ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LPDDR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Low Power DDR

日本での展開は未定:
Acerが環境配慮製品「Vero」のラインアップを拡充 液晶一体型PCやプロシューマー向けディスプレイなどを投入
Acerの環境配慮製品「Vero(ヴェロ)」が、ノートPC以外にも展開されることになった。2022年内にかけて、ノートPCに加えて液晶ディスプレイ一体型PC、ディスプレイ、プロジェクターやキーボード/マウスも投入される予定だ。(2022/5/19)

Google、「Pixel 6a」を正式発表 自社チップ搭載で5万3900円 7月28日発売【追記あり】
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、新型スマートフォン「Google Pixel 6a」を発表した。国内価格は5万3900円。(2022/5/12)

デスクトップのパフォーマンスをモバイルに――Intelが「第12世代Core HXプロセッサ」を発表
Intelが第12世代Coreプロセッサのラインアップを拡充し、モバイル環境でもデスクトップ並みのパフォーマンスが必要なユーザーに向けた「HXプロセッサ」をリリースした。搭載製品は順次登場する予定だ。(2022/5/11)

ASUSがIntel Arc A370Mや4K有機ELパネルを採用した「Zenbook Pro」「Zenbook S」シリーズを発表
ASUSは、このほど実施されたグローバルPC発表会にて「Zenbook」シリーズの新モデル6機種を発表した。(2022/5/10)

5Gゲーミングスマホ「Black Shark 4 Pro」の日本モデルが発売 約9万円
ブラックシャーク科技ジャパンは、5Gゲーミングスマホ「Black Shark 4 Pro」の日本モデルを発売。価格は8万9980円(税込み)で、ケースや冷却ファンクーラーのセットモデルも先着100台のみで限定販売する。(2022/4/26)

Windows 11 Pro搭載で実売6万円切りのお手軽ノートPC「THIRDWAVE VF-AD5」を試す
サードウェーブから発売された「THIRDWAVE VF-AD5」は、税込み5万6980円を実現した低価格な15.6型ノートPCだ。どこにこだわり、何を割り切ったのか、実機をチェックした。(2022/4/25)

17型でも1.4kg切り構成あり:
「LG gram」に第12世代Coreプロセッサ搭載の2022年モデル登場 税込み21.9万円から
LGエレクトロニクスの軽量ノートPC「LG gram」の2022年モデルが発表された。軽量ボディーはそのままに、第12世代CoreプロセッサのPシリーズを搭載した他、16型/17型モデルにはGeForce RTX 2050 Laptopを搭載する構成も用意した。(2022/4/19)

デルが12コアの第12世代Core搭載モバイルPC「XPS 13 Plus」を国内発表 投入時期は未定
デル・テクノロジーズは4月19日に発表会を開催し、XPS 13シリーズの最上位機となる「XPS 13 Plus」を国内に投入する。発売日、価格ともに未定だ。XPS 13 Plusについては、1月に行われた「CES 2022」で発表されていたが、これで日本国内でも展開されることなった。(2022/4/19)

11世代Core i7を搭載した8型の超小型PC「GPD Pocket 3」でトリプルディスプレイ環境を構築
国内でも一般販売している超小型PC「GPD Pocket 3」。一足先に海外のクラウドファンディングサイトで手にした実機を、本番環境に投入して分かったこととは?(2022/4/14)

人工知能ニュース:
複数のAIアクセラレーターを内蔵した試作チップの動作を確認
新エネルギー・産業技術総合開発機構と産業技術総合研究所、東京大学は、AIアクセラレーター向け評価プラットフォームの実証にあたり、仕様が異なる6種類のAIアクセラレーターを内蔵した試作チップ「AI-One」を設計し、動作を確認した。(2022/4/14)

「ThinkPad」の2022年モデルが日本上陸 夏までに順次発売
レノボ・ジャパンが、2022年1月から順次グローバル発表されてきたThinkPadの2022年モデルを投入する。Ryzen 6000シリーズを搭載するモデルは新しいセキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」を利用可能で、第12世代Coreプロセッサを搭載するモデルは「Tile」による紛失時捜索に対応している。(2022/4/12)

Ryzen 7 5800U搭載の「ONEXPLAYER mini」、日本では初夏に発売へ
中国One-Netbook Technologyは、同社のWebページでRyzen 7 5800Uを搭載した超小型ポータブルPC「ONEXPLAYER mini」の注文受け付けを開始した。価格は1259ドルだ。(2022/4/11)

