ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社風」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社風」に関する情報が集まったページです。

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【後編】:
40代で出版社からWebメディアにミドル転職 元週刊誌編集長がNewsPicksで追い求める新しいメディアの形
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/5)

入社後のイメージがつかめるか:
20代の転職で不安なことは? 3位は「企業になじめるか」、2位は「仕事内容が希望と合致しているか」、1位は……
20代の転職希望者はどんなことに不安を感じているのか。就職情報サイトなどを運営する学情が調査を行った。その結果は?(2021/2/4)

今日からできる組織改善のススメ(2):
テレワークでも「話しやすい」組織の作り方 心理的安全性を守る毎日の習慣とは?
組織として高い目標を目指さなければならない場合、年次や役職に関係なく互いに意見を戦わせながら学び合い、成果を出し続けることが必要です。しかし「部下に発言を促してもなかなか意見や提案が出てこない」といったお悩みをお持ちの管理職や、「自由闊達な意見交換ができる社風の作り方が分からない」という人事担当者も多いのではないでしょうか。「話しやすい」組織にするための実践法をご紹介します。(2021/2/3)

リストラなのか:
ネットで賛否、電通「社員の個人事業主化」 実際に応募・退社した“中の人”の本音
ネットで賛否が渦巻いた、電通の個人事業主制度。この制度に応募し、電通を退社した江本さん(仮名)は「世の中の人々に誤解されている」と話す。江本さんの本音は……?(2021/1/26)

ZOZO、本社移転は2月15日に 幕張から西千葉へ コロナ禍で執務スペースを縮小
ZOZOが2月15日に千葉市稲毛区に建設中の新社屋に本社機能を移す。現在の同市美浜区の本社オフィスは段階的に機能を縮小する方針。(2021/1/25)

若手が成長できる環境:
社員が「働きがい」を感じる企業ランキング セールスフォース、ソニーなど上位 1位は?
オープンワークが発表した「働きがいのある企業ランキング2021」によると、1位はP&Gジャパンだった。2位がセールスフォース・ドットコム、3位がプルデンシャル生命保険。上位3社は外資系企業だが、4〜10位は日系企業。ソニーが初めてトップ10入りした。(2021/1/20)

在宅比率に注目:
コロナ禍で、就活生がすぐ見分けられる企業体質
経済との両立を旗印としてコロナ無策の結果、経済まで立ちゆかなくなりそうな昨今。一方で就職活動をする学生は、年明けとともに正に就活本格化の正念場を迎えています。始めに一番悩むのが会社選びですが、コロナによって企業体質が見やすくなっていることがあります。(2021/1/18)

KADOKAWA流働き方改革【前編】:
社員2000人「7割がリモートワーク」実現 KADOKAWAが“出社前提・紙文化”から脱却できた理由──きっかけは「マンガ」作戦
2020年11月、ところざわサクラタウン内に新オフィス、所沢キャンパスをオープンしたKADOKAWA。所沢キャンパスの稼働時をめどに、ABW(Activity Based Working)を掲げ、場所にとらわれず充実した働き方を目指す改革を約5年かけて進めてきた。出社して紙の原稿を回す文化の大規模出版社が、コロナ禍で社員2000人の7割リモートワークを実現するまで、どのような軌跡があったのか。(2021/1/20)

交通費より安く済む:
学生の自宅に“仕事体験キット”送付、オンラインでインターン 「実際にモノに触れないと分からない」悩みを解消
建物・施設の維持管理を手掛けるマイスターエンジニアリングは、昨年からオンラインによる1dayの仕事体験を始めた。学生の自宅に教材キットが届くコースもあり、オンラインでも実際の仕事に近い内容を体験できるという。(2021/1/13)

「デッドプール」MCU入りもライアン・レイノルズの尽力で無事R指定に スパイダーマンとのいちゃいちゃ展開へ期待
これが“俺ちゃん流”。(2021/1/12)

