ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「(PRODUCT) RED」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「(PRODUCT) RED」に関する情報が集まったページです。

「Apple Watch Series 7」をじっくり試す 弱点を克服した今こそ“買い”だ
10月15日に発売された「Apple Watch」の最新モデル「Series 7」。デザインも新しくなり、ベゼルが1.7mmとかなり狭額になった。廉価版ともいえる「Series 3」や「SE」もあるが、本製品を選ぶべき理由は「耐久性」と「バッテリーの持続時間」にある。1日中ずっとApple Watchと一緒にいられる生活は近い。(2021/11/7)

J:COM MOBILE、10月6日からiPhone 12/12 miniを順次発売
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が、10月6日から「iPhone 12」「iPhone 12 mini」を発売。iPhone 12は一括9万5040円(税込み、以下同)、iPhone 12 miniは一括7万9200円から。(2021/10/6)

10月15日に「Apple Watch Series 7」発売 予約受付は10月8日から
Appleは「Apple Watch Series 7」の注文受付を10月8日9時(日本時間)から開始。販売は10月15日から行い、価格は4万8800円(税込み)から。(2021/10/6)

ドコモが2021年冬・2022年春商戦向け新モデルを発表 全機種が5G対応 京セラ製スマホやThinkPadの姿も
NTTドコモが2021年冬商戦と2022年春少年向けの新モデルを発表した。全て5G対応モデルとなったことが大きな特徴だ。(2021/10/6)

Apple Watch Series 7の販売価格とモデル構成が明らかに 前シリーズから値上げ(更新あり)
ビックカメラのオンラインサイトが価格を含めた製品情報を公開したが、その後オープンプライスに変更されている。(2021/9/30)

新世代スタンダードモデル「iPhone 13」実機を細かくチェック
サイズ、カメラスペック、アプリの変更点など、お宝恒例の詳細チェック。(2021/9/22)

「iPhone 13」シリーズを試す 動画撮影が驚くほど楽しく、Proならではの新機能も魅力
「iPhone 13」シリーズの発売に先立ち、4モデルの実機を試すことができた。デザインは先代のiPhone 12シリーズを継承しており、ノッチはやや小さくなった。カメラは新機能の「フォトグラフスタイル」と「シネマティックモード」が利用可能になり、Proは3倍の望遠カメラとマクロ撮影を使えるのが特徴だ。(2021/9/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」「13 Pro」を試して分かったこだわりの違い コンピュテーショナルフォトグラフィーはここまで進化した
これまでiPhoneのファーストインプレッションでは、SoCとその使い方といった視点でコラムを書くことも多かったが、今回の「iPhone 13」世代ばかりはカメラにかなりフォーカスした記事にせざるを得ない。評価用端末を使い始めてすぐにそう感じた。(2021/9/22)

Apple、iPhone 13ファミリーの予約受付を開始 8万6800円から19万4800円まで 
iPhone 13、13 Proの予約受付が始まった。(2021/9/17)

iPadにApple WatchからiPhone 13まで:
Apple秋の新製品に共通する“掘り下げると深い”魅力
Appleから、iPhone 13シリーズを筆頭に新型iPadとiPad mini、さらにApple Watch Series 7と秋の新製品が相次いで発表された。それらに隠された真の魅力を、林信行氏がウオッチした。(2021/9/16)

「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」の大きな違いは? 4機種のスペックを比較する
「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4機種は何が違うのか。13と13 Proはディスプレイやカメラに差がある。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、サイズ以外の違いがほぼなくなった。(2021/9/16)

「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? iPhone 12シリーズとの比較まとめ
米Appleが9月14日(米国時間)に開催したスペシャルイベントで発表された、「iPhone 13」シリーズ。今回は先代のiPhone 12シリーズを踏襲し「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」の4機種が登場した。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。(2021/9/15)

