ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社風」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社風」に関する情報が集まったページです。

中堅・中小企業のDXを阻害する要因は? ノークリサーチが提言
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業におけるDXは「ペーパレス化」「クラウド化」「業務自動化」に加え、「顧客との関係性深化」や「社内慣習の改革」に移行しつつあることが分かった。ノークリサーチはDXを進展のためにユーザー企業とIT企業の双方が注意すべきポイントを提言する。(2022/5/24)

自分で手を挙げないと変われない:
女性管理職比率51%のイケア 3店舗兼務の女性店長に聞くキャリアの歩み方
2020年から東京都内に相次ぎ出店し、新たなファンを開拓しているスウェーデン発祥の家具大手イケア。この都心3店舗(原宿、渋谷、新宿)の店長を、一手に担う女性がいる。本社の受付業務からスタートし、都心型店舗の責任者を務めるに至った女性店長に、これまでのキャリアや仕事観を聞いた。(2022/5/19)

売却・消滅も現実味を帯びてきた?:
その場しのぎが相次ぐ東芝が発した断末魔 「再編案求む!」の衝撃
迷走を続ける東芝から聞こえてきた「再編案募集」の断末魔。果たしてその場しのぎを続けてきたかつての名門企業が行きつく先はどこなのか。(2022/5/12)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(97):
パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました
毎日のように怒鳴られ、発言を禁止され、最後はコスト削減のためにリストラされた。この恨み、晴らさでおくべきか!(2022/4/18)

小寺信良のIT大作戦:
「働き方」はテレワークで変えられるのか 「完全リモートでも東京で暮らしたい」から考えた
「これからの働き方を考える」調査レポートの結果を、小寺信良さんが読み解く。(2022/4/11)

失敗を許容し挑戦する文化:
北海道日本ハムファイターズ新球場の仕掛け人、ボールパークへの夢を語る
北海道日本ハムファイターズの前沢賢取締役事業統轄本部長にインタビュー。札幌郊外にある北広島市に総工費600億円をかけた「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE」について聞いた。(2022/4/6)

PR:コロナ禍で浮き彫りになるコミュニケーション不足 新人研修やOJTを成功させる「仮想オフィス」の価値とは?
(2022/3/28)

arrows先生が聞く:
PR:10周年を迎えた「arrows」ってどんなスマホ? これからどうなる? FCNTの“中の人”が語る
2021年、FCNTのスマートフォン「arrows」が誕生から10周年を迎えました。折しも、arrowsスマホを開発/製造する富士通コネクテッドテクノロジーズも「FCNT株式会社」に社名を変更し、新たなスタートを切りました。この記念すべきタイミングで、伝説の「arrows先生」がarrowsの過去、これから、そして未来について話を聞きました。(2022/3/17)

ここがおかしい:
外国人留学生の会社選びの決め手、2位「職場環境」、1位は?
外国人留学生就職情報サイト「リュウカツ」を運営するオリジネーターは、日本で就職活動中または日本の企業で働いている・働いていた外国人留学生に対し、「日本での就職活動に関するアンケート」を実施。その結果……。(2022/3/16)

300人に調査:
新入社員の6割が入社後「仕事内容」にギャップ抱く 配属先やワークライフバランスに不満
新卒向け就職エージェント「career ticket」が社会人1年目の300人を対象にした調査で、6割が入社後「仕事内容」にギャップを感じていると回答した。(2022/3/14)

「子育て」「介護」「地方在住」でもキャリアを諦めない:
PR:多様な働き方とキャリアアップ・スキルアップを実現 今こそ、マイクロソフトで働く意義とは
マイクロソフトといえば、言わずと知れた「外資系企業」。一般的に、外資系企業といえば、シビアな成果主義や個人主義の風土で、ドライな働き方を想像するが、日本マイクロソフトは違う。異業種、そして同社と同じく外資系企業から転職してきた2人が語る、今、日本マイクロソフトで働く意義や実現できるキャリアとは。(2022/3/14)

6000人弱に聞いた:
就活生に聞いた「企業を選ぶポイント」 3位は「福利厚生が充実している」、2位と1位は?
マイナビは、2023年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に行った「マイナビ 2023年卒大学生 活動実態調査(3月1日)」の結果を発表した。現在未内々定の学生が注力していることは「エントリーシート提出」や「エントリー」で、就職活動はこれから本格的に取り組む予定であることが分かった。(2022/3/11)

