ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「かっぱ寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「かっぱ寿司」に関する情報が集まったページです。

大戸屋HDの株価が急騰 コロワイド社長の「買収」発言で
コロワイドがM&Aを視野に。(2019/11/18)

大戸屋が赤字に転落 メニュー改定不発、サンマ不漁で恒例の定食販売できず
「大戸屋ランチ」ファンが離れたのか……(今は復活しています)。(2019/11/5)

d払いの「ミニアプリ」が11月28日に提供開始 “10%還元”キャンペーンも
NTTドコモが、d払い上で加盟店のサービスが使えるようになる「d払い ミニアプリ」を提供する。まずはJapan Taxiのミニアプリを11月28日から利用できる。12月10日からは吉野家やローソンのミニアプリも提供される。(2019/10/11)

10月1日に株式買い付け:
伸び悩むコロワイド、大戸屋HD株式の買い付けは「青田買い」?
飲食店経営を手掛けるコロワイドが、大戸屋HDの株式を買い付けを行ったと発表した。大戸屋HDの発行済み株式のうち18.67%を取得し、筆頭株主になる。ともに業績が伸び悩む中、どういった狙いがあるのか。(2019/10/3)

女子向け施策を強化:
くら寿司に「史上最高額」の高級スイーツが登場 タピオカにも参入
くら寿司がスイーツブランド「KURA ROYAL(クラロワイヤル)」を新設する。史上最高額の商品を投入し、タピオカにも参入。大手回転寿司チェーン間の“スイーツ戦争”が激化しそうだ。(2019/8/28)

大手回転寿司チェーンでも人気:
はま寿司がタピオカドリンクを再販売 完売したスシローは「入荷待ち」状態
はま寿司がタピオカドリンクを再販売する。ライバルのスシローは完売しており、現在は「入荷待ち」の状態。大手回転寿司チェーンで“タピオカ戦争”が激化しそうだ。(2019/8/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件
雨後のタケノコのように増殖し続けるタピオカ店。筆者はタピオカバブルの崩壊は近いと予想する。人気ナンバー1の「ゴンチャ」はスタバのように“文化”を創出できるか。(2019/8/6)

スマホのライトを当てると?:
スシローもタピオカドリンクに参入 “後発”を跳ね返す策とは?
回転寿司大手「スシロー」がタピオカドリンクを発売する。ライバルのかっぱ寿司だけでなく、他の外食チェーンも続々と参入している。差別化をどうするのか?(2019/7/18)

あの企業がダントツ:
かっぱ寿司は? スシローは? 大手回転寿司チェーンの顧客満足度が調査によって明らかに
2019年度JCSI(日本版顧客満足度指数)の第1回調査結果が明らかに。かっぱ寿司、くら寿司、スシロー、はま寿司が調査対象。顧客満足度が最も高いのはどこか?(2019/7/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「すしざんまい」危うし!? 東京進出する「スシロー」が蹴散らす同業者とは
郊外型で成長してきたスシローが“首都侵攻”を本格化させる。都内はすしざんまいなどのチェーンが群雄割拠の状態。東京を舞台にした再編は起きるか?(2019/6/25)

かっぱ寿司の食べ放題、ランチとディナータイムも解禁 全店舗に拡大
事前のWeb・アプリからの予約が必要です。(2019/6/18)

3つのコースから選ぶ:
かっぱ寿司が食べ放題を全店舗で実施 時間帯も拡大
かっぱ寿司が食べ放題を全店で実施。対象とする時間も平日の午前11時30分〜午後2時と午後5時〜8時に拡大。競合との差別化になるか。(2019/6/18)

PayPay、4月26日に最大20%(上限1万円)のボーナスを付与するキャンペーン
スマホ決済サービス「PayPay」は、4月26日に「4月26日はプレフラPayPay!キャンペーン」を開催。同日15〜18時にPayPayで支払ったユーザーを対象に、支払金額から最大20%(上限1万円相当)のPayPayボーナスを付与する。4月26日から5月6日までの「キャッシュレスウィーク」期間中は「第2弾100億円キャンペーン」も実施中だ。(2019/4/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)

地方の漁協とタッグ:
復調の兆し見せる「かっぱ寿司」、春商戦で何を仕掛ける?
「かっぱ寿司」運営元のカッパ・クリエイトが2019年春の商品戦略を発表。富山市の漁協と連携し、「白エビ」をネタに使ったすしを期間限定で提供する。サイドメニューやデザートも拡充する。(2019/3/6)

