ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「過労死」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「過労死」に関する情報が集まったページです。

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事中の「おやつの時間」は後ろめたい――“ムダ”を削るばかりの日本が失っているもの
「仕事中におやつ時間」「ちょっとコーヒー」といった気分転換に対して、後ろめたいものと思う人は少なくない。しかし、無駄話、無駄な時間、無駄な空間は本当に削ってしまっていいものなのだろうか? 健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/3/8)

NEC系列会社社員の過労死を労災認定 直前1カ月で国内出張3回
NECのグループ会社「NECマネジメントパートナー」に勤務していた男性が2021年に脳幹出血で死亡したのは、過重な業務負担が原因だったとして、川崎北労働基準監督署(川崎市)が労災認定していたことが1月31日、分かった。(2024/2/1)

「休めない日本人」がこれほどまでに多いワケ
(2024/1/15)

「ひろがるスカイ!プリキュア 感謝祭」に「わんだふるぷりきゅあ!」登場決定! 2月18日の公演は有料生配信
TOKYO DOME CITY HALLで2月17日・18日に開催。2月18日の各公演は有料生配信も。(2024/1/7)

MAISONdes「うる星やつら」第3クールもOP&ED担当 3クール連続の「六畳半ポップス」
第5弾PVで両楽曲が披露されています。(2024/1/5)

木下優樹菜、娘たちのショットに注目集まる「顔出てるけど大丈夫そ?」「ミニ優樹菜ちゃんにしかみえなくて」
珍しい。(2024/1/5)

平成のヤンキー漫画『京四郎』、23年ぶりに続編刊行 柔らかい凶器「新聞メリケン」プレゼントだと……?
新聞メリケンは柔らかい凶器だ 100%の力で打ち抜くことができる。(2024/1/5)

『キャプテン翼』漫画連載4月で終了へ 今後はネームなどの形で物語を残す考え
最終回までの構想はあるが、漫画家には40年以上掛かるかもしれないとのこと。(2024/1/5)

映画「ゴールデンカムイ」オソマ役に話題の子役 「ビジュが神ww」「原作に一番近いキャスティングかも」と期待の声
オソマ役は子役の永尾柚乃ちゃん。(2024/1/5)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

過労死したOLが神に願った力とは…… “人間以外の生物に好かれる能力を持つ女の子”の異世界転生マンガが癒やされるかわいさ
もふもふ。(2024/1/4)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
宝塚パワハラ事件 経営者の醜い責任逃れは、なぜなくならないのか
「確認できなかった」「知らなかった」──企業の不祥事が起こるたびに、こうした経営者の言葉が繰り返されてきた。なぜ、経営者の醜い責任逃れをするのか。ハラスメントはどうしたらなくなるのか。(2023/11/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(111):
ベンダー社員過労死の遠因はユーザー企業にもあるのか
仕様確定が遅れ、プログラム数が大幅に増え、スケジュールが2カ月以上遅れ、しかも納期順守を求められたプロジェクト。そこに従事するエンジニアがある日、遺体で見つかった――。(2023/11/14)

働き方の「今」を知る:
「初任給50万円」のウラ側 みなし残業代を引いたらいくらになるのか?
高額な初任給を提示する企業が増えている。意欲と能力のある若手に高額な給与を支払うこと自体には賛成だが、一方で固定残業代や深夜割増賃金まで含んだ「カサ上げ」と言える事例も散見される。高額初任給の実態とその裏側とは――?(2023/10/30)

働き方の見取り図:
西武池袋ストを「無意味」だと言った人へ “小さき声”を過小評価すべきでない理由
ストライキやSNSでの発信――近年、個々の“小さき声”がきっかけとなって、長い間岩盤のように固かった理不尽なルールや慣例に穴が穿たれる事例が増えている。“小さき声”がこれからの職場に与える影響とは――。(2023/9/11)

