ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「求職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求職」に関する情報が集まったページです。

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第2回】
「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を採用面接で問われたら何と答えるか
ネットワーク管理者の採用面接で「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を聞かれたら何と答えればよいのか。答えるためにできる準備の方法と共に紹介する。(2022/5/17)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第1回】
優れたネットワーク管理者を採用するために面接官が聞くべき“あの質問”
優れたネットワーク管理者は、自己研さんに力を入れている可能性がある。採用面接でそれを確認するためにはどのような質問を投げ掛ければよいのか。(2022/5/10)

副業マッチングサービス「lotsful」事業責任者に聞く:
「副業マーケター」に今、何が期待されているのか?
社会環境の変化を背景に副業への関心が高まっている。マーケティング職も例外ではない。どういうニーズがあるのか、副業市場で求められるマーケターになるにはどうすればいいのか。(2022/4/28)

ユーザーファーストの源は「データ」:
PR:医療ITで社会課題を解決するやりがいとチーム開発の醍醐味(だいごみ)とは
ただ作るのではなく、なぜ作るのか、サービスやビジネス全体にどのような影響があるのか考えて物事に取り組む。そしてそれを明確に言語化する。私たちはこのチームで、日々成長しています。(2022/4/25)

Transport Dive:
AR/VRを研修に導入した「不人気業界」 人材採用で起きた変化とは
アメリカのトラック業界で整備技術者育成のためのAR/VRの活用が進んでいる。インタラクティブで実施的に学べるテクノロジーの導入で「汚い」(dirty)、「油っぽい」(greasy)イメージを覆すのが狙いだ。(2022/4/21)

検閲員の過労死で見えた、中国ネット検閲のリアル クラウドとAIでは足りない理由
大手動画サイトで1人のスタッフが過労により亡くなった。彼の担当は動画検閲だったという。(2022/4/20)

連載「情報戦を制す人事」:
「会社も社員もWin-Winな福利厚生」とは? 福利厚生の最新トレンドを知る
「従業員が欲しがる福利厚生」と「企業側が実施したがる福利厚生」は、必ずしも一致しません。コロナ禍、テレワークの浸透、賃金の低下傾向、物価上昇──社会状況に伴い、福利厚生のトレンドにも変化が起きています。「企業も従業員も、双方がメリットを享受できる福利厚生」とはどういうものか、探っていきます。(2022/4/15)

「2030年までにデータリテラシーが最も需要の高いスキルになる」? 急がれるスキルアップへの企業投資
クリックテックの調査によると、データリテラシーは2030年には企業で最も必要とされるスキルになると予測されるものの、データリテラシーのスキルに「自信がある」と回答した日本企業の従業員はわずか5%だった。(2022/4/11)

その取り組み、「裏」があるかも:
霞が関でも導入 民間企業がよく使う「若手の声を聞く作戦」に潜む欺瞞
組織が抱える課題を打破するためによく使う「若手の声を聞く作戦」。もちろん、十分に活用できればメリットがあるが、その一方で“欺瞞”もあるようで……。(2022/3/31)

公共機関のハイブリッドワーク導入を容易に シトリックスがコモンクライテリア認証を取得
シトリックスの「Citrix ADCバージョン12.1」がコモンクライテリア認証を取得した。ハイブリッドワーク環境を整備する際に必要な手続きを簡素化し、公共機関への導入を図る。(2022/3/22)

5つのメリット:
導入済はわずか1割未満 6割が「必要なし」 日本企業がスルーして損しがちな「メリットだらけの制度」とは
さまざまなメリットが期待できる「勤務間インターバル制度」。現在はあくまで努力義務にすぎないが、今後は法制化も十分あり得る。まだまだ導入が進まず、「必要なし」とする企業も多いのは非常にもったいない状況だといえるが、なぜなのか。(2022/3/16)

「omochi」で学んだこと:
「検索しない若者」のための求人サービス パーソルグループが挑んだユーザー視点の新規事業創造とは?
8種類のかわいいキャラクターを使った診断で自分に合ったアルバイトを探せるユニークな求人サービス「omochi」。若い世代のインサイトを起点にしたサービス創造の背景について、事業責任者に聞いた。(2022/3/11)

統計を読む:
氷河期世代という物語 「非正社員が多い」は幻想か?
1993年〜04年に学校卒業期を迎えた世代、いわゆる「氷河期世代」。バブル崩壊後の不況で正社員になれず、非正社員でいる人が多いといわれますが、この物語は本当なのでしょうか。統計をひも解いてみると……?(2022/3/6)

