ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「求職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求職」に関する情報が集まったページです。

企業姿勢が問われる:
なぜカスハラが増えているのか 2つの要因
カスハラは従業員の精神を蝕む。カスハラを放置すれば企業の存続を脅かすことになる。経営者はしっかりと認識すべきだ。(2024/5/17)

「応募」にも「選考」にも生成AI
生成AI選考で「有能人材」はすぐ売り切れ 採用担当はどう向き合うべき?
生成AIの活用が進めば、採用の分野では「応募」も「選考」もより効率的になると考えられる。その一方で、「AI技術では代替できない業務」も存在する。採用担当者はこの状況にどう向き合うべきか。(2024/5/15)

リクルート、スポットワークに特化した求人サービスを展開 2024年秋から提供開始へ
リクルートは5月13日、スポットワークに特化した求人サイトサービス「タウンワーク スキマ (仮称)」を2024年秋に開始すると発表した。求職者は日付や時間指定をすることで、スポットワークに特化した求人の閲覧・検索・応募ができる。(2024/5/14)

半径300メートルのIT:
“ゾンビルーター問題”は企業にとっても無関係の話ではない 対処方法はあるか?
ルーターをはじめとしたIoT機器を乗っ取り、“ゾンビルーター”としてDDoS攻撃などに利用する手口が問題となっています。この“ゾンビルーター問題”、個人向けの脅威と思われがちですが、組織にだって無関係ではないのです。(2024/5/14)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
求人票より低い給与提示はNG? 「やる気はあるがスキルが足りない人」を中途採用したいが……
「求人票に記載した給与よりも低い金額を提示するのは違法ですか?」──採用の過程で、やる気はあるがスキルがないという人からエントリーを受けることもある。給与を調整するのは問題なのか? 社労士が解説。(2024/5/13)

CIOの採用市場【後編】
IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ
CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。(2024/5/8)

「サポート詐欺」で情報漏えいか 雇用支援の独立行政法人が発表、委託プランナーのPCが遠隔操作状態に
高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、業務委託先の専門家がサポート詐欺に遭ったことで、591件の企業、個人情報が漏えいした可能性があると発表した。専門家はJEEDが求める情報セキュリティ対策を講じていなかったという。(2024/4/30)

意外に短め? 20代が「理想」と考える長期休暇の長さとは
ジェイックが調査結果を発表した。(2024/4/26)

「Linux」認定資格11選【中編】
「Linux」のスキル保有を証明するのに使える“認定資格”とは?
IT管理者やIT分野での求職者が「Linux」関連認定資格を得ることは、自身のスキルや知識を証明することにつながる。Linuxのプロフェッショナルを目指すために知っておきたい4つの認定資格とは。(2024/4/23)

CIO Dive:
生成AIスキルの有無で稼ぎにどのくらい差が出る? AI時代の求人事情
2023年1月以降、生成AI関連のキーワードを含む求人が急増している。生成AIに対する企業の投資が増加する中、求職者は求める給与に応じたスキルセットを習得する必要がある。(2024/4/18)

転職後の給与 管理職は30代で52万8000円アップ、非管理職は?
Indeed Japanは、直近5年以内に転職活動経験のある正社員を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施した。管理職に転職した人と非管理職に転職した人では、年収面や仕事への満足度で差が生じたことが分かった。(2024/4/16)

20〜40代に聞いた:
パワハラ被害者の約4割が「転職した」 勤務先での解決はあきらめた
総合転職エージェントのワークポートが実施した調査によると、全国のビジネスパーソン661人のうち65.5%が「パワハラを受けたことがある」と回答した。被害内容で最も多いのは?(2024/4/13)

ITmedia Security Week 2024 冬:
「アタックサーフェス管理」とは、今日からできることは――日本ハッカー協会の杉浦氏が「OSINT」視点で考える
2024年3月4日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」における「アタックサーフェス管理」ゾーンで、日本ハッカー協会 代表理事 杉浦隆幸氏が「今日から始めるアタックサーフェス管理」と題して講演。日本ハッカー協会として「日本のハッカーが活躍できる社会を作る」べく活動する杉浦氏が、幅広いセキュリティ分野の中から「アタックサーフェス管理」をキーワードに、OSINT技術を通じてセキュリティ対策の根幹を語った。(2024/4/9)

本当に活躍する人材を育てるには?:
従業員教育の課題を解決 “新時代”の業務習得ツールとは
人材不足が深刻化する中で、企業にとって重要なのは高いパフォーマンスを発揮できる活躍人材の育成だ。育成にかかる現場の負荷を軽減しつつ、質の高い教育プログラムを従業員に提供するにはどうすべきか。そのノウハウを紹介したい。(2024/4/17)

「転職エージェントの倒産」が急増 人手不足なのに“4年で4倍”に、なぜ?
コロナ禍前の2019年と比べ、23年の転職エージェントの倒産数は4倍に跳ね上がりました。各社、人手不足を嘆いているのに、なぜなのでしょうか?(2024/4/4)