牛角、フレッシュネスバーガー、かっぱ寿司でも「PayPay」が利用可能に
コロワイドは、同社が運営する全店舗へスマホ決済サービス「PayPay」を順次導入すると発表。「牛角」「フレッシュネスバーガー」「かっぱ寿司」など50ブランド・2485店舗を対象とする。一部のブランドでは「PayPay」で支払うとお得に食事を楽しめるキャンペーンを行う。(2019/3/1)

中トロ、バフンウニなども投入:
かっぱ寿司の冬商戦、「寒ブリ3貫100円」で挽回へ
かっぱ寿司が12月20日から、100円メニューを強化する施策「イチ押しネタシリーズ」を始める。第1弾は3貫セットで100円の「霜降り寒ぶり三昧」。客足の落ち込みに歯止めをかける狙い。(2018/12/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ライバルと明暗 栄華を誇った「小僧寿し」だけが大きく苦戦した理由
かつて2300店超を誇った「小僧寿し」だが、近年は回転すしや持ち帰りすしチェーンの猛追で苦戦していた。同じ持ち帰りのチェーンが踏みとどまってるのになぜ小僧寿しだけ苦戦しているのか。(2018/12/4)

「1皿100円」も奏功:
くら寿司の好業績を支えた「高級かき氷機」と「価格維持宣言」
2017年11月〜18年7月期決算(連結)が好調だったくら寿司だが、業績のけん引役となったのはこだわりのかき氷だった。専門店で使われている高級かき氷機を投入したことで、差別化に成功した。さらに、「低価格化宣言」の効果も出始めたという。(2018/9/7)

上半期だけで6社が倒産:
「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発
スシローGHDが、通期業績を上方修正すると発表。主力のすしのほか、スイーツ類が好調という。一方、地方では、大手の寡占や原価高騰の影響で倒産する企業が増えている(2018/8/8)

「食べ放題」攻勢も:
かっぱ寿司、最終黒字 “崖っぷち”のかっぱはよみがえるか
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが18年3月期の連結業績を発表。減収なるも最終黒字に転換した。「食べ放題」などの施策はどのような結果を生んだのか。(2018/4/27)

新体制では「スピード感」強化:
かっぱ寿司、「かっぱのハンバーグ」全国展開へ 新たなファン増やす
「かっぱ寿司」が4月27日から、「かっぱのハンバーグ」の全国展開を始める。一部店舗で実施していたテスト販売で好評を博したためという。洋食メニュー「白いスープカレーラーメン」も発売する。(2018/4/26)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

「かっぱ寿司」「くら寿司」に続き:
スシロー、「肉すし」期間限定発売 初のフェアも実施
スシローが4月25日に「肉すし」を期間限定発売。初めてのフェアも実施する。(2018/4/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「食べ放題」を強化する牛角の“出遅れ感”
「焼肉デート」という言葉を生んだ牛角は、落ち着いて飲み食いができる「居酒屋焼肉」の業態で国内最大手に上り詰めた。しかし、ライバルが食べ放題の業態に次々参戦。キャッチアップはできるのだろうか?(2018/4/10)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

前社長はスピード辞任:
かっぱ寿司、次期社長はアトム現社長・小澤氏に 6月就任予定
カッパ・クリエイトが、アトム現社長の小澤俊治氏が次期社長に就任すると発表。6月の定時株主総会終了後の取締役会で正式決定する予定。大野健一前社長は就任後11カ月という異例の速さで退任していた。(2018/3/19)

次期社長はアトム小澤氏が内定:
「かっぱ寿司」前社長、スピード辞任の理由は「過去のコンプラ違反」
関係者が、カッパ・クリエイト前社長がスピード辞任した理由を明かした。カッパ以前に在籍していた企業でコンプライアンス違反があったためという。後任には、アトムの小澤俊治社長が就くことが内定しているという。(2018/3/2)

「急な申し出あった」:
かっぱ寿司、大野社長が「一身上の都合」で退任 就任11カ月で
カッパ・クリエイトが、大野健一社長が2月28日付で退任すると発表。理由は「一身上の都合」。以前から計画があったわけではなく、同日急な申し出があったという。(2018/2/28)

海鮮以外の“肉丼”も充実:
かっぱ寿司が「丼もの」を始める理由
「かっぱ寿司」が丼メニュー「かっぱのごち丼」の提供を一部店舗で始めた。海鮮丼だけでなく、ローストビーフやハンバーグなどを用いた“肉丼”が充実している点が特徴だ。運営元のカッパ・クリエイトに、「丼」を始めた理由を聞いた。(2018/2/27)