ワークマン式「しない経営」【後編】:
ワークマン土屋哲雄専務が、社員の平均年収を700万円に上げた理由
「残業しない」「ノルマを設けない」「値引きをしない」「社内行事をしない」――。他社とは真逆の取り組みともいえる「しない経営」を実践し、10年連続で増収、最高益を更新したワークマン。後編では、土屋専務が社員の平均年収を、定期昇給分を除いて100万円以上アップさせた理由を聞く。(2021/1/6)

「リアル」入社式希望の学生71% 「まだ一度も同期に会ったことがない」の声も
就職・転職情報企業の学情が2021年3月卒業の学生に行った調査によると、入社式は「リアル」を希望する学生が71%にのぼった。(2020/12/23)

デジタル時代の人材マネジメント:
デジタル人材が欲しければ「社内序列」から脱却せよ 現実的な報酬制度とは
デジタル人材を獲得するために求められるのは、会社の“外”の市場価値に連動した処遇制度だ。3つの現実的なアプローチを紹介しよう。(2020/12/21)

人材開発部に聞く:
3カ月で出社は3回! 短期間で新人研修をオンライン化、ソニー生命の対応力
ソニー生命で採用・教育研修を担う人材開発部に、コロナ禍を受けた働き方への対応を聞いた。(2020/12/21)

成果を挙げた社員に300万円の賞与:
コロナ禍で志願者は月3000人 応募殺到のアイリスオーヤマ中途採用担当に聞く「こんな人材は採ってはいけない」
コロナ禍で売上を落とす企業が多い中にあって、売上増の快進撃を続けている家電、生活用品を製造販売するアイリスオーヤマ。それを支えているのが大手家電などから転職してきた中途入社組の人材だ。中途採用を担当している佐藤祥平・人事部採用人材開発部リーダーに活躍する志願者の見分け方などを聞いた。(2020/12/10)

新卒採用:
まるでYouTuber? 就活生のために「@cosme」運営元が“放送局”を立ち上げた理由
@cosmeを運営するアイスタイルが、新卒採用活動の一環として「アイスタイル放送局」をスタートした。就活生を対象とするさまざまなイベントをライブ配信する取り組みだ。その効果は?(2020/12/3)

なぜ急ぐ:
リサーチ不足で転職後に後悔する声も “慌てて転職する”20代、理由1位は?
「転職先のリサーチが足りなかった」「もっとほかの会社と比較検討すればよかった」──ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が初めて転職を経験した20代に対して行った調査によると、そのような後悔を抱く人が多いことが判明した。なぜ、彼らは転職を望んだのか。(2020/11/27)

夢を諦め、30代で営業マンに:
異色の元ビジュアル系社員が、たった1人でインサイドセールスを立ち上げるまで 〜メール配信での大失敗、社内のすれ違いを乗り越えて〜
高校卒業後13年間ビジュアル系バンドのギタリストとして活動し、30代を過ぎてから営業マンに転身した堤さん。現在はホットリンク(東京都千代田区)でのインサイドセールス部の立ち上げ経験をもとに、イベント登壇やSNSの発信を行うインサイドセールスのカリスマだ。異色のキャリアの持ち主は、いったいどのような経緯でインサイドセールス部を立ち上げることになったのだろうか。そして、失敗も成功も経験している堤さんが今だからこそ考える、インサイドセールス立ち上げのポイントとは何か。(2020/11/27)

自社サービスをフルスタックで創り出せる環境:
PR:超高速インターネット接続サービス「NURO 光」を生み出し支えているのは、自由な発想を持ち、チャレンジを続けるエンジニアだった!
常にチャレンジするマインド、社内ラボの整った環境、エンジニアの提案を受け入れる風土――エンジニアにとって理想的な環境がここに。(2020/11/11)

doda調査:
仕事満足度ランキング、コロナ禍でトップとなった意外な職種とは?
コロナ禍で最も満足度の高い仕事とは?。転職サービスのdodaが118職種の人々に調査。意外な仕事がトップに。(2020/11/2)

