ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「(PRODUCT) RED」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「(PRODUCT) RED」に関する情報が集まったページです。

「iPhone 14 Plus」「iPad(第7世代)」の整備済製品が12%、35%オフ【Amazonタイムセール祭り】
「Amazonタイムセール祭り」で、Appleの整備済製品がセール対象となっている。「iPhone 14 Plus」と「iPad(第7世代)」がお買い得。(2024/2/3)

「大復活」のインバウンド消費 取りこぼさないために重要な「MEO」とは?
ようやく「復活」といっても良さそうなインバウンド市場。2023年12月は19年比で110%近い成長を見せた。このチャンスを生かすために、知っておくべきポイントを有識者が解説する。(2024/1/31)

「iPhone 13(512GB)」が16万2800円→13万900円に Amazon ブラックフライデーで大容量モデルがお買い得
Appleはアマゾンジャパンが開催する「Amazon ブラックフライデー」で、一部製品を特価販売している。対象製品は「iPhone 13(512GB)」のブルー、(PRODUCT)REDの2色と、「iPhone 13 Pro Max(1TB)」のシエラブルーだ。記事内は全て税込み。(2023/11/24)

UQ mobile、「iPhone 13(128GB)」を11月22日発売 一括9万2720円から
KDDIは、11月22日にUQ mobileから「iPhone 13(128GB)」を発売。MNPでコミコミプラン/トクトクプランへ契約かつ増量オプションII加入ありの場合は一括価格は9万2720円(税込み)となる。(2023/11/15)

Y!mobileオンラインストアで「iPhone 13」発売、機種変更なら2万1600円割引に
Y!mobileオンラインストアは、11月15日に「iPhone 13」を販売開始。機種変更なら128GBモデルが通常11万5200円のところ、機種変更割引で2万1600円割引となり9万3600円(税込み)で購入できる。(2023/11/15)

Y!mobile、「iPhone 13」を11月15日に発売 機種変更なら128GBが9万3600円
ソフトバンクは11月9日、Y!mobileで「iPhone 13」を取り扱うと発表した。Y!mobileオンラインショップとiPhone取扱店が11月15日に発売する。9日に価格(税込み)も公表された。(2023/11/9)

iPhone SE(第2世代)が1万8957円から、iPhone 12/13などもお得に:Amazonプライム感謝祭
Amazon.co.jpが10月15日まで、セール「Amazonプライム感謝祭」を実施する。iPhoneの整備済品がお得に買える。価格はすべて税込み。(2023/10/14)

Apple Watchに「Series 9」「Ultra 2」登場 画面に触れずに“指で操作”できる新機能も
米Appleは9月12日(現地時間)、新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 9」「Apple Watch Ultra 2」を発表した。(2023/9/13)

「Apple Watch Series 9」発表 新チップで処理性能アップ、新ジェスチャーや新色ピンクを追加 「Ultra 2」はさらに明るいディスプレイに
Appleが新しい「Apple Watch Series 9」「Apple Watch Ultra 2」を発表した。(2023/9/13)

mineoで「iPhone SE(第3世代)」販売開始 64GBが約7万円から
mineoは、7月21日から国内版SIMロックフリー「iPhone SE(第3世代)」を取扱開始。一括価格は64GBモデルが7万224円(税込み、以下同)、128GBモデルが7万7880円。(2023/7/20)

アーケードゲーム筐体が1/24スケールでカプセルトイに テーブルタイプとミディタイプであのころのゲーセンを再現
ゲーセンでよく見かける“あのイス”も付属します。(2023/4/29)

「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」に新しいカラーバリエーション「イエロー」登場
(2023/3/8)

新たな顧客に訴求:
「iPhone 14」シリーズに新色「イエロー」 3月14日発売
米アップルは3月7日、「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」に新色「イエロー」を追加したと発表した。(2023/3/8)

iPhone 14/14 Plusに新色「イエロー」追加 3月14日に発売
Appleは3月7日、「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」に新色「イエロー」を追加したことを発表。3月10日から予約を受け付け、3月14日に発売する。既存5色に加えた6色展開となる。(2023/3/7)