消費者側のリスクは:
物流「2024年問題」がもたらす2つの“物価暴騰”シナリオ
2024年問題が迫っている。影響を受けるのは運送業者はもちろん、消費者側も例外ではない。物流のリソース不足によるコスト高騰が、商品の価格に転嫁されることは避けられないだろう。どのようなリスクがあるか具体的に考察する。(2023/8/25)

裁判に発展したケースも:
勝手に深夜残業する部下、成果は出ているが……注意すべきか? 残業代はどうなる?
「夜の方が集中できる」という理由で深夜残業をしている社員がいます。実際に成果は出ていますが、残業代や労働時間の観点から注意すべきでしょうか?(2023/7/25)

もふもふなでなでしたくなるアニメ「もふなで」、2024年1月放送決定 ネマ役に加隈亜衣
加隈「私の中の『もふみセンサー』が上がりましたっ」。(2023/7/21)

東映「相棒」「仮面ライダー」元社員がセクハラ問題で労災申請 60代スタッフが「会いたいです」など執拗な連絡
東映グループでのセクハラ問題には前例がある。(2023/6/22)

働き方の「今」を知る:
平気で「眠らない」日本人が知らない、睡眠不足がもたらす残念な結果
日本人の睡眠時間は短すぎる。睡眠不足は、従業員と企業にどのような悪影響を及ぼすのか。なぜ、勤務間インターバルは浸透しないのか。睡眠と働き方を巡る現状を整理する。(2023/3/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「あの会社なら、パワハラくらいあるだろう」って本気? 見捨てられる、命を削る人々
大手不動産企業の役員が起こしたとされるパワハラ事件について「あの会社なら、あるだろうね」「不動産業界はどこもこんな感じ」といったコメントが相次いだ。こうした周囲の視線がはらむ危険性、そして日本からパワハラが減らない理由とは?(2023/3/24)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(11):
1日1回の外出は2000円の価値? 「孤独」がもたらす損失を試算してみる
今回は、「移動」と「ウェルビーイング」を解析した論文を読み解いてみました。そこで得た結論は、「孤独を回避して幸せになりたいのなら、毎日外へ出ろ」というものです。(2023/2/24)

令和5年の法改正トリセツ:
【4月施行】60時間超の時間外労働、割増賃金引き上げ 自社は該当する中小企業か?
2023年4月から月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が大企業・中小企業問わず一律50%以上になります。自社は当てはまるのでしょうか? そのほかの要件なども見ていきましょう。(2023/2/1)

スピン経済の歩き方:
すき家の「深夜の自主トレ」は許されるのか 駐車場で店員2人が接客
すき家の「深夜の接客自主トレ」が話題になった。午前0時の投稿だったので「やっぱりブラック企業?」といった憶測が飛び交ったが、本人の希望ということが明らかになると、称賛の嵐となった。それにしても深夜の駐車場で、店員2人が接客のトレーニングをすることは、いかがなものか。(2022/12/6)

望ましい人事戦略とは:
「長時間の猛烈労働」要求 イーロン・マスク氏をまねても上手くいかない理由
社員に「長時間の猛烈労働」を求め、受け入れられない社員に退職を迫ったとされるTwitterのイーロン・マスクCEO。強引な手法に非難の声が上がる一方、称賛する声も。氏の思い切った人事戦略をどう評価すればいいのか。(2022/11/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「話してもらえる人」になる! 心理的安全性が高まる聞く技術
心理的安全性が重要とは聞くけれど……具体的にどうすればいい? 意見を安心して言える環境を作るための話の聞き方を心理カウンセラーが伝授。(2022/11/24)

マネジメント力を科学する:
第8回:リーダーシップスタイルの変遷と、いま自社が取るべきリーダーシップスタイルを見極める
大きな時代の流れ、変遷に伴ってリーダーシップスタイルが変化してきている。(2022/11/22)

