ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「景品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「景品」に関する情報が集まったページです。

サントリー、Number_iのメンバーを想起させる景品が「関連グッズであるとの誤解や混乱を生じうるものだった」と謝罪
返品および返金対応も。(2024/5/13)

メルカリ転売目的か 消防士長がコンビニでVTuberステッカー万引容疑
景品用としてコンビニに置かれていたバーチャルYouTuber(VTuber)の人気グループのステッカーを万引したとして、京都府警山科署が、京都市消防局中京消防署の消防士長を現行犯逮捕した。「人にあげたり、メルカリで売ったりするために盗んだ」と供述し、容疑を認めている。(2024/5/10)

くら寿司で14万円!? はじめしゃちょー、“ビッくらポン!”の景品コンプに「行動力やば!」「気になってた」
5回で1回抽選できます。(2024/5/10)

“闇オークション”騒動で批判受けたブランドの商品がキャンペーン景品に ロッテ免税店銀座が経緯を説明
(2024/4/25)

海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
初めて見ました。(2024/4/14)

「槍持ってる人にしかみえない看板」がアクキーに ゼンリンのキャンペーン景品に「ほしい」「楽しみすぎ」
本当に槍持ってる人にしか見えない。(2024/3/20)

【訂正あり】全国に導入して! クレーンゲームの「景品圧縮マシン」がタイステに登場 ぬいぐるみを圧縮→持ち帰り容易に
少しかわいそうだけど、これは便利。(2024/3/5)

ユニクロ、ゴディバなどが1年間届く「大感謝抽選会」開催 ユニクロ初の“サブスク”景品
ユニクロ初のサブスクの景品。(2023/12/24)

SBギフト株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:過去最大の応募者数を記録した事例も、7社に学ぶデジタルギフト活用の秘訣
メールやSNSを通じて景品を送ることができるデジタルギフトの活用が広がっている。「在庫が必要ない」「手間がかからない」「幅広いユーザーにリーチできる」などのメリットを享受し、成果を最大化するためのポイントを事例から解説する。(2023/12/22)

SBギフト株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:インセンティブキャンペーン施策で注目のデジタルギフト、主催者側のメリットは
従来は現物を景品として配布することが多かったインセンティブキャンペーン施策だが、昨今はメールやSNSを通じて景品を贈る「デジタルギフト」が注目されている。配布の手間削減や、アプローチ層の拡大など、具体的なメリットを解説する。(2023/12/22)

ユーザーの景品交換率の向上も課題:
PR:景品付きのキャンペーン施策、調達/配布や在庫管理の手間をどう解消する?
従来の販促活動では、企業は景品の調達や配布に手間やコストがかかり、ユーザーも受け取りが面倒などの課題があった。そんな中、企業が景品の在庫を抱える必要もなく、ユーザーもスマホの提示だけで利用できる、注目のサービスが登場した。(2023/12/22)

ゲーセンの景品は無関係の類似品、「スイカゲーム」開発元が注意喚起 スマホアプリに続き
Nintendo Switch用ソフト「スイカゲーム」の開発元であるAladdin Xは、同社と関係のないグッズが出回っていると注意喚起した。(2023/12/11)

人気の「スイカゲーム」グッズが“クレーンゲーム”の景品に → 公式「全く関係のないもの」と否定し、注意喚起
12月9日時点、公式グッズは「ステッカーとクリアファイル」のみとのこと。(2023/12/10)

旧ジャニーズタレントデザインの景品を急きょ変更 「当選後に知らされた」と久光製薬の対応に物議
当初は岩本照さんと重岡大毅さんがデザインされていました。(2023/11/1)

“糖質カット炊飯器”で優良誤認 販売4社に措置命令 糖質カットの根拠示せず
消費者庁は、糖質カット炊飯器の販売事業者4社に景品表示法に基づいて措置命令を行ったと発表した。(2023/10/31)

規制:
「口コミ高評価で値引きします」は法律違反 「ステマ規制」を弁護士が解説
10月から景品表示法にいわゆる「ステマ規制」が追加されました。今後、「口コミ高評価で値引きします」は法律違反になる可能性があります。(2023/10/24)

小寺信良のIT大作戦:
「ステマ規制」スタートで混乱も? 「ステマ」は何が問題なのか、改めておさらいする
10月1日より景品表示法の一部が改正され、「ステルスマーケティング」が規制の対象となった。ただこのガイドラインの書き方が回りくどいこともあり、誤解や臆測を生んでいるのもまた事実だ。今回はこのステマ規制で、誰のどういう行為が対象になるのかを整理したい。(2023/10/19)

「千年パズルのぬいぐるみ」がアミューズメント施設の景品に登場! 高さ約35センチで抱き心地が良さそう
ぎゅーってしたい。(2023/10/18)

注意:
「知らなかった」では済まされない 新・ステマ規制のリスク
消費者庁は10月1日、景品表示法違反の「不当表示」の新たな形態として「ステルスマーケティング(ステマ)」を追加する新たな規制を施行した。発注企業、広告代理店、インフルエンサー、消費者はそれぞれ、どこに気を付けたら良いか。(2023/10/17)