「iPhone 14」に新色イエロー登場 ただしProは追加色なし
アップルジャパンが「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」に新色「イエロー」を追加したと発表した。3月10日から予約受付を開始し、14日から販売する。(2023/3/7)

欧州のIoT機器セキュリティ対策最新動向(3):
IoT機器の開発にサイバーセキュリティの規格を適合させる方法
IoT機器を狙ったサイバー攻撃の脅威が現実のものとなる中、世界各国でセキュリティ対策の整備が進んでいる。本連載では欧州当局が出すセキュリティ要件や規制動向に焦点を当て、国内製造業が意識すべきポイントを解説していく。(2023/2/14)

ドコモ販売ランキング:新発売「iPhone 14 Plus」は128GBモデルのみトップ10入り【10月3日〜10月9日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。10月3日〜10月9日の期間はiPhone 14 Pro(256GB)が1位を獲得。新発売の大画面モデル「iPhone 14 Plus」は7位にランクインした。(2022/10/15)

iPhone 14 Proでも14 Plusでもなく「iPhone 14」を選んだ理由 金額以外でも満足
たくさんのスマホに触れてきたプロならば、買うのはやはり「iPhone 14 Pro」や「Pro Max」だと思う。だが、筆者はあえて「Plus」でもない「iPhone 14」を選んだ。その理由は大きく分けて「予算」「カラバリ」「カメラ」にある。(2022/10/14)

大画面が復活! カメラとバッテリー性能が向上したiPhone 14/14 Plus でもお勧めは14 Pro?
10月7日から、iPhoneのスタンダードモデル「iPhone 14」の大画面版となる「iPhone 14 Plus」が発売となる。新モデルの魅力はどこにあるのか、林信行氏がチェックした。(2022/10/6)

「iPhone 14」を写真でチェック iPhone 13と何が変わったか
米Appleが9月7日(現地時間)に発表した新型「iPhone 14」シリーズを写真を中心にチェックする。(2022/9/14)

「Apple Watch SE」に新モデル 3万7800円から 「Series 8」も登場
米Appleは9月7日、同社が開催したオンラインイベントにて「Apple Watch Series 8」と第2世代の「Apple Watch SE」を発表した。(2022/9/8)

iPhone 14シリーズ4機種の違いは? スペックを比較する
Appleが発表したiPhone 14シリーズ。「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。それぞれの違いをスペック比較表を交えて比較した。(2022/9/8)

iPhone 14/14 Proの実機に触れて分かった“違い” Plusのサイズ感やProの新ノッチはどう?
Appleは、9月7日(現地時間)、iPhone 14シリーズやApple Watchの新モデル、AirPods Pro 2を発表した。新モデルのiPhone 14シリーズを、写真とともにチェックしていきたい。iPhone 14の外観は日本のモデルと異なる。iPhone 14 Proはノッチの形状が大きく変わった。(2022/9/8)

「iPhone 14」シリーズ徹底比較 iPhone 13と何が変わったかチェックしてみた
米Appleが9月7日(米国時間)に「iPhone 14」シリーズを発表した。6.1インチの「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」と、6.7インチの「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。(2022/9/8)

au Online ShopでiPhone 11の認定中古品を発売 64GBで4万円
KDDIは9月7日、au Online Shopにおいて「iPhone 11」の中古品の販売を始めた。価格は64GBモデルが4万円、128GBモデルが4万7800円となっている。どちらも「au Online Shop お得割」の対象となる。(2022/9/8)

10月7日発売:
米アップル、「iPhone 14 Plus」発表 「iPhone 8 Plus」以来の復活、「mini」消滅
(2022/9/8)

