ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オーガニックフード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オーガニックフード」に関する情報が集まったページです。

その悩み、生成AIが解決:
ChatGPTで顧客アンケートを分析 「使える資料」にするためのプロンプト作成のコツ
ChatGPTはアンケート分析の作業で大きな助けとなってくれる。無料版でできる分析に加え、有料版で可能になる、より高度な分析方法を見ていこう。(2024/5/7)

4月26日:
「イオンモール香椎浜」がリニューアル、どう変わる?
福岡市にある「イオンモール香椎浜」が、4月26日にリニューアルオープンする。計10店舗の刷新などを予定しているが、どのように変わるのか。(2024/4/18)

パタゴニアが味噌や日本酒を売る真意 農業は脱炭素の切り札になるか
(2024/4/9)

「ワイヤードカフェ原宿」からスタート:
はっきり言おう 「カフェ」の運営は難しい
カフェを運営するにあたって、どういったことが必要になってくるのか。飲食業をやるつもりではダメで……。(2024/3/30)

農家直伝、植えるだけの“ズボラに害虫対策”に反響! 薬剤いらずで一石二鳥の知恵袋が役に立つ
これは早速始めたい!(2024/3/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(174):
イチから全部作ってみよう(5)難題だらけの要求仕様フェーズにどう対処すべきか
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第5回は、さまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/2/19)

オイシックス会長のSNS投稿 同社「極めて不適切」
有機野菜や無添加加工食品などの販売を手掛けている「オイシックス・ラ・大地」の藤田和芳会長が、自身のX(旧ツイッター)のアカウントで、東京電力福島第1原発の処理水について「放射能汚染水」と投稿したとして、同社は「多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまったことに対して深くお詫び申し上げます」と公式サイトを通じて謝罪した。(2024/2/16)

渡邉美樹「経営者目線」:
ワタミ「シンガポールの食品会社」を買収 なぜ?
ワタミは昨年末、シンガポールの食品卸大手「リーダーフード」を子会社化するM&Aを発表した。世界中から食肉や鮮魚を仕入れ、シンガポール中の飲食店や、スーパーマーケットに加工・配達している企業だ。(2024/1/17)

スマートアグリ:
ミドリムシから飼料と肥料を生み出すユーグレナ、国内農家の救世主となるか
ユーグレナは、東京都内で会見を開き、微細藻類「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」を用いたサステナブルアグリテック事業を紹介した。(2023/12/15)

金魚のフンで立派なチンゲンサイを無限収穫 誰でも作れる魔法の装置に「すげ〜!」「やってみようかな」
野菜を育てられるの!?(2023/12/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
消えた「和民」が鳴り物入りで大復活 ワタミが本気で仕掛ける新ブランドは、何がすごいのか
コロナ禍で居酒屋ブランド「和民」から焼肉業態へと転換を図ってきたワタミ。ここにきて、居酒屋へ回帰する動きを見せている。なぜなのか。(2023/10/18)

「富裕層」を狙え! 観光最前線:
ヘリコプターで有名店の隣に移動! 豪華すぎる「77万円」グルメツアーをぐるなびが企画したワケ
不便な場所にある有名店にヘリコプターで移動できるサービスをぐるなびが開発した。2人1組で77万円という高額なプランとなっており、主に富裕層をターゲットとしている。どういった経緯で生まれたのか。(2023/9/16)

消費者も変化:
セブン「レジ袋風」エコバッグのヒットは必然だった!? 有料化から3年、新たなビジネスチャンスを探る
2020年7月にレジ袋有料化がスタートしてから、エコバッグを使う消費者が増えた。そんな中、セブン「レジ袋風」エコバッグがヒットした背景を探る。(2023/7/28)

店名を変更:
「イオンスタイルむさし村山」リニューアル、何が変わる?
イオンリテール南関東カンパニーは、東京都武蔵村山市にある「イオンモールむさし村山」の核店舗「イオンむさし村山店」を「イオンスタイルむさし村山」としてリニューアルオープンすると発表した。(2023/3/13)

大分県の住み続けたい街 3位「臼杵市」、2位「豊後高田市」、1位は?
大東建託は大分県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。(2022/12/19)

16の専門店:
大阪府に「イオンタウン豊中庄内」オープン 店内の特徴は?
イオンタウンは、12月2日に大阪府豊中市庄内に「イオンタウン豊中庄内」をオープンすると発表した。大阪都市圏のベッドタウンとしてにぎわうエリアに食と買い物に便利な専門店を出店する。(2022/11/11)

3カ月連続で京阪神に:
尼崎市に「イオンフ―ドスタイル ソコラ塚口店」をオープン 特徴は?
ダイエーは11月2日、兵庫県尼崎市に「イオンフ―ドスタイル ソコラ塚口店」をオープンする。どんな店なのかというと……(2022/11/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
泥沼化していた「シダックス」買収問題はどうなる? 社内対立、コロワイドの撤回、オイシックスの狙い
泥沼化していたシダックスの買収問題。コロワイドが提案を撤回したことが明らかになったが、今後どうなっていくのか。(2022/9/15)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、今訪れるべきニューオープン3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/9/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「スーパー玉出」運営会社も参入! セレブの住む「芦屋」で高級スーパーの競争が激化している理由
関西随一の高級住宅街がある兵庫県芦屋市に、高級スーパーが増えている。激安で有名な「スーパー玉出」の運営会社も参入しており、競争が激化している。(2022/8/6)

