ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「評価損」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「評価損」に関する情報が集まったページです。

ZOZO通期、特損21億円 海外PB撤退費用、旧「ZOZOSUIT」製造装置の減損などで
ZOZOの通期決算(連結)は、最終益が前期比20.7%減の159億円にとどまった。プライベートブランドの海外展開からの撤退費用や、旧ZOZOSUIT製造のために購入した機材の減損などで21億円の特別損失を計上した。(2019/4/25)

ロボアドに税金の自動最適化機能 THEOの独自性はどこか?
税金の自動最適化機能をTHEOが6月から提供開始する。ロボアドバイザーではリバランスに伴い税払いが発生することが多いが、それを最適化する仕組みだ。競合のWealthNaviも税の最適化機能を提供している。(2019/4/19)

ゴーン報道の「第一人者」が語る【前編】:
ゴーンという「怪物」を生んだのは誰か 日産“権力闘争史”から斬る
ゴーンという人物は結局、日本の企業社会において何者だったのか――。長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、“怪物”が生まれた真因について直撃した。(2019/4/10)

個人投資家列伝(6):
配当金は月10万円超も 高配当・増配を意識して投資するはちどうさん
世界経済の成長にリンクした資産成長を狙うインデックス投資に対し、高配当・増配株にフォーカスして投資するスタンスのはちどうさん。すでに配当金が月10万円を超える場合もあるというが、目標は年間配当500万円だ。(2019/2/19)

カドカワが川上量生社長の退任を発表 後任に松原眞樹氏
組織図がまた大きく変わりそうです。(2019/2/13)

製造マネジメントニュース:
「MaaSは新車販売に劇的なマイナス影響なし」、トヨタ友山氏が語る戦略
トヨタ自動車は2019年2月6日、東京都内で会見を開き、2019年3月期第3四半期(2018年度4〜12月期)の連結決算を発表した。(2019/2/7)

渋谷豊の投資の教室:
300万円か給料6カ月分 投資の前に現金を持ってますか?
資産運用が大事だといっても、すべてのお金を投資に回せるわけではないし、回して良いわけではありません。いったいどのくらいを預金や現金として持っておくべきなのだろうか? 単に生活のための現金という以外に、リスクコントロールのツールとして、またチャンスが来たときのための現金という要素もあった。(2019/1/10)

ロボアドバイザーが目指すのは富裕層サービスの民主化:
富裕層と同じ金融サービスを受けるには? WealthNavi柴山CEOに聞く
人間に代わってアルゴリズムで運用を行ってくれるロボアドバイザー。そんなWealthNaviを提供するウェルスナビの目指すのは、富裕層が受けているようなサービスを一般の人たちに提供することだった。(2018/11/16)

株などの評価損拡大:
18年家計の金融資産 2人以上世帯では1151万円で横ばい、単身世帯では約200万円減少
金融広報中央委員会は11月9日、2人以上の世帯を対象に実施した2018年版「家計の金融行動に関する世論調査」の結果を発表。将来のために蓄えている金融資産の平均保有額は1151万円と前年から横ばいだった。(2018/11/12)

東京商工リサーチが分析:
リーマン・ショックから10年、いまだに回復しないあの業種……
リーマン・ショックから10年経つが、日本企業の全売上高は以前の水準まで回復していない――。東京商工リサーチが企業業績の分析レポートを発表した。(2018/9/13)

3期連続の最終赤字を予想:
大塚家具、「継続企業の前提に重要な疑義」 3期連続の最終赤字に
大塚家具は、2018年1〜6月期の連結決算で約20億円の純損失を計上した。大型店で苦戦したことが響いた。通期でも最終赤字が見込まれるため、決算短信には「継続企業の前提に関する注記」が記載された。(2018/8/14)

AIチャットbotの可能性について識者が対談
女子高生AI「りんな」は人間に投資信託を買わせることができるか?
AIチャットbotを、例えば個人の資産運用にどう活用することができるか。日興アセットマネジメントの神山直樹氏とLINEの砂金 信一郎氏が語り合った。(2018/6/12)

市場縮小:
カシオ、コンパクトデジカメ撤退を正式発表
カシオがコンパクトデジタルカメラ事業からの撤退を正式発表した。(2018/5/9)

Zaif、ビットコイン先物取引を終了
仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロは2月28日、同取引所でのビットコインの先物取引について、3月31日をもって取り扱いを終了すると発表した。(2018/2/28)

「マックスむらい」人気で上場も……:
AppBank、今期も最終赤字を予想 3期連続
AppBankが2017年12月期の連結決算を発表。2期連続の赤字決算だった。18年12月期も赤字は解消できない見通しで、厳しい局面を迎えている。(2018/2/14)