プレミアムな2in1モデル「Surface Laptop Studio」は誰のためのPC? 試して分かったこと
MicrosoftのSurfaceシリーズのフラグシップモデル「Surface Laptop Studio」は、フラグシップだけに価格も高めである。その価格にはどのような“価値”が込められているのだろうか。個人向けモデルにおいて2番目にハイスペックな構成を通してチェックしていこう。(2022/4/8)

軽量薄型で長時間駆動! ハイブリッドワークに適したプレミアムモバイルPC「VersaPro UltraLite タイプVG」(VG-B)を試す
NECの「VersaPro UltraLite タイプVG」(VG-B)は、ビジネス向けノートPCの最新モデルで、スリムかつコンパクトなボディーが特徴の1台だ。内部スペックを改め、アスペクト比16:10の液晶ディスプレイを採用するなど、見どころの多い本機を試した。(2022/4/7)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
ウルトラ高性能な「Apple M1 Ultra」の謎
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2022年3月8日に開催されたAppleのイベントで発表された「Apple M1 Ultra」にフォーカスする。(2022/4/7)

“山椒は小粒でぴりりと辛い”超小型PC「GPD MicroPC 2021ver」を試す
パフォーマンスの向上と共に価格が高くなっている超小型PCだが、この「GPD MicroPC 2021ver」は手頃な価格で入手可能だ。クセのある見た目だが、実際の所はどうなのかを試してみた。(2022/4/6)

40周年企画の“大本命”登場:
ワコム製「リニアペン」に世界初対応 第12世代Coreプロセッサ搭載の薄型タブレット「FMV LOOX」が6月中旬に登場
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)がCES 2022で披露したタブレットPC「FMV LOOX」が、日本では6月中旬に発売されることになった。クリエイターの利用を強く意識したモデルで、別売の純正スタイラスペンは世界初の「リニアペン」となっている。【更新】(2022/3/29)

Intel Evo対応モデルが続々:
MSIが第12世代Coreプロセッサ搭載のビジネス&ライトクリエイター向けノートPCを発表
MSIがIntelの第12世代Coreプロセッサを搭載したビジネス&ライトクリエイター向けノートPCを投入する。現時点で、一部を除き日本での展開は未定だ。(2022/3/25)

開発に評価プラットフォーム活用:
複数AIアクセラレータ搭載チップ、動作を確認
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)らは、仕様が異なる6種類のAIアクセラレータを搭載した実証チップ「AI-One」を試作し、設計通りの周波数で動作することを確認した。AIアクセラレータ向け評価プラットフォームを活用することで、従来に比べAIチップの開発期間を45%以下に短縮できるという。(2022/3/24)

新生活にピッタリなのは「第12世代Coreプロセッサ」を搭載するPC? インテルが理由を説明
インテルが新生活をテーマにした「第12世代Coreプロセッサ」の説明会を開催した。PCのある新生活には第12世代Coreプロセッサを搭載するPCが最適なのだというが、なぜなのだろうか?(2022/3/24)

NVIDIAが1999ドルの「Jetson AGX Orin開発者キット」を発売
米NVIDIAは、オンラインイベント「GTC 2022」に合わせて「Jetson AGX Orin開発者キット」の出荷を始めた。(2022/3/23)

組み込み開発ニュース:
NVIDIAが新GPUアーキテクチャ「Hopper」を発表、AI処理性能は4000TFLOPSへ
NVIDIAは「GTC 2022」の基調講演において、新たなGPUアーキテクチャである「NVIDIA Hopperアーキテクチャ」と、Hopperを搭載するGPU「NVIDIA H100 GPU」を発表。H100は、800億ものトランジスタを集積しており、自然言語認識AIの開発で用いられているトランスフォーマーモデルの精度を落とすことなく処理性能を大幅に向上できるという。(2022/3/23)

思わず“悔しい”と声が出る――旧モデルユーザー視点の「LAVIE NEXTREME Carbon」レビュー
NECパーソナルコンピュータが、新たなフラグシップノートPC「LAVIE NEXTREME Carbon」をリリースした。このノートPCは「LAVIE Pro Mobile」からどのように進化したのだろうか。現役のLAVIE Pro Mobileユーザーでもある筆者がチェックしていく。(2022/3/17)

MSI、ペン入力にも対応したフリップ機構搭載の14型ビジネスノート「Summit E14 Flip Evo A12」
エムエスアイコンピュータージャパンは、フリップ機構を搭載した14型ビジネスノートPC「Summit E14 Flip Evo A12」を発表した。(2022/3/16)

