ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オープンワイヤレスネットワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オープンワイヤレスネットワーク」に関する情報が集まったページです。

ロサンゼルスMBA留学日記:
700MHz帯オークションでVerizonに破れたGoogleは「幸福な敗者」なのか
米国で700MHz帯を巡る競売が行われた。移動体通信事業者にとって非常に重要なこの帯域、しかし勝ったベライゾンが不幸そうなのに比べ、敗者Googleは余裕綽々。「一般の消費者たちの勝利だ」というGoogleのコメントの真意は……?(2008/3/24)

イー・アクセス新社長に副社長の深田浩仁氏
イー・アクセスは3月18日、任期満了にともなって社長の安井敏雄氏が退任し、執行役員副社長の深田浩仁氏が新社長に就任する人事を発表した。(2008/3/18)

UNIX処方箋:
電源制御キーの役割と無効化
「事件は枯れたシステムが稼働する現場で起こってるんだ」と現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、サンのマシンに付属するキーボードの右上に配置されている電源制御キーについて解説する。(2008/2/25)

2月9日〜2月15日:
5分で分かる先週のモバイル事情
2月11日から14日まで「Mobile World Congress 2008」が開催されたほか、WiMAXの免許取得を逃したアッカ・ワイヤレスとオープンワイヤレスネットワークに動きがあった。JATEは、ドコモの夏モデルと思われる「P906i」が審査を通過したと発表した。(2008/2/18)

Mobile Weekly Top10:
写真で見る「キッズケータイ F801i」スリッパ
「キッズケータイ F801i」の発表会が行われたのは、新宿にある「芸能花伝舎」という建物。ここは元小学校で、体育館や教室を使ったデモは、なんとも不思議な雰囲気に包まれていた。(2007/12/28)

2.5GHz帯割り当て、当落のポイントは?――総務省の資料から
総務省は12月21日、2.5GHz帯の周波数をワイヤレスブロードバンド企画とウィルコムに割り当てると発表。今回は4社からの申請に対して総務省が審査し2社を選んだが、この評価項目が開示された。ここから当落のポイントが見えてくる。(2007/12/25)

12月15日〜12月21日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
2.5GHz帯の周波数の割り当てが、KDDIを中心とするワイヤレスブロードバンド企画とウィルコムに決定。iPhoneの日本国内での販売についても一部で報道、KDDIは消極的な姿勢だ。(2007/12/25)

「WiMAXが日本の社会インフラになるよう頑張る」──ワイヤレスブロードバンド企画 田中社長
ワイヤレスブロードバンド企画は12月21日、2.5GHz帯での特定基地局開設計画の認定を受けて会見を催し、モバイルWiMAXサービスを平均3200円程度で提供することを発表。同社社長の田中孝司氏は「すばらしいクリスマスプレゼントをいただいた」と笑みを浮かべた。(2007/12/21)

総務大臣、KDDI陣営とウィルコムに2.5GHz帯の認定書
総務省は12月21日、2.5GHz帯を利用する広帯域移動無線システムの業務免許を取得した、KDDIを中心とするワイヤレスブロードバンド企画とウィルコムに認定書を手渡した。(2007/12/21)

「まったく納得できないし、受け入れられない」――OpenWin陣営、無念の“2行コメント”
2.5GHz帯を利用する高速移動通信の事業免許を取得する2社がKDDIとウィルコムに決まったことを受け、ソフトバンク/イー・アクセス連合のオープンワイヤレスネットワークがコメントを発表した。たった2行のコメントに無念さがにじむ。(2007/12/21)

KDDI陣営とウィルコムに次世代無線免許――他社はMVNOを模索
2.5GHz帯を利用する次世代無線サービスの周波数免許がKDDI陣営とウィルコムに決定した。申請が認められなかったドコモ陣営やソフトバンク陣営はMVNO(仮想移動体通信事業者)での参入を模索する。(2007/12/21)

2.5GHz帯の割り当て審査、電波監理審議会での諮問内容を公開すべき――千本氏
モバイルWiMAXの免許取得を目指すオープンワイヤレスネットワークが、総務大臣などに意見書を提出。同社に出資をするイー・アクセスの千本会長は、審査のさらなる透明性を望むと話した。(2007/12/20)

「2.5GHz帯免許は公平に審査したのか」――イー・アクセス千本氏
2.5GHz帯の次世代無線サービス免許がKDDI陣営とウィルコムに内定したとの一部報道について、イー・アクセスとソフトバンクらは総務大臣などに審査の公平性と透明性を求める要望書を提出した。(2007/12/20)

