ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「連立政権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「連立政権」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

1ドル=100円をうかがう展開に:
減速局面に入る世界経済 円高ドル安基調の日本への影響は……
2018年は世界経済全体は前年同様3.7%の成長を達成したと予測されている。特に先進国は米国経済の好調もあって2.4%と順調に景気回復を続けている(17年2.3%、16年1.7%)。ただ、米中貿易摩擦の継続、原油価格の下落などもあって、先進国経済は今後、減速すると予測されている。(青山学院大学特別招聘教授・榊原英資)(2019/2/1)

「芸術形式にまで進化した」:
森友問題、責任所在を曖昧にする日本の「ソンタク」
安倍首相を脅かす政治スキャンダルの波紋が広がる中、「ソンタク(忖度)」として知られる日本の習慣が、その責任究明を複雑なものにしている。(2018/3/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
LinuxからWindowsに完全移行を決めたミュンヘンのその後
2000年代に脱Windowsを大胆に進めて話題となったドイツのミュンヘン市。業界の一大決断と呼ばれたオープンソースへの移行は、なぜ今になって覆されるのか。(2017/11/22)

各社の違いはココだ! 麻倉怜士の有機ELテレビ画質比較教室
2017年はLGエレクトロニクスに加え、ソニー、東芝、パナソニックから有機ELテレビが発売された。各製品の画質はどう違うのか。OLEDの勃興から現在に至る汗と涙の進化を見つめ続けた“OLEDエヴァンジェリスト”麻倉怜士氏がズバッと回答。(2017/8/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道は縮小よし、ただし線路をはがすな
JR北海道が自社で単独維持が困難な路線を発表した。総距離で1237キロメートル。単独維持可能な線区は1151キロメートル。それも沿線自治体の協力が前提だ。しかし本来、幹線鉄道の維持は国策でなされるべきだ。自治体に押し付けるべきではない。(2016/11/25)

スピン経済の歩き方:
「安保反対デモ参加者は頭が悪くて仕事ができない」は本当か
堀江貴文氏がTwitterで、安保反対デモに参加したことをカミングアウトしたら採用しないとツイートしたところ、ちょっと話題になった。いろいろな意見があったが、本コラムの窪田氏は「経営者として極めてノーマルな反応」だという。その理由は……。(2015/8/18)

藤田正美の時事日想:
2014年、欧州の金融危機は起こるのか
中国、中東とともに2014年は欧州の金融政策に注目が集まる。欧州中央銀行がユーロ圏の銀行を一元管理するようになったが、欧州圏全体で財政を統一し、そして富の再配分を完成させるまでには長い時間がかかるためだ。(2014/1/15)

藤田正美の時事日想:
欧州中央銀行の政策金利が史上最低に、景気回復への方策は?
欧州中央銀行(ECB)の政策金利が低下し、ユーロ圏が再びデフレに陥るリスクが高まった。ECBが欧州内の銀行をまとめ上げ、地盤の強化を図る必要があるが、その障害は多く厳しい道のりになる。(2013/11/13)

2013年の国内金融IT市場は前年比1.1%増 IDC予測
IDC Japanは、国内金融IT市場の2013〜2017年の市場予測を発表した。(2013/10/2)

疑惑の残る失敗事例
英省庁主導のITプロジェクトでアジャイル開発が失敗した理由
英国労働・年金省(DWP)が新給付制度のITプロジェクトでアジャイルソフトウェア開発を中止した原因は、DWPにその気がなかったからか、DWPの体制がアジャイル向きではなかったためか?(2013/8/29)

ニコニコ超会議2:
ミクが、クラウドが熱演した世界コスプレサミット予選 変態仮面も登場
初音ミク、バイオハザード、FF VII――ニコニコ超会議2のコスプレサミット予選は熱戦。(2013/4/29)

藤田正美の時事日想:
団塊の世代に医療費が注ぎ込まれる時代
国民医療費38兆円弱の約45%は70歳以上の人が占め、そのうちのほぼ8割は75歳以上の人が占めている。状況は逼迫(ひっぱく)しているのに、政治家は法律で決まっていることすら実行できない。(2013/4/24)

