ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「EIP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Enterprise Information Portal:企業情報ポータル、社内ポータル

関連キーワード

「在宅勤務を標準へ」――1万5000人がテレワークする日立、セキュリティで見直したことは?
2021年4月に在宅勤務を標準化する日立製作所。今も社員の約半分がテレワークを行っている。在宅勤務を進める上で重要だったのがIT環境の整備だ。何がポイントとなったのか、担当者に聞いた。(2020/10/31)

防衛医科大学校がオラクルのファイル共有サービスを導入 遠隔授業の環境を整備
防衛医科大学校医学教育部は、学習教材のオンデマンド配信やレポート提出向けのファイル共有基盤として、「Oracle Content and Experience」を導入した。モバイル端末からのアクセスや、自動のウイルススキャン機能を評価したという。(2020/7/30)

「ほんまにほんまに優しくて」 鈴木紗理奈、“蕁麻疹地獄”から救ってくれた息子の行動に感謝
いい息子さんに育ったなあ。(2020/6/15)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(3):
DDoS攻撃がきっかけ――auカブコム証券がセキュリティの側面からOpsDevを推進できた理由
デジタルサービスの継続的な運用には、セキュリティ対策が欠かせない。「最初からアジャイルで作るのは難しい。既に何らかのシステムを持っているのだから、まずはその運用をどうするかを考えなければならず、OpsがDevよりも先になる」と述べるauカブコム証券の石川陽一氏の事例から、デジタルサービスのDevSecOpsに欠かせない「データ活用」の要点を探る。(2020/5/12)

【ゲームの日本史】ひたすら最速クリアを目指すRTA(リアルタイムアタック)はどのように生まれたのか
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」主催者・もかさんにインタビューしました。(2020/2/12)

働き方改革の実施率は75.3%、IDC Japanが働き方改革動向調査の結果を発表
IDC Japanは働き方改革動向調査の結果を発表した。働き方改革の実施率は75.3%。産業別では、製造が84.2%でトップ。企業が働き方改革を実施する目的とは。(2019/12/11)

目当ての情報を見つけやすくするルールが必要
「Microsoft Teamsを入れたら共有ファイルだらけ」を避ける5つの注意事項
「Microsoft Teams」を導入する際は、業務目的のファイルやメッセージ、予定が無秩序に作成されてしまう状況に陥らないようなルールや戦略を立てる必要がある。そのために注意すべき5つのポイントを紹介する。(2019/11/22)

“脱Excel”か“活Excel”か
無理やり「Excelツールをチームで共同利用」するよりも、試すべき「Office 365」
Microsoft Excelで作成した社内ツールは、リアルタイムに複数人が同時編集することは困難な場合があります。マルチデバイスで共同編集できるツールを作るなら「Office 365」を検討する必要に迫られるでしょう。(2019/11/26)

フエニックス・コンタクト IO-Linkゲートウェイ:
最大8台のIO-Link機器を接続するゲートウェイ
フエニックス・コンタクトは、最大8台のIO-Link機器に接続可能なマルチプロトコル対応ゲートウェイ「IO-Linkゲートウェイ」を発売した。OPC-UAをはじめとする産業ネットワークから、IO-Linkデバイスへ接続できる。(2019/11/15)

「Exchange Server 2010」移行計画、オンプレミスかクラウドか【前編】
「Exchange Server 2010」サポート終了、現実解はExchange Onlineへの移行か?
Microsoftのメールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了を機に、クラウド版Exchangeである「Exchange Online」への移行を検討する企業は少なくないだろう。それは最適な選択肢なのだろうか。(2019/10/14)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(11):
NISSHA(日本写真印刷)が全社APサーバのクラウド化を実質4カ月で完了できた理由
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。NISSHAの事例では、クラウド化プロジェクトの背景、歴史、方策、効果、パートナーに求める5つのことを中心にお届けする。(2019/8/22)

社外勤務者のスキルを向上 低予算で誰でも活用できる情報交換ツールとは
スキルやナレッジの属人化に悩む企業は少なくない。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めればよいのだろうか。成功企業の足跡をたどる。(2019/8/20)

PR:IBMが「Notes」売却、わが社のグループウェアは大丈夫か?
レガシーシステムが新規ビジネスの足かせになって発生する経済的損失「2025年の崖」が話題となるなか、IBMは「Notes/Domino」の売却を発表した。古いグループウェアの使用を続けてきた企業にとって、システム移行のラストチャンスが来ようとしている。(2019/7/25)