軟着陸できるか:
日銀ETF購入の「出口」、市場が描く5つのシナリオ
日銀によるETF(上場投資信託)買いの「出口戦略」について、黒田東彦日銀総裁は慎重な姿勢を示したが、市場では依然思惑がくすぶっている。(2018/1/26)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
丸井がクレジットカードの即時発行にこだわる歴史的な理由
会員を600万人以上持つ丸井グループのクレジットカード。その多くが若者であることは今も昔も変わっていない。なぜ丸井は彼らに支持されるのか。その理由をひもとくと……。(2017/11/27)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
ソシャゲ絶頂と凋落の象徴? ポケラボの純損失11億円
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/2)

VALUで価格つり上げ→全株売却 YouTuberヒカル氏に批判 全株買い戻しへ
「VALU」で、人気YouTuber「ヒカル」氏などが、期待をあおってVA価格をつり上げた後、発行済みの全VAを投げ売りしたとし、ユーザーが不当に損失を被ったと訴えていた問題で8月17日、ヒカル氏側とVALU運営元がそれぞれ、対応を発表した。(2017/8/17)

デリバティブ損失で純利益98%減も:
ソフトバンクの1Q、大規模ファンドと復活のSprintが好調
ソフトバンクグループの2018年3月期 第1四半期(17年3〜6月)の連結決算は、売上高・営業利益がともに前年同期比を上回ったものの、中国Alibaba株のデリバティブ取引関連で巨額の損失を計上。純利益は98%減となった。(2017/8/8)

製造マネジメントニュース:
ソニーのエレキ事業が19年ぶりに第4四半期黒字を確保、中計目標は達成できるか
ソニーは、2016年度(2017年3月期)決算と2017年度の業績見通しを説明。3カ年の中期経営計画の最終年度となる2017年度の連結業績は、売上高が前年度比5.2%増の8兆円、営業利益が同73.2%増の5000億円、税引前利益が同86.8%増の4700億円、当期純利益が同3.4倍の2550億円、ROE(株主資本利益率)は10%以上を見込む。(2017/5/1)

Microsoft、スマートフォン部門で1850人削減 「撤退はしない」とマイヤーソン氏
Microsoftが、最大1850人の人員削減を含むスマートフォンハードウェア部門の縮小計画を発表した。ナデラCEOは「電話事業では差別化できる分野にフォーカスする」としている。Windows & Devicesの責任者であるテリー・マイヤーソン氏は社内メモで、「縮小するが撤退はしない」「素晴らしい新端末を開発する」と語った。(2016/5/26)

製造マネジメントニュース:
シャープの“膿”は出し切れたか、鴻海傘下でもエネルギーとディスプレイに不安
シャープの2015年度(2016年3月期)決算では、売上高が2兆4615億円、営業損失が1619億円、経常損失が1924億円、当期純損失が2559億円という厳しい結果になった。ただし「鴻海グループとの戦略的提携により、強固な取引関係の確立と財務基盤の強化を図る」(シャープ社長の高橋興三氏)ことで、事業の安定的な継続が可能になるとした。(2016/5/13)

吉野家HD、営業利益54.1%減 16年2月期 原材料在庫の評価損響く
吉野家ホールディングスの2016年2月期は、売上高が3.2%増、営業利益が54.1%減だった。「吉野家」の主要食材である牛肉の評価損計上などが影響した。(2016/4/11)

楽天、電子書籍子会社のkobo株式を減損処理 「事業計画に遅れ」
楽天が電子書籍子会社のRakuten Koboを減損処理。(2016/2/12)

タスクフォース議論、真の勝者はMVNO? 戦略転換の日本通信「HLR/HSS開放のコストは大きくない」
日本通信は総務省タスクフォースによる第2の規制緩和を受け、事業戦略を展開する。自社HLR/HSSによる多様なサービスで、低価格競争からの脱却が狙い。(2016/1/22)

スク・エニ、子会社「シンラ」解散 資金調達めど立たず
スクウェア・エニックスは、子会社「シンラ」を解散すると発表した。(2016/1/6)

グリー、103億円の最終赤字に転落 大幅な減収減益
グリーの15年6月期通期は103億円の最終赤字に。今期はネイティブゲームのヒット創出で反転を目指す。(2015/8/5)

Microsoft、7800人を削減 スマートフォン事業を改革
Microsoftが7800人の人員削減と、Nokiaハードウェア事業買収に関連する約76億ドルの評価損計上を発表した。人員削減は主にスマートフォン事業で実施するが、オリジナル端末製造から撤退する意向はないようだ。(2015/7/9)

ミクシィの今期、「モンスト」効果続き売上高・利益とも大幅拡大へ
モンスト効果が続き、ミクシィの今期は売上高が63.8%増の1850億円、営業益は51.8%増の800億円になる見通しだ。(2015/5/12)

モスフードサービス 15年3月期 営業利益27%減 原材料費高騰など響く
「モスバーガー」を運営するモスフードサービスの2015年3月期決算は増収減益となった。(2015/5/11)

藤田正美の時事日想:
金融緩和で世界にあふれた“イージーマネー”、いつになったら正常化?
米国のFRBが金融緩和の縮小に向けて動き出しているが、これは金融上昇によるリスクもはらむ難しい問題だ。そもそも、世界的なバブルの後始末に苦労するという状況自体が、人類史上初めてなのである。(2014/6/25)