鳥取県産「二十世紀梨」をつかみ取るクレーンゲーム登場 東京・新橋にあるアンテナショップに設置
台風第7号の雨風に負けなかった梨がクレーンゲームの景品に。(2023/9/5)

ゲーセンで取った景品のカメラに最初から写真が入ってた!? 不気味な体験談に妄想が膨らむ
「動作確認用に撮った写真の消し忘れ」説が有力ですが、何かのいわくつきだったらどうしよう。(2023/7/3)

フォトショの生成AI機能でキャンペーン アドビ、Twitterで画像の投稿募る
アドビが、Photoshopの画像生成AI機能を活用した写真の投稿キャンペーンを始めた。画像をハッシュタグつきでTwitterに投稿し、同社が選定したインフルエンサーに選ばれれば、景品が受け取れる。(2023/6/29)

ドミノ・ピザ、景品表示法違反で措置命令 チラシにサービス料を分かりづらく記載
ドミノ・ピザでは、2023年4月24日からサービス料を廃止していました。【訂正あり】(2023/6/27)

消費者庁がFCCLに措置命令 Web通販サイトにおける一部LIFEBOOKの価格表示が「不当」と判断(是正済み)
消費者庁が、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)に対して是正措置命令を発出した。FCCLのWeb通販サイト「富士通 WEB MART」における一部ノートPCの価格表記が景品表示法第5条第2号に定める「有利誤認」に当たると判断されたもので、同社では既に表記の見直しを行っている。(2023/6/24)

「タモリ倶楽部」最終回後に届いた「空耳アワー」の景品と手紙に反響 「泣けてくる」「一生モノですね」
最後の一文にグッとくる……。(2023/5/1)

「クレベリン」の大幸薬品に課徴金6億円 「空間のウイルス除去」根拠なし
消費者庁は11日、「空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去」などと表示して「クレベリン」を販売していた大幸薬品に対し、景品表示法に違反(優良誤認)するとして課徴金納付命令を出した。22年4月に出た措置命令にもとづくもの。(2023/4/11)

消費者庁が命令:
クレベリン「空間のウイルス除去」根拠なし 大幸薬品に課徴金6億円 過去最高額
「空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去」などと合理的な根拠のない表示で除菌用品「クレベリン」を販売したとして、消費者庁は4月11日、製薬会社「大幸薬品」(大阪市)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で6億744万円の課徴金を支払うよう命じた。景品表示法違反の課徴金としては過去最高額になるという。(2023/4/11)

夜店の射的銃にレーザーサイトを装着して命中率アップ! 景品取り放題を狙った魔改造が斜め上のオチで笑い呼ぶ
ネタのようでいて学びもあるかもしれない。(2023/4/8)

ステマ規制は10月1日から、河野大臣が発表 違反すれば行政処分の対象に
河野太郎デジタル大臣が、ステルスマーケティング(ステマ)規制について、景品表示法における「不当表示」に指定したと発表した。10月1日以降は、措置命令などの行政処分の対象になる。(2023/3/28)

「ラルクのSS席を買ったはずなのにS席だった」──消費者庁、コンサート事業者に措置命令 サイトの座席表示が“優良誤認”
消費者庁が、コンサート提供事業者3社に景品表示法に基づいて措置命令を行ったと発表した。3社は2022年5月に開催した「L'Arc-en-Ciel」のコンサートにおいて、公式サイトやチケットサイトに誤解を招く座席表を掲載していた。(2023/2/17)

「スシロー」全品10%オフ! 迷惑動画拡散時の応援を受け、店内飲食・持ち帰り・出前館がお得に
2022年の景品表示法違反についてもあらためて反省の意を示しています。(2023/2/10)

くら寿司×「ちいかわ」がコラボ 景品には原作のストーリーを再現したフィギュアも
「ビッくらポン!」景品のフィギュアには原作ストーリーを再現したものも。(2023/2/8)

消費者庁、キリンビバレッジに1915万円の課徴金 「メロン果汁100%」表示も実際は2%
キリンビバレッジがメロン果汁2%の商品を100%と表示して販売していたことを巡り、消費者庁が景品表示法違反で課徴金1915万円の支払い命令を出した。同社は「再発防止に努める」とコメントしている。(2023/1/18)

“リアル桃鉄”JR東海が開催 駅を巡り資産集め、スマホ位置情報を活用で ランキング上位者に景品も
JR東海がゲーム「桃太郎電鉄」とコラボしたイベントを開催。対象のスポット・駅を巡ると特典が受け取れる。1月30日から3月31日まで開催する。参加費は無料。(2023/1/13)

PR:【遊ぶだけでチャンス!】LINE GAMEが10万ポイントなど豪華景品が当たるガチャを1年間毎日開催 11月はLINEポイント、アイスクリーム、コーヒーなどが当たる
遊ぶだけでガチャが引けるし、なんならガチャを引くとガチャが引ける。(2022/11/18)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
スシロー、おとり広告で「信用失墜」し客離れ──それだけではない業績悪化のワケ
最近のスシローといえば、おとり広告の問題で景品表示法に係る措置命令を受けてしまった件は記憶に新しいことでしょう。こういった問題が起きるとどのような影響があるのかを「減損損失」という視点から見ていきます。(2022/10/28)

