ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三菱電機オスラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三菱電機オスラム」に関する情報が集まったページです。

ビジネスニュース 企業動向:
三菱電機、暮らしのクオリティ向上を家電で目指す
東日本大震災の前後で、消費者が求めるものが変わった――。その変化を受けて、三菱電機は“つながり”や“スマート”を重視した新しいコンセプト「SMART QUALITY」を提案する。(2012/8/22)

LED照明:
三菱電機が照明事業を統合、新ブランドでLED照明事業強化を狙う
節電の流れに乗って、LED照明は急速に普及している。各メーカーも積極的に新製品を投入し、激しい競争を繰り広げている。この競争を勝ち抜くため、三菱電機は照明事業を運営してきた関連企業3社を1社に統合することを明らかにした。(2012/8/21)

我慢しないLED照明選び(6):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜シチュエーション別ランキング
今回は特集の締めくくりとして、今まで紹介してきた大光量/全方向タイプのLED電球をランキング形式で紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2012/8/17)

我慢しないLED照明選び(5):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜パナソニック「LDA11L-G/W」編〜
今回紹介するパナソニックの「LDA11L-G/W」は、7月下旬に発売されたばかりの新製品。今回は、全方向タイプではないタイプの新製品とも比較してみよう。(2012/8/16)

我慢しないLED照明選び(4):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜日立アプライアンス「LDA11L-G-A」編〜
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA11L-G-A」。軽量・コンパクトながらも全光束810ルーメンの明るさを実現しており、密閉器具にも対応したLED電球だ。(2012/8/15)

我慢しないLED照明選び(3):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜三菱電機オスラム「LDA11L-G/D」編〜
今回紹介するのは三菱電機オスラムの「LDA11L-G/D」。他社にはないユニークなデザインで、約330度という広い配光角を実現しta。密閉器具や調光器具にも使用可能で、幅広いシチュエーションで使えそうだ。(2012/8/14)

我慢しないLED照明選び(2):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜東芝ライテック“E-CORE”「LDA11L-G」編〜
全方向タイプLED電球特集の第1回は、東芝ライテックの「LDA11L-G」だ。スペック上の配光角は約260度と、同社の従来品(LDA9L)が約120度なのに比べると2倍以上になる。(2012/8/13)

我慢しないLED照明選び――2012年夏
節電をしない人に理由を聞くと、上位には「面倒だと思うから」「我慢するのが嫌だから」といった意見が並ぶ。しかし、LED照明なら手間は器具を買ってきて取り換えるだけ。近年の性能アップにより不満のないレベルに達している。(2012/8/10)

LED Next Stage:
より電球っぽくなったLED電球、音と光を操るLEDシーリングライト
ここ数年で急速に普及したLED電球。メーカー各社は差別化のための“次の一手”を模索している。(2012/3/12)

