ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シャドーワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シャドーワーク」に関する情報が集まったページです。

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/17)

電子ブックレットダウンロードランキング(11月12日〜11月18日):
あなたの真実が暴かれる――デジタルサイネージ最前線
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式でお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。この1週間で最も多くダウンロードされたのはどのブックレットだったのか、ランキング形式でまとめてみました。(2010/11/19)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
「遊び心」を仕事の中に取り入れよ――目指せ! プロデューサー型社員
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「シャドーワークを使いこなす」をお届けします。(2010/11/10)

職場活性化術講座:
知識創造的なコミュニケーションとは
世の中全体が不安定な状況下で、コミュニケーションの重要性はますます高まっている。ここでもう一度、コミュニケーションをどうとらえるか見つめ直すべきではないだろうか。(2009/9/7)

職場活性化術講座:
「葉っぱビジネス」の成功を支える絶妙な仕組みとは
新しいビジネスの鉱脈を探し当てることは容易ではない。しかし探し当てた鉱脈から着実に利益を生み出すことはもっと大変だ。最近注目された徳島県の「いろどり」という会社の事例は、その困難さをいかに克服するかを教えてくれる。(2009/8/19)

職場活性化術講座:
「考えない職場」と「考えている職場」の差とは?
目の前の仕事に追われ、疲弊しきってしまう前にマネジャーとしてやるべきことは何だろう。(2009/7/22)

モノづくりからコトづくりへ:
「世界の知で創る」――日産のグローバル共創戦略
野中郁次郎、徳岡晃一郎共著の「世界の知で創る」(東洋経済新報社刊)は1980年代後半から開始された日産自動車の海外開発拠点づくりを題材にしながら、ビジネスにおける「知の共創」の本質に迫ろうという意欲作だ。(2009/7/10)

職場活性化術講座:
Judgmentの精度と「交差点ハンティング」
職場の生産性を上げるにはどうすればいいのか。やはり現場は「サクサク仕事が進む明るい雰囲気」がいい。そのためには、一直線でガチガチの論理分析力だけでは足りない。(2009/6/5)

職場活性化術講座:
鋭いだけの傍観者よ、柔軟な「論理力」をつけよう
論理力、分析力は職場の活性化には重要だが、そこには柔軟性が不可欠だ。今回は柔軟な左脳の力を養うクイズを用意してみた。(2009/4/30)

職場活性化術講座:
「右脳の復権」が分析麻痺状態の組織を救う
論理分析重視、ロジカルシンキング重視が幅を利かせてきたこの20年。経済環境の変化とともに、硬直化した組織を変えるために右脳型の発想、行動が見直され始めている。(2009/3/30)

職場活性化術講座:
自ら信じる旗を立てよ――ITマネジャーに必要なこと
フライシュマン・ヒラード・ジャパンSVP、パートナーで多摩大学教授の徳岡晃一郎氏は、40代のマネジャークラスの人に必要なのは、50代以上の人たち、30代以下の人たちとの「価値観のすり合わせ技術」だと話す。(2009/3/30)

職場活性化術講座:
「組織を超えろ」――リーダーが示す最強のメッセージ
大不況時代にこそ求められるイノベーション精神。組織、チームにそれを求めるなら、リーダーは分業意識を壊すことをメンバーに促すことが不可欠になる。(2009/2/3)

職場活性化術講座:
なるほど、それは面白いかもしれない――リーダー必須の枕ことば
リーダーはスタッフの「学ぶ意欲」をかきたてなくてはならない。そして各人の持つ「現場の知」と結び付けていく。その時、発せられたアイデアをまずは「なるほど、それは面白いかもしれない」という枕ことばで受け入れよう。そのアイデアがたとえただの改善案に毛が生えたようなものであってもだ。(2009/1/23)

職場活性化術講座:
「ニコニコ上司」を返上、「扇動者」に変身せよ
組織改革には、まずは小ぢんまりとまとまろうとするチームに波風を立たせることから始める。リーダーはニコニコ顔を隠して、扇動者、挑発者を演じる覚悟を決めよう。(2009/1/8)