キリン「トロピカーナ」の季節限定商品の発売を中止 「改めて商品のパッケージ表記を精査」とコメント
9月6日には、一部商品が景品表示法違反の措置命令を受けていました。(2022/9/8)

トロピカーナ:
「メロン果汁100%」実際は2% 消費者庁、キリンビバレッジに措置命令
ジュースにメロン果汁は2%程度しか用いていないにも関わらず、「メロンテイスト果汁100%」などと誤解を与えるパッケージ表示をしていたとして、消費者庁は9月6日、飲料商品「トロピカーナ」を製造・販売するキリンビバレッジに対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。(2022/9/6)

キリン「トロピカーナ」に景品表示法違反 メロン果汁100%のはずが98%がぶどう・りんご・バナナ
「100% MELON TASTE」という表記は現在「100% FRUITE JUICE」になっています。(2022/9/6)

自らクレーンゲームを飛び出した「生きが良い景品」に“19万いいね” ビチビチ飛び跳ねる姿がシュール
私物のクレーンゲームで撮影した動画。(2022/8/30)

措置命令を受け:
なぜ、在庫不足に? スシロー「おとり広告」で報告書 AIの予測外れる
消費者庁から景品表示法違反(おとり広告)で措置命令を受けた大手回転寿司チェーンのスシローは7月8日、監査委員がまとめた調査報告書を公開した。(2022/7/9)

安易な「No.1」表示に厳しい目:
「ボディ痩身第1位」は虚偽 エステサロンに措置命令
エステサロンが自社のWebサイトで「ボディ痩身第1位 施術満足度」などと事実と異なる広告を表示していたとして、消費者庁は6月15日、運営するPMKメディカルラボ(東京都新宿区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。(2022/6/15)

「おとり広告」で消費者庁:
「豪華かにづくし!」実際は在庫切れ スシローに措置命令
大手回転寿司チェーンのスシローが、ウニやカニのすしを実際は在庫がないのに販売しているかのようにテレビCMなどで宣伝したとして、消費者庁は6月9日、運営する「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)に対し、景品表示法違反(おとり広告)で再発防止を求める措置命令を出した。(2022/6/9)

500個限定:
東武、1回7777円の「ホテルガチャ」第2弾販売 景品は「スイートルーム」や「食事券」
東武鉄道は5月19日、東武ホテルグループの宿泊券やレストラン食事券が当たる「ホテルガチャ」の第2弾を発売する。(2022/5/12)

景品表示法に違反:
消費者庁、「DYM就職」を水増し広告で行政処分 “就職率96%”うたうも実際は15%
消費者庁は就職支援サービスの就職実績を水増しした広告を使い、景品表示法に違反していたなどとして、再発防止を求めDYMに措置命令を出したと発表した。同社のサービスでは就職率96%を謳っていたが、実際の2021年度就職率は15%程度だった。(2022/5/2)

“16TB”だけど本当は512GB? 外付けSSDの商品ページが話題に 楽天「規約違反の疑いで一時閉店」【追記あり】
商品画像には「16TB SSD」と記載しているにもかかわらず、実際の容量は512GB──そんな外付けSSDが各インターネット通販サイトで販売されているとTwitter上で話題になっている。ユーザーからは「景品表示法に違反するのではないか」と疑問の声が上がっている。(2022/4/22)

いなば食品の「ツナ缶」がかわいいプライズ景品に デザインそのままマスコットやクッションになって登場
ツナ缶の中身をデザインしたエコバッグが強い。(2022/3/13)

タイガー「転倒してもこぼれないケトル」CMが景表法違反に こぼれる場合があるため
消費者庁と公正取引委員会が、タイガー魔法瓶のテレビCMとWebサイトで景品表示法に反する表示があったとして課徴金納付命令を出した。転倒しても中身がこぼれないとしていたが、こぼれる場合があったという。(2022/2/9)

一点物のポケモン「100万円じてんしゃ模型」がヤフオク!に一時出品、価格は120万円 現在は取り下げ済み
ポケモン社のTwitterキャンペーンの景品となっていた「じてんしゃ」の実物大模型がヤフオク!に一時出品されていた。これは、同社の公式Twitterアカウント「ポケモン情報局」(@poke_times)がフォロワー100万人を突破したことの記念に、1人にプレゼントしていた。(2022/1/24)

景品表示法に違反と指摘:
「効果に合理的根拠なし」――消費者庁、「クレベリン」4商品に措置命令 大幸薬品「誠に遺憾」と反発
消費者庁は、大幸薬品の販売する「クレベリン」シリーズ4商品が景品表示法に違反しているとして、再発防止を求め、措置命令を下した。同庁は同商品の殺菌効果に「合理的な根拠を示すものがない」と指摘している。大幸薬品は「措置命令は誠に遺憾」と反発している。(2022/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。