ITmedia ビジネスオンライン 年末スペシャル:
ヒット記事から振り返る! 2017年を読み解く「7つのキーワード」
2017年の“7大トピック”とは? ITmedia ビジネスオンラインで読まれた記事から振り返ります。(2017/12/28)

かっぱ寿司、食べ放題を全店に拡大 「一皿50円」の試験提供も
11月1日から22日まで全店舗「食べホー」実施。(2017/10/26)

「やる、しかない。」:
かっぱ寿司、「食べ放題」全店へ拡大 反撃の「3本の柱」
かっぱ寿司が食べ放題キャンペーンを全店へ拡大。「1皿50円」「ハッピー平日」などの新プロジェクトも開始し、認知度やブランドイメージの向上を目指す。(2017/10/26)

かっぱ寿司の食べ放題が帰ってきた 36店舗でWebとアプリ予約限定の「新・食べ放題」が激戦の予感
実施店舗が大きく入れ替わっているので要チェック。(2017/9/18)

通年実施目指す:
かっぱ寿司、好評で再び「食べ放題」 ネット予約制に
「かっぱ寿司」の食べ放題第2弾は8月28日から9月8日まで、全国36店舗で実施。(2017/8/10)

通常営業時の3〜4倍:
かっぱ寿司「食べ放題」に11万人超 今後も「前向き」
かっぱ寿司が「食べ放題キャンペーン」の結果を発表。開催期間中の来店者数は計11万5765人に上り、今後の実施も前向きに検討するという。(2017/7/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

かっぱ寿司が期間限定で「食べ放題」を実施 80種類以上のメニューを70分間楽しめる
試験的に全国20店舗でスタートします。(2017/6/12)

トライアル実施:
かっぱ寿司、「食べ放題」で反撃へ
すしチェーン「かっぱ寿司」で食べ放題キャンペーンが店舗限定で始まる。(2017/6/12)

かっぱ寿司が1万円のうな重を販売 約8人前の大ボリューム
1人1250円。(2017/6/8)

新連載・外食戦争の舞台裏:
なぜコロワイドは「かっぱ寿司」を買ってしまったのか
かっぱ寿司の経営不振が続けば、コロワイドの屋台骨が揺るぎかねない状況だ。なぜコロワイドは「買収するメリットよりはリスクの方が大きい」(関係者)かっぱ寿司を買ってしまったのだろうか。(2017/4/18)

「経営体制を刷新」:
赤字転落の「かっぱ寿司」、社長交代
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトで社長交代。(2017/2/27)

ブランド刷新は道半ば:
「かっぱ寿司」、赤字転落へ
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが赤字転落へ。(2017/2/10)

「牛角」などを傘下に持つコロワイドがフレッシュネスバーガーを買収へ ファストフード参入は初
フレッシュネスバーガーはファストフード業界でも独自の地位を築いていました。(2016/10/14)

外食大手コロワイド、フレッシュネスバーガーを買収 ファストフード事業に参入
外食大手のコロワイドと連結子会社のレインズインターナショナルが、ハンバーガーチェーン事業「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)」を買収する。同グループファストフード事業参入は初めて。(2016/10/14)

「古い」「ださい」脱却できるか「かっぱ寿司」 創作メニューに注力「これからは話のネタも作っていく」
カッパ・クリエイトは回転すしチェーン「かっぱ寿司」のリブランディング戦略について発表。「おいしいネタ、はなしのネタ」を新コンセプトに創作メニューに力を入れる。(2016/9/29)

かっぱ寿司、油そばの販売を休止 予想以上の反響で
油そばに使っている特製ダレの急な増産対応が難しいとしています。(2016/8/19)

かっぱ寿司が"回らない"寿司「鮨ノ場(スシノバ)」を東京・青山にオープン 特急レーンで寿司を届ける
都市部繁華街に出店。回転レーンの代わりに、直線型のレーンを設置しています。(2015/8/31)

マネーの達人:
「かっぱ寿司」でクレジットカード・電子マネー決済が可能に――そのメリットは?
回転寿司の「かっぱ寿司」で、クレジットカードと電子マネーでの決済が可能になりました。今回は、サービス開始の背景と利用者側のメリットについて考えます。(2015/5/21)

カッパHD、134億円の最終赤字 15年3月期 回転寿司の再生急務
コロワイド傘下のカッパ・クリエイトHDが赤字を拡大した。2015年3月期通期の最終損益は134億円を超えた。(2015/4/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。