「いるだけcc」「片思い送信」「社内システムバラバラ問題」:
PR:職場のざんねん過ぎる“情報共有の問題”は、どうすればなくなるのか?
職場で起こる情報共有の問題を描き出し、開くだけで「あるある」という悲しみを引き起こす――それが「ざんねんな情報共有ずかん」だ。こんな事態を防ぐ手だてはないのか? 専門家が明かす答えとは。(2019/7/1)

製造業IoT:
PR:「Office 365」が工場とオフィスをつなぐIoTプラットフォームに
富士ソフトが、業務アプリケーションの「Office 365」をIoTプラットフォームに仕立てた「IoTプラットフォーム on Office 365」の提供を始めた。業務アプリケーションとして製造業の技術者にとってもなじみ深いOffice 365だが、クラウドのAzureと連携することで、製造ラインの可視化や障害対応プロセスの迅速化などに適用できるという。(2019/5/31)

AIチャットbot市場シェアNo.1のベンダーが語る:
PR:「社内からの問い合わせ」に悩む現場を変える! 社内向けAIチャットbotを活躍させる3つのポイント
AIチャットbotを、社外の顧客向けではなく社内の問い合わせ対応に使う企業が増えている。市場シェアNo.1のAIチャットbotサービス「hitTO」を提供するジェナが、数多くの導入プロジェクトを通して見つけたAIチャットbotの活躍に必要な「成功のための3つのポイント」とは。(2019/5/29)

問い合わせが「10分の1」に:
チャットbotを導入して、「社内ヘルプデスクの電話対応」をやめてみた結果
社員向けのヘルプデスクは情シスの代表的な業務の1つ。しかし、度重なる同じような質問にうんざりすることも少なくないだろう。そんな中、チャットbotを導入して、ヘルプデスクの電話対応をやめたという会社がある。(2019/1/17)

現在のニーズに合わせるだけなら実は簡単
アイデンティティー・アクセス管理システムを導入する前に知っておくべき 9つのポイント
IDとアクセス管理(IAM)を考える際、IT部門はさまざまな要素を考慮しなければならない。本稿では、IT担当者が自社に適切なIAMシステムを選択、導入する方法を検討する。(2018/7/13)

他社サービスからの乗り換えで、最大33%の割引も
月額150円グループウェアの実力を徹底解説、無料サービスとの違いとは?
無料グループウェアのサービス終了がアナウンスされ出した。コストをかけたくない企業の乗り換え先はどう選ぶべきか。月150円のサービスがさらにお得になる朗報がある。(2018/2/9)

9割の社員が効果を実感!:
PR:だからソフトバンクの生産性は高い! “独自ノウハウ”の「ファイル管理・共有サービス」出現
働き方改革の実現に向け、“文書管理”の見直しが急務となっている。ただし、それが一筋縄ではいかない取り組みでもあることは、これまでを振り返ることで容易に理解できるはずだ。この状況を打開するために脚光を浴びているのが、ソフトバンクの法人事業組織が自社利用しているファイル管理・共有サービス「PrimeLibrary」である。秘密はソフトバンクのノウハウに裏打ちされた使い勝手にある。(2018/1/23)

スキルやノウハウの属人化をストップ
20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール
スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。(2017/8/3)

ITS EU会議2017 レポート:
国境が阻むITSの変革、欧州は「クロスボーダー」で主導権を握れるか
アジア太平洋地域、北米、欧州で持ち回りで開催されるITS世界会議。2017年はカナダで行われる。ITS世界会議が欧州以外で開催される年には、欧州委員会が「ITS EU会議」を開く。会場で見えてきた、トラックの隊列走行や自動運転シャトルサービスなど欧州が注力する分野の現状と、曖昧な今後の方向性を紹介する。(2017/7/18)

Amazon Echo、Google Homeと同様のスピーカー型
Microsoft参入で「音声アシスタント」の注目度がさらに上昇、3つの破壊的変革とは?
Microsoftは「Cortana」搭載端末の計画を発表した。Microsoftの参入で仮想アシスタントを職場で利用できる日が近づいた……のだろうか。(2017/5/26)

