ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「専業主婦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
かわいすぎやろー。(2021/10/22)

PR:食生活は見直したい、けどコンビニ飯も甘いモノもやめられない……! そんな人でも始めやすい「ソイラテ」作戦のススメ
「一息つくなら、やっぱりカフェラテでしょ!」派のあなたに。(2021/10/19)

3人のおばさんが困った姑や夫を浄化! 漫画『美淑女戦隊 オバサンジャー』がスカッとする
オバ・パープル、オバ・ピンク、オバ・グリーンが古い考えを振りかざす姑やモラハラ夫に立ち向かう。(2021/10/9)

主婦500人に調査:
主婦の「お小遣い」金額、専業主婦とそうでない人でどう違う?
タンタカの調査によると、主婦が自由に使える「お小遣い」金額の1位は、1カ月当たり1万〜3万円未満だった。専業主婦とそうでない人で差はあるのだろうか。(2021/9/19)

SBI証券、iDeCo50万口座 業界初
SBI証券は7月末時点で、iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座数が業界で初めて50万口座を超えたと発表した。iDeCoの加入者数は7月末時点で210万1958人。約24%のシェアとなる。(2021/9/6)

主婦対象のDXに関する調査:
主婦の約4分の1が「DX人材になりたい」と回答 なぜ?
主婦層を対象にした「DXと人材」の調査から主婦の約4分の1が「DX人材になりたい」と回答していることが分かった。一見、主婦とDXは関係がなさそうに見えるが、なぜなのだろうか?(2021/8/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
10%に満たない女性管理職 なぜ「上」に行けないのか
女性軽視発言やセクハラについては、多くの人たちが問題にするようになった。しかし「女性リーダーの数を増やす」ことには否定的な意見も多く、結果として女性管理職は8.9%、女性の衆議院議員は9.9%と非常に低い。なぜ女性は「上」に行けないのか。(2021/8/27)

コロナの影響はあるのか:
図書館で一番本を借りている職業は「専業主婦、主夫」 特に読まれているジャンルは?
プラネットは、「図書館利用に関する意識調査」を実施した。図書館を利用する目的と職業による差はあるのか、図書館を利用する目的やどんな本を必要として来ているのかなどを調査した。(2021/8/26)

子育てにパートナーはどの程度関与してるか:
「日本は子どもを育てやすい社会と思わない」が51.0% 困っていることは?
日本の育児事情を調査。日本は子育てがしやすいと思うか、子育てに関与しているか、子育て上で困っていることなどを聞いた。(2021/8/3)

2位はイオン系:
食品宅配サービス利用率調査、圧倒的1位は「コープ」 背景のニーズは?
食品宅配サービスの利用実態調査を実施したところ、利用率で最も多かったのは「コープ」だった。調査から見えてきた利用者のニーズは?(2021/7/16)

クイズDEドラマ:
眞栄田郷敦が演じる“性悪キャラ”に「むかつく〜!」 ドラマ「プロミス・シンデレラ」、原作ファン「胸糞悪くてもどうか耐えて…」
眞栄田さんがガチ性悪キャラを熱演。(2021/7/14)

観光客にも人気のエリア:
沖縄県の住みここちランキング2021 「那覇市」や「浦添市」を抑え1位になったのは?
大東建託は、沖縄県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。(2021/6/30)

エスビー食品が調査:
コロナ禍で「料理するのが苦痛」35% その背景は
コロナ禍の影響で料理をする人が増えた。料理を楽しむ人がいる一方で、「うんざり」する人もいるようだ。(2021/6/23)

「土曜日22時台」が大事:
観測史上最高! 現代人の時間価値はオンタイム「4253円」、オフタイムは?
自分の1時間の価値を値付けすると、どのくらいの金額になるのだろうか。10〜60代の男女に聞いたところ、オンタイムは4253円、オフタイムは……。(2021/6/17)

サカタ製作所流の働き方【後編】:
男性育休「渋々取得」→100%に! 社内の雰囲気が激変、サカタ製作所で何が起きたのか
サカタ製作所は急速に男性育休取得を推進し、18年には取得率100%達成、以降も100%をキープしている。当初は「我が家には必要ない」など社内の理解を得られなかった男性育休を、なぜ浸透させることができたのか?(2021/6/10)

専業主婦は「働いてる」とは言わないの? 葛藤する主婦が夫の言葉に力づけられた漫画がステキ
みんなそれぞれ責任と役割を担っている。(2021/5/30)