超小型PC「GPD Pocket 3」の“文房具”的な存在感を楽しむ
人気の高い超小型PCの中で、シリアルポートを標準で備えた異色の存在である「One-Netbook A1 Pro」をチェックした。(2022/3/15)

iPhone 14、A16搭載はProとPro Maxだけ? iPhone 14はA15のままか
TFIのアナリストが、iPhone 14 ProシリーズのみA16チップ搭載と予想している。(2022/3/14)

第11世代Core+有機ELディスプレイ搭載 「HUAWEI MateBook E」の新モデルが日本上陸 税別9万円弱から
ファーウェイのタブレットPC「HUAWEI MateBook E」に新モデルが3月18日に発売される。同社のノートPC系製品としては初めて有機ELディスプレイを搭載しており、映像の美しさが大きな特徴だ。(2022/3/8)

コスパ重視で仕事用PCをリプレース! 選んだ「Inspiron 14(5401)」を試して分かったこと
第12世代Coreプロセッサ搭載PCが徐々に登場する中で、5年前に購入した仕事用PCをリプレースすることになった。筆者が選んだのはコスパ重視のモデルだ。(2022/3/7)

MediaTek、5Gスマホ向けプロセッサ「Dimensity 8000」シリーズ発表
MediaTekは、3月1日に5Gスマートフォン向けプロセッサ「Dimensity 8100」と「Dimensity 8000」を発表した。「Dimensity 9000」プラットフォームの技術や、TSMC 5nm製造プロセスを取り入れている。(2022/3/4)

Huaweiが第11世代Coreプロセッサ搭載のノートPCや「MateBook」などを発表
中国Huaweiが、新型ノートPC「MateBook X Pro」など3製品を発表した。日本での展開は未定だ。(2022/3/3)

MWC Barcelona 2022:
ThinkPad Tシリーズに2022年モデル 16:10ディスプレイの新ボディーを採用 新色もあり
ThinkPadで14型以上を担う「ThinkPad Tシリーズ」が2022年モデルに移行する。他シリーズで採用されたアスペクト比16:10ディスプレイを取り入れた他、新色として「Storm Grey(ストームグレー)」を投入する。(2022/3/2)

MWC Barcelona 2022:
WindowsもChrome OSもAndroidも! Lenovoがコンシューマー向けノートPC/タブレットを一挙発表
MWC Barcelona 2022に合わせて、Lenovoがコンシューマー向けのノートPCとタブレットを一挙に発表した。早いものは4月から販売を開始するが、中には7月発売予定のものも含まれる。(2022/3/2)

Samsungが第12世代Coreを搭載した薄型ノートPC「Galaxy Book2 Pro」シリーズを発表
韓国Samsung Electronicsは、薄型ノートPC「Galaxy Book2 Pro」と「Galaxy Book2 Pro 360」を発表した。発売時期は明らかにしていない。(2022/3/2)

MWC Barcelona 2022:
Snapdragon 8cx Gen 3搭載 Lenovoがミリ波5G対応モバイルPC「ThinkPad X13s」を発表
Lenovoが、QualcommのPC向けSoC「Snapdragon 8cx Gen 3」を搭載するモバイルノートPCを発売する。5G通信モジュールを搭載する構成では、ミリ波(mmWave)での通信に対応するオプションも用意されるという。(2022/2/28)

モバイル向け「第12世代Coreプロセッサ」の本格展開は3月から 性能はどう?
ハイエンド向けから先行展開が始まったモバイル向け第12世代Coreプロセッサ。いよいよメインストリームを担う「Pプロセッサ(28W)」と「Uプロセッサ(9W/15W)」を搭載するノートPCの展開が始まる。それに先立ってIntelが実施した説明会をもとに、製品概要を改めて解説する。(2022/2/24)

外付けGPUユニットも接続可能!:
Core i9+GeForce RTX 3050 Ti内蔵! タブレットPCに生まれ変わった「ROG Flow Z13」を試す
CES 2022で発表されたASUS JAPANのゲーミングPC「ROG」シリーズのうち、日本で投入された新モデルの中から、最もユニークなタブレットPC「ROG Flow Z13」をチェックした。(2022/2/22)

8TOPSのエッジAI推論性能を実現:
AlphaICs、深層学習向けコプロセッサをサンプル出荷
スマートビジョンアプリケーション向けエッジAI(人工知能)および学習チップの開発を手掛けるスタートアップAlphaICsは、深層学習向けコプロセッサ「Gluon」のサンプル出荷を開始した。Gluonには、ソフトウェア開発キット(SDK)も付属する。(2022/2/18)