Citrix Overseas Report:
「AIが経営会議に参加する未来」は、意外と近くにある
AIの技術が洗練される中、経営幹部レベルの会議にAIを参加させ、投票権を与える企業も出てきています。突拍子もない取り組みに思えるかもしれませんが、そこには「機械」としてのAIだからこそ、重要な意思決定に提供できるメリットがあるのです。ただし、そのリスクと課題も忘れてはいけません。両面からこの取り組みを考えてみましょう。(2020/10/29)

コロナ禍をCIO/CTOはどう受け止めたか:
PR:コロナ禍対応、IT施策の陣頭指揮を執った各社トップが見る組織の未来予想図
技術志向で知られる米国のITベンダーが日本のCIO/CTOらとパネルディスカッションを行った。OSS開発で培った知識や経験の共有、公平な議論の場を日本企業のトップが体験すると、どんな議論が巻き起こるのだろうか。イベントの模様を紹介する。(2020/10/29)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「集まって議論する」が当然だったPayPay いつどこでも仕事をしていい働き方に振り切れた訳
PayPayが進める新しい働き方「Work From Anywhere at Anytime(WFA)」一部の業務を除いて原則在宅勤務とし、パフォーマンスが発揮できる環境であれば国内の好きな場所、時間に仕事をしていいという。新制度導入と併せて、WeWork Japanと共同設計した新オフィスへの移転を決めた。PayPayが目指す新しい働き方とは――。 CFOの走出雅紀氏と、経営推進本部人事部部長の仙田厚毅氏に真意を聞いた。(2020/9/29)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(31):
岸和田ハリケーンズ vs ボストン・レッドソックス ―― CMMIの落とし穴(その2)
CMMIは、ソフトウェアを開発する会社が、どの程度きちんと開発できる能力があるかを示す「通信簿」。このCMMIの最高評価であるレベル5の認定を受けたソフトウェア開発会社はインドや中国にたくさんあります。そんな会社は本当にスゴイのか? そんな会社にオフショア開発を発注すると完璧にこなしてくれるのか? そんな疑問に答えつつ、そもそもCMMIとは何か、どこに落とし穴があるかを解説し、CMMIとうまく付き合う方法を書いていきます。(2020/9/29)

コロナの影響も:
学生が「インターンしたい」人気企業ランキング ANA・JALは転落、1位は……?
2022年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を楽天が発表。1位は……?(2020/9/25)

PR:ITで小売業の未来を創るカインズ 〜ホームセンター首位のデジタル戦略をリードするIT人材を募集〜
(2020/9/16)

モノづくり業界転職トレンド(24):
自動車業界経験者の転職に変化が起こっている
同業界内での転職が多かった自動車業界。だが最近は自動車業界から他の製造業にキャリアチェンジする人が増えつつある。変化の背景や現状、転職の可能性について、転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/9/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本勢の華麗なる反撃 アイサイトX
高度運転支援システムにまつわる「考え方」的な諸問題を解決し、使いやすく便利で、なおかつモラル的な逸脱をしっかり抑制したADASへと生まれ変わったのが、今回デビューしたアイサイトXだ。また大袈裟だといわれるのを覚悟して書くが、アイサイトXは、2020年の時点では世界最高のADASだといえるし、少なくとも市販モデルに搭載されたシステムとしては、最も自動運転に近づいたシステムである。(2020/8/31)

VR空間に構築:
“仮想伊勢丹”誕生、「リアル百貨店の弱み」克服へ 社内起業した男の夢
伊勢丹が仮想空間のイベント「バーチャルマーケット4」で、アバター向けのファッションを販売。三越伊勢丹ホールディングスの仲田朝彦氏は「VR空間の仮想店舗は、現在のリアルな百貨店が抱える課題を解決してくれる」と力説する。(2020/8/28)