看護師から転職した友人「マヂ天国〜」 → 半年で看護師復帰 その意外な理由に「大戦中の米海兵隊の手記で見た」「傭兵パイロットと同じ」
戦場が忘れられないようです。(2022/9/23)

スピン経済の歩き方:
企業に上から目線の「カスハラおじさん」が、大量発生しているワケ
「お客」という立場を生かして、店のスタッフなどに理不尽な要求をする「カスハラ」が増えているという。さまざまな調査をみると、カスハラの正体は中高年の男性のようで。なぜ、こうした層がむちゃくちゃな要求をするのか。背景に何があるのかというと……。(2022/9/20)

Q&Aで学ぶ:
「カスタマーハラスメント」から従業員を守るため、企業が準備しておくべきこととは?
顧客による不当・悪質なクレームを指す「カスタマーハラスメント」。自社の従業員を守るため、企業はどう対応すべきなのか? 厚労省が発表したマニュアルの内容をQ&Aで確認します。(2022/9/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「課長になんてなりたくない!」 喜べないポジションと“やりたい仕事”の幻
「課長になりたくない」「管理職になってから、ぐっすり眠れない」──中間管理職の報われなさから、出世を拒む人が増えている。ビジネスパーソンは、そうした「喜べないポジション」とどのように向き合うべきなのだろうか?(2022/9/9)

18歳以上の1000人にアンケート:
「残業123時間」教員の働き方改善する方法は? 「部活指導は教員以外で」賛成7割強
紀尾井町戦略研究所は、教員の働き方や教育の質に関する意識調査を実施した。長時間労働が常態化し「ブラック職場」と指摘される教員の働き方に関し、部活指導を教員以外に全面的に任せることについて「賛成」が8割近くに上った。(2022/9/8)

2013年にも女性記者が過労死:
NHK、40代男性管理職の過労死で労災認定 「健康確保の施策が不十分だった」
日本放送協会は長時間労働が原因で男性職員が死亡したとして、渋谷労働基準監督署(渋谷労基署)から労災認定を受けたと発表した。NHKは遺族に謝罪するとともに「再発防止を徹底する」としている。(2022/9/2)

49歳男性の例から考える:
「仕事を調整したのに部下の残業が減りません」 働き方を観察して見えた意外な事実
「これだけ仕事を減らしたのになんで残業時間が変わらないんだ?」――狐につままれたかのようにつぶやいたのは、4月に総務部長に就任した木根さん(仮名、49歳男性)です。就任後最初の課題として取り組んだのは、部下の町本さん(仮名、32歳男性)の残業時間の削減でした。就任後にいろいろと試みたものの、思ったほどの効果が上がらずお手上げ状態になってしまったそうです。(2022/8/25)

”固定残業制”の表裏:
サイバーエージェント「初任給42万円」の衝撃とからくり
サイバーエージェントは7月末、2023年春の新卒入社初任給を42万円に引き上げると発表した。他社と比較し、高い給与水準であるのは間違いないが、同社が採用している固定残業制の「数字の見せ方」には気を付けるべきポイントがある。どういうことかというと……。(2022/8/11)

企業と人権:
ブランド失墜――セサミの人気キャラ「黒人の少女を拒否」 誤った対応、経営リスク招く恐れも
米国の人気子ども番組「セサミストリート」をテーマにした遊園地で、黒人の女の子2人をキャラクターが拒否して通り過ぎたように見える動画がSNSに投稿され「人種差別ではないか」との批判が集まっている。遊園地側は「誤解を招いた」として謝罪した。(2022/7/23)

ブラック社長は4種類:
「いつでも全力で走る」「オレの背中を見てくれ」 意識高い系“ブラック社長”の落とし穴
「オレはこの国の未来を輝かせたい」。出版関係の会社を経営するA社長は、この目的を達成するために本気で考え、本気で行動しています。A社長自身の理念を会社の理念とし、社員に対し熱く語ることで想いを浸透させてきました。長時間労働も、深夜残業も、休日労働も、激しい叱責も「すべては”日本の輝く未来のために”避けては通れない」という幻想を抱き、それをすべての社員が受け入れていると思いこんでいました。(2022/6/28)