Apple、新型「Apple Watch」を9月16日より順次発売へ アウドトア向け上位モデル「Apple Watch Ultra」も登場
「Apple Watch Series 8」は399ドル/499ドルで9月16日より販売。(2022/9/8)

チップは「A15 BIONIC」続投:
米アップル、新型スマホ「iPhone 14」発表 9月16日発売、価格は11万9800円から
(2022/9/8)

「iPhone 14」発表 衛星通信に対応、11万9800円から 「Plus」も復活
AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 14」を発表。新たに衛星通信を活用した緊急通報機能を搭載する。価格は11万9800円から。サイズの大きい「iPhone 14 Plus」も発売するが、「13」まで提供していた「mini」は販売しない。(2022/9/8)

衝突検知も可能な「Apple Watch Series 8」と廉価版「Apple Watch SE(第2世代)」が9月16日に発売
Appleは9月8日(日本時間)、「Apple Watch Series 8」「Apple Watch SE(第2世代)」を発表した。どちらも8日に予約の受け付けが始まり、9月16日に発売となる。Apple Watch Series 8の価格はGPSモデルが399ドルからで、Cellularモデルは499ドルからとなる。Apple Watch SE(第2世代)の価格は249ドルから。(2022/9/8)

「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」登場 9月9日から予約受付開始
iPhoneの2022モデルにおいてメインストリームを担うモデルは、5.4型の「mini」が廃止された一方で、6.7型の「Plus」が初登場し、6.1型との2サイズ体制となった。(2022/9/8)

iPhone 14シリーズをAppleが発表 iPhone 14は9月16日発売、価格は119800円から
iPhone 14 Plusのみ10月7日発売。(2022/9/8)

6GHz帯を使用する最新規格:
Wi-Fi 6Eの登場で、干渉テストはどう変わる?
携帯電話の規格と同様に、Wi-Fiの規格も進化を続けており、Wi-Fi 6Eはその中でも新しい規格となります。6GHz帯を使用する同規格の登場で、干渉テストはどう変わるのでしょうか。(2022/8/24)

ビックカメラ店舗限定で「Apple Watch Series 7」が最大1万円引きに
ビックカメラは、店舗限定キャンペーンとして「Apple Watch Series 7」を最大1万円引きで販売する。期間は8月20日から31日まで。在庫については店舗に問い合わせてほしいとしている。(2022/8/22)

Amazonプライムデーで「iPhone SE(第2世代)」「Apple Watch」「AirPods」がセール価格に
7月12日0時〜7月13日23時59分までの限定セール「Amazonプライムデー」で「iPhone SE(第2世代)」「Apple Watch」「AirPods」などをセール価格で販売される。(2022/7/12)

「iPhone SE(第2世代)」「Apple Watch SE」「iPad mini(第6世代)」がお買い得! Amazonタイムセール
Amazonがタイムセールを実施している。Apple製品も一部対象となっているので、簡単にチェックしておこう。(2022/6/18)

「iPhone SE(第3世代)」は買いか? iPhone 13 ProやSE(第2世代)と使い比べて分かったこと
発売されたばかりの「iPhone SE(第3世代)」を購入した。先代の「iPhone SE(第2世代)」や、よりスペックの高い「iPhone 13 Pro」と比べてどうか。実際の使い勝手や性能、現在のiPhoneラインアップで購入すべきモデルなのかについて検証した。(2022/3/30)

第3世代iPhone SE、実機を使って分かった先代との違い、カメラの進化
いち早く第3世代iPhone SEの実機を手にし、第2世代iPhone SEと比較しながら検証してみた。(2022/3/15)

最新プロセッサを内蔵し5G通信にも対応:
最新iPhoneの魅力を万人に届ける「第3世代iPhone SE」の破壊力
3月18日に待望のiPhone SE(第3世代)が発売される。見た目はほぼそのままに、ガラリと生まれ変わった実機を林信行氏がチェックした。(2022/3/14)