「脱・職場第一主義」時代のニューノーマルに備えよ:
社員に「何か手伝うことはないですか?」と言わせる会社が時代に合わなくなっていくと思える、これだけの理由
若手社員にありがちな、定時後の「何かやることありますか?」という伺い立て。日本企業は個々の役割分担があいまいだからこそ、こうした「職場第一主義」的ななりふりが求められてきた。しかし、時代の変化によって、こうした職場第一主義から抜け出す必要が生じてきている。(2020/8/25)

調査で判明 テレワークの実態【後編】
「在宅勤務」を続けるべきか、やめるべきか 過去には“脱テレワーク”も
在宅勤務などのテレワークを実践する上での障壁は少なくない。こうした障壁は、企業のテレワーク継続にどう影響するのか。調査結果を基に分析する。(2020/8/21)

ダメ出しをされてもめげない:
「アイリスのマスクを世界一にする」 ヒット商品ナノエアーマスクを開発した中途入社のリケジョ部長
ヒット商品「ナノエアーマスク」を開発したアイリスオーヤマの岸美加子ヘルスケア事業部長は「アイリスのマスクを世界一にする」(生産数)と意気込む。着け心地の良いマスクの開発に知恵を絞っている。「ナノエアーマスク」開発の舞台裏を聞いた。(2020/8/6)

昨年と違う:
10月1日、大「内定辞退」は起こるのか
コロナ禍で初の就活となった。大学生の7割以上が内定を手にしているというが、受け入れる側の企業は安心して内定式を迎えることができるのだろうか。(2020/8/5)

日本に進出して21年:
気付けば日本に30店舗 コストコが女性から熱狂的に支持される理由
コストコが日本に進出してから21年。着実に店舗数を増やし続け、有料会員も600万人を超えた。特に女性客から圧倒的に支持される理由をビジネスモデルの観点から解説する。(2020/7/21)

「読まれない」「思い付かない」の改善法:
いま再び注目を集める「社内報」 紙にとどまらない、活用のポイント
テレワークで不足するコミュニケーションに対する意外な一手として、「社内報」を活用する企業が出てきている。今や「紙」だけでなく、Webやアプリの社内報も登場しているようだ。担当者が抱えがちな「せっかく作ったのに読まれない」「コンテンツが思い付かない」といった悩みへの処方箋も紹介する。(2020/7/13)

「社員第一」の実態:
コロナ後の企業変化、就活学生はどう見ているか?
新型コロナ感染拡大を受けて、企業はさまざまな対応に追われてきた。そうした状況のなかで、就活生は企業をどのように見ているのだろうか。(2020/7/12)

スピン経済の歩き方:
「いきなり!ステーキ」一本足打法経営が、なんともビミョーに感じるワケ
「いきなり!ステーキ」を再建させるために、運営元のペッパーフードサービスがアレコレ手を打っている。「ペッパーランチ」を売却したり、店舗数を減らしたり、人員を減らしたり。一本足打法経営がうまくいくのかというと……。(2020/7/7)

業界動向:
「リモートワーク成功の秘訣は“雑談にアリ”、サテライトオフィスに需要増」CBRE
CBREは、新型コロナ感染症の拡大によって、国内の企業でリモートワークが進む一方で、制度を撤廃するケースもあったことを独自調査からつかみ、導入成功には何が必要かをオンラインセミナーで説いた。(2020/6/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
社長、間違ってます! 米国で広がる「従業員アクティビズム」で会社は変わるか
日本では会社で主義主張を叫ぶことは歓迎されないが、今、米国を中心に「従業員アクティビズム」が広がりつつある。Facebookやニューヨーク・タイムズなどで、社会問題に絡む経営陣の判断に従業員が抗議。従業員自ら会社の存在意義を考え、変えることもできるのだ。(2020/6/11)