ピクサー従業員、親会社ディズニーによる同性愛シーン検閲を告発 LGBTQ+支援団体もディズニーからの寄付を拒否
(2022/3/10)

「IT・ソフトウェア」が人気:
就活生に人気の企業ランキング、文系1位は「伊藤忠」、理系は?
ワークス・ジャパンは産業経済新聞社と合同で、2023年3月卒業・修了予定の大学生、大学院生を対象に就職希望先企業調査を実施した。文系総合の1位は伊藤忠商事、理系総合の1位は……?(2022/3/8)

SAP×関西エリアの成長ストーリーに密着:
PR:SAP人材の「成長への次の一手」とは? SAPエンジニアやコンサルタントとして、さらなる高みへ踏み出す方法
SAP製品を扱うエンジニアやコンサルタントの成長の仕方が多様化していることをご存じだろうか。SAPを極めるキャリアを目指すか、それともSAPを主軸として他のソリューションやプラットフォームの技術や知識の幅を広げるキャリアを目指すか。成長への考え方は人それぞれだ。SAPの現場経験を持つ若手エンジニアやコンサルタントには、どのような具体的な可能性があるのだろう。関西で活躍している2人のSAP人材の対談を通して、これからの成長の在り方を模索する。(2022/2/17)

新卒採用の現在:
「なんとなく内定辞退」をどう防ぐ? 面接官に求められる“もう1つの役割”とは
「ウチは選考・内定辞退が多く、求める人材を、目標人数通りに採用できていない」──とある中小企業では、実は面接官が「人材の見極め」のみに注力。果たすべき“もう1つの役割”に気づけていなかった。(2022/2/22)

約7割が「転職後に後悔」:
求人情報で「怪しい」と感じたワード 3位「ノルマなし」、2位と1位は?
従業員向け研修などを展開する識学が、「中途採用に関する調査」を行った結果、転職後に「こんなはずではなかった」と感じている人が約7割いることが分かった。(2022/2/21)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
ニチガスはいかに「ごみ屋敷」を捨てたか? メタバースを活用したソリューション事業を支えるDX【後編】
2010年から基幹業務システムのフルクラウド化を開始するなど、ニチガスのDX推進のスピードはエネルギー業界で群を抜く。同社が早い時期からDXを進められた背景と、業務改善の先にある「DXの成果」に迫る。(2022/2/14)

Q&A 総務・人事の相談所:
管理職が「テレワークが続くと、部下とコミュニケーションが取れず不安に」──どうしたらいい?
テレワークを中心に働いている企業。淡々と仕事をこなす人が多く、管理職から「テレワークが続くと、社員とコミュニケーションが取れない」「一方的に話してしまうことが多く、不安になる」と相談を受けるように。こんな場合、どのような対策をすればいいのか? 人事コンサルタントが解説する。(2022/2/14)

「総務」から会社を変える:
「ぶらぶら総務」がポイント? 社員が行きたくなるオフィスの条件
総務領域に詳しい豊田健一氏の連載。今回は、「社員が行きたくなるオフィス」の条件を探っていく。オフィス変革の主役である総務にとって、考えるべき視点はどういったポイントなのか。(2022/2/10)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
ニチガスはいかに「ごみ屋敷」を捨てたか? メタバースを活用したソリューション事業を支えるDX【前編、更新あり】
2010年から基幹業務システムのフルクラウド化を開始するなど、ニチガスのDX推進のスピードはエネルギー業界で群を抜く。同社が早い時期からDXを進められた背景と、業務改善の先にある「DXの成果」に迫る。(2022/2/9)

保護者の傾向は?:
親が希望する子どもの「就職先」 3位「ソニー」、2位「トヨタ自動車」、1位は?
マイナビは、就職活動を終えた(もしくは活動中)の子どもを持つ親を対象に調査を実施した。子どもが働いてほしい業界や企業を聞いた。(2022/2/9)

ソニーを支える人事制度【前編】:
快進撃が続くソニー 優秀な人材を生かす背景に「プロ野球のようなFA制度」
2014年頃まで業績不振が続いていたソニーだが、構造改革を経て、今では安定的に利益を生み出している。構造改革後に追加された社内公募に関する「3つの制度」は、優秀な人材を生かす今のソニーの下支えとなっている。これらの制度について、人事担当者に話を聞いた。(2022/1/28)