節電体質の家にしよう:
白色LED電球、シチュエーション別“使える”ランキング
シチュエーション別に昼光色/昼白色のLED電球の中から「おすすめベスト3」を紹介する。光色ごとにランキングを作ってみたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/11/1)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA9N」
今回紹介するのは、東芝ライテック“E-CORE”シリーズの「LDA9N」。全光束850ルーメンという明るさを誇る昼白色タイプのLED電球だ。(2011/9/9)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」。密閉器具に対応した昼光色で825ルーメンの明るさを誇る大光量のLED電球だ。(2011/8/26)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA8N-G」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA8N-G」は、独自の「マルチ拡散グローブ」の採用により、従来のLED電球よりも広い配光角を実現した昼白色のLED電球だ。(2011/8/18)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、XLEDIA「X15-CJ」
今回紹介するのは、XLEDIA(エクスレディア)の「X15-CJ」。全光束1300ルーメンと、他社を大きく上回る明るさを実現したこのLED電球について詳しく紹介しよう。(2011/8/4)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA6N/2」
今回紹介するのは東芝ライテックの“E-CORE”「LDA6N/2」。白熱灯に似たフォルムで密閉形器具にも対応したスタンダードなLED電球だ。(2011/8/3)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、日立アプライアンス「LDA7D-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7D-A」。発光面が広い「ビッグカバー」を採用した、サイズが大きめのLEDライトだ。(2011/7/19)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、三菱電機オスラム“PARATHOM”「LDA7D-H」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)から「LDA7D-H」。全光束470ルーメンの昼光色タイプで、手頃な価格で買えるスタンダードなLED電球だ。(2011/7/14)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、シャープ“ELM”「DL-LA41N」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA41N」。昼白色のLED電球の中ではもっとも価格の安いこのライトは密閉器具にも対応しており、さまざまな場所で使えるお買い得モデルだ。(2011/7/11)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA6N-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”(エバーレッズ)の「LDA6N-H」。密閉器具に対応した昼白色相当のこの製品について詳しくレビューしよう。(2011/7/6)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、NECライティング“LIFELED’S”「LDA8N」
今回から、クールな印象の白色系LED電球を紹介していこう。まずはNECライティングの“LIFELED’S LDA8N”。低価格ながらも全光束550ルーメンという明るさを実現したコストパフォーマンスの高い製品だ。(2011/6/30)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方、シチュエーション別ランキング
今回はE17口金のLED電球特集の締めくくりとして、各社のおすすめベスト3を紹介する。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/6/13)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(6)東芝ライテック「LDA5L-E17」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA5L-E17」は、今回取り上げるE17口金対応のLED電球の中ではもっとも明るい製品だ。410ルーメンとE26形の中価格帯モデルに匹敵する明るさを実現した。(2011/6/8)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(5)シャープ「DL-JA42L」
今回は、シャープの“ELM”シリーズから「DL-JA42L」をピックアップしよう。E17口金のLED電球の中でも全光束400ルーメンという明るさを持ち、かつ密閉型照明器具にも対応した製品だ。(2011/6/6)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(4)パナソニック「LDA6L-E17」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”シリーズの「LDA6L-E17」。全光束390ルーメンで、密閉形器具にも使用できるのが特長だ。(2011/6/2)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(3)日立アプライアンス「LDA7L-E17」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-E17」。大きなグローブが特徴的なこのE17形LED電球について詳しくレビューしよう。(2011/5/31)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「LDA5L-H-E17」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHON”「LDA5L-H-E17」。白めのさわやかな色合いが特長のこのミニタイプLED電球について詳しくご紹介しよう。(2011/5/26)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(1) 東芝ライテック「LDA4L-E17」
前回まではもっとも一般的なE26口金に対応したLED電球を紹介してきたが、今回からはE17口金に対応したLED電球を取り上げる。第1回は、東芝ライテックの“E-CORE”「LDA4L-E17」。密閉形器具に対応しているため、幅広い使い方ができるミニタイプLED電球だ。(2011/5/24)