任天堂、営業赤字464億円に拡大 Wii Uは272万台どまり 今期は360万台販売へ
任天堂の通期は営業赤字が前回予想から100億円超悪化。Wii Uが不振で、ハードの販売は272万台と期初見通し(900万台)の3分の1以下にとどまった。(2014/5/7)

藤田正美の時事日想:
貿易赤字が膨らむ日本、国債信用に更なる危機
日本の国際収支を表す経常収支が財務省から発表された。辛うじて黒字を保っているものの、貿易赤字は膨らむ一方だ。政府が財政再建の道筋を示さなければ、ヘッジファンドに日本国債を売られてしまうリスクがある。(2014/2/12)

ソニー「苦渋の決断」 平井社長が話したPC事業とテレビ事業
ソニーが2014年3月期第3四半期決算会見で、PC事業の収束とテレビ事業の分社化について説明した。PC事業は日本産業パートナーズに譲渡し、VAIOのブランドは当面残るという。(2014/2/6)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
日本一になった楽天イーグルスに学ぶ、株式市場での戦い方
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。創設から9年で日本一となった楽天イーグルス。あずさもその戦い方に思うところがあるようです。(2013/11/9)

Microsoftの7〜9月期は2桁台の増収増益 Surfaceの売上高は4億ドル
Microsoftの決算は、PC市場の低迷でコンシューマー向け製品は不調だったが、クラウド製品を中心とした企業向けが好調で増収増益だった。前期に9億ドルの評価損を出したSurfaceの売上高は4億ドルだった。(2013/10/25)

藤田正美の時事日想:
米国債の債務不履行が世界恐慌を招きかねない理由
米国の累積債務額が17兆5000億ドル(およそ1750兆円)に達し、債務上限額を引き上げないと国債の償還ができなくなる恐れが出てきた。米国債のデフォルトを避ける手段とは?(2013/10/9)

Microsoft決算、Surfaceの9億ドルの評価損が響き、予想を下回る純利益
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高は10%増加したものの、Surface RTの大幅値下げなどによる9億ドルの評価損計上が響き、純利益はアナリスト予測を大きく下回った。(2013/7/19)

NISAのメリットとデメリットを考える
2014年から始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)。投資の利益が非課税になるというものですが、実際のところ、どうすればお得なのでしょうか。メリットをうまく生かせば節税効果はかなり高いので、知識として頭に入れておくと便利です。(2013/7/19)

藤田正美の時事日想:
参院選後を読む、安倍首相は救国の指導者となるか
7月の参議院選挙は自公圧勝に終わるだろう。同時に民主党は、国民から野党としてさえも信認されないだろう。選挙後の日本はどこへ向かうのか。(2013/7/10)

藤田正美の時事日想:
金融緩和、振り上げた拳をどう下ろす?
振り上げた拳は下ろさなければならない。それは誰しも分かっていることだが、残念なことにそれが実感として分かるのは、下ろすときになってからだ。(2013/6/26)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
株価急落! アベノミクス相場を呪う人々の思いは?
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。5月後半になって急落した株式市場。はるかも憂鬱になっているようです。(2013/6/1)

車載情報機器:
パイオニアは再起できるのか、マルチメディアプラットフォームとクラウドが鍵に
パイオニアは、利益率の悪化が続くカーエレクトロニクス事業の構造改革推進を中核とする、2014年度までの2年間の中期計画を策定した。中期計画で鍵を握るのは、マルチメディアプラットフォームを共同開発する三菱電機、車載情報機器のクラウドサービス活用推進で連携するNTTドコモとの業務提携である。(2013/5/14)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
フツーのOLが危ない! アベノミクスのあまーい罠
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。いつになく元気のないあずさ。一体何があったのでしょうか。(2013/4/20)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
タダで株主優待を手に入れる方法
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。株主優待のある株を購入するか悩んでいたはるか。そんな彼女にあずさがかけたアドバイスは……。(2013/3/30)

スク・エニ大幅下方修正 130億円の最終赤字に転落へ
スク・エニが通期業績予想を大幅に下方修正。純損益が130億円の赤字に転落する見通しだと発表した。(2013/3/26)

藤田正美の時事日想:
アベノミクスが抱える不安要素とは
金融政策と財政政策を組み合わせて、日本経済を回復させようというアベノミクス。しかし、その行く先にはさまざまな懸念点がある。(2013/3/4)

藤田正美の時事日想:
円安だけじゃダメ、G20を乗り切った日本に必要なこと
モスクワで開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議。最大の問題は急激に進んでいる円安に対して、どのようなアクションをとるかということ。しかし、結果は日本にとって都合の良い方向に進んでいるようだ。(2013/2/18)

藤田正美の時事日想:
アベノミクスを世界はどう見ているのか
金融緩和の方向に大きくかじ取りを行った日本銀行。アベノミクスの一環としての動きだが、これを世界ではどのようにとらえているのだろうか。(2013/1/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。