エンジニアの年齢差別問題【後編】
40歳を過ぎたエンジニアが面接で“年齢”を効果的にアピールする方法
年齢を重ねても働き続けたいと考えるエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには何をすべきなのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/2/25)

いずれはセキュリティやプライバシーと同じ扱いに?:
「AI倫理も品質の一部」な時代、AIエンジニアには何が求められるのか 有識者に聞いた(前編)
AI倫理に関してエンジニアは何を知っておくべきなのか、エンジニアには何が求められるのか、AI倫理に詳しい弁護士の古川直裕氏に話を聞いた。前編である今回は、AI倫理とは何か、エンジニアにAI倫理はどのように関わってくるかについて。(2022/2/17)

エンジニアの年齢差別問題【前編】
「40歳を過ぎても求められるエンジニア」が迷わずやること、決してやらないこと
エンジニアの年齢差別はなかなかなくならない。これまでに培った経験をセールスポイントとして売り込むにはどうしたらよいのか。(2022/2/19)

受講者の44%は女性
「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる
英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。(2022/2/16)

Transport Dive:
どうしたら定着率が上がるのか? バイデン「トラック運転手拡大計画」に業界関係者が「ダメ出し」
バイデン政権はトラック運転手の採用を増やす計画を発表した。運送業界はこの政策を基本的には歓迎しているが、これまで数々の施策によって増えた人材が定着しない問題を指摘する声もある。(2022/2/15)

働き方の「今」を知る:
謎マナー? ベンチャー人事の「給与・待遇にこだわる人と働きたくない」発言がここまで炎上したワケ
ベンチャー人事が「給与・待遇にこだわる人と働きたくない」と発言したツイートが話題に。いまだに給与や待遇など労働環境に関する質問はタブーとする風潮もあるが、それにしてもこのツイートはなぜここまで炎上したのか。(2022/2/10)

テレワークなら海外企業でも働ける
IT人材の75%が転職検討中 報酬以外で引き留める方法は?
IT人材は売り手市場であり、約75%が転職を考えているという。テレワークによる「働く場所の多様化」は国境さえ無意味にしてしまった。人材を確保するために企業ができることは何か。(2022/2/10)

「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【後編】
“スマホ拒否企業”は有能人材を逃す? 「ギグワーカー採用はモバイル応募9割」の意味
業種によっては、求人者の9割近くがモバイルデバイス経由で応募するという。求人ページを「モバイルファースト」でデザインすることは人材不足の解決策になるのだろうか。(2022/2/10)

調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【前編】
IT人材不足の真犯人は“これまでのIT人材”への固執だった?
技術系人材の需要に、供給が追い付かない――。そうした悩みに直面している企業は、旧来の人材像にとらわれてはいないだろうか。視野を広げれば、技術職を望む新たな人材候補が見えてくる。(2022/2/9)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
面接で「家族のエピソード」聞くのはOK? NG?
ファミリー向けサービス・施設を営む企業。面接で「家族でのエピソード」や「両親がどんな人か」と聞いていたところ、応募者から不適切ではないかと意見があった。自社ビジネスに関係していても、こうした質問はNGなのだろうか? 社労士が解説する。(2022/2/4)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ポジウィル金井氏:
人事担当者こそ熟考すべき、「人生のイメージ」と「会社の方向性」
変わりゆく世の中で、人事はどのように採用候補者と向き合い、またどのように自分のキャリアを描くべきなのか──。キャリアに悩む人に向けたパーソナル・トレーニングを提供する、ポジウィルの金井芽衣氏(代表取締役)と、「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談した。(2022/2/2)

2年連続の悪化:
「観光業への就職をためらう動き」沖縄の求人倍率、21年平均は0.80倍で最下位
沖縄労働局は1日、2021年平均の県内の有効求人倍率は前年より0.10ポイント減となる0.80倍で、全国最下位だったと発表した。(2022/2/1)

デジタル人材20万人育成へ Modisと日本マイクロソフトが協業開始
日本マイクロソフトとModisは、デジタル人材育成に向けた協業を開始する。DX推進を担うデジタル人材を2025年までに20万人育成することを目標とする。(2022/1/21)