働き方の見取り図:
住友商事「学生が面接官を評価」 “選ぶ者”と“選ばれる者”の力関係が変わるワケ
住友商事が、学生が面接官を評価する制度を導入するという。学生優位の「売り手市場」の中、会社と求職者の力関係や、人事の役割に従来とは異なる変化が生じている。(2024/4/4)

クラウドからエッジまでカバー
中堅・中小企業がクラウド移行で直面する6つの壁を一気に突破する方法とは
多様な働き方を実現するには、そのための環境構築が必要だ。セキュアで利便性の高いクラウド化が実現すればよいが、なかなか難しい。どのような課題があり、どうやって乗り越えればよいのだろうか。(2024/3/29)

CIO Dive:
AI時代のエンジニアに求められるスキルは? 技術力も重要だが……
AI人材の不足が表面化している昨今だが、企業は技術の高い人材だけを求めているわけではない。今、エンジニアに必要とされているスキルとは何か。(2024/3/29)

株式会社ビズリーチ提供ホワイトペーパー:
PR:採用活動のスピードアップや効率化を実現、人材採用の新しいアプローチとは
人手不足が顕在化しているなか、自社に合った人材を安定して採用していくことは喫緊の課題だ。とはいえ、従来の採用方法では適切な人材を採用するのは難しい。この課題を解決する新しいアプローチに迫る。(2024/3/28)

今後需要が増大するメインフレーム人材を教育:
IBM、メインフレームの新世代人材を育成する「メインフレームスキル協議会」を発足
IBMはメインフレームスキル協議会の発足を発表した。メインフレームスキル協議会は、メインフレームプラットフォーム向けのグローバル人材を育成するための組織だ。本記事では同協議会の概要を紹介する。(2024/3/27)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

大量解雇時代のキャリア論【後編】
「本当にやりたい仕事」が見つかる“4つの質問”はこれだ
順調にキャリアを積んできたところで突然「レイオフ」の対象になったら、誰でも後ろ向きになってしまうものだ。だがレイオフをチャンスと捉えて状況を好転させることはできる。そのためには何をすればいいのか。(2024/3/27)

CIO Dive:
AWSが無料のAIトレーニングコースを拡充 生成AIに関連した5つのコースを新設
AWSは現在提供中のAIトレーニングについて、無料の範囲を拡大すると発表した。生成AIに関連した5つのコースを新設する。(2024/3/25)

キャリアニュース:
2023年度の転職市場動向は「GX人材ニーズの多様化」「人材要件の詳細化」
リクルートは「2023年度 転職市場の動向」についての調査結果を発表した。GX人材へのニーズが多様化していること、求人の詳細化や明確化が人材採用に有効であることが分かった。(2024/3/22)

法改正マスター2024 中小企業こそテック活用で乗り越えろ!:
【法改正】4月から「雇用契約書」が変わる 企業がすべき対策は?
4月から「雇用契約書」が変わります。労働条件の明示ルールが変更されます。企業はもちろん、求職者も注意する必要があります。どのような対策を取るべきでしょうか?(2024/3/22)

障害者雇用法が改正:
【24年4月】障害者雇用率はどう変わる? 法改正のポイントと中小企業が取るべき3つの対応
(2024/3/21)

20代の部下とどう接する? 一緒に働きたいと思われる「熱意のある上司・先輩」になるには
ジェイックが「仕事の熱意」に関する調調査結果を発表した。20代から見た「仕事に熱意がある上司・先輩」のイメージなどが明らかになった。(2024/3/20)

CIO Dive:
最高年収2500万円超も夢じゃない 生成AIに並ぶ“稼げる”AIスキルとは?
2024年に入りAIの導入に注力する企業が増えていくにつれて、AIを使いこなせる人材の需要も高まりを見せている。生成AIのスキルを持つ技術者は最高で17万4727ドル(日本円で約2500万円)の平均給与が期待できるという。(2024/3/18)

『小さな会社の広報大戦略』著者インタビュー:
広報活動を「無料の広告」と勘違いしている人に言いたいことがあります
大手企業のみならず小さな会社にとっても広報が果たす役割は大きい。しかし、広報活動を始めるに当たっては業務内容への十分な理解が必要だ。広告宣伝と混同された広報活動は記者にとってはノイズでしかないから……。(2024/3/16)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
裏ワザ的「初任給40万円」が、会社を弱体化させかねないワケ
アパレルブランドを運営するTOKYO BASEは、3月12日に初任給を一律で40万円に引き上げることを発表した。しかし、80時間文の固定残業だが含まれる額だという。就労条件に対するリテラシーが乏しい新卒者に向けて額面のみを強調する同社の姿勢には、危うさを覚えざるを得ない。(2024/3/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事中の「おやつの時間」は後ろめたい――“ムダ”を削るばかりの日本が失っているもの
「仕事中におやつ時間」「ちょっとコーヒー」といった気分転換に対して、後ろめたいものと思う人は少なくない。しかし、無駄話、無駄な時間、無駄な空間は本当に削ってしまっていいものなのだろうか? 健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/3/8)

