ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトバンクホークス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソフトバンクホークス」に関する情報が集まったページです。

福岡ソフトバンクホークスの日本一記念キャンペーン 最大31.5万円相当のPayPayボーナスなど
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスのSMBC日本シリーズ2020の優勝を記念した「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスやTポイント、クーポンのプレゼントや割引セールなどを行う。(2020/11/26)

PayPayボーナスなどが当たる「ソフトバンクホークス 優勝キャンペーン」開催
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスの2020年度パ・リーグのペナントレース優勝を記念した「ソフトバンクホークス 優勝キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスが当たるキャンペーンやセール・クーポン配布などを行う(2020/10/28)

ソフトバンクホークスがVTuber募集 プロ野球界初 動画で球界盛り上げる
福岡ソフトバンクホークスがVTuberを募集すると発表。動画を通じた球界の活性化などが目的。プロ野球チームがVtuberを起用するのは初。(2020/9/4)

ソフトバンクG、唾液PCR検査で新会社 社員や自治体、法人に「低価格・高頻度で提供」
ソフトバンクグループが、唾液PCR検査を行う新会社を設立。社員やソフトバンクホークスの選手に試験的な検査を実施し、将来は自治体や法人などに対象を拡大する。「低価格・高頻度での提供を目指す」という。(2020/7/30)

ホークスのロボット応援団が「気持ち悪いけど好き」と話題に ソフトバンクは「素直にうれしい」
7月7日の福岡ソフトバンクホークス対東北楽天イーグルス戦に登場した“ロボット応援団”の応援が、Twitter上で「ディストピア感」「癖になる」と話題だ。この反応にソフトバンクは「多くの人にパフォーマンスを見てもらえて素直にうれしい」とコメントしている。(2020/7/8)

Boston Dynamicsの犬型ロボット「Spot」、福岡PayPayドームで「Pepper」と踊る
米Boston Dynamicsの犬型ロボット「Spot」が福岡PayPayドームで行われる福岡ソフトバンクホークスのホームゲームに登場。ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」と一緒にダンスを披露する。7月7日から31日まで。(2020/7/6)

無観客のライトスタンドでPepperがダンス ソフトバンクホークスがロボット応援団
福岡ソフトバンクホークスが本拠地ライトスタンドに人型ロボット「Pepper」を設置。得点時にダンスを披露し、無観客試合となる19〜21日の開幕3連戦を盛り上げる。(2020/6/18)

ソフトバンクホークスの開幕3連戦をVRライブで無料配信
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクは、6月19日の開幕戦から「5G LAB」とのコラボ企画を実施。コカ・コーラシートからVRライブ配信し、開幕3連戦は誰でも無料で視聴できる。(2020/6/15)

「福岡PayPayドーム」2020年2月29日に誕生
福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ドームが、2020年2月29日から「福岡PayPayドーム」に名称を変更。今宮健太選手と高橋純平投手を2020年度のPayPayアンバサダーとなり、スマホ決済サービス「PayPay」のPRを行う。(2019/11/25)

「福岡PayPayドーム」誕生へ 20年2月に改称、キャッシュレス化を促進
福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ドーム」の名称が、2020年2月29日に「福岡PayPayドーム」に変わる。(2019/11/25)

「勝どきあげろ、ペイペイドーム!」に? ソフトバンクホークス本拠地が「福岡PayPayドーム」に改称
球場のキャッシュレス化も進むかも。(2019/11/1)

最大100万円相当のPayPayボーナスなどが当たる「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」開催
福岡ソフトバンクホークスのSMBC日本シリーズ2019優勝を記念した「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」が開催。最大100万円相当のPayPayボーナスや最大+10%のPayPayボーナスライト付与、スマホアクセサリーの特価販売などを行う。(2019/10/24)

5Gの本命は「エンタメ」? 実現には課題も ソフトバンクが「ヤフオクドーム」でアバター付き多視点VRの実証実験
ソフトバンクが、福岡ソフトバンクホークスが保有する「福岡ヤフオク!ドーム」において5Gを活用したアバター付き多視点VRの実証実験に成功。その模様がメディア関係者とホークス公式ファンクラブ会員に公開された。(2019/3/25)

福岡 ヤフオク!ドーム、3月2日から「PayPay」を導入 完全キャッシュレス化も視野に
福岡ソフトバンクホークスとPayPayは、共同で「福岡 ヤフオク!ドーム」のキャッシュレス化を推進すると発表。オープン戦が始まる3月2日からスマホ決済サービス「PayPay」を導入し、ドーム内ショップの飲食・グッズ販売、売り子販売、チケット売り場などでキャッシュレス化決済が利用できるようになる。(2019/1/30)

プロ野球のチケット価格、AIが設定 ソフトバンクのオープン戦で販売
福岡ソフトバンクホークスのオープン戦のチケット価格をAI(人工知能)が決める「AIチケット」が販売される。試合日時、リーグ内順位、対戦成績、席の種類などのビッグデータを活用する。(2019/1/25)