「池にダンナ捨てなよ!」モラハラ夫に悩む主婦と友達のギャルの漫画がまさかの展開 「スカッとした」と話題
クズ男に負けるなー!(2021/5/21)

ビジネス漫画のヒット術:
『ヤングジャンプ』編集者に聞く、スタートアップ漫画『スタンドUPスタート』ヒットの舞台裏
『週刊ヤングジャンプ』に連載中の『スタンドUPスタート』は、生きづらさを感じている人たちが「スタートアップ(を起業)しよう!」と主人公から誘われ、起業を通して自由な生き方を獲得していく漫画で、スタートアップをテーマにした点で注目を集めている。集英社の『週刊ヤングジャンプ』副編集長の春日井宏住氏と担当編集の塚本剛平氏などにヒットの舞台裏を聞いた。(2021/4/29)

「好きなことは仕事にしちゃだめ」「いい学校、いい企業」…… “古い価値観”の呪いにかかっていた人の漫画に大きな反響
女性の幸せは結婚・出産? 好きなことは仕事にしないべき? 多様なコメントが寄せられています。(2021/3/22)

「離婚したくなる亭主の仕事」を調査  年収とテレワークがポイント
20〜49歳の既婚者女性600人に「離婚したくなる亭主の仕事」について調査。結果、10人に1人は「夫の仕事が原因で離婚したい」と考えていることが明らかとなった。(2021/2/27)

ベビーシッターで“心の病”を抱えたお母さんの家へ…… 「ワンオペ育児の負のループ」を描いた漫画に考えさせられる
どうしても避けられない育児にどう立ち向かうか。(2021/2/14)

春闘にも限界:
「一律賃上げは非現実的」 経団連が弱音を吐き、かつての「勝ちパターン」も崩壊した今、働き手はどうするべきか
春闘が開始も、経団連は「一律賃上げは非現実的」と方針を示した。過去には終身雇用の維持にも厳しい姿勢を見せて波紋を呼んだ。過去の標準的勝ちパターンが崩壊しつつある今、働き手は希望を叶えるためにどうするべきか。(2021/2/8)

2021年の世帯年収、平均「107万円」減りそう 働く主婦のアンケート調査
「世帯年収の変化」をテーマにしたアンケート調査を働く主婦618人を対象に実施。結果は?(2021/1/29)

「おのろけごちそうさまです」 平愛梨、遠距離恋愛中の長友佑都に送った“恥ずかしい写真”が幸せの極み
恋愛〜〜〜!(2021/1/16)

コロナがマーケティングを変えた:
2020年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2020年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2020/12/30)

原作と違う「男性の書き方」と「結末」 「82年生まれ、キム・ジヨン」に複雑な思いを抱いた話
韓国ベストセラーの映画化を漫画でレビュー。(2020/10/30)

「時産家電」市場を狙う:
販売台数は前年比3倍! シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」開発者に聞く――共働き家庭の必需品に
シャープが2015年に発売した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」がヒットを続けている。派手な宣伝戦略を取っていないにもかかわらず、2020年の4〜6月の販売台数は前年比3倍まで急増した。開発者に舞台裏を聞いた。(2020/10/20)

「正論やマニュアルばかりが正義じゃない」「その台詞喜ばれてるとは限らない」 育児にまつわる“パパカルタ”がぐっとくる
寄り添って一緒に担っていきたい。(2020/10/12)

「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「人が買ったカレーを盗むな!」夫両親と同居の妻が残した怒りのメモ……。(2020/9/21)

小売・流通アナリストの視点:
「脱・総菜」がカギ コロナ禍で好調の食品スーパー、乗り越えるべき50年来の“タブー”とは?
巣ごもり需要で軒並み好調の食品スーパーだが、今後は「脱・総菜」の取り組みがカギを握りそうだ。そのために必要なものとして、小売・流通アナリストの中井氏は50年来親しまれている食品スーパーのある売り方を挙げる。(2020/9/1)

コロナ禍も人気なのは、自宅で再現が難しい「ラーメン」店? 緊急事態宣言前後の「飲食店利用状況」が明らかに
テイクアウトは「新しい生活様式」として浸透。(2020/8/11)

恋愛・結婚のかたち:
“3年おきに名字を交換する結婚”――「自分の姓」「相手の姓」どちらかでもない、第3の選択肢
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第5回は、「3年おきに離婚、相手の名字で再婚」という結婚をして“名字を交換”している夫婦に話を聞きました。(2020/8/9)

損保会社調査:
コロナ禍で自動車運転量、約半数の人が「減少」――調査で判明
コロナ禍で消費行動が大きく変容しつつある。約半数の人が「自動車の運転量が減った」と回答。損保会社が調査。(2020/7/29)