「見える化」で業務改革:
SUBARUの航空機生産を支える1人の男と「QlikView」
自動車メーカー「SUBARU」に航空宇宙事業という“別の顔”があるのをご存じだろうか。1万点以上にものぼる部品を管理しながら、設計とテストを繰り返す。航空機開発の複雑な業務フローに混乱していた現場を救うため、1人の男が立ち上がった。(2017/5/15)

main()関数の前には何があるのか(終):
プログラムの実行はどのようにして行われるのか、Linuxカーネルのコードから探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。最終回は、Linuxカーネルの中では、プログラムの起動時にはどのような処理が行われているのかを探る。(2017/7/20)

main()関数の前には何があるのか(9):
エンジニアならC言語プログラムの終わりに呼び出されるexit()の中身分かってますよね?
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、プログラムの終わりに呼び出されるexit()の中身を探る。(2017/7/13)

main()関数の前には何があるのか(6):
Linuxカーネルのソースコードを読んで、システムコールを探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をさまざまな方法で探り、write()やint $0x80の呼び出しまでたどり着いた。今回は、さらにその先にあるLinuxカーネル側のシステムコールを見ていく。(2017/6/22)

働き方改革をサポート:
眼鏡で社員の集中力を可視化 ジェイアイエヌ
ジェイアイエヌは、社員の集中力を可視化して労働生産性の向上をサポートする企業向けサービスを始める。(2017/1/19)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
会社が社員の体重管理、1フロアにゴミ箱1つ……タニタオフィスに潜入!
今回は、健康総合企業のタニタを訪問。しかし、驚いたというかさすがというか……訪問するや否やいきなり受付で“体重測定”されてしまった内山くん。芸能界屈指のデブタレント内山信二の健康状態やいかに? (2016/9/24)

PR:社内の情報、あちこちに散らばって探しにくくないですか?
PCの持ち出し申請、どこからやるんだっけ? あの支社の代表番号ってどこにある? 先月のユーザーアンケートの結果が見つからない……。社内のさまざまな情報、散在していて見つけづらくないですか?(2016/8/29)

生産性のボトルネックをなくす:
PR:どの部門にも発生する「問い合わせ」、これを企業価値向上につなげる方法とは?
企業や団体では、部門を問わず、社内外から多種多様な「問い合わせ」が寄せられている。その対応に忙殺され、仕事がはかどらないなどの経験をした人もいるだろう。しかし、問い合わせ対応を見直すことは、生産性の向上だけでなく、企業価値の向上にもつながるのだという。(2016/4/18)

ビデオ会議を重視:
PR:社員17万人のグローバルコミュニケーション改革に挑む富士通
富士通は数年前から世界的規模でのコミュニケーション基盤の構築に取り組んでおり、いよいよプロジェクトは大詰めを迎えている。その基盤の中核となるツールが「ビデオ会議システム」だという。果たしてそのわけとは――。(2015/10/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー リポート:
コニカミノルタとサッポロが示す「デバイス管理とBYOD」実践・徹底への道筋
スマートデバイスの利用が拡大する中で、IT部門には私用端末の業務利用で生じる新たなセキュリティリスクへの対応などが求められている。編集部主催「デバイス管理セミナー」で、サッポロホールディングスとコニカミノルタの取り組みと工夫、そして企業のクライアント管理を支える最新ソリューションが紹介された。【更新】(2015/8/25)

無料アセスメントサービスや個別相談会も用意:
PR:なぜ今Notesからの移行需要が高まっているのか、移行ソリューション担当者に聞いてみた
かつてさまざまな企業で情報共有基盤の中心となっていた「Notes」が、このところは「Notesからの移行」というキーワードで注目されている。「Notes移行ソリューション」担当者に、その背景とNotesユーザーが抱える課題、移行ソリューションの特長、導入メリット、大企業の事例などを聞いた。(2017/7/4)

ファン急増「ヤマー チャン」 美形キャラで理解促進 伊藤忠商事の「Office 365」活用術
「20時以降残業禁止」「朝型勤務制度」の導入など、従業員のワークスタイル改革を支援する施策を積極推進する伊藤忠商事が、メール/社内コラボレーションツールを「Office 365」に刷新した。導入の経緯や手段、そしてそれを「従業員へ理解してもらう」方法とは。(2015/2/27)

既存の資産をムダにせず実現
「使える企業情報ポータル」を構築する最も現実的な方法
あらゆるシステムへの入り口となる企業情報ポータル(EIP)の活用が叫ばれて久しいが、効果的に利用している企業は案外少ない。うまくいかない原因と、それを解決する手段を探る。(2015/2/27)