なぜ?:
よかれと思って導入「勤務間インターバル」が、“大きなお世話”になってしまう理由
なぜ、勤務間インターバルは“大きなお世話”な制度になってしまうのでしょうか。勤務インターバルとは何か、運用方法と合わせて解説します。(2022/6/3)

検閲員の過労死で見えた、中国ネット検閲のリアル クラウドとAIでは足りない理由
大手動画サイトで1人のスタッフが過労により亡くなった。彼の担当は動画検閲だったという。(2022/4/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事で死ねて本望? モーレツ社員の危険すぎる“過剰適応スパイラル”
先日、アクセンチュアが違法な残業で書類送検されました。コンサルや他の業界でも「この業界は、働いてなんぼの世界」「仕事が好き」「もっと会社に貢献したい」などと考える社員が、自ら進んで働きすぎてしまうことがあります。これは、長時間労働を一掃するのが極めて難しい原因の一つです。この難題と、どのように向き合っていくべきでしょうか。(2022/3/25)

弁護士が解説:
10月に入ってから内々定を“取り消し” 炎上したスタートアップは、どうすれば良かった?
2021年10月、スタートアップ企業であるBluAgeが、21人の学生に対して内々定を取り消し、波紋を広げました。「内定」「内々定」の法的位置付けと企業に生じる義務、本件が騒動となった要因について、向井蘭弁護士に聞きました。(2022/2/9)

どうなる? 「週休3日制」(2):
本当は怖い「週休3日制」 導入にはデメリットも
「選択的週休3日制」の導入を検討する企業が増えている。しかし、週休2日で働く社員と週休3日で働く社員が混在することで、思わぬデメリットを生む可能性もある。導入前に考慮すべき、4つのデメリットとは?(2022/1/20)

PR:【読める?】 この画像の中の文字が浮き上がって見える→それは「今日はお風呂でゆっくり疲れを取ろうね」のサインです
今夜はしっかり湯船につかろうかな。(2021/12/2)

1年を振り返る:
イメージダウンした「不祥事ランキング」2021 2位は「森喜朗氏の女性蔑視発言」、1位は?
広報・メディア対応の専門誌『広報会議』は、2021年の「イメージダウンした出来事」のランキングを発表した。1位になったのは?(2021/12/1)

スピン経済の歩き方:
なぜ某カフェチェーンは時給を上げないのか 「安いニッポン」の根本的な原因
アルバイトの応募が少ない――。某カフェチェーンから、このような嘆きの声が聞こえてきた。人口減少の問題もあるだろうが、なぜバイトが集まらないのか。その理由は……。(2021/11/9)

残業中に“手の幽霊”が現れた!? お人よし社員を襲う怪異の漫画がいろんな意味でゾッとする
本当に怖いのは……?(2021/11/4)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「世界一の現場力」を犠牲にする、無責任トップの罪
「工夫してほしいですね、現場で」──というのは、若者向けワクチン接種センターの混乱ぶりを見た小池都知事の言葉だ。現場が必要なリソースにアクセスする権利も、意思決定できる裁量権も与えることなく、現場に責任のみを押し付け犠牲にするような動きが、いたるところで起きている。そんな中、リーダーが自覚すべきこととは──?(2021/9/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
不正、パワハラ、発言撤回! 三菱電機の腐った組織風土は変わるのか
この数年で不正検査が相次ぎ発覚している、三菱電機。パワハラや長時間労働の問題もあり、2019年には20代の新入社員が自殺する痛ましい事件も起きた。組織の自浄作用が働かない要因は何なのか。三菱電機は今後、変わることができるのか──。(2021/7/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。