富士通、NTTも導入:
すぐにクビ? 休暇が充実? 日立も本格導入の「ジョブ型」 よくある誤解を「採用」「異動」「解雇」で整理する
何かと話題に上がるジョブ型雇用。過日、日立製作所が本格導入をぶち上げニュースとなった。さまざまなイメージが語られ、「すぐクビになる」といった悪評や、一方で「過重労働から解放される」「ワークライフバランスが充実する」といった声も聞く。いまいち実態のつかめないジョブ型を、よくある誤解とともに解説していく。(2022/1/21)

産業動向:
「2021年は建設技術者の需要が五輪前を上回る、2022年はさらに需給が逼迫」建設業界人材動向を独自分析
建設HRは、2021年の建設業界における人材動向と、2022年の予測を独自に分析した。レポートでは、2021年の建設技術者需要は、特需に沸いた東京オリンピック前を上回り、2022年の人材需給はさらに逼迫すると推測している。(2022/1/20)

調査で判明:
女性の「転職求人倍率」コロナ前の104.1%まで回復 求人数が右肩上がりの職種は?
キャリアデザインセンター(東京都港区)が女性の転職市場を調査したところ、転職求人倍率は21年12月時点でコロナ前(19年)の104.1%にまで回復していることが分かった。(2022/1/19)

Q&A 総務・人事の相談所:
内定辞退が急増──やはり新卒採用は、対面の方がいいのでしょうか?
コロナ禍以降、新卒採用をオンラインで実施している企業。今年度は例年よりも内定辞退が多く、「対面に戻した企業の方が人気で、差が出てしまったのではないか」と悩んでいる。内定辞退を少なくとどめるにはどうするべきか? また、来年度以降の採用は対面式に戻すべきなのか? 人事コンサルタントが回答する。(2022/1/17)

リファラルとコネでも大違い:
日大は変われるのか いまだ続く「縁故採用」の功罪
さまざまな不祥事で注目を浴びた日本大学。その背景には閉鎖的な組織風土があったと考えられるが、新たな職員採用でも「縁故採用」が続いているようだ。人事や人材に詳しい筆者の視点から、縁故採用の功罪や、昨今注目の手法などを解説する。(2022/1/14)

いよいよ「週休3日」の波が来る?:
単なる賃金カットに終わるのか? パナソニック「週休3日」で広がる期待と懸念
パナソニックが選択的週休3日制の導入方針を発表し、大きな話題を呼んだ。これまで既に週休3日制を導入した企業もあり、働き手の多くが導入に賛成する一方で、「賃金カットで終わるのでは」などといった懸念も尽きないが……(2022/1/13)

年末のまとめ:
「旧態依然とした営業組織」を刷新する5つのキーワード 2021年の営業関連おすすめ記事10選
ITmedia ビジネスオンラインが2021年に掲載した、旧態依然の営業組織を刷新するために役立つ記事を、5つのキーワードに分けてご紹介します。(2021/12/28)

米国は“大退職時代”:
離職率は2% 「退職ラッシュ」が続く中で、社員に選ばれる企業の舞台裏
米国では、コロナ禍をきっかけに働き方を見直す人が多く、「大退職時代」(Great resignation)と呼ばれている。しかしそんな中でも、社員の心をつかんで離さない企業が存在する。離職率は2%と低く、コロナ禍でも積極的に採用を行い、75%も社員が増加したというDuolingo社のCPOに話を聞いた。(2021/12/28)

新卒採用の現在:
内定辞退予防にも 企業の「採用サイト」作成で押さえるべき3つのポイント
最近、選考辞退や内定辞退が増えて困っている──人材コンサルタントとして、そんな採用担当者の方の声をよく聞きます。その原因はいくつか考えられますが、多くの企業が見落としがちなのが、採用サイトや口コミサイトです。(2021/12/21)

2連覇:
ブランド力が高いアルバイト先は? 3位「無印良品」、2位「セリア」、1位は?
「ツナグ働き方研究所」(東京都千代田区)は、「2021年アルバイト採用ブランド力調査」を実施。その結果、21年のアルバイト採用ブランド力ランキングの1位は……?(2021/12/17)

PR:各社を悩ます再エネ業界の「人材問題」、最適な人材と出会う方法とは?
第6次エネルギー基本計画において、「最優先の原則」で取り組むこととなった再生可能エネルギー。いっそうの導入拡大が求められる再エネ業界だが、課題となりつつあるのが有能な人材の確保だ。再エネ業界の人材動向に詳しい、地球温暖化対策分野に特化した転職支援サービス(Beluga Career)を提供するLeaf Ring(リーフリング)に、人材視点で見る今後の再エネ業界の展望を聞いた。(2021/12/3)