大型リニューアルのポイントは?:
ダイエー西宮店、食品売場を刷新 近畿エリアの旗艦店舗“地域で最も支持される店舗を目指す”
ダイエーは4月23日、「ダイエー西宮店」(兵庫県西宮市)をリニューアルオープンすると発表した。(2022/4/21)

“金庫番”だけでは不十分:
「守りのCFO」から「攻めのCFO」へ スタートアップに優秀なCFOが必要な理由
非連続成長を実現するスタートアップには、優れたCFO(最高財務責任者)の存在が不可欠だ。“金庫番”としての「守り」にとどまらず、「攻め」に入るCFOは、どのように自社の成長をドライブしていくのか。(2022/1/25)

ダイレクトな人々 第8回:
“和ピクルス”ブランド「和もん」が心と体の栄養を届けるためにしていること
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第8回は“和ピクルス”ブランド「和もん」のオーナーである石根友理恵さんに取材しました。(2021/6/29)

スムージーとかじゃないんだ 仲里依紗、「夢をぶち壊す」“女優メシ”のリアルな実態に親近感がとまらない
おなか空いてくる。(2021/6/15)

ゆめみと「最先端のリモートワーク」:
PR:「精神と時の部屋」でリモートワークの人体実験 株式会社ゆめみの代表がストイックすぎる生活を始めた理由
何もない真っ白な部屋で働き続ける1人の戦士の姿がそこにはありました。(2021/5/19)

意味がわかると怖い話:「潜入捜査」
教団の目的は……。(2020/11/8)

息子が殺人犯でも被害者でも“最悪” 映画「望み」で描かれる家族の生き地獄
逃げ場のない家族の生き地獄映画「望み」の魅力を解説する。(2020/10/10)

“紛争”が続く:
大戸屋監修のミールキットをオイシックスが販売 両社の業務提携にコロワイドの影響は
大戸屋が監修したミールキットをオイシックスが販売する。大戸屋HDとオイシックスは業務提携契約を締結している。コロワイドとの“紛争”は影響するのか。(2020/9/11)

太陽光:
太陽光の電力をマッチング販売、みんな電力が有機農業支援型のソーラシェアリング事業
みんな電力が太陽光発電事業などに取り組むグリーンシステムコーポレーション(以下、GSC)と業務提携契約を結び、有機農業支援型ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)事業を開始すると発表した。(2020/8/27)

敵対的TOBへの影響は:
大戸屋とオイシックスが業務提携 サブスクのプロジェクト立ち上げか
大戸屋ホールディングスがイシックス・ラ・大地との間で業務提携契約を締結した。共同で弁当や総菜の製造・販売を手掛ける。両社の経営資源を組み合わせてシナジー効果を生み出す。(2020/8/14)

働き方の「今」を知る:
「脱ブラック」進むワタミ、コロナで大打撃ながらも従業員に“太っ腹”対応
新型コロナの影響が深刻だった居酒屋業界。そんな中、「脱ブラック」が進むワタミでは従業員に手厚い対応を見せた。黒字予想から一転、20年3月期は60億円超の赤字となりながらも矢継ぎ早に講じた対応は、どういったものだったのか?(2020/6/9)

メルカリに怪しい“コロナ対策グッズ”が増殖中 パワーストーンにオーガニック野菜 運営の見解は?
ただの石ころでは……。(2020/3/4)

プロジェクト:
農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」、2021年陸前高田に開業
日本初というオーガニックテーマパーク「ワタミオーガニックランド」が陸前高田市にオープンする。ワタミと陸前高田市が連携する同施設は、面積約23haの敷地内に農場・牧場・レストランなどのほか宿泊施設や発電施設も設ける予定で、年間来場者数約35万人を見込む。(2019/11/15)

「ストラングラーパターン」とは?:
2000年から運用してきたECサイト「Oisix」をマイクロサービス化 オイシックスのエンジニアが語る舞台裏
2000年から運用してきたECサイトにマイクロサービスを導入したオイシックス・ラ・大地。モノリシックなECサイトのアーキテクチャをどのようにマイクロサービス化させていったのか、同社のシステム基盤部で基盤刷新セクションの川上徹氏が語った。(2019/7/1)

配送を効率化:
新規客が3倍に! “伸びしろ”市場に挑む「楽天西友ネットスーパー」の将来性
2018年10月にグランドオープンした「楽天西友ネットスーパー」が順調なスタートを切った。ネットスーパー専用倉庫の新設によって多様なニーズに対応する体制を整えるなど、西友と楽天の強みを生かしている。今後の成長のポイントは?(2019/6/25)