レーダー照射はあるけど……公明党山口代表「8月12日を目標に日中首脳会談を実現したい」
足元では中国艦艇による海上自衛隊護衛艦へのレーダー照射が問題となっている日中関係。しかし、1月25日に習近平総書記と会談した与党公明党の山口那津男代表は日本外国特派員協会で行った講演で「不測の事態を回避して、大局的な関係に進んでいくことが両国の政治指導者の大きな責務」と述べた。(2013/2/8)

「断固たる決意で強い経済を取り戻す」――安倍首相所信表明演説全文
安倍首相は1月28日、衆参両院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」という“三本の矢”で、経済再生を推し進める方針を明らかにした。(2013/1/28)

人気調査データをランキングで紹介:
Amebaユーザーの83%、「選挙に行く予定」だった〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「話題注目商品2012」や「主婦の買い物と買い物弱者に関する調査」がランクインしました。(2012/12/21)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の統合深化、次のステップは中央銀行の統合?
一向に出口が見えない、ユーロ圏の債務危機。ユーロ崩壊を避けるための次のステップとして考えられるのは、中央銀行の統合である。(2012/7/30)

藤田正美の時事日想:
対立軸のなくなった政党政治はどこに向かうのか
増税法案を通すためにマニフェストを捨て、自民党などの野党の主張を受け入れた野田首相。与党と野党との違いがなくなりつつあるが、次の選挙では何が対立軸となるのだろうか。(2012/7/23)

藤田正美の時事日想:
欧州も“決められない政治”に悩んでいる
日本の課題となっている“決められない政治”。しかし、財政危機を抱える欧州でも、“決められない政治”に悩まされているのは同じであるようだ。(2012/7/9)

フォトリポート:
コナン、モンハン、薄桜鬼……世界コスプレサミット日本代表選考会の熱戦を目撃せよ!
今年で10周年を迎える「世界コスプレサミット」の日本代表選考会が開かれた。名探偵コナン、モンハン、薄桜鬼……気合い入りまくりなパフォーマンスが続々登場。優勝者の涙に秘められた思いとは!?(2012/6/11)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
劣化する政治、劣化する官僚
このままだと日本が沈没する日はそう遠くはない。もちろん国であるから沈没してなくなってしまうわけではないが、その時には、国民はすべての痛みを引き受けることになる。(2012/5/28)

藤田正美の時事日想:
緊縮財政か成長戦略か、欧州が問われる選択
G8サミットで、欧州発の金融危機に対して、「緊縮一辺倒だけでなく、成長戦略も重視せよ」というメッセージを出したオバマ大統領。とはいえ、下手に金融を緩和し、財政支出による景気刺激策を取ればハイパーインフレを招く可能性もある。(2012/5/21)

ネット界に衝撃……「きのこの山」と「たけのこの里」が歴史的和解か
きのこたけのこ戦争――あの仁義無き戦いが新たな局面を迎えているようだ。(2012/3/22)

藤田正美の時事日想:
焦点はギリシャからイタリアへ、欧州は債務危機を乗り越えられるか
欧州では国債のデフォルト懸念の焦点がギリシャからイタリアへと移っている。イタリア国債の金利は6%をはるかに超えているが、持続的でない現在の水準から抜け出る方策はまだ見つかっていない。(2011/11/7)

国家百年の計を持て――元塾頭と卒塾生が語る松下政経塾の理念とは
次世代のリーダーを育てるため、パナソニック(旧松下電器産業)創業者・松下幸之助氏が私財70億円を投じて1979年に創設した松下政経塾。与野党の別なく多くの政治家を生み出してきたが、その内実について2代目塾頭を務めた上甲晃氏と第3期生の樽床伸二衆議院議員が語った。(2011/9/29)

「この国の持てる力の全てを結集しようではありませんか」――野田首相所信表明演説全文
野田首相は9月13日、衆参両院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。東日本大震災の復旧・復興と日本経済の立て直しを政権の最優先課題として提示。ねじれ国会の中、議論を通じて合意を目指す方向性を示した。(2011/9/13)

