ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トラックパッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トラックパッド」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ただM2チップに変わっただけ? 新MacBook ProはM1版と全く同じではない
M2チップを搭載したMacBook Pro「MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) 」をチェックした。(2022/6/24)

PR:人気動画クリエイターってどんな風にパソコンを使いこなしてるの? 「カズチャンネル」のカズさんに聞いてみた
ガジェットレビューで知られるカズさんに「Yoga Slim 760 Carbon」のレビューをしてもらいました。(2022/6/20)

石野純也のMobile Eye:
iPhoneとMacの“いいとこ取り”をした「iPadOS 16」 iPadは2つの方向に進化する
WWDCで発表されたものの中で最も大きなアップデートといえそうなのが、基調講演のトリを飾ったiPadOS 16だ。複数のアプリをウィンドウで開ける「Stage Manager」や外部ディスプレイなど、PC化がますます進んでいる。それでも、macOSとは明確なすみ分けが図られている。(2022/6/11)

法人向けはSecured-Core PC:
CPUを強化して新色も追加 「Surface Laptop Go 2」6月7日発売 個人向けモデルは約9.7万円から
Surface Laptopのエントリーモデルが第2世代に移行する。第11世代Core i5プロセッサを搭載して処理パフォーマンスの底上げを図り、新色として「セージ」を用意した。法人向けモデルは独立したTPMチップを搭載し、Secured-Core PCにも対応する。(2022/6/2)

79gの“掛けて使う”ディスプレイ 「Nreal Air」はPCの外部モニター代わりになり得るか?
ここ数年で「スマートグラス」の波がじわじわと来ている気がする。その中でも一番未来を感じるのは、ディスプレイを搭載したものだろう。(2022/4/21)

PR:最新の第12世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した「HP Elite Dragonfly G3」デビュー インテルとHPが目指すPCの未来とは
(2022/4/19)

Intel Evo対応モデルが続々:
MSIが第12世代Coreプロセッサ搭載のビジネス&ライトクリエイター向けノートPCを発表
MSIがIntelの第12世代Coreプロセッサを搭載したビジネス&ライトクリエイター向けノートPCを投入する。現時点で、一部を除き日本での展開は未定だ。(2022/3/25)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Apple Studio Displayが買えなくてもユニバーサルコントロールがあるじゃない
マリー・アントワネットはそんなこと言ってないけど、便利です。(2022/3/22)

林信行が体感:
「Mac Studio×Studio Display」が見せるデジタルクリエイションの頂上品質
3月18日、ArmベースのMacとしては最高スペックを誇る「Mac Studio」と、それと組み合わせて使える5Kディスプレイ「Studio Display」が同時に発売される。この組み合わせは、デジタルクリエイションにとって大きな意味を持つ。林信行氏が、先行してその魅力を体感した。(2022/3/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPad Air(第5世代)」を使って確かめた11インチiPad Proとの違い どちらを選ぶべきか
M1搭載の「iPad Air(第5世代)」を発売に先駆けて試用してみた。同じM1を搭載し、価格差が小さい11インチiPad Pro(第3世代)との違いは何か。実機を使ってみた上で、選び方のポイントを絞り込んでみた。(2022/3/17)

MacとiPadをカーソルが自由に行き来する「ユニバーサルコントロール」、どうすれば使える?
macOS MontereyとiPadOSで「ユニバーサルコントロール」を設定する手順。(2022/3/15)

iOS 15.4は来週配信 マスクを着けたまま「Face ID」が使えるように
AppleがiOS 15.4の提供を来週(3月14日の週)に始める。マスクを着用した状態でも「Face ID」(顔認証)が使えるようになる。近くにあるMacとiPadの間で、一組のトラックパッドやキーボードを共用できる「ユニバーサルコントロール」も同じ週に提供する。(2022/3/10)

これまでの限界を打ち破る! 作り込まれた「Apple Event」で感じた新たな息吹
Appleが3月8日(米国太平洋時間)に行ったスペシャルイベントでは、iPhoneやiPad Airシリーズの新モデルに加え、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表もなされた。林信行氏が同イベントを読み解いた。(2022/3/10)

Appleがブラックキー搭載Magic KeyboardやブラックMagic Mouseなどを販売開始
Appleは、Apple Silicon搭載Macシリーズに対応したMagic Keyboardなどのブラックカラーモデルの販売を開始した。(2022/3/9)

センターフレーム対応Webカメラ搭載:
Appleが27型5Kディスプレイ「Studio Display」を3月18日発売 19万9800円から
Appleが、27型5Kディスプレイ「Studio Display」を発表した。「A13 Bionicチップ」と約1200万画素Webカメラを内蔵しており、両者を組み合わせることでディスプレイサイドでセンターフレーム撮影を実現している。(2022/3/9)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
キーボードショートカットって使ってる? いろいろ語りたそうな副編集長を召喚した
使えると便利なキーボードショートカット、みなさん何を使ってますか?(2022/1/25)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「変態PC」が集まるCES 2022で気になったモバイルPCたち
無事に終了したCES 2022、各メーカーからさまざまなPCが発表されたが、2022年も風変わりなモデルがいくつも発表されていた。その中から3モデルをピックアップする。(2022/1/12)