ペラペラと自己弁護する浮気夫に柴田理恵もイライラ「ホントに悪いと思っていない感じがする」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
セールストークみたいな反省の弁。(2020/6/22)

【うっかりおうちで死にかけた】同人誌を描いているときに脳梗塞→「明日は仕事だから」と病院に行こうとしなかった、というお話
「今は『おかしいと思ったら、家族のためにも自分のためにも救急車を呼ぶべき』だと思っています」。(2020/6/17)

今日のリサーチ:
新型コロナによる自粛で最もストレスが増加しているのは専業主婦――ブレインパッド調べ
主婦/主夫の36%が今の自粛生活を続けられるのは「今後2週間まで」と回答しています。(2020/5/13)

厚労省×LINEの「第1回 新型コロナ対策のための全国調査」結果が公開に 第3回調査も実施へ
やはり「家にいること」「不要不急の外出を避けること」の2点が感染防止対策としては最も重要と強調。(2020/4/10)

「不満買取センター」調査:
新型コロナ報道は「過剰」――消費者からの不満浮上、データで明らかに
連日繰り返される新型コロナ報道。多くの人々が「過剰」と不満を持っていることが明らかに。「不満買取センター」がユーザー調査。(2020/3/19)

20代経営者の睡眠状況が過酷:
日本の睡眠時間、世界ワースト記録を更新? 都道府県別「睡眠偏差値」ランキングも発表
2018年のOECDによる国際比較で世界ワーストだった日本の睡眠時間。新たに発表された調査では、当時の睡眠時間をさらに下回る結果に。「睡眠偏差値」の都道府県別ランキングも発表。最も睡眠偏差値が高かったのは……。(2020/3/19)

マイナビ調査:
男子学生の“イクメン”志向が超加速――「育児休業取る」「共働き」が初の半数超に
若い男性の就職後のイクメン志向が加速。男子学生の半数以上が「育児休業取る」「共働き」派に。マイナビが調査した。(2020/3/18)

『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』――最も高い家に住んでいるのは? 査定してみた
国民的アニメの主人公は、どんな家に住んでいるのでしょうか? 『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』の自宅を査定したところ……。(2020/3/11)

「子持ちの専業主婦ってなんでそんな忙しいの?」を説明した漫画にママたちから「わかる」と共感の嵐
トイレに行きたい時に行けないことも。(2020/2/14)

夫は何をもっと手伝うべきか:
夫「オレはよくやっている」 妻「まだまだ足りない」 家事育児の「認識ズレ」を埋めるために知っておくべき“需給ギャップ”とは?
共働き世帯の家事育児に関する調査が発表。「自分はよくやっている」と考える男性が多い一方、女性側は「まだまだ足りない」と感じているようだ。では、どのようにすればギャップは埋まるのか。(2020/1/23)

キャッシュレス世代の新成人が考える「大人ならではのお金の使い方」は? 1位はあこがれの「大人買い」
今年の新成人は「キャッシュレス」世代。(2020/1/13)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

外出が減った! 総移動回数、初めて減少
国土交通省は「東京都市圏パーソントリップ調査」を実施し、その結果を発表した。人の移動を調査するもので、総移動回数は減少傾向にあることが分かった。(2019/11/28)

スマートハウス:
低価格で軽量な宅配ボックス「COMBO-Light」、アンカー不要で接着施工に対応
国土交通省は2019年10月1日から次世代住宅ポイント制度をスタートする。同制度では、“家事負担軽減に資する設備”として、住宅用宅配ボックスが補助金の対象となる。これを受け、パナソニックは、同日から後付け用宅配ボックス「COMBO-Light」を全国のパナソニックショールームで展示を始めるとともに、受注を開始し拡販を図る。(2019/10/2)

メルペイあと払いが分割払い対応 信用創造がテーマと青柳社長
メルペイがミッションとして掲げる「信用を創造して、なめらかな社会を創る」が具体化し始めた。9月18日に開催した事業戦略説明会で、「メルペイあと払い」を拡張し、2020年初頭を目処に分割払いを提供することを発表した。(2019/9/18)

メディアドゥの社長はなぜ、マイノリティーの登用を恐れないのか 情シス部長に50代半ばの女性、ベトナム人採用の背景
情シス部長に50代半ばの女性を登用し、ベトナム人エンジニアを採用する――。メディアドゥホールディングスの社長、藤田恭嗣さんはなぜ、マイノリティーの登用を恐れないのか。(2019/9/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。