チケット購入前に座席からの眺めをCGで確認 Yahoo!チケットが新サービス
ヤフーと福岡ソフトバンクホークスが「Yahoo!チケット」のチケット販売に新サービスを追加。各座席からの眺めをあらかじめ3DCGで確認してからチケットを購入できるようになる。(2018/9/26)

常にハイライト:
プロ野球選手からビジネスマンに “生涯現役”貫く江尻慎太郎さんの人生
2001年にドラフトで日本ハムファイターズに入団。その後、横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプロ野球選手としてのキャリアを過ごした江尻慎太郎さん。現役引退後、彼が選んだ道はビジネスマンだった。江尻さんの仕事観、人生観に迫った。(2018/7/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
全力で駆け抜けた川崎宗則から、学ぶべきこと
福岡ソフトバンクホークスが川崎宗則内野手の退団を発表した。なぜ川崎は多くのファンから愛されたのか、なぜ心の病を患うことになったのか。彼の素顔は……?(2018/3/29)

「スタジアムのような臨場感」 プロ野球の試合、VRでライブ配信 ソフトバンクが実験
ソフトバンクホークスの試合をVRでライブ配信する実証実験が始まる。VRアプリとゴーグルを使って好きな視点から視聴でき、「まるでスタジアムで観戦しているかのような臨場感を楽しめる」という。(2018/3/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂大輔に忍び寄る「無職」という肩書き
松坂大輔投手が福岡ソフトバンクホークスを退団した。本人は現役を続ける意向のようだが、いまのところ彼にラブコールを送る球団はない。このままではかつての怪物が「無職」になってしまうかもしれない。(2017/11/9)

ソフトバンクグループがホークス優勝キャンペーンを開催 100万円分のハワイペア旅行などが当たる
ソフトバンクグループは、9月16日から福岡ソフトバンクホークスの2017年度パ・リーグのペナントレース優勝を記念した「ソフトバンクグループ ホークス優勝キャンペーン」を開催。100万円分のハワイペア旅行や特別価格セール、Tポイントプレゼントキャンペーンなどを行う。(2017/9/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景
福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が来季も契約延長となる可能性が高まってきている。ろくに働いていない彼と契約することで、球団はどのようなメリットがあるのか。そこには親会社と球団の戦略があって……。(2017/8/11)

ヤフー、AIが“価格決める”チケット販売 ソフトバンク戦が対象
ヤフーが、福岡ソフトバンクホークス主催のパ・リーグ公式戦チケットの販売に、人工知能(AI)による需要予測を導入。予測結果に基づき価格を1日1回変更する。(2017/7/3)

「ヤフオク!」活用も:
ヤフー、AI活用の“価格変動チケット”販売 ホークス27試合
ヤフーが福岡ソフトバンクホークスが主催するパ・リーグ公式戦の観戦チケットを「価格変動」形式で販売。AIを活用して価格が決まる。「ヤフオク!」で人気席のオークションも。(2017/6/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつて「怪物」と呼ばれた松坂は、このまま「引退」するのか
右肩痛が原因で、ボールを投げることができない状況が続いている――。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことである。かつて「怪物」と呼ばれた男はこのまま引退してしまうのか、それとも現役を続行するのか。(2017/6/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂は「復活」できるのか いや「引退」か
「元怪物」がペースを上げている。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことだ。春季キャンプで順調な調整を続けているので、多くのメディアは「今年こそいける」といった報道をしているが、本当に復活することができるのか。「平成の怪物」と呼ばれた男は……。(2017/2/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高年俸と安定を蹴った「ムネリン」の生き方
シカゴ・カブスからFAとなっていた川崎宗則内野手が、再びカブスとマイナー契約を結んだ。古巣のソフトバンクホークスから好待遇を提示されていたのに、なぜ川崎はイバラの道を選んだのか。(2017/1/20)

KODAWARI、Yahoo!ショッピングでホークス応援セールを開催――アクセサリーが87円に
KODAWARIは、Yahoo!ショッピングサイトでソフトバンクホークス応援セールを開催。期間中は全品送料無料かつポイント5倍とするほか、Jackpenやクリアケースなどを87円(税込)で提供する。(2016/9/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由
松坂大輔が2軍で大炎上した。福岡ソフトバンクホークスと巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ結果を残せていない。とっくの昔に我慢の限界は超えているはずなのに、なぜ球団は松坂を見捨てないのか。その理由は……。(2016/5/19)

ホークス公式戦のプラチナチケット、ヤフオクで販売 需給に応じた販売手法を実験
ヤフーは、福岡ソフトバンクホークス公式戦チケットの一部をオークション形式と価格変動形式で販売する。(2016/3/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂は「給料泥棒」の汚名を返上できるのか “日本的補強”に警鐘
福岡ソフトバンクホークスの松坂投手とオリックス・バファローズの中島内野手が崖っぷちに立たされている。昨シーズン、大リーグから帰ってきた2人は期待されながらも、全く結果を残せなかったからだ。それでも高額を手にした両選手に対して、米球界から「?」の声が出ている。(2016/2/25)

App Town スポーツ:
福岡ソフトバンクホークスの春季キャンプ2016公式アプリが登場
福岡ソフトバンクホークスは、1月18日に春季キャンプ2016公式アプリを配信開始した。選手がどこでどんな練習をしているかがリアルタイムに分かる「タカノメ」をはじめ、アプリ限定のコンテンツを提供する。(2016/1/19)