画面領域が拡大し急速充電に対応! IP6Xの防じん性能を備えた「Apple Watch Series 7」登場 発売は秋
Appleが新型Apple Watch Series 7を発表した。新たにフラットな画面を採用し、画面解像度が広くなった。従来のApple Watch SEとApple Watch Series 3も引き続き併売される。(2021/9/15)

「iPhone 13」「iPhone 13 mini」登場 5色展開で8万6800円から 9月24日発売
AppleのiPhoneに2021年モデルが登場。スタンダードを担う「iPhone 13」と、そのコンパクトモデル「iPhone 13 mini」は、従来のボディーデザインを踏襲しつつ新たなカラーを採用し、スペックの底上げを図っている。(2021/9/15)

Appleが「iPhone 13」シリーズを発表 価格は8万6800円から、「mini」「Pro」「Pro Max」も同時発売
シネマティックモードかっこいい。(2021/9/15)

「iPhone 13」でも「mini」サイズ継続 カメラ強化 8万6800円から
Appleは9月14日(米国時間)、5G対応の新型スマートフォン「iPhone 13」シリーズの最小モデル「iPhone 13 mini」を発表した。miniモデルは前作の「iPhone 12」シリーズで登場したが13でも継続した。価格は8万6800円から。(2021/9/15)

9万8800円から:
アップル、「iPhone 13」を発表 デザインは大きく変更せず
アップルがiPhoneの新モデル「iPhone 13」4機種を発表した。価格は9万8800円から:(2021/9/15)

約9兆円の取引総額:
中国、独身の日に並ぶ「618」商戦 日本企業の口コミ数は「ユニクロ」や「資生堂」が上位 戦略は?
中国のセールといえば11月11日の独身の日(W11)が有名だが、それと並ぶのが6月18日の「618」だ。中国・星図データによると、今年の「618」の流通取引総額は5784億8000万元(約9兆8720億円)だった。(2021/7/16)

Y!mobileが「iPhone 11(64GB)」を7月9日発売 6万9840円
ソフトバンクが、Y!mobile向けに「iPhone 11」を7月9日に発売する。カラーはパープル、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイト、PRODUCT(RED)の6色を用意する。一括価格は6万9840円(税込み)。(2021/7/6)

今日のリサーチ:
在日中国人女性に聞いた「小紅書(RED)」利用実態――アライドアーキテクツ調査
中国の大人気SNS「小紅書(RED)」。回答者の約97%がREDの口コミを参考にして商品購入や店舗へ行ったことがあるということです。(2021/6/22)

iPhone 30は? Apple Carは?:
Appleのティム・クックCEOが「VivaTech 2021」で語った注目する技術と未来の方向性
フランスのテクノロジーイベント「VivaTech 2021」が6月16日(現地時間)に開幕し、Apple CEOのティム・クック氏が登壇した。そこで語られた内容を林信行氏がレポートする。(2021/6/18)

Appleは失せ物探しを再発明できるか:
「AirTag」が活躍する風景 Appleの新たなチャレンジ
Appleから遂に発表された「AirTag」。同社の「探す」エコシステムを活用することで、プライバシーを保護しながら失せ物探しに貢献する。実際のふるまいなどを林信行氏がチェックした。(2021/4/22)

UQ mobile、「iPhone 11」を4月23日に発売 64GBと256GB
KDDIと沖縄セルラーは「UQ mobile」向けに、4月23日から「iPhone 11」販売する。価格は未定で、決まり次第案内される。ストレージ容量は64GBと256GBから選べる。(2021/4/14)

「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」、Apple Store店頭に
店頭受け取りではPro Maxが人気。(2020/11/14)

LINEモバイルが「iPhone SE(第2世代)」を発売 4万6800円(税別)から
LINEモバイルが10月28日、「iPhone SE(第2世代)」の取り扱いを開始した。価格(税別)は64GBが4万6800円、128GBが5万1800円。ソフトバンク回線でのみ購入できる。(2020/10/28)