2.5GHzの割り当ては「WiMAXの2社が望ましい」――ソフトバンク、イー・アクセス陣営が総務大臣らに要望書
2.5GHz帯の獲得を目指す争いが激化する中、ソフトバンク/イー・アクセス陣営のオープンワイヤレスネットワークが総務大臣と電波監理審議会の会長に要望書を提出。要望の1つには「WiMAX の2社が望ましい」というものも含まれる。(2007/12/20)

2.5GHz帯の割り当て、総務省は「審査中」――21日にも電波監理審議会に諮問
2.5GHz帯の割り当て2社が内定したという一部報道に対し、総務省は「まだ審査中」と回答。審査結果は21日にも電波監理審議会に諮問する予定としている。(2007/12/18)

石川温が聞く:
アッカの強みは、インフラの提供だけにとどまらないこと──アッカ・ワイヤレス 木村社長
総務省が用意した2枠の割り当てを巡って、4社が名乗りを上げた2.5GHz帯周波数。オープンワイヤレスネットワークとウィルコムが“場外乱闘”を繰り広げる中、アッカ・ワイヤレスも周波数獲得に自信を見せる。(2007/12/17)

石川温が聞く:
次世代PHSは10年越しの夢、なんとしても実現させたい──ウィルコム 近副社長
オープンワイヤレスネットワーク陣営からは「2GHz帯へ行ったらどうか」などとも言われているウィルコムだが、ワイヤレスブロードバンドやMVNOへの取り組みは他陣営に負けないと自負する。近義起副社長にその熱い思いを聞いた。(2007/12/4)

石川温が聞く:
2.5GHz帯の割り当てで落選するとは夢にも思ってない──ソフトバンクモバイル 松本副社長
ソフトバンクとイー・アクセスが3分の1ずつを出資し、「MVNO中心主義」を掲げるオープンワイヤレスネットワーク。ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長は、2.5GHz帯の免許割り当てに絶対の自信を持っているという。(2007/12/4)

Ciscoら31社がソフトバンク+イー・アクセスのWiMAX陣営へ参画
ソフトバンクとイー・アクセスが中心となるWiMAXサービス企画会社「オープンワイヤレスネットワーク」へ、31社が新たに参画する。(2007/11/22)

ソフトバンク、イー・アクセスのWiMAX陣営、新たに31社が参加
2.5GHz帯を利用した次世代高速無線通信の免許取得に向け、イー・アクセスとソフトバンクモバイルが中心となって立ち上げた企画会社「オープンワイヤレスネットワーク」(Open Win)に、新たに大手量販店ら31社が参加を決めた。39社連合で事業免許取得を目指す。(2007/11/22)

11月10日〜11月16日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
au買い方セレクトが始まり、携帯の買い方が変わったものの、販売現場に混乱はない模様。ソフトバンクモバイルはディズニーと協業で「ディズニー・モバイル」を開始すると発表した。ウィルコムは今週もPHS技術の海外展開に積極的な動きを見せた。(2007/11/19)

イー・アクセス、NECビッグローブら6社「MVNOコンソーシアム」を結成──朝日ネット、OpenWinも参加
イー・アクセス、NECビッグローブ、ソネットエンタテインメント、ドリーム・トレイン・インターネット、ニフティ、ハイホーの6社が「MVNOコンソーシアム」を結成。ASAHIネットやオープンワイヤレスネットワークも会合に参加する。(2007/11/12)

ケータイを“インターネットマシン”へと進化させる──ソフトバンク 孫正義社長
ソフトバンクの孫正義社長は11月6日、中間決算発表会で業績を開示。「ソフトバンクは“日本の携帯第3位の会社”ではない。アジアのナンバーワンインターネット企業が、携帯電話事業を始めたのだ」と力説した。(2007/11/7)

10月27日〜11月2日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
NTTドコモが冬モデル23機種を一斉に発表した先週。アドビシステムズはFlash lite 3の説明会を開催した。また、総務省では携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会の第3回会合なども開催されている。(2007/11/5)

WiBro World Forum:
10MHz幅で下り16Mbps以上を実現──商用レベルに近づくイー・アクセスのモバイルWiMAX
KIICA Tokyo(韓国情報通信国際協力振興院)が10月29日に開催したWiBro World Forumで、イー・アクセスの諸橋氏が講演。オープンワイヤレスネットワークのWiMAX技術が、商用システムとして使えるレベルに近づいていることをアピールした。(2007/10/30)

10月6日〜12日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
WiMAX陣営3社がそろって2.5GHz帯を利用する次世代高速通信の免許申請を行った今週。三洋電機は携帯電話事業を京セラに譲渡する方針で基本合意した。また2008年1月からのユニバーサルサービス料は6円になることが明らかになった。(2007/10/15)

あっちにもこっちにも──“2.5GHz帯でWiMAX”をめざす各社のフクザツな出資関係
2.5GHz帯を利用するモバイルWiMAXの免許取得を目指すオープンワイヤレスネットワーク、ワイヤレスブロードバンド企画、アッカ・ワイヤレスの3社は、いずれも多数の企業が出資する連合体だ。その出資者の中には、複数の陣営に顔を出している企業がいくつもある。(2007/10/12)