プレミアムコンテンツ:
「年収1000万円エンジニア」が狙えるクラウド資格とは
クラウドサービスの利用が広がれば、必然的にクラウドエンジニアのニーズが高まる。こうした状況でクラウドエンジニアが求職活動を有利に進める手段が、クラウド認定資格の習得だ。注目資格を紹介する。(2024/3/1)

求職者が知りたい採用情報を知りたいタイミングで発信:
LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。(2024/2/29)

働き方の見取り図:
障害者雇用率、4月引き上げ 無理な採用が招く危険とは
法定雇用率が2024年4月から引き上げられる。障害者採用に取り組む会社は増えていきそうだが、会社が法定雇用率を追い続けることで、障害者雇用は本当に望ましい形で促進されるのか。(2024/2/29)

生成AI時代のスキルも議論に
相次ぐAI失業、採用凍結……ダボス会議で語られた現実は本当なのか
これからのAI時代、雇用市場は激変する。企業が採用者に求めるスキルは何か。世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)におけるパネルディスカッションの内容を基に解説する。(2024/2/29)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第4回】
爆売れも夢じゃない? 新世代SNSを使い倒すこれからのテクニックはこれだ
多様に進化するSNSは、消費者の生活の一部となり、企業にとっても無視できない存在だ。SNSの移り変わりをまとめつつ、SNSの活用を成功させるには今後は何が必要になるのかを考察する。(2024/3/7)

夢の「週休3日制」実現への道【後編】
「週4日勤務」はなぜ実現しない? 導入に後ろ向きな企業の本音
企業の週4日勤務制勤務導入に向けて、米国の複数の州議会で法案が提出された。導入への機運は高まっているように見えるが、実施には至っていない。週4日勤務制の実施で生じるメリットとデメリットを整理する。(2024/2/26)

赤ちゃんが大笑いする動画に“不安を誘うオチ” パパが紙をちぎったときの子どもの反応が1億2000万回再生
動画公開から約13年間、人々を和ませ続ける笑顔。(2024/2/26)

2024年の「生成AI」市場動向【後編】
「AIスキャンダル」で転落も? 生成AIで今後やってはいけないこと
生成AIが一世を風靡(ふうび)し、企業はビジネスでの生成AI活用を急いで進めている。それと同時に急務になるのがリスク対策だ。企業はどのようなポイントを押さえておくべきなのか。(2024/2/22)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第6回】
生成AIが書いた「きれいな文」に混入する“AIのわずかな痕跡”はこれだ
AIモデルによる出力結果の精度が高まる中で、AIモデル製のコンテンツと人間製のコンテンツの判別が難しくなっている。見分けるにはどのような特徴に着目すればいいのか。(2024/2/17)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

物流2024年問題、ドライバー職の求人件数増加 重要課題は「人材確保」
リクルートは「2024年問題」を抱える物流業界における求人件数と賃金の推移を発表した。2019年と比較するとドライバー職の求人件数は伸長しており、賃金も上昇傾向がみられた。(2024/2/1)

働き方の見取り図:
平均月給31万円、過去最高だけど……「賃上げラッシュ」に潜む3つの課題
フルタイムで働く人の2023年の平均月給は、過去最高の31万8300円――この数字に納得感を持てた人は果たしてどれくらいいるだろうか。賃上げの機運が高まりつつある一歩、その内実は本当に喜べるものなのか。(2024/1/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

世界的に長期化する採用活動
だから良い人材を雇えない――採用活動が終わらない企業の特徴は?
企業が求人募集を開始してから候補者が入職するまでの期間が、世界的に長期化の傾向を示している。その原因は何か。採用プロセスにおいて改善すべき点はあるのか。(2024/1/26)

女性のほうが「3割」賃金が低い 雇用形態の差だけではない、根深い原因
(2024/1/25)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第1回】
「AI製なのかどうか」を人間にはもう見破れない現実
生成AIの活用が急速に広がる一方で、生成したコンテンツの信ぴょう性や、著作権侵害といったリスクに留意する必要がある。「AI製なのかどうか」を見破れないと、どのような問題があるのか。(2024/1/13)

採用活動における健全な生成AI利用【後編】
履歴書作成に「生成AIを使う」はOK、むしろ「内容がつまらない」が問題?
「採用活動を生成AIで効率化したい」と考えるのは企業も求職者も同じだ。どのような利用方法なら「健全」と言えるのか、採用担当者は生成AI利用のルールを検討する必要に迫られている。(2024/1/4)

世界で深刻化する労働力不足【前編】
実は始まっている“大量退職時代” 採用に困る企業は自業自得?
コロナ禍を契機に米国では“大量退職時代”に突入し、人材の流動化が高まっている。社会的要因もあり、「労働者不足」は簡単に解決しない問題だ。企業はこの状況にどう備えるべきか。歴史を振り返る。(2023/12/29)

アルバイトが集まりやすいブランド 3位「カルディ」、2位「セリア」、1位は?
アルバイトの採用に強いブランドはどこか。50ブランドを対象に実施した調査結果を、ツナグ働き方研究所が発表した。(2023/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。