PR:激化する人材獲得競争に企業はどう対応するべきか 1200万件を超える社員クチコミを公開するOpenWorkに聞く「採用活動の成功法則」とは
(2021/12/6)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【後編】
「ワクチン接種義務化」が雇用にもたらす“負の影響”とは?
米国の一部州で始まっているワクチン接種義務化が米国全土に広がることで、雇用にはどのような悪影響が生じる可能性があるのか。米国の取り組みを紹介する。(2021/11/30)

増える業種、減る業種:
中小企業の冬のボーナスはいくら? 支給相場を予測する
年末賞与の季節が近づいてきました。長引くコロナ禍のなか、ワクチン接種が進んでいます。とはいえ、いまだ先行きは不透明です。そんな今冬の支給相場を予測します。(2021/11/29)

知人紹介の“リファラル採用”は会社全体のパフォーマンスに好影響 理由は?
自社の社員から友人や知人などを紹介してもらう「リファラル採用」は、組織パフォーマンスの向上につながる――「リファラル採用研究所」とビジネスリサーチラボによる共同研究結果が発表され、こうした結果が判明した。(2021/11/22)

PR:コロナ禍でDX人材の争奪戦が加速 リクルートがスカウトサービスにいま注力する理由
(2021/11/25)

アフターコロナ、脱Cookieを見据えて!:
PR:LINE公式アカウントの効果を最大化! 顧客接点拡大、維持、CX向上――全ての効果を爆上げする“LINE超活用”って?
業界や規模を問わず、BtoC事業をメインに活用されているLINE公式アカウント。コロナ禍をきっかけに足が遠のいた顧客接点の拡大や維持を意図して導入したはいいものの、運用し切れず持てあましている――なんてことはないだろうか。公認テクノロジーパートナーとしてLINEの公式アカウント拡張ツールを開発、提供するMicoworksに、その課題点と解決策を聞いた。(2021/11/1)

採用担当者が考えるWeb面接のデメリット 3位「通信トラブル」、2位「職場の雰囲気を伝えにくい」、1位は?
転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、8月〜9月に求職者、採用担当者を対象に実施したアンケートの調査結果を発表。採用面接は「Web面接」よりも「対面面接」を希望する求職者が多いことが分かった。(2021/10/29)

PR:ニューノーマル時代のオフィス像とは? 「コミュニケーションハブ空間」を創出するエアリーソリューション
(2021/10/29)

オンラインシフトへの対応は:
転換期の採用領域 HRテックを活用すべき2つのポイントと、求められる4つのスキル
コロナ禍で激変する採用領域。HRテックの活用機運も高まるが、テクノロジーは決して「魔法の杖」ではないことに注意が必要だ。その特質を踏まえ、採用領域においてテクノロジーを活用すべきポイントはどこにあるのか。人事領域に詳しい筆者が、「2つのポイント」と、これから求められる「4つのスキル」を解説する。(2021/10/22)

産業動向:
「平均年間給与額は製造業よりも建設業が高い」、給与額の実態を分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年10月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業での給与額の実態を年齢層別や職種別に分析している。(2021/10/21)

Microsoft、中国版LinkedInを年内に廃止へ 「コンプライアンス要件の高まりに直面」
Microsoftが中国版LinkedInを年内に廃止すると発表。2014年から7年間提供してきたが、「非常に困難な運用環境」のため。中国では新たにSNS要素のないジョブアプリ「InJobs」を提供する。(2021/10/15)

新連載:「女性活躍」はこんなふうに:
22年4月施行の改正・女性活躍推進法に備え、企業がやるべき3ステップ 新たに義務化されることは?
22年4月に迫る改正法の施行に向けて、改正の内容や早めに準備しておくべきこと、注意すべき思わぬ落とし穴などについてお伝えするほか、具体的にやるべきことをステップごとに解説します。(2021/10/13)

表向きの多様化で済ませるな:
“誤差”か“氷山の一角”か 女性自殺者増加から透けて見える、日本企業の深刻な「勤務問題」
20年、女性自殺者が増加した。前年比の増加率は4.5%と、見方によれば「誤差」ともとれる数値だが、筆者はこの現象を「氷山の一角」として、日本企業の「表向きの多様化」に警鐘を鳴らす。自殺の原因として増える「勤務問題」とは、いったい何なのか。(2021/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。