「Gz'One TYPE-XX」レビュー 再始動のカシオデザインを堪能できる一台
伝説のタフネスケータイが10年のときを経てよみがえった。auが2021年12月に発売した「G'z One TYPE-XX」をレビューする。(2022/1/11)

Apple、macOSの「ユニバーサルコントロール」をまた延期 「2022年の春に使えるようになります」
Appleは「macOS Monterey 12.1」の配信を開始した。だが、今秋使えるようになるはずだった「ユニバーサルコントロール」は含まれていない。「2022年の春」に延期された。(2021/12/14)

Apple、SharePlayに対応した「macOS Monterey 12.1」を配布開始
iOSやiPadOSに遅れていたSharePlayがようやくMacでも使えるようになった。(2021/12/14)

+Style、スマホをノートPCのように使える「Mirabook」発売 約6万円
+Styleは、デスクトップモードに対応するスマートフォンを接続するとノートPCのように使うことができるスマートフォンアクセサリー「Mirabook」を発売する。価格は6万280円(税込み)。(2021/11/30)

CloseBox:
テレワーク中にちょっかいを出す猫には「おなかのポケット」に入ってもらおう
バウヒュッテの「にゃんガルーパーカー 2」を買って、猫を入れて仕事ができるかどうか試してみた。(2021/11/29)

Microsoft、3万580円からの教育機関向けPC「Surface Laptop SE」でChromebookに対抗
Microsoftは「中学校向け」の新ノートPC「Surface Laptop SE」を発表した。日本での販売価格は3万580円から。搭載するOSは「Windows 11 SE」だ。(2021/11/10)

Windowsフロントライン:
2度あることは3度ある 低価格PCで教育市場奪還を目指すMicrosoftの挑戦
Microsoftが力を入れている教育市場だが、苦戦が続いている。これを覆すべく取り組まれている動きを見ていこう。(2021/11/2)

PR:リモートワークとセキュリティ対策に便利な機能を多数搭載 ペンも内蔵できる「ThinkPad X1 Yoga Gen 6」
(2021/9/29)

Apple、Touch ID搭載Magic Keyboardの単体販売を開始
Appleは、M1チップ搭載Macに対応したTouch ID搭載Magic Keyboardの販売を開始した。(2021/8/4)

Magic Keyboardとの使い勝手の差は?:
トラックパッドも備えたロジクールの新型iPad Pro向けキーボード一体型ケース「COMBO TOUCH」を使ってみた
Apple純正品以外で、iPad用のトラックパッド搭載キーボードを積極的にリリースするロジクール。ここで取り上げる「COMBO TOUCH」は、最新の第5世代12.9インチiPad Pro用モデルだ。(2021/8/4)

Touch ID搭載Magic Keyboard、単体販売を開始 iMac以外のM1 Macでも使える
M1 iMacへの同梱しかなかったTouch ID付きキーボードが、他のM1 Macでも使える。(2021/8/4)

XP-PEN、デュアルホイール搭載ペンタブレット「Deco Pro」にBluetoothワイヤレスモデルを追加
XP-PENは、同社製ペンタブレット「Deco Pro」シリーズにBluetoothワイヤレスモデルを追加した。(2021/7/13)

ロジクール、iPad Air 第4世代用のキーボード一体型ケース
ロジクールは、iPad Air 第4世代用のキーボード一体型カバーケース「ロジクール COMBO TOUCH for iPad Air(第4世代用)」を発売する。(2021/7/8)

PR:ノートとしてもタブレットしてもハイレベル レノボのデタッチャブルPC「ThinkPad X12 Detachable」
(2021/6/16)

Linuxベースの独自OSを搭載したタブレットがクラファンで登場 Androidアプリにも対応
中国Jingling Techが、Linuxベースの独自OS「Jing OS」を搭載したタブレット端末「Jing Pad A1」のクラウドファンディングを開始。Linuxアプリの他、Androidアプリも一部動作するという。価格は549ドル。(2021/6/16)

石野純也のMobile Eye:
「コロナ禍への対応」「機械学習の活用」「デバイス連携の深化」――3つのキーワードで見るAppleの新OS
AppleがWWDC21でiOS、iPadOS、watchOS、macOSの最新バージョンを披露した。最大公約数のキーワードになりそうなのが、「コロナ禍」「機械学習」「デバイス連携」。ホーム画面を刷新してウィジェットに対応したiOS 14ほどの大規模なアップデートではなかったが、どのOSも着実に進化している。(2021/6/12)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した情報操作の未来
Appleが開催した開発者向けイベント「WWDC21」。そこから見えてくるものを五つの視点で林信行氏が振り返る。(2021/6/11)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