色的にも意義的にも深みがある緑色――「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」の新色をじっくり眺める
3月18日、iPhone 13シリーズとiPhone 13 Proシリーズに「緑色」が追加される。緑色と聞くと、一見地味な印象も受ける。しかし、林信行氏によると、実物を見ると印象が大きく変わるという。どういうことなのだろうか?(2022/3/11)

UQ mobileの「iPhone SE(第3世代)」は64GBで6万5335円から 最大2.2万円引きも
KDDIがUQ mobileブランドで取り扱う「iPhone SE(第3世代)」の価格(税込み)を発表した。64GBで6万5335円から。「UQ mobile オンラインショップ おトク割」で最大2万2000円引きになる。(2022/3/10)

「iPhone SE(第3世代)」と「iPhone 12 mini/13 mini」を比較 今買うならどれ?
Appleは3月18日、新型スマートフォン「iPhone SE(第3世代)」を発売する。前世代モデルのフォルムを踏襲しつつ、初めて5Gに対応した。一方で、iPhoneの現行ラインアップには、5G対応でサイズ感の近い小型モデル「iPhone 12 mini」「iPhone 13 mini」もあるので、3機種を比較した。(2022/3/10)

Y!mobileの「iPhone SE(第3世代)」は64GBで4万6080円から
ソフトバンクは、Y!mobileブランドで取り扱う「iPhone SE(第3世代)」の価格(税込み)を発表した。64GBで6万7680円から。新規もしくは他社からY!mobileに乗り換えた場合、2万1600円引きになる。(2022/3/10)

これまでの限界を打ち破る! 作り込まれた「Apple Event」で感じた新たな息吹
Appleが3月8日(米国太平洋時間)に行ったスペシャルイベントでは、iPhoneやiPad Airシリーズの新モデルに加え、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表もなされた。林信行氏が同イベントを読み解いた。(2022/3/10)

アップルが新型「iPhone SE」発表 ホームボタン続投でバッテリー持ちを改善 Lightning端子は……そのままか
5G通信にも対応しました。(2022/3/9)

Appleイベント発表まとめ 新型「iPhone SE」や「Mac Studio」など新ハードが豊作
米Appleは3月8日(現地時間)に自社イベントを開催。数多くのハードウェア新製品を発表した。どういったものが登場したのかまとめてみる。(2022/3/9)

「iPhone SE(第3世代)」は何が変わった? 第2世代とスペックを比較する
3月18日に発売される「iPhone SE(第3世代)」と、先代の「iPhone SE(第2世代)」のスペックを比較する。外観は見分けがつかないほど同じで、Touch IDも継承している。一方でプロセッサ、通信性能、カメラ機能などがバージョンアップしている。(2022/3/9)

「iPhone SE(第3世代)」発表 A15 Bionic搭載+5G対応でTouch ID継承 5万7800円から
Appleが「iPhone SE」の第3世代モデルをリリースする。第2世代と同じく「iPhone 8」のデザインをベースとしているが、A15 Bionicチップを搭載し、5G通信に対応することで大幅なパワーアップを果たしている。【更新】(2022/3/9)

新型「iPhone SE」発表 デザインそのまま5G対応 256GBモデルも 5.78万円から【追記あり】
米Appleが第3世代の「iPhone SE」を発表。第2世代モデルのデザインを踏襲し、画面下には指紋認証「Touch ID」対応のホームボタンを搭載。新たに5G通信にも対応した。価格は429ドルから。18日に発売する。(2022/3/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「中国製気にしない」「SNSで探しECで買う」Z世代消費の“傾向と対策”
1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指す「Z世代」という言葉を見聞きすることが増えた。トレンドの担い手として企業の関心を集めるが、中国でも「Z世代」にターゲットを絞って急成長するスタートアップが次々に現れている。中国のZ世代はどのような特徴を持つのだろうか。(2022/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。