Apple、iPhone 12とiPhone 12 Proの販売開始 Apple Storeでは比較展示も
Apple Store 名古屋栄での様子をレポート。(2020/10/23)

iPhone 12実機を詳細チェックして分かった、カメラ仕様、MagSafe、5G
iPhone 12実機をお宝流マニアックな視点でチェック。(2020/10/23)

「iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max」は何が違う? 4機種のスペックを比較
新型iPhoneとして「iPhone 12」シリーズが発表された。ラインアップは4機種あり、一見すると違いが分かりにくい。iPhone 12シリーズ共通の特徴、12と12 Proの違い、12 Proと12 Pro Maxの違いを確認した。(2020/10/14)

Appleが「iPhone 12」を発表! 初の5G対応 通常版のほか「mini」「Pro」「Pro Max」の4種類で展開
全種類5G対応!(2020/10/14)

series 6とSEはユーザー爆発の引き金か?:
製品のファミリー化でさらなる魅力が開花した「Apple Watch」の大いなる可能性
Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」だが、今回から機能や見た目で3つのモデルが用意された。それぞれの違いは何か、実際に利用して違いを確かめた。(2020/9/17)

Good、Better、Bestで読み解く新ラインアップ:
健康の未来を先取りしたApple Watch、タブレットの水準を引き上げたiPad
Appleが恒例のスペシャルイベントを行ったが、メインのiPhoneは発表されず、新型iPadシリーズとApple Watchシリーズが登場したのみだった。しかし、その中には我々の未来に直結する重要なメッセージが盛り込まれていた。林信行氏が読み解く。(2020/9/17)

ドコモとソフトバンクも新しい「Apple Watch」「iPad」「iPad Air」を順次発売
auに続き、NTTドコモとソフトバンクも「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「iPad(第8世代)」を発売することを発表した。「iPad Air(第4世代)」については、10月に発売する予定だ。(2020/9/16)

家族に持たせるための新機能も:
血中酸素量も測定できる「Apple Watch Series 6」と廉価版の「Apple Watch SE」が9月18日発売
Appleが新型Apple Watchを2種類発表した。血中酸素濃度を計測できる最新モデルと、旧モデルをベースにした廉価版という組み合わせで、Apple Watch Series 3も引き続き併売される。(2020/9/16)

「Apple Watch Series 6」発表 血中酸素計測に対応 赤と青の新色、廉価版「SE」も
Apple Watch Series 6が予想通り発表された。予想外の廉価版「SE」もファミリーに加わった。(2020/9/16)

J:COMが9月17日に「iPhone SE(第2世代)」発売 価格は9月15日に発表予定
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」において、9月17日からiPhone SE(第2世代)の販売が始まる。価格は9月15日に行う新生「J:COM MOBILE」のオンライン発表会で告知される予定だ。(2020/9/11)

BIGLOBEモバイルが9月18日に「iPhone SE(第2世代)」を発売 1925円×24回(税別)から
BIGLOBEモバイルが9月18日、iPhone SE(第2世代)を発売する。オンラインショップでは、64GBモデルが1925円×24回、128GBモデルが2140円×24回で販売される。(2020/9/11)

Y!mobile、9月11日に「iPhone SE(第2世代)」128GBモデルを発売
ソフトバンクは、9月11日にY!mobile(ワイモバイル)向け「iPhone SE(第2世代)」の128GBモデルを発売。カラーはホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3色で、価格は6万4080円(税込み)。(2020/9/9)

Y!mobile、「iPhone SE(第2世代)」128GBモデルを9月上旬以降に発売
ソフトバンクが、Y!mobile向けに「iPhone SE(第2世代)」の128GBモデルを9月上旬以降に発売する。価格は6万4080円(税込み)。64GBモデルは8月27日に発売予定。(2020/8/26)

