ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「村上ファンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「村上ファンド」に関する情報が集まったページです。

子どもたちに伝えたいこと:
村上世彰を、森永卓郎の息子が直撃――「お金の恐さ」を子どもにも経験させることが重要
現在シンガポールに住みながら、投資家としての活動を続けている村上世彰氏。角川ドワンゴ学園が運営する通信制高校「N高等学校」(N高)が設立した「N高投資部」の特別顧問に就任した。村上氏がN高投資部の特別顧問として生徒に伝え、教えたいことは何なのか。日本の金融教育についてどんな考え方をしているのか。その狙いについて、経済評論家の森永卓郎氏の長男で、ライターとしても活動している森永康平氏がインタビューした。(2019/7/12)

「僕が逮捕された事を知っていますか?」 村上世彰氏がN高で講義、投資と歩んだ半生語る
通信制高校「N高等学校」の特別講義に、投資家で旧「村上ファンド」代表の村上世彰氏が登壇。村上ファンド事件の舞台裏や、自身の半生について語った。生徒との質疑応答にも応じ、投資に必要な心構えを説いた。(2019/5/22)

角川ドワンゴ学園「N高」に「投資部」誕生 あの村上世彰氏が顧問に就任、生徒に資金も提供
1人当たり20万円。(2019/5/22)

N高に「投資部」誕生、特別顧問に村上世彰氏 20万円元手に株式投資
ネットの高校「N高」に「投資部」が発足。部員は株式投資を体験できる。特別顧問には旧「村上ファンド」代表の村上世彰氏が就任し、「村上財団」から全部員に20万円を提供する。(2019/5/22)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

錯綜する日産事件報道の行方:
ゴーン氏逮捕は「ホリエモン、村上ファンドの時よりひどい」 郷原信郎弁護士が指摘
ゴーン・日産前会長の逮捕について郷原信郎弁護士が問題点を指摘。逮捕するほどの案件では無かった可能性や、解明へ公正中立な第三者委員会の必要性を説く。(2018/11/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急の鉄道分社化で「通勤混雑対策」は進むのか
東急電鉄が鉄道事業を分社化すると発表し、話題になった。この組織改革は「混雑対策への大きな一歩」になるのではないか。対策に迫られている田園都市線渋谷駅の改良につながるかもしれない。なぜなら……(2018/10/5)

杉山淳一の時事日想:
“誰得”なの? 西武鉄道の「赤字線切り」が始まっている
旧国鉄の路線を引き継いだJR旅客各社は赤字ローカル線も継承している。一方、大手私鉄は創業当初より沿線開発との相乗効果を得ており、もうかっている印象がある。しかし実態は厳しく、「赤字線切り」はすでに始まっている。(2013/3/22)

杉山淳一の時事日想:
電車の車内で見かける「株主優待のご案内」、なぜ?
電車やバスの車内で「当社の株主になりませんか」という広告を見かける。交通機関の株主(一定数以上)になれば、乗り放題などのチケットをもらえる。そこで、大手私鉄の株主優待パス取得条件を比較してみた。(2012/5/18)

お茶でも飲みながら会計入門(53):
ジャストシステムの株式売買から学ぶインサイダー取引
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2011/7/14)

これがITベンチャーのリアル――堀江貴文氏が語る、小説『拝金』の裏側
若くしてITベンチャー企業を立ち上げ、数年で上場、時価総額を急激に拡大させていき、プロ野球チームや放送局の買収に動く……。そんなどこかで聞いたことがあるような筋書きの小説が、堀江貴文氏が書いた『拝金』だ。かつてライブドアがたどってきたような道をなぜ今、小説として堀江氏は書いたのか尋ねた。(2010/8/24)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
孫正義より面白い? 同業の経済人でホリエモンが一番面白かった人とは
堀江貴文さんが、人生の節目節目であってきた人物――メディア王ルパート・マードックや村上ファンド・村上世彰氏などなど。今回登場するのは、彼がこれまで出会った同業の経済人で、一番面白かった人です。(2010/4/22)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
当時の僕に会おうと思うなんて、メディア王のアンテナは大したもの
「人生のステージが変わるごとに、人間関係も常にリセットしてきました」という堀江貴文さん。そんな彼が、人生の節目節目であってきた人物を語ります。(2010/4/21)