日本社会の中間層の厚みを増していきたい――野田首相就任会見全文
野田佳彦首相は9月2日、内閣が正式に発足したことを受けて、就任後初の会見を開催。内閣の最大の使命を東日本大震災からの復旧・復興と定め、長期的に脱原発の方向性を目指すことを表明。経済においては円高・デフレからの脱却を目指し、外交では日米同盟重視の方針を打ち出した。(2011/9/3)

評価は後世に委ねたい――菅直人首相、辞意表明会見全文
菅直人首相は8月26日午後、退陣条件としていた再生可能エネルギー固定価格買い取り法と特例公債法が成立したことを受け、民主党両院議員総会で退陣表明した。その後、首相官邸で開いた会見の内容を詳しくお伝えする。(2011/8/27)

次の首相は誰だ!? 社民党・福島党首と新党日本・田中代表が徹底討論
社民党の福島瑞穂党首と、新党日本の田中康夫代表が民主党代表選について議論する番組。「大連立は国民にとってプラスに働くか?」など、代表選にまつわる議題を“とことん”討論する。司会は政治ジャーナリストの角谷浩一さん。配信は8月24日21時0分〜。(2011/8/23)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
「大連立」のナンセンス
衆参ねじれ国会という現実を前にしては、大連立以外に道はない、そう考えているのだろうがはたして大連立で解決できるのだろうか。(2011/8/23)

知っておきたいASEAN事情(2):
ASEANの自動車産業大国 “ほほえみの国”タイのカントリーリスク
日本企業のアジア拠点として人気のあるタイ。自動車産業を数多く受け入れてきた同国も経済成長とともに変容を遂げている。(2011/7/28)

藤田正美の時事日想:
欧州、米国、日本……財政危機の不安が消えない
財政危機に陥っているギリシャであるが、7月21日に開かれたEU緊急サミットで支援の形がまとまった。予想より大きな支援だったのでホッと一息ついた国も多いだろうが、ユーロ危機はこれで解決できたわけではない。その理由は……。(2011/7/25)

藤田正美の時事日想:
なぜ菅さんが首相ではいけないのか?
菅首相の進退について日々憶測が飛び交っている。筆者は、目の前のことをあれこれと「食い散らかす」菅首相の姿勢に疑問符を付け、復興を軌道に乗せることが第一とした超党派の協力体制を構築することが大事だと主張する。(2011/6/27)

藤田正美の時事日想:
民主党は「政治主導」という、“穴”に落ちたのだ
菅首相が辞任を表明した。政治の焦点は、次の民主党代表は誰になるのか、自民党との「大連立」を組めるのか、などに移っている。しかし政治が混乱している一方で、世界がどんどん動いていることを忘れてはいけない。(2011/6/13)

松田雅央の時事日想:
反原発政党が大躍進――フクシマがドイツに与えた影響
福島第1原発の事故発生から2週間が経過したが、その影響は海外の食や政治にまで及び始めている。例えば欧州の大手スーパーでは日本からの輸入品をストップ。またドイツでは“反原発”を訴える政党が議席を増やした。(2011/3/29)

藤田正美の時事日想:
ニホンの借金に無関心? 菅首相の「疎いので」発言
リーダーの「疎いので」発言が、波紋を呼んでいる。日本の国債の格付けが下がったことに対し、菅首相は「そのことには疎いので」と語った。しかしこうした発言が出ることは、国の借金について“関心がない”ことを示したのではないだろうか。(2011/1/31)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
首相が言わなかったこと
危機感が無いとはこんなに奇妙に映るのか。触れなかった問題の大きさを知ってほしい。(2011/1/26)

民主・岡田幹事長、2011年を語る!
民主党の岡田克也幹事長が、ねじれ国会や日中外交、自民党との大連立騒動など昨今の政治課題を踏まえつつ、今後の民主党の方針や政策を語る。江川紹子さん、神保哲生さんも出演。司会は角谷浩一さん。配信は1月5日21時0分〜。(2010/12/28)

藤田正美の時事日想:
今のニホンに最も必要なもの
ある外国誌の東京支局長が「今の日本に最も必要なものは政治的なリーダーシップだ」と語った。民主党政権は「政治主導」を掲げていたが、なぜ官僚をうまく動かすことができないのだろうか。今回の時事日想は、菅首相のリーダーシップについて考える。(2010/12/20)