「iPadOS 15」発表 MacからiPadを操作する「ユニバーサルコントロール」やどこでもメモ機能「クイックメモ」など
Appleはオンラインの「WWDC21」でiPad向けの新OS「iPadOS 15」を発表した。近くに置いたMacのキーボードやトラックパッドを使ってiPadからMacにファイルを移動できる機能や、iPadのシステム横断でメモを取れる「クイックメモ」機能などが追加される。(2021/6/8)

macOSの新バージョンは「Monterey(モントレー)」 2021年秋にリリース
macOSの新バージョン「Monterey(モントレー)」の概要が発表された。開発者向けのプレビュー版は配信を開始しており、一般ユーザーも試せるパブリックβ版は7月から配信される予定だ。(2021/6/8)

ロジクール、iPad Pro用のキーボード一体型ケース トラックパッドも装備
ロジクールは、iPad Pro 11インチ/12.9インチ用のキーボード一体型保護ケース「COMBO TOUCH」を発売する。(2021/5/27)

Apple、新型「iMac」「iPad Pro」「Apple TV 4K」を5月21日に発売
Appleが、「iMac」「iPad Pro」「Apple TV 4K」を5月21日に発売する。3製品とも4月30日に予約受付を開始しており、5月後半に発売するとアナウンスしていた。既に予約をしているユーザーには、21日から製品が届けられる。(2021/5/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「24インチiMac」を試して実感した“Apple M1の強み” iPhoneで磨かれた技術がついにデスクトップへ
Apple M1搭載の「24インチiMac」を発売に先駆けて試用した。SoC搭載の機能をハードウェア設計と統合することでiMacのユーザー体験はどう進化したのか。実機に触れてみたインプレッションをお届けする。(2021/5/19)

Apple M1搭載iMacはStay Home時間を快適にする最強のアイテム
待望のApple M1を搭載した24インチiMac(23.5型)が、いよいよ発売となる。液晶一体型デスクトップPCの立ち位置を、がらりと変える可能性を秘めた新モデルについて、林信行氏が試した。(2021/5/18)

Appleストアでスペースグレイの周辺機器が「在庫がなくなり次第終了します。」に
Appleがスペースグレイの「Magic Keyboard(テンキー付き)」「Magic Mouse 2」「Magic Trackpad 2」の販売ページに「在庫がなくなり次第終了します。」と表示している。在庫がなくなると、シルバーのみになる。(2021/5/15)

Web会議にも役立つ!:
液タブ「Wacom One」をテレワークのモバイルディスプレイとして使って分かったこと
在宅ワークで注目を浴びている液晶ディスプレイやモバイルディスプレイだが、ワコムの液晶ペンタブレットを使うとさらに生産性を高めることができるのではないだろうか。実機でチャレンジしてみた。(2021/5/12)

CloseBox:
Apple WatchでiPhoneのFace IDアンロックを初体験して分かったこと Apple Watchはもはや必須
iOS 14.5とwatchOS 7.4でついに実現した「マスク装着時のFace IDアンロック」、早速試してみた。(2021/4/27)

林信行視点で振り返るAppleイベント:
M1チップと新色で“時代の変化”を感じさせたApple新製品発表会を振り返る
Appleの発表会では、さまざまな新製品が登場した。それぞれの製品から見えてくるものを林信行氏が読み解いた。(2021/4/22)

7色のカラバリで展開:
iMacがM1チップを搭載し23.5型にフルモデルチェンジ――キーボードも3タイプから選択可能
Appleが、M1チップを搭載した新型iMacを発表し、4月30日から注文を受け付ける。発売は5月後半で、8コアGPUの上位モデルが税込み19万9800円〜、7コアGPUの下位モデルは税込み15万4800円〜となっている。(2021/4/21)

M1搭載の薄い「iMac」登場 Touch ID付きMagic Keyboardも
米Appleは、M1チップを搭載したデスクトップPC「iMac」を発表した。30日から注文を受け付け、5月後半に発売する。GPU7コアのモデルが15万4800円で、GPU8コアのモデルは17万7800円から(全て税込)。(2021/4/21)

第4世代iPad Air向けキーボード一体型ケースを試す:
トラックパッドを搭載したロジクール「FOLIO TOUCH iK1094BKA」は純正品と何が違う?
第4世代iPad Air用のカバー兼キーボードにトラックパッド付きモデルが登場した。Apple純正キーボードとどのような違いがあるのか、試してみた。(2021/4/15)

Innovative Tech:
スマートフォンの背面にトラックパッド Snapなど「BackTrack」開発
「背面タップ」より高度なことが可能。(2021/3/12)

「CES 2021」で登場
テレワークが進むPCとは? Elite Folio、ThinkPad X12、Latitude 7320から探る
PC大手のHPとLenovo、Dellは「CES 2021」で、テレワークでの利用を想定したノートPCを披露した。「場所を問わず高い生産性を発揮したい」というテレワーカーのニーズに、各社はどう応えようとしているのか。(2021/2/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。