“検察の正義”に委ねていいのか? 元検事、元司法記者が語る、小沢捜査の裏側
民主党の小沢一郎幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件で、検察は小沢氏の秘書ら3人を起訴し、小沢氏自身は不起訴とする方針を固めた。なぜ小沢氏への捜査が行われ、なぜ不起訴という結論に至ったのか。元司法記者の魚住昭氏と元検事の郷原信郎氏がその背景を語った。(2010/3/11)

相場英雄の時事日想:
記者をコントロールできるって? ウソのような“最新テクノロジー”とは
「記者と論調をコントロールすることができる仕組みがある」――。にわかに信じ難いが、実は本当の話だ。ある投資ファンドがテクノロジーを駆使して、記者を“操る”そうなのだが、本当にそんなことはできるのだろうか。(2009/10/29)

「一方的な報道による誤解を解きたい」――堀江貴文氏の逮捕後初の会見を(ほぼ)完全収録
堀江貴文元ライブドア社長は4月2日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を行った。2006年1月23日に逮捕されて以来、堀江氏が公の場で会見を開くのは初めてのこと。その内容を詳細にお伝えする。(2009/4/3)

参議院ネット中継、田母神氏の参考人質疑でパンク 同時アクセス500が限界
田母神氏が参考人招致された参議院の外交防衛委員会で、ネット中継にアクセスが集中し、つながりにくくなった。同時アクセス数の上限は約500。アクセス過多でパンクするケースが増えているという。(2008/11/11)

大企業との提携がカギ:
「広く浅く投資」はもう通用しない――ベンチャーキャピタルに迫られる変化
証券取引所の審査の強化などが影響し、新規に公開される株式の数が激減している。ベンチャー企業を取り巻く外部環境は厳しいものといえる。そのような中で、ベンチャーキャピタルのビジネスモデルも変化が必要となっている。(2008/9/26)

“成さざるの罪”とは? スティールとソトーTOB合戦の背景
2003年12月、東証2部上場のソトーにTOBを仕掛けたスティール・パートナーズ。その後、ブルドックソースへの買収劇で“グリーンメーラー”と認定されたスティールだが、なぜ染色加工業のソトーを買収しようと試みたのだろうか?(2008/7/14)

財務で読む気になる数字:
「会社は誰のものか」を世に問うた――村上世彰の功罪とは?
モノ言う株主として過激な意見を連発した村上世彰は、“古い”経営者たちを震わせた。株主を軽視する企業に圧力をかけることで、企業価値を高めることを手法としていた村上は、日本の株式市場にどのような影響を与えたのだろうか?(2008/7/9)

それゆけ!カナモリさん:
ホワイト家の「お父さん」&せんとくんに学ぶ“マーケティングのキモ”とは?
消費者がある商品を知って購入に至るまでの経緯を「AIDMA」と呼ぶ。Aだけではダメだということが、白戸家の“おとうさん”を見るとよく分かる。そして“差別化”の大切さを教えてくれるのが、平城遷都1300年祭のマスコット「せんとくん」。なぜ「まんとくん」はせんとくんに勝てないのだろうか?(2008/6/25)

保田先生! 600秒でファイナンスを教えてください:
第2回 ファイナンスの全体像
約10分で“とにかく分かりやすく”ファイナンスについて説明する保田隆明氏の連載。第2回は「個人向けファイナンスと企業向けファイナンスの違い」「損益計算書と貸借対照表の仕組みと基礎」などを紹介する。(2008/6/19)

財務で読む気になる数字:
不思議な動きをしたクレイフィッシュの株価、その謎に迫る
ITバブルの絶頂期に日米同時上場という快挙を果たしたクレイフィッシュ(e-まちタウン)。しかしITバブル崩壊とともに株価は急落し、時価総額が現預金より少ない現象が起きた。クレイフィッシュ株の値動きはファイナンス理論から見ても興味深く、改めて検証してみた。(2008/6/4)