定額・1 IDで各種サービスを簡単に利用可能──アッカ・ワイヤレスのWiMAX戦略
アッカ・ワイヤレスは10月11日、2.5GHz帯を利用するモバイルWiMAXサービスの免許申請を行い、合わせてパートナー企業の紹介と事業戦略の説明を行った。木村正治社長はオープンな水平分業の事業を展開し、日本の通信関連産業の活性化を図りたい考えを述べた。(2007/10/12)

Mobile Weekly Top10:
WiMAX事業の会見に、あのカリスマ2人がいない理由
10月11日は“2.5GHz帯でWiMAX”を目指す3社が相次いで申請を行った。同日、ソフトバンク/イー・アクセス連合のオープンワイヤレスネットワークが事業計画の説明会を開催したが、会場にあのカリスマ社長と会長の姿はなかった。(2007/10/12)

WiMAX派の2陣営が計画を発表、サービス開始は2009年3月から
2.5GHz帯を利用した無線ブロードバンドサービスにWiMAX方式で参入を目指す2陣営が事業計画を発表した。両陣営とも無線免許を取得した場合のサービス開始時期を2009年3月としている。(2007/10/11)

オープンなビジネスモデルで通信業界を変える――オープンワイヤレスネットワークの深田氏
10月11日に“2.5GHzでWiMAX”の展開を目指して免許を申請したオープンワイヤレスネットワーク。ソフトバンクとイー・アクセスという、“似たもの同士”が展開するビジネスは、どこに強みがあるのか。(2007/10/11)

「PHSカード定額より安く」 WiMAXアッカ−ドコモ陣営にTBSら参加
WiMAX参入を目指す3陣営が免許を申請。アッカ−ドコモ陣営にはTBSや三井物産、大手ISPが参加を表明。09年3月にサービスを開始する計画で、料金はシンプルで安価にするという。ソフトバンク−イー・アクセス陣営も同時期にサービスを開始する計画を明らかに。(2007/10/11)

アッカとドコモは16社でWiMAX申請――鉄道、証券、商社、ISPらと提携
アッカ・ワイヤレスが、NTTドコモら15社と提携して次世代高速無線通信事業の免許申請手続きを行った。鉄道、証券、商社、ISPらをパートナーに、WiMAX事業の展開を目指す。(2007/10/11)

オープンワイヤレスネットワークが執行体制と取締役を決定──通称はOpenWin
ソフトバンクとイー・アクセスが約3分の1ずつ出資する事業企画会社オープンワイヤレスネットワークが2.5GHz広帯域移動無線アクセスシステム特定基地局開設計画の認定を申請。これに合わせて執行体制と取締役を発表した。(2007/10/11)

2.5GHz帯は誰の手に──WiMAX陣営3社がそろって免許申請
締め切りを翌日に控えた10月11日、オープンワイヤレスネットワーク、ワイヤレスブロードバンド企画、アッカ・ワイヤレスの3社が高速無線通信規格に割り当てが予定されている2.5GHz帯への認定申請を行った。ウィルコムを含め4社の申請が出そろった。(2007/10/11)

5分で分かる、2007年上半期のモバイル事情(後編)
2007年上半期のモバイル事情を振り返る本企画。後編では、ビジネスモデルの変化や他事業との連携について振り返る。【2007年1月から8月15日までのソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル、業界動向記事のアクセスランキング掲載】(2007/9/28)

9月15日〜9月21日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
WiMAX参入を目指すKDDIとソフトバンクが相次いで免許申請に向けた提携策を発表。総務省は、モバイルビジネスのオープン化に向けた活性化策を発表し、改革に乗り出した。(2007/9/21)

ソフトバンクとイー・アクセス、ゴールドマンらと共同でWiMAX事業へ参入
ソフトバンクとイー・アクセスが設立したオープンワイヤレスネットワークへゴールドマンサックスや大手ISPの参画が決定した。(2007/9/20)

WiMAXソフトバンク連合にニフティなどISP参加
WiMAX参入を目指すソフトバンクとイー・アクセスの連合に、ニフティやNECビッグローブなどISP4社と、GSなど金融機関が参加。(2007/9/20)

イー・アクセスとソフトバンク、WiMAX事業で提携──ISPら6社も出資
アッカとドコモ、KDDIら6社連合に続き、ソフトバンクとイー・アクセスが次世代高速無線通信に関する免許申請と事業の方針を明らかにした。両社は免許申請に向けて提携し、企画会社に共同で出資。ISPら6社の出資も決まっており、8社連合で免許取得を目指す。(2007/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。