UQ mobileも「iPhone SE(第2世代)」を8月27日に発売 3万5640円(税込み)〜
UQコミュニケーションズが、UQ mobile向けに「iPhone SE(第2世代)」を8月27日に発売する。価格(税込み)は64GBが3万5640円、128GBが4万7520円。カラーはブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3色。(2020/8/21)

Y!mobileが「iPhone SE(第2世代)」を8月27日に発売 5万7600円(税込み)
ソフトバンクが、Y!mobile(ワイモバイル)向けに「iPhone SE(第2世代)」を8月27日に発売する。カラーはホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3色。ストレージは64GBのみで、価格は5万7600円(税込み)。(2020/8/21)

「iPhone SE(第2世代)」は7や6sからどれだけ進化した? 使い勝手や性能を比較した
「iPhone SE(第2世代)」は、「iPhone 8」から2年半ぶりとなる、4.7型ディスプレイ搭載モデルだ。最新のiPhone11シリーズ並みの高い処理性能を実現しながらも、4万4800円からという低価格に設定されている。「iPhone 8」「iPhone 7」「iPhone 6s」「iPhone SE(第1世代)」などの旧モデルと比較してみた。(2020/5/11)

第2世代iPhone SE実機をマニアックにチェックして分かったこと
なかなか実機を見る機会のないまま人気となっているiPhone SE (2nd generation) 。その細かい機能をチェックしてみた。(2020/4/27)

ビックカメラ、第2世代iPhone SE SIMフリーの販売を開始(展示機あり)
新世代iPhone SE実機を店舗で見ることもできる。(2020/4/24)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「iPhone SE」は単に“爆速なiPhone 8”ではない いち早く試して判明した違い
第2世代「iPhone SE」を試したところ、ベースになった「iPhone 8」と比べて劣るところは一つもなく、最新プロセッサを搭載したことによる利点が十分に感じられた。また、iPhone 8とほぼ同じ形状なのだが、細かな違いと注意点も明らかになった。(2020/4/22)

石野純也のMobile Eye:
新「iPhone SE」は分離プラン時代に合ったモデル ヒットの可能性は大
米Appleが4月15日(現地時間)に突如、約4年ぶりとなるiPhone SEの後継機を発表した。第2世代では、ベースとなるデザインをiPhone 6からiPhone 8まで続いた4.7型のものに変更した。5万円を下回る価格で発売され、しかも最新モデルと同等のプロセッサを搭載したiPhone SEに寄せられた期待は大きい。(2020/4/18)

新「iPhone SE」は歴代最安 旧SEやiPhone 8との違いは? 比較まとめ
米Appleは4月16日(日本時間)、iPhoneの新モデル「iPhone SE」(第2世代)を発表した。歴代で最も安かった旧「iPhone SE」を下回る価格で、歴代最安モデルとなる。旧SEやiPhone 8と比べながら注目ポイントを紹介。(2020/4/16)

Apple、第2世代「iPhone SE」を発表 価格は4万4800円から、4月17日より予約受付
安い!!!(2020/4/16)

新型「iPhone SE」発表 見た目は“8”、頭脳は“11” 4万4800円から
米Appleが新型「iPhone SE」を発表した。iPhone 8のデザインを踏襲していながら、最新モデル「iPhone 11」シリーズと同じプロセッサ「A13 Bionic」チップを搭載。(2020/4/16)

4月24日発売:
第2世代の「iPhone SE」発表 iPhone 8ベースのデザインでホームボタンあり
米Appleは4月15日(現地時間)、第2世代の「iPhone SE」を発表した。ストレージの容量は64GB、128GB、256GBの3種類で、価格は4万4800円から。「iPhone 8」を踏襲したデザインを採用している。(2020/4/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
復活の「iPhone SE」が2020年に最も売れるiPhoneになる理由
2016年3月発売の初代「iPhone SE」から4年。ついにiPhone SEの新モデルが登場した。「iPhone 8」ベースのホームボタン付きボディーに最新スペックを搭載し、予約受付は4月17日から、発売は4月24日の予定だ。(2020/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。