ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トリプルコア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トリプルコア」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

組み込み採用事例:
最新のカーナビシステムにHMI開発向けのUIオーサリングツール搭載
エイチアイは、同社のUIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が、富士通テンのカーナビゲーション「AVN」に搭載されることを発表した。UI Conductorは、オーサリングツールとランタイムライブラリで構成されるソリューションだ。(2017/1/17)

製造プロセスの進化もまとめてみた:
「A9」に秘められたAppleの狙い(後編)
後編では、Appleの最新プロセッサ「A9」の詳細をもう少し見ていく。特に、Aシリーズに適用されている製造プロセスの進化には、目を見張るものがある。(2015/11/25)

256Gバイトで199.99ドルから:
“2500Mバイト/秒リード”のPC向け爆速SSD――SamsungがPCIe 3.0x4+NVMe+M.2の「950 PRO」発表
コンシューマー向けのPCIe 3.0 x4/NVMe対応M.2 SSDがついにSamsungから登場。シーケンシャルリード2500Mバイト/秒、ランダムリード4Kは30万IOPSという驚異のパフォーマンスに注目だ。(2015/9/24)

もはや普及モデルのSSDではない:
「Samsung SSD 840 EVO」徹底検証――“TurboWrite”で下克上の性能を発揮か?
価格性能比に定評がある2.5インチSSD「Samsung SSD 840」がモデルチェンジ。課題だった書き込み速度を独自のバッファ技術で克服し、上位機「840 PRO」に肉薄する性能を得た。その実力をさまざまなテストで明らかにしていく。(2013/7/26)

プロセッサ/マイコン:
Appleのプロセッサ「Aシリーズ」の系譜
Appleは、2013年中にも「iPhone 5S」と第5世代の「iPad」を発売するとみられている。これらには、プロセッサ「A7」「A7X」が搭載されるという見方がある。ここでは、これまでのiPhone/iPadに搭載されてきたプロセッサが、どんな進化を遂げてきたのかを振り返る。(2013/4/5)

iPhone 5のロジックブロックは手作業レイアウト? iFixitとChipworksがA6を解析
分解マニュアルのiFixitがChipworksと協力してA6を解析した結果、ARMベースのApple独自プロセッサのコアが手作業でレイアウトされていることや、プロセスがSamsungの32nmであることが分かった。(2012/9/26)

コントローラ、NAND、ユーティリティも刷新:
Samsung、新世代SSD「Samsung SSD 840 PRO」「同 840」を発表――ランダムアクセスが大幅に高速化
IFA 2012で名前と外観が公表されていたSamsungの最新SSDがついにベールを脱いだ。コントローラ、NANDフラッシュメモリが刷新され、目新しいスペック、現行最速といえる高性能が目を引く。(2012/9/25)

IntelやPLEXTORのライバル機と比較:
日本で本格展開を開始した「Samsung SSD830」の実力に迫る
大手メーカー製PCに幅広く採用されているSamsung SSDだが、PCパーツとしては並行輸入品が出回る程度で、いまひとつ盛り上がりに欠けていた感がある。しかし、2012年3月に日本の正規代理店ができたことで、今後は存在感が増していくかもしれない。(2012/4/5)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のCPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したCPUは10モデル。業界関係者の正月の三が日を吹き飛ばし、クリスマスの三連休を消滅させたCPUレビューを振り返る!(2011/12/30)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“限界突破”を連発した9月のアキバ
9月のアキバは、DDR3の値下がりが加速する中で1枚8Gバイトのメモリが出回ったり、統合プロセッサ「Llano」でTDP 100ワットを大幅に切る低消費電力モデルが登場したりと、従来の限界を越える目玉パーツがみられた。(2011/10/6)

イマドキのイタモノ:
3コアのFusion APUってどうなのさ? 「A6-3500」で確かめる
Fusion APUのAシリーズにトリプルコアモデルが登場した。コストパフォーマンスを高めるための3つのコアの“立ち位置”をAシリーズで比較する。(2011/9/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ブレイク直前! を連発している感じ」――TDP 65ワットの「Llano」が登場
GPUとCPUを統合したAMDのLlanoは、多くのショップからブレイク候補に推されるものの、「ラインアップが充実すれば」「知名度が高まれば」など最後の一押し待ちといった状況が続いている。そこに、TDPが従来品より大幅に下がった新モデルが投入された。はたして・・・…!?(2011/9/12)

AMD、Fusion APUトリプルコア「A6-3500」を日本でも
AMDは、9月9日にデスクトップPC向けLlano/Lynxシリーズ「A6-3500」の日本向け出荷を開始した。また、CPU購入者対象のキャンペーンも始まる。(2011/9/9)