失敗しないLED電球の選び方(11):
シチュエーション別、LED電球“使える”ランキング
今回は特集の締めくくりとして、各社のLED電球のおすすめベスト3を紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2011/5/13)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(10) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-G」
最後に紹介するのはパナソニックの「EVERLEDS LDA7L-G」。今年3月に発売されたばかりの最新モデルで、白熱灯に匹敵する300度の配光角が特長だ。この製品ついて詳しくリポートしよう。(2011/5/12)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(9) パナソニック“EVERLEDS”「LDA9L-H」
今回紹介するのはパナソニックの“EVERLEDS”「LDA9L-H」。同社の電球色タイプの中ではもっとも明るいこの製品について、詳しくレポートしよう。(2011/4/26)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(8) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA9L」
今回紹介するのは東芝ライテックの「E-CORE LDA9L」。従来よりもコンパクトになり、明るさも増したこの最新モデルについて詳しくリポートしよう。(2011/4/19)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(7) シャープ“ELM”「DL-LA62L」
今回紹介するのはシャープの「ELM DL-LA62L」。シャープのスタンダードモデルの中でもっとも全光束の高いLED電球で、メイン照明として使える明るさが魅力だ。(2011/4/18)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(6) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA7L」
今回紹介するLED電球は東芝ライテックの“E-CORE”「LDA7L」。明るさと発色の良さが魅力のこのLED電球について使用感をリポートしよう。(2011/4/6)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(5) 日立アプライアンス「LDA7L-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-A」。ホコリのたまりにくいフィンレスのデザインが特徴のこの製品ついてリポートしよう。(2011/4/5)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(4) シャープ“ELM”「DL-LA42L」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA42L」。一般家庭用のLED電球が普及し始めたのはここ数年の出来事だが、そのきっかけの1つが2009年7月にシャープが新規参入したことだと言われている。そのELMシリーズの現行モデルをチェックしよう。(2011/4/4)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(3) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-A1」
今回紹介するLED電球は、パナソニックの“EVERLEDS”「LDA7L-A1」だ。軽量・コンパクトで密閉型器具でも使用可能なこのLED電球について、詳しくリポートしよう。(2011/4/1)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「PARATHOM LDA7L-H」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)「LDA7L-H」。コストパフォーマンスが高い最新モデルの使い心地を詳しくレビューしよう。(2011/3/31)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(1) NECライティング“LIFELED'S”「LDA8L」
節電が求められている今、白熱灯よりも大幅に消費電力を減らせるLED電球が注目されている。そこで今回の特集では、店頭でよくみるLED電球をピックアップ。洋室、和室、廊下、トイレといった場所ごとに適した製品を探していこう。(2011/3/30)

三菱電機オスラム、LED電球「PARATHOM(パラトン)」に新製品2モデル
三菱電機オスラムは、LED電球「PARATHOM(パラトン)」シリーズの新製品、一般電球形4.9Wと小形電球形3.9Wタイプを発売する。(2010/6/18)

三菱電機、LED照明事業を強化する「LED営業推進センター」設立
三菱電機はLED照明事業の強化策を発表。新製品の投入と「LED営業推進センター」新設で、事業規模500億円を目指す。(2010/6/18)

普及期に入ったLED照明――LED Next Stage 2010リポート
(2010/3/24)

そろそろ知っておきたい“LED電球”の選び方(中編)
注目のLED電球に主要な家電メーカーが次々と参入。今やパナソニックや東芝、シャープ、日立など、おなじみの顔ぶれがそろっている。今回は、主なメーカーごとにLED電球のラインアップと製品の特徴について紹介しよう。(2010/2/3)

そろそろ知っておきたい“LED電球”の選び方(前編)
昨年の夏から低価格競争が始まり、急速に需要を伸ばしつつあるLED電球。次世代の照明といわれたのは過去の話。用途によってはもう導入を検討し始めても良い時期ではないだろうか?(2010/1/27)

LED/発光デバイス:
大手メーカーが続々参入、LED電球普及のカギは価格と効率
LED電球普及のカギを握るのは価格と明るさ(効率)だ。明るさについては、白熱電球とLED電球の特性の差が問題になり得る。さらに白熱電球代替には小型化が必要だ。(2009/9/29)

LED/発光デバイス LED照明:
全てを包むLED照明、照明の未来は「紫」活用で開く
照明は、「白色LED」が主流になる。「省エネ」の社会要求を背に、これまでの白熱電球や蛍光灯から白色LEDへと今まさに照明は変曲点を迎えようとしている。(2009/4/1)

ライティング・フェア 2005:
人類が手に入れた第4の“明かり”――LEDの現状と将来
LED(発光ダイオード)といえば、基板の上で光る小さな明かりか、携帯機器のバックライトというイメージ。しかし最近は、表示装置や照明器具、商用ディスプレイなど急速にその適用範囲を拡大している。東京ビックサイトで開催中の「ライティング・フェア 2005」で最新のLED照明を見てきた。(2005/3/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。