職場活性化術講座:
どんなに小さな組織も「大型タンカー」だと思え
「いまこそ組織改革を」という声をよく聞くが、どんな小さな組織でも、改革は簡単ではない。組織にはとてつもない力を持ったイナーシャ(慣性)が働いているからだ。(2008/12/25)

職場活性化術講座:
バラバラの組織を変える3つの「ミーティング改革」
組織改革を目指すリーダーがなすべきことは、簡単なことから始まる。まず朝の会議やスタッフミーティングを見直そう。予定の共有、進捗確認に終始する無味乾燥なものから、日常の気になったことを話す、対話重視のものに変えるのだ。(2008/11/26)

職場活性化術講座:
リーダーのあなたも「Change!」――変革のパイロットとなれ
オバマ次期米国大統領のスローガンではないが、大きな変化が日常茶飯で起こる今日、リーダーはチームの中でどう働きかけをすればよいのか。変化を受け止めるだけでなく、マネジメントしていこうという姿勢が問われる。(2008/11/11)

職場活性化術講座:
直感に訴えるメッセージを発信するには
リーダーは思いを込めてメッセージしなくてはならない。単なる説明口調で、左脳的に長々と状況分析が客観的にされていても、結論は響くものにはならない。(2008/10/28)

職場活性化術講座:
定着している「職場のウソ」を把握せよ
信頼されるリーダーの条件は「有言実行」である。言っていることと行動が逆であったりすれば、それは「職場のウソ」として定着してしまう。(2008/10/16)

職場活性化術講座:
リーダーは「ストーリーテラー」であれ
リーダーシップを発揮するには、結局は人の心を動かすことが基本となる。そのツールとして「ストーリー」がある。(2008/10/9)

職場活性化術講座:
優れたリーダーは「人と人のつなぎ方」がうまい
組織の中でマニュアルを越えた施策をどう打ち出すかということは大変重要な課題だ。優れたリーダーは人と人のつながりを先読みして、組織の効率を大幅に向上させている。(2008/9/19)

職場活性化術講座:
欧米でも変化しつつあるリーダーシップの中身
ITマネジャーにとって、リーダーシップという言葉はいつも意識する単語の1つだろう。しかし疲弊しつつある、あるいは疲弊しきってしまっている組織やチームをどう変えていくかという問題の解はそう簡単には出てこない。(2008/8/28)

職場活性化術講座:
「違うって。どうしてそんな解釈になるんだよ」――メンタルモデルの罠
誰かと話をする時、われわれはメンタルモデルの存在を知っておくことが肝心だ。「相手は違う受け止め方をしているかもしれない」ということを心の片隅に置いてコミュニケーションをしていく必要がある。(2008/8/9)

職場活性化術講座:
夏休みには「人脈」について考えてみよう
シャドーワークは日陰でこそこそやる「内職」ではない。今の役割をベースにして、会社や上司から言われている以上に自分で達成したいこと、あるいは将来のキャリアや夢へ向かって、人脈を作り上げることから考えてみよう。(2008/8/7)

職場活性化術講座:
よし! 明日はとなりの部門と飲み会だっ――全社的な知の創造
自分の身のまわりのルーティン業務をこなしていればそれですむという時代はとうの昔に終わっている。他の部門のこと、会社とライバル企業の関係などを知ることが重要だ。(2008/7/10)

職場活性化術講座:
自閉的なチーム組織を活性化するベンチマークという手法
不時着したゼロ戦を徹底的に研究してグラマンをつくった米国。他国の製品を研究しつくして世界市場に躍り出たホンダやソニー。こうした勝つための戦略を小さな組織で今から始めてみてはどうか。(2008/7/8)

職場活性化術講座:
「見える化」で萎縮? チーム活性化の秘術――シャドーワークの効用
クリエイティブな仕事を部下に求めるなら、「目に見える世界の仕事観」だけで管理し、安心していてはいけない。(2008/6/25)

職場活性化術講座:
「心理的すれ違い職場」をカイゼンせよ!――メールだけじゃダメ
恋愛関係でのそれよりも、はるかに絶望的で悲惨な結末を生み出しやすい職場での「心理的すれ違い」。コミュニケーションツールを多彩に持ち、TPOを勘案して人間関係のパイプを太く、濃密に持つことが肝心だ。(2008/6/21)