「UC」は企業文化維持の救世主になるか
部下との“サシWeb会議”も有効 テレワークでも「社風」を維持するUC活用術4選
テレワークを導入すればおのずと、従業員同士が対面して協働する機会が減ることになる。組織の文化や交流を維持するために、ユニファイドコミュニケーションツールはどう役立つだろうか。(2022/1/26)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(5):
たとえば中堅製造業のDXセキュリティ担当がいきなり社長にプレゼンするような物語
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、製造業のDXセキュリティ対策の予算獲得で最大の壁になるであろう役員会の承認を得るためのプレゼンについて考える。(2022/1/20)

7200人に聞く:
転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。(2022/1/13)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(4):
【第4回】人口減時代を乗り切る、地場ゼネコン2社の“サステナブル・モデル”事例報告
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第4回は、地場ゼネコン2社の他には無い好対照の独自ビジネスモデルを例にとり、地方建設会社がいかにして持続可能性のある事業展開ができるのかを考察していく。(2022/1/12)

今活用すべきツールは何か?:
PR:重要性を増す「オフィスの再設計」と「対面コミュニケーション」 専門家に聞くカギ
出社かテレワークか――コロナ禍を巡っては、こうした議論がかまびすしいが、真に目指すべきは、両者の「いいとこどり」であるハイブリッドワークだ。では、このハイブリッドワークを推し進める上で、オフィスは、そしてコミュニケーションはどうあるべきなのか。同領域に詳しい豊田健一氏に話を聞く。(2022/1/11)

学情調べ:
企業選びで学生が重視すること 3位は「福利厚生の充実」、2位と1位は?
学情は、23年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「就職活動における企業のビジョン・パーパス」を調査した。企業のビジョンやパーパスを「重視する」と回答した学生は、合わせて78.4%に上った。では、企業選びで重視することは?(2021/12/24)

月平均13.5時間:
10年間で残業が最も減った「ホワイト業界」はどこ?
オープンワークが同社サイトのデータを集計したところ、10年間で月間平均残業時間は22時間減少し、24時間に。有休消化率は19%向上していることが分かった。残業が最も減った業界は……?(2021/12/17)

3日以内に転職した人も:
入社後1カ月以内に退職したワケ 「仕事内容」や「社風」を抑えた圧倒的1位は?
ビズヒッツは、入社後1カ月以内に転職した経験のある人に「転職理由に関する意識調査」を実施。入社後すぐに転職した理由1位は「人間関係の不満」(133人)だった。(2021/12/9)

“異色”を生かした女性ITディレクター【後編】
“男社会”IT部門のトップになった女性は、男女平等の現状をどう捉えているか?
英国のブラッドフォード大学で60人のITスタッフを束ねるジュリエット・アトキンソン氏。現職への道のりは平たんではなかった。アトキンソン氏はどのような“闘い”をしてきたのか。(2021/12/1)

“チャレンジできる社風”作り:
「指示待ち」「官僚的」な社風が一変 湖池屋の好業績の陰に“人事改革”あり その中身は?
湖池屋の業績が伸びている。もとは「指示待ち」「官僚的」だった社風を改革したことが、要因の1つのようだ。組織の文化や風土の変革など、湖池屋を変えた人事改革に迫った。(2021/11/25)

20代の転職経験者の85.5%が「再度転職したい」 入社前に確認せず後悔したことは?
学情は、3年以内に転職を経験している20代に「今後の転職意向と転職を振り返り感じていること」について調査した。より希望に合致する企業があれば再度転職したいと答えた人は、85.5%に上った。なぜそのような回答が多いのか? 入社前に後悔したことを聞いたところ……(2021/11/24)

キャリアニュース:
仕事満足度ランキング2021を発表、満足度1位の職種は「構造設計」
転職サービス「doda」が「仕事満足度ランキング2021」を発表した。総合満足度が最も高かった職種は「構造設計」だった。指標では、テレワークなど自由な働き方が広がったことを受けて「労働時間」「職場環境」の満足度が高くなっていた。(2021/11/18)

女性の職種満足度ランキング 2位は「研究(医療系)」、1位は?
長引くコロナ禍の影響を受け、昨年の同調査から大きくランキング順位が変化した。(2021/11/16)

学情が調査:
採用担当者に聞く中途採用の動向 約半数が「拡大する予定」と回答
学情は、企業の採用担当者に「中途採用」に関するアンケートを行った。中途採用の計画について、50.7%が「拡大する予定」「どちらかと言うと拡大する予定」と答えた。その他、中途採用で実施したいフォローなどを聞いた。(2021/11/8)