これがWii後継機? ネットに映像出回る
任天堂の次世代機「Project Cafe」のリーク映像らしきものがWebで話題になっている。(2011/5/19)

任天堂の次世代機は「Stream」で350〜400ドル?
任天堂が6月に発表するとうわさの次世代据え置き型ゲーム機は、350〜400ドルで秋に発売されるかもしれない。(2011/4/22)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2010年のCPU
2010年の“イマイタ”レビューに登場したのは、CPU8モデル。その性能と仕様の進化と傾向をベンチマークテストのグラフで振り返る。(2010/12/28)

AMD、モバイル向けPhenom IIを発表
AMDは、モバイル向けCPUの新製品を発表し、スペックを公開した。モバイル向けで初めてPhenomが登場したほか、モデルナンバーにアルファベットが追加された。(2010/5/12)

CeBIT 2010:
ASRockブースで挑発的なAMD 890GXマザーのライブデモを見る
GulftownのライブデモでCeBIT 2010会場を沸かせているASRock。過激すぎて“警告を受けた”という噂が流れる中、AMD 890GX搭載マザーでも挑発的なデモを行った!(2010/3/8)

イマドキのイタモノ:
Phenom II X2 555 Black Editionでブラックな“うわさ”を試す
AMDがエントリークラスのPhenomとAthlonを拡充。既存モデルのクロックアップ版を投入した。中でも“555”は、もうそれだけでいいことがありそうな予感が。(2010/2/3)

5分で分かった気になる、1月のアキバ事情:
GPUの居場所が増えて自作が少し複雑になった1月
2010年のアキバは、GPUを統合した新型CPU「Clarkdale」と、その対応チップセット「Q57/H57/H55」搭載マザーの登場で幕を開けた。(2010/2/3)

AMD、Athlon II X4 635など5製品を発表
AMDは、「Athlon II X4」シリーズの上位製品「Athlon II X4 635」など計5製品を発表した。(2010/1/25)

イマドキのイタモノ:
“イマイタ”と“ベンチマークテスト”で復習する2009年のPCパーツ
2009年の“イマイタ”に登場したのは、CPU14モデル、GPU(グラフィックスカード)9モデル、マザーボード11モデル。PCパーツの進化と変化を“グラフ”で振り返る。(2009/12/31)

5分で分かった気になる、11月のアキバ事情:
“Windows 7特需”が進行中だけど“弾”が足りなかった11月のアキバ
Windows 7の登場以降、好景気な話題が続く電気街。しかし、Radeon HD 5900/5800やGeForce GTX 295/285が入手困難な状況で、「この機を逃すのはもったいなさ過ぎ」という声もちらほら。(2009/12/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
いろいろあってハイエンドグラボが激レア状態に
Radeon HD 5000ファミリーの最上位「HD 5970」がデビューしたが、入手不可能に限りなく近い状況。また、GeForce GTX 285/295カードも品薄で「今年いっぱいは潤沢になることはないでしょう」とのコメントも。(2009/11/24)

イマドキのイタモノ:
はざまを埋めるトリプルコアがAthlonでも──Athlon II X3 435の存在理由を考える
AMDから、Athlon IIシリーズの「Athlon II X3 435」が発表された。共有3次キャッシュなしの高クロックトリプルコアが発揮する性能とメリットとは?(2009/10/20)

HDMIも標準で装備:
4万円台でマルチコアCPU搭載PCが買える!!──デル「Inspiron 546」を試す
デルの「Inspiron 546」は、AMDプラットフォームを採用することで、5万円を切る価格帯ながら性能と拡張性のバランスが取れた1台に仕上がっている。(2009/10/9)

5分で分かった気になる、6月のアキバ事情:
新旧入れ替わりの雰囲気を漂わせていた6月のアキバ
新しいCore i7とPhenom IIの登場で幕を開けた6月は、Windows 7アップグレード権付きのWindows Vistaが登場して幕を下ろした。(2009/7/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
Athlon II X2 250もクアッドコア化できる? 「AMDわざとやってんでしょ」
6月はCPUの新製品ラッシュで幕を開けた。インテルがCore i7の最上位モデルを更新すれば、AMDはPhenom II X4で初の省電力モデルや、とあるウワサの流れる新シリーズを投入した。(2009/6/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
OCもコア倍増も省電力も味わえる――ユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」
AMDがユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」を開催。“兄貴”が最新最強の「Phenom II X4 955 Black Edition」や、登場したばかりの「RADEON HD 4770」などを紹介した。(2009/4/30)