こんなん笑ってしまう 福岡ソフトバンクホークスの謎キャラクター「ふうさん」の撤収方法が斬新だと話題に
ドーン!……ズルズル。(2015/10/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「名将」の予感を漂わせる、ソフトバンク・工藤監督の“人心掌握術”
プロ野球の福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ連覇を成し遂げた。就任1年目の工藤公康監督は、どのような手法でチームを引っ張って来たのか。手腕と人間性に迫ってみた。(2015/9/24)

野球観戦に行ってショッカーに入ろう? 福岡ソフトバンクホークスが謎イベント「ショッカー戦闘員トライアウト」を実施
ショッカーが狙っていたのは福岡征服だった……!?(2015/4/21)

プロ野球チームの業務改革:
ホークスの日本一に貢献した球団現場の“草の根活動”とは?
ソフトバンクが親会社になったことで、他球団と比べて積極的なシステム投資を行ってきた福岡ソフトバンクホークス。しかし球団スタッフであるスコアラーやスカウトなどの利活用は今一つだったという。なぜか……。(2015/4/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
裸一貫で9年ぶり 日本復帰を決意した松坂大輔の“家庭事情”
かつて「怪物」と呼ばれたメジャー・リーガーの松坂大輔が、日本球界に復帰する。福岡ソフトバンクホークスと3年総額12億円+出来高払いという巨額契約を結んだが、松坂は活躍することができるのだろうか。(2014/12/18)

これが球界の画伯か……! 福岡ソフトバンクホークスの人気選手が描いた「ヘタウマ」イラストがまさかのグッズ化
イラストの腕前も日本一!とはいかないようです……。(2014/12/12)

やったぜ:
各種セールや無料キャンペーンを実施する「ソフトバンクグループ ホークス優勝キャンペーン」
福岡ソフトバンクホークスのパ・リーグ優勝を記念した「ソフトバンクグループ ホークス優勝キャンペーン」が10月2日からスタートした。(2014/10/3)

ソフトバンク、福岡ソフトバンクホークスの応援&つかみ放題キャンペーンを実施
ソフトバンクモバイルは、6月20日から「俺祭 鷹の祭典キャンペーン」「スマ放題でつかみ放題」キャンペーンを実施する。(2014/6/18)

ホークスのビッグデータ活用記:
「勘と経験頼み」の職人集団から脱却 ソフトバンクホークスがデータ活用で目指すもの
古くからデータ活用が盛んに行われてきたプロ野球だが、テクノロジの進化によって新たな動きが生まれつつある。「KKD(経験、勘、度胸)」からの脱却を目指してデータ活用を進めているソフトバンクホークスに取り組み内容を聞いた。(2014/5/23)

ソフトバンクがオープン戦チケットを490円で販売――応援団長は「お父さん」が続投
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは、ホークスのオープン戦チケットを490円で販売する。また応援団長は白戸家の「お父さん」が続投する。(2014/1/15)

福岡ソフトバンクホークス「感謝の集い」をライブ配信
福岡ソフトバンクホークス「感謝の集い」2013をライブ配信する。選手グッズの展示コーナーや選手とのハイタッチなど。配信は11月23日10時0分〜。(2013/11/22)

ソフトバンクモバイル、新規契約者に「ホークス観戦ペアチケット」をプレゼント
ソフトバンクモバイルは、乗り換え(MNP)/新規契約者にホークス戦の「ソフトバンクホークス観戦ペアチケット」をプレゼントするキャンペーン「バリ得チケット」を3月にスタートする。(2013/2/22)

福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケットが980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」
ソフトバンクモバイルは、抽選により福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケットが980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」を販売する。(2013/2/14)

「ヤフードーム」が「ヤフオクドーム」に ソフトバンク本拠地名を変更
福岡ソフトバンクホークスの本拠地球場が「福岡 ヤフオク!ドーム」になる。(2013/1/25)

ソフトバンク、てぬブイや自転車が当たる「鷹の祭典 東京ドーム開催記念キャンペーン」
ソフトバンクモバイルが、福岡ソフトバンクホークスのイベント「鷹の祭典 東京ドーム開催記念キャンペーン」を実施。Facebook公式ページでアンケートに回答すると、抽選で「お父さん自転車」やオリジナルの「てぬブイ(手ぬぐい)」をプレゼントする。(2012/7/3)

福岡ソフトバンクホークスの「鷹の祭典2012」応援キャンペーン開始
ソフトバンクモバイルが、福岡県と首都圏の店舗において、福岡ソフトバンクホークスのイベント「鷹の祭典2012」の応援キャンペーンを実施する。(2012/6/7)

ソフトバンク、ヤフードームを買収 870億円
ソフトバンクが福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡Yahoo!JAPANドーム」を約870億円でシンガポール政府投資公社から買い取る。(2012/3/26)

ホークス主催の公式戦が980円で観戦できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは、2012年にヤフードームで開催する公式戦A指定席を980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」を販売する。対象はソフトバンクユーザー限定。(2012/2/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。