保田隆明の時事日想:
EDINETでガセ告知――市場を愚弄するテラメント
企業の株式を5%以上取得した投資家は、EDINETで告知をしなくてはならない。ある投資家が、ソニーやトヨタ、三菱重工業といった大企業の株を51%取得したという虚偽の告知を行った。なぜこんなことが可能になったのだろうか?(2008/1/31)

夏目房之介のその後の「起業人」:
宋さんが漏らした弱音と僕にできたこと
ソフトブレーン創業者の宋文洲さんは歯に衣着せない論調ながら、なぜか憎めない話し方で説得力があった。そんな彼が、珍しく落ち込んで弱音を吐いたことがあった。(2007/10/29)

保田隆明の時事日想:
外国人が「日本のため」に活動する時代に、日本人がなすべきことは?
いちごアセット代表のスコット・キャロン氏、モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン氏など、“青い目”のエコノミストが活躍する日本。しかし、当の日本人はどうだろう。財界や政界で、「日本のため」に貢献しようという人材は、どれほどいるのだろうか……。(2007/9/13)

保田隆明の時事日想:
スティール法廷闘争の余波で、村上ファンドは“グリーンメーラー”になるのか
グリーンメーラーに認定されたスティール・パートナーズ。過去の投資事例が“ゆすり”の類であったと判断された。スティール法廷闘争で村上ファンドは、カネボウはどうなる?(2007/7/12)

誠 Weekly Access Top10(2007年7月3日〜7月9日):
ブルドックソースのニュースを見ながら「バイアウト」を読む
連日、企業買収に関するニュースが世間を賑わせています。先日読んだ小説はまさに今の状況を先取りするような内容で、とても面白いものでした。(2007/7/11)

保田隆明の時事日想:
村上ファンドやホリエモンにあって、スティール・パートナーズになかったもの
過去最高の株主提案が提出されたが、結果は経営陣の圧勝であった。ファンド側のうさん臭さに、一般株主が賛同できなかったのだろう。考えてみればホリエモンと村上ファンドは巧みだった……。(2007/7/5)

保田隆明の時事日想:
クロレッツがテイカロキャンディを飲み込む日
世界有数のお菓子メーカーがM&Aを仕掛け始めた。投資ファンドだけでなく大手メーカーの参入をきっかけに、日本の食品業界の大規模な再編が始まりつつある。今、食品メーカーがターゲットになっているのはなぜなのか。(2007/6/21)

保田隆明の時事日想:
グリーンメーラーの汚名返上か? スティール・パートナーズ
ブルドックソースに敵対的TOBを仕掛けたスティール・パートナーズ。買収防衛策を導入すると発表したブルドックだが、すでに「経済的リターン」でスティールが勝っているという。両者の狙いと背景に迫る。(2007/6/14)

保田隆明の時事日想:
株主総会の“浮動票”、個人株主を味方に付けるために大切なこと
企業の経営陣とファンドが株主総会で繰り広げる委任状争奪戦。このゲームの鍵となるのが、個人株主の存在だ。これからのファンドは、個人株主を自分の味方に付けることが重要になる。そのためには、これまでとは違う方法で個人株主の共感を得ていかなくてはならない。(2007/6/7)

Business Media 誠 Weekly Access Top10(2007年5月15日〜5月21日):
コンタクトレンズの発表会で一番気になったこと
1週間付けっぱなしで夜も眠れる、というコンタクトレンズに、ちょっと心惹かれた記者。しかし発表会で、記者がコンタクトよりも気になったのは……。(2007/5/22)

短期集中連載・保田隆明の“村上裁判傍聴記”:
最終回・踊らされた堀江、黒幕だった村上
ニッポン放送株を高値で売り抜けたい村上氏と、フジテレビを手にしたい堀江氏。二人は時間外取引による株の大量取得に打って出たが……。裁判のクライマックスともいえる、2004年秋〜冬の供述を整理する。村上ファンドは本当にインサイダー取引を行ったのか?(2007/5/15)

