ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Magic Mouse」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Magic Mouse」に関する情報が集まったページです。

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Apple Studio Displayが買えなくてもユニバーサルコントロールがあるじゃない
マリー・アントワネットはそんなこと言ってないけど、便利です。(2022/3/22)

これまでの限界を打ち破る! 作り込まれた「Apple Event」で感じた新たな息吹
Appleが3月8日(米国太平洋時間)に行ったスペシャルイベントでは、iPhoneやiPad Airシリーズの新モデルに加え、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表もなされた。林信行氏が同イベントを読み解いた。(2022/3/10)

Appleがブラックキー搭載Magic KeyboardやブラックMagic Mouseなどを販売開始
Appleは、Apple Silicon搭載Macシリーズに対応したMagic Keyboardなどのブラックカラーモデルの販売を開始した。(2022/3/9)

センターフレーム対応Webカメラ搭載:
Appleが27型5Kディスプレイ「Studio Display」を3月18日発売 19万9800円から
Appleが、27型5Kディスプレイ「Studio Display」を発表した。「A13 Bionicチップ」と約1200万画素Webカメラを内蔵しており、両者を組み合わせることでディスプレイサイドでセンターフレーム撮影を実現している。(2022/3/9)

Apple、Touch ID搭載Magic Keyboardの単体販売を開始
Appleは、M1チップ搭載Macに対応したTouch ID搭載Magic Keyboardの販売を開始した。(2021/8/4)

Touch ID搭載Magic Keyboard、単体販売を開始 iMac以外のM1 Macでも使える
M1 iMacへの同梱しかなかったTouch ID付きキーボードが、他のM1 Macでも使える。(2021/8/4)

Apple、新型「iMac」「iPad Pro」「Apple TV 4K」を5月21日に発売
Appleが、「iMac」「iPad Pro」「Apple TV 4K」を5月21日に発売する。3製品とも4月30日に予約受付を開始しており、5月後半に発売するとアナウンスしていた。既に予約をしているユーザーには、21日から製品が届けられる。(2021/5/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「24インチiMac」を試して実感した“Apple M1の強み” iPhoneで磨かれた技術がついにデスクトップへ
Apple M1搭載の「24インチiMac」を発売に先駆けて試用した。SoC搭載の機能をハードウェア設計と統合することでiMacのユーザー体験はどう進化したのか。実機に触れてみたインプレッションをお届けする。(2021/5/19)

仕事が快適になる、設置しやすいM1搭載「iMac 24インチ」 実機ファーストインプレッション
ニューヨーク在住YouTuber、大石結花さんが新デザインiMacを自宅でしばらく使ってみた。(2021/5/18)

Appleストアでスペースグレイの周辺機器が「在庫がなくなり次第終了します。」に
Appleがスペースグレイの「Magic Keyboard(テンキー付き)」「Magic Mouse 2」「Magic Trackpad 2」の販売ページに「在庫がなくなり次第終了します。」と表示している。在庫がなくなると、シルバーのみになる。(2021/5/15)

林信行視点で振り返るAppleイベント:
M1チップと新色で“時代の変化”を感じさせたApple新製品発表会を振り返る
Appleの発表会では、さまざまな新製品が登場した。それぞれの製品から見えてくるものを林信行氏が読み解いた。(2021/4/22)

7色のカラバリで展開:
iMacがM1チップを搭載し23.5型にフルモデルチェンジ――キーボードも3タイプから選択可能
Appleが、M1チップを搭載した新型iMacを発表し、4月30日から注文を受け付ける。発売は5月後半で、8コアGPUの上位モデルが税込み19万9800円〜、7コアGPUの下位モデルは税込み15万4800円〜となっている。(2021/4/21)

M1搭載の薄い「iMac」登場 Touch ID付きMagic Keyboardも
米Appleは、M1チップを搭載したデスクトップPC「iMac」を発表した。30日から注文を受け付け、5月後半に発売する。GPU7コアのモデルが15万4800円で、GPU8コアのモデルは17万7800円から(全て税込)。(2021/4/21)

失敗例に学ぶ優れたUI(2):
「操作が難解」「ミスを誘引する」事例から学ぶUIデザイン改善方法――「何ができるのか」が伝わるデザインとは?
デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。第2回はさまざまな人に伝わるデザインとは何かを解説します。(2021/3/11)

27インチiMacがパワフルにモデルチェンジ 第10世代Coreプロセッサ搭載で「反射抑制ガラス」も選択可
Appleが27型の「iMac」をモデルチェンジし、受注を開始した。第10世代Coreプロセッサを搭載し、CTO(カスタマイズ)モデルでは画面への反射を抑制する「Nano-textureガラス」を搭載することもできる。(2020/8/5)

iOS 13.4、iPadOS 13.4の新機能、すべて解説します 「iPadでマウス」の使い方も
MACお宝鑑定団のITmedia NEWS向けスペシャルコンテンツ。(2020/3/25)