食材宅配の電話注文にAIオペレーターが24時間対応――オイシックスとNTT Com、実証実験を開始
有機野菜などの食材宅配サービスを展開するオイシックス・ラ・大地は、NTTコミュニケーションズと共同で、「AI応対コンタクトセンター」を活用した電話注文受付の実証実験を開始。電話受付から事務処理までのプロセス全体を自動化し、AI応対への顧客満足度などを分析する。(2019/4/16)

CIOへの道:
オイシックスが考える、サブスクリプション時代を生き抜くためのシステム設計とIT人材とは CMT、西井氏に聞く
マーケティングのプロがIT部門にも関わっているオイシックス・ラ・大地のCMTと、クックパッドの情シス部長が、ITとビジネスの在り方について語り合う本対談。後編は全体最適の視点に立ったIT戦略の重要性と、ビジネスを加速させるシステムの在り方に関するテーマで話が進んだ。(2019/3/20)

PR:Oisixが19年運用してきたモノリシックなサービスのマイクロサービス化を進め、Kubernetesを本番運用できる理由
2000年に生鮮食品のネットショップとして創業したサービス「Oisix」。創業以来19年間連続でサービス規模を拡大し続けていたが、システムの肥大化により、サービスをローンチするまでの期間が長くなる、開発/リリースの難易度が上がるなどが課題になっていた。そこでマイクロサービスアーキテクチャへの刷新とKubernetesの採用に取り組み始め、現在は幾つかのサービスで本番運用を開始している。マイクロサービス化とKubernetesの本番運用が可能になった理由とは何だったのだろうか。(2019/3/18)

CIOへの道:
「攻めのIT、守りのIT」はオワコン? オイシックスのCMT、西井氏に聞く「ビジネスとITの間を行き来できる組織の作り方」
マーケティングのプロがIT部門にも関わるという、ちょっと変わった組織体系のオイシックス・ラ・大地。このような組織体制になった背景や効果、同社のマーケティングに対する考え方を、クックパッドの情シス部長が聞く。(2019/3/7)

スマートアグリ:
枝豆の売価が3倍になるピンポイント農薬散布技術、オプティムが農家に無償提供
オプティムが東京都内で「スマート農業アライアンス」の成果発表会を開催。減農薬による付加価値で枝豆の売価が3倍になった「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を無償提供することで、農家にとってリスクのないスマート農業の普及に乗り出すことを明らかにした。(2018/7/30)

同じゴハンがうれしいニャ 猫と人がどっちも食べられるゴハンのレシピ本が便利そう
おいしそうなお料理とかわいい猫ちゃんたちが満載の1冊です。(2018/7/4)

「タニタカフェ有楽町店」がオープン タニタが狙う“千代田区OL”
いっぱい歩くとグッズがもらえるポイントサービスも。(2018/6/5)

オイシックスドット大地、らでぃっしゅぼーやを吸収合併 「オイシックス・ラ・大地」に商号変更
オイシックスドット大地が、連結子会社らでぃっしゅぼーやを吸収合併し、7月1日に「オイシックス・ラ・大地」に商号を変更する。(2018/5/24)

全国100店舗めざす:
タニタがカフェ展開 「楽しさ」重視でハードル下げる
タニタは、「タニタ食堂」に次ぐ新業態「タニタカフェ」の本格展開を始める。5月下旬に「タニタカフェ有楽町店」を出店。気軽に楽しめる店舗とメニューで支持を広げる。(2018/3/8)

「タニタカフェ」有楽町に5月下旬オープン 有機野菜使ったメニュー 歩数に応じてポイントたまる取り組みも
タニタは5月下旬、東京・有楽町に「タニタカフェ」を出店する。(2018/3/8)

オイシックスドット大地、「らでぃっしゅぼーや」買収 ドコモと資本提携
オイシックスドット大地が、ドコモグループのらでぃっしゅぼーやを買収。(2018/1/30)

MONOist IoT Forum 東京 講演レポート:
PR:AI活用は既に製造現場改革の現実解、簡単お試しで成果が得られる時代に
ビジネスに変革をもたらすといわれるAIだが、使いこなすためには巨大なコンピューティング環境と専門知識が要求された。マイクロソフトはこのハードルを下げ、製造業の高付加価値化を支えるためのソリューションの拡充を進めている。IoTが生み出す膨大なデータをいかにして分析し、製造現場で活用していくべきか――。「MONOist IoT Forum in 東京」に登壇した日本マイクロソフトの畠山大有氏がAIの実践的活用法を解説した。(2017/12/26)

自然エネルギー:
ソーラーシェアリング収穫祭、開催! 太陽光パネルの下で農作物の収穫を祝う
実りの秋、これまでにない全く新しい“収穫祭”が、千葉県匝瑳市の太陽光パネルの下で催された。ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)による農作物の豊作を祝う、その名も「ソーラーシェアリング収穫祭」だ。(2017/12/8)

タイムアウト東京のオススメ:
赤坂の新スポットで満腹になる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/10/3)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?(2017/9/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。