実証実験:
六本木のギョーザ屋、「お手伝いで0円食べ飲み放題プラン」開始 人手不足を解消
六本木のギョーザ屋は、人手不足の解消を目的としてお客に営業を手伝ってもらうプランを発表した。手伝うことで2時間飲食が無料になるというものだ。緊急事態宣言解除に伴い、飲食店に人が戻りつつある一方、スタッフの不足が深刻化していることが背景にあるという。(2021/11/5)

「メインフレームまみれ」からデータドリブンな組織へ:
「データドリブン従業員」はどう作る? 入社2年目若手が分析をリードするLIXILのデータの使い方
LIXILはDX推進の施策を「デジタルの民主化」と呼び、システム開発と組織全体でのデータ利活用を進めている。データ活用基盤となるLIXIL Data Platform(LDP)の整備状況と、データ活用人材のすそ野拡大の状況はどうなっているだろうか。(2021/11/4)

男女別の違いも:
新しい職場への不安 「自分のスキル」「社風」を抑えた1位は?
アイデムは、求人サイト利用者を対象に「仕事探しに関する調査」を実施した。新しい職場で働く際に不安なことで1位となったのは?(2021/10/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナで大苦戦した鳥貴族は“復活”できるか? カギを握る「トリキバーガー」の動向
コロナの第5波がようやく収束し、通常営業する店が増えてきた。都市部に出店してきた鳥貴族はここから復活できるのか。新業態の「トリキバーガー」の現状と合わせてレポートする。(2021/10/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「45歳定年制」の是非から考える「人を活かす経営の新常識」
終身雇用は人を大切に育て活かせているのか? 制度疲労した日本型雇用を乗り越える提案は、10年前から看過され続けた。コロナ禍も相まって、全世代のキャリア自律がもはや待ったなしの必須課題に。いまこそ、「人を活かす経営の新常識」が求められる!(2021/10/14)

確かめる質問:
就活学生が一番知りたい「社風」は、首都圏直下地震で分かる
10月1日の内定式も済み、いよいよ23卒(2023年4月入社)就活が本格化します。そんな時に突如起こった10月7日の首都圏の地震。就活と何の関係があるのでしょうか? いや、就活生が一番知りたい情報を知る機会だといえるのです。(2021/10/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
「今日の仕事は、楽しみですか」が炎上 なぜこの広告が世に出たのか
品川駅に表示された「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告が炎上した。それにしても、なぜこの文言が世に出たのか。宣伝とブランディングを理解していなくて……。(2021/10/12)

新卒採用の現在:
オンラインでも学生の心をがっちり掴む! 成功例に学ぶ、コロナ禍のインターンシップ必勝法
採用のオンライン化が完璧には成功しなくても、「コロナ禍のせいで間に合わせだったので、仕方ない」──そう言える時代はもう過ぎました。各社の22卒オンラインインターンシップ事例から分かってきた、メリット・デメリットや企画・設計時のポイント、実際の成功手法について紹介します。(2021/10/8)

PR:レガシーな開発チームがクラウドネイティブ開発環境にたどりつくまでの道のり 内田洋行ITソリューションズ金沢氏に聞く「はじめの一歩」を踏み出すヒントと IT 中間管理職の戦い方
(2021/10/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
やはり、人生は“親ガチャ”で決まってしまうのか 「遺伝」と「社畜」の密接な関係
「親ガチャ」というキーワードが論争の的となっている。この言葉に多くの人が反応するのは、人生に「諦め」の気持ちがあるのかもしれない。努力しても意味がないのは、本当なのか……。(2021/9/28)

どうする?:
就活面接で、河村市長的ハラスメントおじさんが出てきたら
オリンピック金メダル丸かじり事件で大批判を受けた後、自らがコロナ罹患で療養されていた河村名古屋市長も回復されたとのこと。河村市長と同世代は組織の幹部になっている人も多く、そんな人が採用面接でやらかすリスクが非常に高いことを証明しているといえます。(2021/9/14)

令和の「採用論」:
「退職者は裏切り者」と考える企業が、採用にもつまづくワケ
優秀な人材に選ばれる企業であり続けるため、企業はどう変わっていくべきなのだろうか? ワンキャリアの寺口さんは、「情報をオープンにすべき」と話す。その理由とは?(2021/9/14)

インターンシップ人気企業ランキング 理系1位はソニーグループ、文系の1位は?
2023年3月に卒業見込みの大学3年生、大学院1年生を対象に「インターンシップ参加希望企業調査」。理系1位はソニーグループ、文系の1位は?(2021/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。