Apple、マウスとトラックパッドのサポートなどを追加した「iPadOS 13.4」配布開始
iPadでマウスとトラックパッドがちゃんと使えるようになった。(2020/3/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「iPad Pro」はどこまでパソコンに近づいたのか 2020年モデルをいち早く試した
2020年3月18日に発表された新型「iPad Pro」の実機をいち早くレビュー。新旧モデルの性能比較やトラックパッド対応など、気になる進化点をチェックしていく。(2020/3/24)

Mac Pro (2019) のディテールをチェック 先代タワーから改良されたポイントは?
新しいタワー型Mac Proは旧型タワーとどう違うのか? 細部に至るまでチェック。(2020/1/6)

「Mac Pro」のタワータイプの受注が始まる 価格は約66万円〜631.5万円(税込み)
Appleのハイエンドデスクトップ「Mac Pro」の新モデルのうち、タワー型ボディータイプの受注が始まった。最小構成時の税込み直販価格は65万9780円だ。(2019/12/11)

Apple、新型Mac Pro用部品の輸入関税対象除外要請 トランプ政権に
Appleは、Mac Pro (2019) 用部品を輸入関税対象から除外するようトランプ政権に要請した。(2019/7/24)

WWDC 2019:
Mac Pro (2019) に関する細かすぎる質問とその回答
WWDC 2019のPro Studioで、Mac Pro (2019) について質問してきた。(2019/6/5)

iMac Proは256GBメモリも搭載可能に:
iMacが最大8コアのIntel第9世代Core+Vegaに刷新 21.5型4Kモデルは15万4224円から
Appleが新型iPad AirとiPad miniに続き、iMacの新モデルを発表した。CPUに最大8コアのIntel第9世代Coreを選べるようになるなど、性能強化が図られている。(2019/3/20)

Mac mini (2018) 、4年ぶりの新モデルはどこがどう違う?
4年ぶり、待望のモデルチェンジとなったMac mini。以前のモデルとはどう違うかMACお宝鑑定団が細かくチェックした。(2018/11/8)

トランプ大統領「Appleは中国関税の影響が嫌なら国内で製造するがいい」とツイート
Appleが米通商代表部に送った、トランプ政権が検討している対中関税が製品の販売価格上昇につながるとして再検討を求める書簡について、トランプ大統領は「それなら製品を国内で製造すればいい」とツイートした。(2018/9/10)

Mac史上最速の「iMac Pro」は56万円から 18コア最上位構成で146万円
予告通り、米Appleは12月14日に新たなハイエンドMac「iMac Pro」を発売した。価格は8コア構成で55万8800円(税別)から。(2017/12/15)

「iMac Pro」発売 ハイエンド構成だと約150万円に
Appleがハイエンドデスクトップ「iMac Pro」を発売した。プロセッサやメモリ、ストレージを最高スペックにすると、税別で約150万円に上る。14あるいは18コアプロセッサの場合、出荷予定は6〜8週間だ。(2017/12/15)

Unityで始めるVR/AR開発入門(5):
UnityとVuforia Object Scannerを使って立体マーカーにオブジェクトを表示するARコンテンツを作る
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。今回は、Vuforia Object Scannerを使ってマウスをスキャンして、そのマウスにUnityからパーティクルを表示させてみる。(2017/2/14)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

Apple「Magic Trackpad 2」、実は時間泥棒促進アイテムだった
入力デバイス好きのみなさん、お集まり下さい。(2016/1/20)

OS X "El Capitan" Tips:
El Capitanなら「Mission Control」の起動もスマート
(2015/12/3)

週末アップルPickUp!:
新型iMacと初代iMacを比べてみると……? アップルが「Then and Now」を公開
みなさんはiMacにどんな思い出がありますか? (2015/10/17)

iMacの新型発表! 21.5インチにRetina 4Kモデルが登場、27インチはすべてRetina 5Kに
新型のマウスとキーボードが付属。(2015/10/14)

Apple、21.5インチ4K「iMac」やMagicシリーズの新キーボード、マウス、トラックパッドを発表
AppleがiMacのラインアップを刷新し、新しいBluetooth接続の周辺機器も発表した。すべて同日発売だ。キーボードがMagicシリーズに仲間入りし、すべて乾電池式から充電式になった。(2015/10/14)

キーボード、マウス、トラックパッドも新型に:
21.5インチiMacに4K対応のRetinaディスプレイモデルが登場
4096×2304ピクセルの4K表示に対応した21.5インチiMacなど、液晶一体型Macのラインアップをモデルチェンジ。ワイヤレスアクセサリ群も刷新され、「Magic Trackpad 2」は感圧タッチをサポートした。(2015/10/14)