“6nmプロセス化”だけではない! AMDがモバイル向け「Ryzen 6000シリーズ」の進化を力説
AMDが、CES 2022で披露したモバイル向けRyzen 6000シリーズプロセッサの詳細を解説するイベントを2度に渡って開催した。競合のIntelが製品の競争力の面で復活しつつある中、弱点を徹底的につぶした上で強みをより強化することで再び優位性をアピールできるAPU(GPU統合型CPU)に仕上がった。【訂正】(2022/2/18)

ASUSから第12世代Core搭載のゲーミングノートPCが続々登場
ASUS JAPANのゲーミングPC「ROG」シリーズが、Intelの最新プロセッサを搭載した新モデルに生まれ変わった。今回投入されるモデルをチェックした。(2022/2/17)

写真や動画を扱う人にはパワーアップの恩恵が 「ThinkPad X1 Carbon Gen 9」を試す(後編)
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」の第9世代モデルは、画面のアスペクト比が16:10となったことが特徴だ。今回は、その実力をベンチマークテストを通してチェックしていく。(2022/2/16)

厚さ14.5mmの薄型ゲーミングノートPC「Alienware x14」が日本上陸 直販価格は約28万円から
デル・テクノロジーズが、薄型ゲーミングノートPCを日本市場に投入する。厚さ14.5mmながらも独立GPUを搭載しており、USB Type-C接続の電源によるバッテリー充電にも対応する。(2022/2/15)

シリアルポート付きの“ワークマン”PC「One-Netbook A1 Pro」はどこまで“普通”に使えるか
人気の高い超小型PCの中で、シリアルポートを標準で備えた異色の存在である「One-Netbook A1 Pro」をチェックした。(2022/2/14)

NECがビジネス向けPCのラインアップをアップデート 16:10画面のモバイルPCなど新モデルを投入
NECが、ビジネス向けPCのラインアップを更新した。プリインストールOSとしてWindows 11 Proや同OSのダウングレード権を行使したWindows 10 Pro(64bit版)を選択できるようになったことがメインだが、新製品として3モデルも投入する。(2022/2/3)

テレワークやオンライン学習を想定 Ryzen搭載の13.3型モバイルPC「LAVIE N13」登場
NECパーソナルコンピュータが、若者向けの13.3型モバイルノートPCを発売する。価格と性能のバランスの高いRyzenプロセッサを搭載した他、各種ポート類を左右側面に持ってくることで使い勝手を向上した。(2022/2/1)

16:10ディスプレイ採用で使い勝手向上 Z世代を意識した軽量モバイルPC「LAVIE NEXTREME Carbon」登場
NECパーソナルコンピュータが、コンシューマー向けPCのプレミアムブランド「LAVIE NEXTREME(ラヴィ ネクストリーム)」を立ち上げる。その第1弾は、LAVIE Pro Mobileの事実上の後継となる軽量モバイルノートPC「LAVIE NEXTREME Carbon」だ。(2022/2/1)

小型で軽量なポータブルPC「ONEXPLAYER mini」がどこまでイケてるのか確かめた
液晶ディスプレイを従来の8.4型から7型に小型化したポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini」が登場した。miniながら内部スペックを強化し、新型ボディーを採用した実機をレビューする。(2022/1/31)

2画面スマホ「Surface Duo 2」は生産性が向上するデバイス マイクロソフトが解説
Surface Duoシリーズはマイクロソフトが開発するSurfaceシリーズの一員でありながら、OSはWindowsではなくAndroidを搭載するスマートフォン。コンセプトは「Microsoft 365を使いこなす、Microsoft 365が大好きなユーザー向けに開発されたデバイス」。ポケットに入るサイズに仕立てたことで、1画面だけのスマホよりも生産効率を高めることができるという。(2022/1/28)

MediaTekがChromebook向け新型Arm SoCを発表 TSMCの6nmプロセスで製造
台湾MediaTekは1月26日(現地時間)、Chromebook向けArm SoCの新製品「Kompanio 1380」を発表した。(2022/1/27)

Core i5のWi-Fiモデルがベース:
「Surface Pro 7+」の個人向けモデルが登場 タイプカバー付きモデルを数量限定で先行発売
日本マイクロソフトが法人向けに販売している「Surface Pro 7+」に個人向けモデルが登場することになった。第11世代Core i5プロセッサを搭載する構成をベースとしており、数量限定でより手頃なタイプカバーセットを先行発売する。(2022/1/27)

パワフルな2in1「Surface Laptop Studio」は3月1日発売 1月27日から予約を受付 個人向けモデルは約21万円から
日本マイクロソフトが、Surfaceとしては最もパワフルだとうたう2in1 PCを3月1日に発売する。同社の直販ストアや家電量販店では、1月27日から販売予約を受け付ける。(2022/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。