わずか3カ月でグローバルに最適化された環境に刷新:
ニトリの海外成長戦略を担う、「お、ねだん以上。」のクラウドサービス
ローコスト開発と競合他社との差別化という相反するニーズ、そして変化が激しいグローバル市場に対応しながらも継続的に革新していくために──。2032年度までに世界3000店舗の達成を目指すニトリが選んだIT基盤は何か。(2015/2/3)

ワコールの事業拡大を支える、新グループウェアの効果とは?
下着から水着業界へとビジネスを広げているワコール。最近は海外展開や事業買収により、グループの規模も大きくなっているが、その変化に社内ポータルが対応できなくなってしまった。社内ポータルの刷新を決意した同社が選んだシステムとは。(2015/2/3)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
社会課題の解決にビッグデータを活用するデンマークの取り組み
EU諸国は、スケールメリットを生かした低コスト戦略が主流のクラウド上で、ビッグデータならではの付加価値サービスを開発し、独自性を発揮しようとしている。今回は北欧の社会課題の解決先進国であるデンマークの事例を紹介する。(2015/1/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
出そろってきた企業内アプリストア構築製品
エンタープライズアプリストアでは、従業員向けに管理されたアプリを提供しなければならない。そのために何が利用できるのか。(2014/11/28)

Beyond Zero-day Attacks(5):
DEPの仕組みとその回避手法
ゼロデイ攻撃をめぐる攻防、第5回はコードエリア以外でのプログラム実行を防ぐDEP(Data Execution Prevention)を取り上げます。(2014/10/15)

富士通、グループ社員11万人のためのビデオ基盤を構築
社員同士のコラボレーション強化とビジネス効率の向上を目的に、国内グループ社員11万人へ動画のライブ配信とオンデマンド配信ができる環境を整備した。(2014/9/19)

Beyond Zero-day Attacks(3):
ヒープに対する攻撃とその対策
攻撃手法を技術的に理解するための連載、今回はスタックと並んでよく耳にする「ヒープ破壊」を取り上げます。(2014/9/3)

情シスの横顔:
大型プロジェクト成功に向け、ユーザーと対話繰り返す 大成建設・島田さん
大成建設の島田さんにとって、入社10年目に訪れた転機がエンドユーザーの立場でITシステムを考える大きなきっかけになったのだという。(2014/8/27)

大阪の朝日放送、業務向けiPadの管理基盤を刷新
MDM(モバイル端末管理)からMAM(モバイルアプリケーション管理)やMCM(モバイルコンテンツ管理)機能を備えたプラットフォームに移行した。(2014/6/24)

クラウド&DevOps時代の運用をZabbixで(4):
プラグイン「HyClops for Zabbix」を使ってクラウド監視
最終回では、パブリッククラウド環境や仮想環境監視のさらなる効率化を目指して筆者らが開発したZabbixプラグイン、「HyClops(ハイクロップス) for Zabbix」について紹介します。(2013/11/8)

特集:DevOpsで変わる情シスの未来(3):
DeNAのサービスが強い、速い、本当の理由
事例を交えてDevOpsをさまざまな角度から探る本連載。今回は「Mobage」をはじめ各種サービスを提供しているDeNAの強さの秘密を、同社の開発・運用体制に探る。(2013/11/1)

やまとぴBlog:
「SharePoint」を使って社内報はできるのか
社内広報を担当している僕は、「SharePoint」を使って社内報を出しています。が、正直、これがどうにも使いにくい。社内のシステムとして一旦導入してしまうと、がんばって使い続けるしかないのでしょうか……。(2013/10/17)

SCF2013 開催直前情報:
Ethernet開発/対応を短期間かつ最小リソースで――日本モレックス
システムコントロールフェア2013に出展する日本モレックス。「MOLEXのEthernetソリューション」を展示テーマに掲げ、機器/装置メーカーのEthernet開発/対応に貢献するための豊富な製品群を紹介する。(2013/10/7)

日本オラクル、モバイル対応を強化した「Oracle WebCenter」最新版をリリース
「Oracle WebCenter」の最新版ではモバイルアプリやBYODへの対応、また、モバイル向けポータルやWebサイトの構築ツールを強化している。(2013/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。