ITmediaの記事配信システムを作った男 ベルリンからエンジニアの舞台裏とテレワーク原体験を語る
ITmediaの記事公開システムを最初に構築したエンジニアによる回想。(2020/6/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「強い会社」に変わる仕組み。新型コロナで問われる変化適応力
新型コロナウイルスが世界に与えた影響によって、それぞれの会社を取り巻く環境が大きく変わった。どの会社も変化適応力を試されようとしている。これからの時代に求められるのは3つの強さだ。(2020/6/4)

立教大とビズリーチ、AI研究で提携 ビッグデータをもとに「個人のキャリア観」を解析
立教大学と転職サービスを運営するビズリーチが、AIの社会実装を目的とした共同研究を始める。(2020/4/27)

若い企業が上位に:
20代転職者が“成長できる”企業 リクルート、P&Gを抑えて1位になったのは……
オープンワークが発表した「20代転職者が成長できる企業ランキング」によると、1位は同率でカヤックとボストン・コンサルティング・グループだった。上位10社のうち5社が2000年以降に設立された企業。若い企業の共通点とは?(2020/4/23)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
「経営者目線」より「第三者目線」を ブラック企業とみなされる5つのチェックポイント
内部からは気付きづらい「ブラック企業」の特徴をご存じだろうか。働いていると「当たり前」と感じているものでも、外部から見たら“真っ黒”という会社も中には存在する。あなたの会社は大丈夫? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/31)

キャリアニュース:
米国企業への転職を考える際に知っておきたいこととは
エンワールド・ジャパンが、米国の企業へ転職したいと考える人へ向けて、米国企業の残業時間や休日、福利厚生などを紹介した。給与体系や働き方など日本企業との違いを把握することで、より良い転職につなげられる。(2020/3/19)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
あの時どうすればよかったのか? 今こそ振り返る20年前の「IT革命」
「IT革命」というコトバを同時代として知っている方は、ほろ苦い記憶があるではないでしょうか? しかし、もう一度振り返ることで、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みに変化が出るかもしれません。連載名「IT革命2.0」のタイトルに込めた思いをお伝えします。(2020/3/12)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
「デスクでランチ」が多い会社はブラック企業!? そこかしこに潜む、「ブラック企業認定」のリスク
新卒採用のシーズンが始まった。企業は求職者に対して自社を良く見せようとしがち。しかし、何気ない日常にも「ブラック企業」と判断されるリスクが潜む。今回は、「企業説明会」や「会社訪問」について、ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/10)

新連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
美辞麗句で求職者は騙せない! アピールのはずが「ブラック企業かも」と思われてしまう求人広告の特徴
新卒採用のシーズンが始まった。企業は求職者に対して自社を良く見せようとしがち。しかし、「良かれ」と思ってやっていることで「ブラック企業」と判断されるリスクも。今回は、「求人広告」について、ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/4)

若手ITエンジニアの「キャリア構築」最前線:
PR:第二新卒・IT未経験からSAPプロフェッショナルとなった女性エンジニアが選んだ技術、スケール、やりがいとは?
昨今のエンジニアを取り巻く環境やテクノロジートレンドは変化が激しい。このような時代だからこそ、自らのキャリアを「将来性」という軸で考えてみることは理にかなっているといえるだろう。今後も「売り手市場」であると予測される職種は何だろうか。SAPコンサルタントはその答えの1つだ。案件そのものが多く、「2025年問題」などが控えているのも事実だが、それ以上に「SAPが企業のデジタル変革(トランスフォーメーション)へのニーズに応えるソリューション」であることから、SAP人材への需要が途切れることはない。しかし、未経験の状態からSAP人材を目指すことは可能なのだろうか? 本稿では第二新卒・非IT業界からSAPのプロフェッショナルへ転身した女性エンジニアとその上司へのインタビューを通じ、「未経験からSAP人材として成長し、キャリアを構築することは可能なのか? そのための環境とは何か」について考えたい。(2020/2/27)

社会人1年目はこんなことに悩んでいる、1位は?
2019年4月に就職した人は、まもなく1年が経とうとしているが、どんな悩みを抱えているのだろうか。社会人1年目の男女に聞いたところ……。(2020/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。