短期集中連載・保田隆明の“村上裁判傍聴記”:
第2回・嘘つき村上が嘘をついた理由
「もの言う株主」――村上世彰氏の裁判がヤマ場を迎えている。記者会見ではインサイダー取引の罪を認めた村上氏が、裁判では一転して無罪を主張した意図とは……?(2007/5/10)

短期集中連載・保田隆明の“村上裁判傍聴記”:
第1回・村上ファンドが行ったのは、本当にインサイダー取引だったのか?
ライブドアによるニッポン放送株式の買い占めをめぐって逮捕された、村上ファンドを率いる村上世彰氏。村上氏は本当にインサイダー取引で利益を得たのか? 時事日想でおなじみの保田隆明氏が裁判を傍聴、事件のいきさつと裁判のポイントを分かりやすく解説する。(2007/5/7)

金融・経済コラム:
楽天・TBSはどこへ行く?
3月にこのコラムで、楽天は取得したTBS株式をどうするのかを取り上げましたが、先日、楽天が大きな動きを見せました。持分法対象となる20%超までTBS株式保有割合を高めるというのです。(2007/4/24)

金融・経済コラム:
楽天がTBSの株を売らずに目指すところは……?(2)
前回、楽天がTBS株式を大量取得してから1年半経つが今後の展開は、という内容を書きましたが、読者から「今後の予測が足りないのでは?」というご指摘を受けました。今回は続編として今後の展開に絞って考えてみました。(2007/3/12)

「時代の寵児」の行方 3・16堀江被告判決(4)勝者と敗者
「投資家がいまだに損失を抱え、刑事責任を追及された張本人には一生遊んで暮らせる金が残っている。これが日本の現状です」(2007/3/9)

【新連載】金融・経済コラム:
株主総会は動画コンテンツになりうるか?
経済番組コメンテーターであり、M&Aアドバイザリーや財務コンサルティングを手がける保田隆明氏がIT業界を金融・経済面から語る新連載コラム第2回。株主総会のネット動画配信がテーマです。(2006/7/3)

【新連載】金融・経済コラム:
ネットバブルはまだ始まっていない
経済番組コメンテーターであり、M&Aアドバイザリーや財務コンサルティングを手がける保田隆明氏の新連載コラムです。IT業界を金融・経済面から語っていただきます。(2006/6/19)

丸山満彦の「内部統制」講座:
内部統制は情報システムにどうかかわるのか?
米国における粉飾決算を契機に、企業に内部統制を求めるSOX法が成立した。日本でも日本版SOX法と呼ばれる同様の法制化が進められている。情報システム部門に与える影響と重要性について検証する。(2006/1/6)

「少々心外だが、真剣に検討する」――TBS社長
楽天のTBS株大量保有を受け、TBSの井上社長が経緯を説明。何の前触れもなく株式の大量保有を知らされたことに戸惑いを示しつつも、楽天の提携案は慎重に検討するとした。(2005/10/14)

楽天、TBS筆頭株主に 経営統合を提案 
楽天がTBS株式の15.5%を取得して筆頭株主に。共同持株会社方式による経営統合を提案した。テレビの影響力とネットの将来性、ECの収益性を融合させ、海外の巨大企業に対抗できるメディア企業グループを目指すという。(2005/10/13)

楽天、TBS株式を取得
楽天がTBS株式を取得したことを明らかにした。5%以上を保有する大株主に浮上しているもようだ。(2005/10/13)

「数時間前までもめていた」──タカラトミー、スピード交渉の舞台裏
タカラとトミーの合併は、1週間程度の交渉で決まったという。交渉中は「激しい議論の末に全員が退席する」という緊迫したシーンが何度もあったようだ。(2005/5/13)

堀江社長「ライブドア+ニッポン放送」でYahoo!追撃
ニッポン放送株式の35%を取得したライブドア。フジサンケイグループの集客力を活用し、ユーザーベースをYahoo!JAPANと同レベルに高めたいという。総合メディア企業への野望も見え隠れする。(2005/2/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。