回すことも辞さないタフなリーダーとしてその名を轟かせることとなった。(2018/11/28)

日立流「外国人人材の活用術」:
日立に迫られる“日本的雇用”からの脱却 「グローバル人事戦略」仕掛ける中畑専務を直撃
日立製作所が、グローバル事業の拡大に向けて大きく舵を切っている。日立グループの人事マネジメント施策を、海外を含めて共通化することで、社員が能力を発揮できる環境を整えてきた。人事の責任者である中畑英信専務に、今回の施策導入までの経緯と狙いを聞いた。(2018/11/28)

日々の影響はない:
アライアンス力を結束し、技術開発する方向は不変=三菱自副社長
三菱自の山下副社長は、日産、Renaultとアライアンス力を結束し、技術開発に取り組む方向は変わらないとの認識を示した。(2018/11/27)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
MONOistは「カルロス・ゴーン逮捕」にどう対応すべきか
正直、扱いづらい話です。(2018/11/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産リバイバルプランがもたらしたもの ゴーン問題の補助線(2)
1990年代、業績不振に喘ぐ日産自動車にやって来たカルロス・ゴーン氏は、「日産リバイバルプラン(NRP)」を策定して大ナタを振るった。その結果、奇跡の回復を見せ、長年の赤字のトンネルを抜けた。しかし一方で、それがもたらした負の遺産も大きかったという。(2018/11/27)

「力不足」反省:
日産社員「誠意と熱意を感じた」、西川社長が全社員に経緯説明
会長だったカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、日産は本社で、ゴーン容疑者の不正行為、逮捕や会長解任までの経緯などを全従業員に向けて説明した。(2018/11/26)

錯綜する日産事件報道の行方:
ゴーン氏逮捕は「ホリエモン、村上ファンドの時よりひどい」 郷原信郎弁護士が指摘
ゴーン・日産前会長の逮捕について郷原信郎弁護士が問題点を指摘。逮捕するほどの案件では無かった可能性や、解明へ公正中立な第三者委員会の必要性を説く。(2018/11/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
資本主義経済に対するテロ行為 ゴーン問題の補助線(1)
元日産自動車会長、カルロス・ゴーン氏の逮捕を受けて、世の中は大騒ぎである。日仏経済界や政治レベルでの懸案にまで発展しかねない様相を呈している。今回はこの事件について整理してみたい。(2018/11/26)

詳細判明まで先送り:
仏ルノー、ゴーンCEO解任見送り ボロレCOO暫定トップに
仏自動車大手Renault取締役会は、東京地検特捜部がカルロス・ゴーンCEO兼会長を逮捕したことを受け、ティエリー・ボロレCOOを暫定トップに指名した。(2018/11/21)

「強いリーダー」なき後は:
見方分かれる日産株投資、高配当とアライアンスの維持なるか
日産株は売りか、買いか? カルロス・ゴーン会長逮捕というニュースを受け、20日の市場では売りが先行したが、押し目買いが入って下げ渋る動きもあった。日産株には高い配当利回りと3社連合の先行きという2つの論点がある。(2018/11/20)

権力が集中しすぎた:
「ゴーン氏逮捕」で日産株が急落、安値更新 三菱自も下落
カルロス・ゴーン会長が逮捕された日産の株価が急落。午前9時9分に前日比60.5円安(−6.2%)の940円を付け、年初来安値を更新した。ゴーン氏が会長に就いている三菱自動車の株価も下げている。(2018/11/20)

製造マネジメントニュース:
日産ゴーン氏逮捕、西川氏「アライアンスの活動に影響が出ないように」
日産自動車は2018年11月19日、横浜市内の本社で会見を開き、同社の代表取締役会長であるカルロス・ゴーン氏と代表取締役のグレッグ・ケリー氏が長年にわたって実際の報酬額よりも少ない金額を有価証券報告書に記載していたと発表した。(2018/11/20)

日産自動車カルロス・ゴーン会長が逮捕 報酬約50億円過少申告の疑い
日産「数カ月に渡り内部調査」。西川広人社長が緊急会見「深くお詫び。会社として断じて容認できる行為ではない」。(2018/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。