職場活性化術講座:
ブラフィング戦略は嫌われる――セルフコーチングでスッキリ
上司とて人の子、自信が持てない、自分のメッセージが明確にならないという時もある。そこで陥りやすいのが部下に無理難題を押しつけ、その反応を見ながら落としどころを探るというブラフィング戦略。ただしこれ、確実に嫌われます。倒錯した方法を操る前に、セルフコーチングでまずスッキリしよう。(2008/6/6)

職場活性化術講座:
「あんたに言われたくない」――信頼関係欠如のコミュニケーション
自分の得意な手段でしかコミュニケーションしようとしない、これが職場の活性化を妨げる原因の1つだ。相手がどんな手段でのコミュニケーションを望んでいるかを考えてみよう。(2008/6/4)

シャドーワークと問題解決手法:
「ブログで一発当ててやろう」はメッセージにならない
報酬の有無に関係なくプロジェクトの参加者を夢中にさせ、シャドーワークを成功させるには単なる数値目標はあまり役に立たない。メッセージを伝えることが大切なのだが、そこには個人が確立した理念という背景が必要だ。(2007/8/31)

既成のワークスタイルを壊す「静かなる革命」:
「遊ぶように仕事をする」は夢物語か?
「仕事と遊びとは違う」という言い方はよく聞く。しかし、遊びの楽しさ、それに伴う創意工夫へのモチベーションはとても高いという面がある。おふざけではない、熱のこもった「遊び心」を仕事の中に取り入れたいとき、シャドーワークは強烈なツールとなる。(2007/8/28)

シャドーワークの心理学的意義とは?:
無報酬の仕事に熱中してしまう理由
シャドーワークをマネジメントすることは難しい。インフォーマルであることが存在理由であるものをフォーマルな場でコントロールしようとすると、意図、思惑などが透けて見えてしまうからだ。結局自然発生を待つしかないのだろうか。(2007/8/24)

プロデューサーからのメッセージ:
お手軽気分で参加しても火傷する――自然とシャドーワークしてしまう人たち
プロデューサー型ワークスタイルの基本は、ネットワークと自らの仕事に対する「想い」の強さだ。双方を地道に育てていくことが、シャドーワーク名人への道だ。(2007/8/21)

「シャドーワーク」の役割:
プロジェクトの推進エンジン――影の仕事を活用する
シャドーワークはプロジェクトのスピード上げる「ブースター」の役割を担う。二次的なものとしてとらえるのではなく、積極的にマネジメントに取り入れるべきだ。(2007/8/14)

空中分解しない「シャドーワーク」の極意:
内なる闘志こそ行動力の源――長年練り上げてきた発想を伝える
シャドーワークを実践し続ける人物に話を聞いた。その中には細かな気配りや人心掌握のテクニックが垣間見える。しかし彼ら動かしているのは「想い」である。(2007/8/10)

継続する「シャドーワーク」のために:
社内調整型ビジネスマンよ――ピュアな心に問いかけよう
社内調整の巧拙はプロジェクトの成否を決める。シャドーワークを推進するプロデューサー型のワークスタイルへの変化も、そうしたスキルが影響する。(2007/8/7)

ITmediaエンタープライズ Weekly Access Top10:
企業は従業員を信頼しなくなったのか?
企業が従業員を監視する動きが顕著に見られるようになってきました。それって信頼関係が足りてないんじゃないですか……。(2007/8/4)

上司の壁と「シャドーワーク」:
同世代でこれだけの差がつく――「プロデューサー」と「御用聞き」
インフォーマルな集団を作る「シャドーワーク」が注目されている。「影の仕事」をオモテに活かせる仕事師こそ「プロデューサー型社員」だ。(2007/8/3)

ワークスタイル変革:
差のつく仕事はここから始まる――「シャドーワーク」事始め
最近「シャドーワーク」という言葉があちらこちらで聞かれるようになった。「影の仕事」が注目され、それをマネジメントするための方法論が議論される理由とは。(2007/8/1)

5分で読むビジネス書:
考え抜かれた非常識──『頭のいい人が儲からない理由』
ビジネス書には、「方法論」を説くものと「考え方」を説くものの2種類がある。本書は、方法論を排除し、「常識」という言葉をキーワードに徹底的に考え方を解説する。(2007/5/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。