自民・石破政調会長が登場 政策なう!
自民党の石破茂政調会長が登場。ねじれ国会、日中外交、尖閣ビデオ流出、民主党との大連立騒動など、さまざまな政治課題を踏まえつつ、自民党の方針や政策を語る。配信は12月16日21時0分〜。(2010/12/15)

藤田正美の時事日想:
フラフラの民主党が、財政再建を実現できるのか
なぜ民主党は財政再建に取り組むことに尻込みをしているのだろうか。民主党には労働組合という利益団体がバックにいる。そういった組織の既存利益を守ろうとする限り、有効な施策を打ち出すことはできないだろう。(2010/12/6)

藤田正美の時事日想:
TPPに参加するならば、2つの“地雷”に注意せよ
太平洋周辺の国が参加して、自由貿易などの話し合いを行う環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)。菅首相はTPPへの「参加を検討している」と表明したが、2つの地雷があることを忘れてはいけない。その地雷とは……。(2010/11/1)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
日本で二大政党制が成立するために必要なもの
昨年の衆議院選挙で民主党が政権交代を実現したことから、二大政党制の時代に入ったとしばしば言われます。しかし、ちきりんさんは、政権交代可能な大政党が2つあるだけでは二大政党制は成立せず、そこには基本思想の対立がないといけないと説きます。(2010/9/20)

藤田正美の時事日想:
官僚の手で、産業構造を変えることができるのか
保守党と自由民主党の連立政権になった英国が、大胆な改革を打ち出している。財政赤字に苦しむオズボーン財務相は、ほとんどの省庁の予算を25%カットするように求めた。一方の日本も財政難にあえいでいるものの、英国のような改革の動きが見られない。(2010/8/16)

藤田正美の時事日想:
参院選で、民主党が惨敗したワケ
参院選で民主党が惨敗した。連立与党で過半数を達成できないばかりか、菅首相が目標としていた現有議席を下回った。この結果を受け、菅首相は「新たなスタートラインに立った気持ちで」と続投に意欲を示したが、今後の舵取りは厳しいはずだ。(2010/7/12)

藤田正美の時事日想:
民主党も自民党も、“同じ穴のムジナ”かもしれない
会社と同じように、政治の世界でも「情報公開」は必要だ。しかし鳩山政権がお金の問題でつまづいたとき、その対応に国民はがっかりした。そして菅政権。一国のトップはこの問題について、どのように考えているのだろうか。(2010/7/5)

Live動画ピックアップ:
尻Pが「はやぶさ迎撃報告」、ホリエモンが語る民間宇宙開発も
尻Pこと野尻抱介さんや堀江貴文さんを講師に迎えたドワンゴの社内勉強会を午後4時からニコ生で配信。(2010/6/18)

藤田正美の時事日想:
普天間問題から財政再建まで――菅政権が抱える課題とは
菅直人内閣が成立してから1週間。内閣支持率は急回復し、民主党への支持率も大きく回復した。しかし、今後やるべき課題を見てみると、前政権が残した普天間問題に加え、9月の民主党代表選、そして財政再建と難題が山積み。菅政権は乗り切れるのだろうか。(2010/6/14)

藤田正美の時事日想:
基地問題で見えてきたもの。それは鳩山首相が“政治音痴”だったこと
大方の予想通り、普天間基地問題が暗礁に乗り上げた。県外・国外とあおっておきながら、辺野古に滑走路を建設し、一部を徳之島に移転すると言われても、多くの人は受け入れられないだろう。今回の時事日想は鳩山首相の言葉の“軽さ”などを考えてみた。(2010/5/10)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
危機感
郵貯、簡保の限度額が引き上げられる。すでに巨額のマネーを集めているにもかかわらず、なぜさらに拡大を目指すのか。(2010/4/7)

藤田正美の時事日想:
有権者から“しっぺ返し”をくらうのは、民主党だけなのか
与謝野馨元財務相が自民党を離党し、新党を結成する動きが強まっている。こうした動きに対し、谷垣禎一総裁は「団結」を訴えるものの、自民党をどう再生しようとしているのかが全く見えない。もはやというべきか、やっというべきか、自民党の瓦解が始まろうとしているのかもしれない。(2010/4/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。