週末アップルPickUp!:
新型「Apple Wireless Keyboard」と「Magic Mouse」が発売されるかも!
どこが変わる?(2015/8/21)

手が届きやすくなった?:
「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に23万8800円の下位モデル
アップルの「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に、スペックを抑えて低価格化した下位モデルが加わった。(2015/5/19)

デスクトップPCも5Kに:
27型iMacがついにRetina化――5120×2880ピクセル
うわさ通り、ついにデスクトップPC「iMac」がRetina化を果たした。「Retina 5K display」を搭載して、標準構成で25万8800円からだ。(2014/10/17)

故あって機種変検討中:
iPhone一筋の新入社員Kがお届けする、au夏の新作スマホレビュー
auが発表した2014年夏モデルのスマートフォン6機種。今までスマホはiPhoneしか使ったことのない新入社員Kが、発表会場で新モデルに触れてみました。(2014/5/16)

注目PCレビュー:
「21.5インチiMac」――グラフィックス強化で「新生FF14」も楽しめるオールインワンPC
アップルの液晶一体型PC「iMac」は“とりあえず何でもこなせてしまう”のがウリ。入門機に最適のモデルだ。(2014/1/16)

デザイン賞受賞作品:
これは思わず欲しくなる デザインにこだわったiPhone・iPad・Mac用アクセサリー
さまざまな種類があるスマホやタブレット、PC向けの周辺機器。機能や価格で選ぶことも多いが、やっぱりデザインにこだわって選んでみたい。そこで、各地のデザイン賞を受賞した製品を「MacPerfect」で探してみた。(2014/1/9)

週末アップルPickUp!:
次世代iPad miniとSurface 2、10月22日に話題を集めるのはどっち!?
アップル新製品発表イベントとSurface 2の発売が重なるらしい運命の10月22日。より多くの注目を集めるのはどっちかな?(2013/10/11)

TechTargetジャパン会員限定サービス
会員限定! Appleの「iMac」プレゼント
(2013/8/16)

ワイヤレス充電でバッテリー交換の煩わしさを不要に――「The Magic Feet」
Mac本体とBluetoothで接続するワイヤレスキーボードやワイヤレスマウスはとても便利で快適だが、乾電池を利用しているとどうしてもバッテリー切れの瞬間がやってきて、交換する作業が発生する。しかし、ワイヤレス充電対応のバッテリーを利用する「The Magic Feet」なら、いつでも快適な使用を可能にする。(2013/4/3)

もちろんMagic Trackpadも:
Apple純正マウスやキーボードをワイヤレス充電する「The Magic Feet」
Apple純正のWireless KeyboardやMagic Trackpad、Magic Mouseをワイヤレスで充電できる専用ドック「The Magic Feet」が登場。プラスチックとメタル素材により、Apple製品と相性の良い外観デザインを実現した。(2013/2/23)

ちょっと気になる入力デバイス:
Windows 8を快適に使う“7つ道具”――エレコム「M-TC01DB」
ユーザーに身近なキーボードとマウスは、星の数ほど発売されている。その中から、気になる一品を360度チェックする本連載。今回はWindows 8のジェスチャー操作に対応したマウスを紹介する。(2013/1/22)

CEATEC JAPAN 2012:
Mac純正キーボード&マウスを、“かっこいい”まま非接触充電対応に
Mac標準キーボード、マウスを利用するユーザー向けの便利機器がスイスのアクセサリメーカーMobee Technologyより登場。CEATEC JAPANでデモが行われていた。(2012/10/3)

海外モバイルニュースピックアップ:
きらめくジョブズ氏のiPhoneケース
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ジョブズ氏をスワロフスキーのクリスタルで描いたiPhoneケース、Apple製品を破壊するアート、過激な端末耐久テストトップ10、英ブランド調査でAppleがトップに など。(2012/9/26)

ちょっと気になる入力デバイス:
触っていて気持ちいい――触感と使いやすさを追求したタッチマウス「M600」
ユーザーに身近なキーボードとマウスは、星の数ほど発売されている。その中から、気になる一品を360度チェックする本連載。今回はタッチセンサーを搭載したロジクールのマウス「M600」だ。(2012/4/20)

広田稔のMacでいこうよ:
独断と偏見で選ぶ! 「MacBook Air」と使いたい基本のハード&ソフト10(前編)
一昔前を振り返るとまるで“奇跡”のように増殖したMacユーザー。特にMacBook Airは電車の中や喫茶店で見かけることが本当に多くなった。そんなわけで、新しいMacユーザーのための新連載を開始するのだ。(2012/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。