イマドキのイタモノ:
AM3とDDR3メモリに対応したMSIの「790GX-G65」で遊ぶ
「微妙なラインアップ」のDDR3対応Phenom IIが使える790GX-G65。その使い勝手とオーバークロック性能、そして、“禁じられた遊び”を検証してみた。(2009/4/1)

5分で分かった気になるアキバ事情:
AM3の注目度が乱高下した2月のアキバ
2月はSocket AM3対応のCPUやマザーボードが登場し、AMDらしい事情で週ごとに注目度が大きく変動した。中央通りに久しぶりのPC系ショップがオープンしたのも印象的だ。(2009/3/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「全然微妙じゃなかった」――Phenom II X3が大ヒット中
発売当初は動きが鈍かった「Phenom II X3 720 Black Edition」だが、一週間経たないうちに突然大ブレイクし、現在は入手困難な状況になっている。「AMDらしい」その理由とは?(2009/3/2)

イマドキのイタモノ:
フォトレビュー:出荷直前AM3マザー「790GX-G65」の素性を急いで調べる
DDR3対応のPhenom IIとAM3対応マザーボードによるレビューはすでに紹介しているが、本格的な出荷は3月からの予感。ここでは出荷を待つMSIマザーを画像で紹介しよう。(2009/2/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
「すごく、微妙」――Socket AM3対応Phenom II登場も最上位モデルは不在
初のSocket AM3用CPU「Phenom II X3」が登場した。しかし、クアッドコアで最上位のX4 900シリーズの入荷は未定。多くのショップは期待の裏返しでやきもきしているようだ。(2009/2/23)

イマドキのイタモノ:
早くも登場AM3──DDR3対応“Deneb”は自作PCユーザーの“本命”なのか?
“DDR2”Phenom IIから1カ月。DDR3に対応したPhenom IIが登場する。しかも自作PC向けには「810」「720」「710」のみ。その微妙なパフォーマンスを検証しよう。(2009/2/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2009年になって、ようやくAMDの力が出せたかなと」――Phenom IIで飛躍するAMD
1月10日に登場した新型CPU「Phenom II」にあわせて、AMDがユーザーイベントを実施。インテル製CPUとのベンチマーク対決やオーバークロックの解説など、いろいろと踏み込んだ内容だった。(2009/1/14)

イマドキのイタモノ:
「よくできました」「がんばりましょう」「よくがまんしました」──新世代パーツ通知簿2008年版
2008年に“イマイタ”レビューで紹介した製品は35種類。ユーザーに支持されたモデルや普及まで時間がかかりそうなモデルなどなど、新世代パーツの性能を振り返る。(2008/12/31)

イマドキのイタモノ:
“Kuma”は冬眠はしない──K10世代デュアルコアの「Athlon X2 7000シリーズ」で費用対効果を考える
長らく「kuma」の名で知られていたAthlon X2 7000シリーズがようやく登場した。デュアルコアだけどK10最高クロックな1万円以下CPUは、苦しい懐を救済してくれるのか。(2008/12/15)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

Intelを意識:
AMDがビジネスデスクトップ向けの新プロセッサをリリース
AMDの新しいAthlonおよび「Phenom」プロセッサのリリースは、同社が最近投入したビジネスデスクトッププラットフォーム向けのプロセッサラインアップを充実させるものとなる。AMDは、企業向けクライアント分野でIntelとの競争力を高める考えだ。(2008/8/19)

Windows Q&A:
64bitプロセッサ
PCやサーバには既に普及している64bitプロセッサ。その背景は? メリット/デメリットは? 互換性は? 急いで移行する必要があるの? Q&A形式で整理して解説する。(2008/7/18)

6万円台のマルチコア搭載PC:
トリプルもクアッドもドンと来い──「HP Pavilion Desktop PC v7460jp/CT」を試す
トリプルコアもクアッドコアも搭載できる、メーカー製スリムデスクトップPCの貴重な選択肢「HP Pavilion Desktop PC v7460jp/CT」をチェックした。(2008/7/15)

5分で分かった気になる、4月のアキバ事情:
“アキバらしさ”ってなんだっけ? そんなことを思った4月
電気街で老舗PCパーツショップが幕を閉じる一方、駅前にAKIBA TOLIMとチョムチョム秋葉原がオープンし、上海問屋とまんだらけが新たなスタートを切った、そんな感じの4月。(2008/5/2)

AMD、企業向けPC技術「Business Class」発表
AMD Business Classは、企業向けプロセッサやチップセットを含み、セキュリティや管理機能をサポートする法人PC向けソリューション。(2008/4/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
トリプルコアの使い道って? アキバで「Phenom X3」イベント
Phenom X3の販売開始に合わせて、AMDがお披露目イベントを開催。まもなく登場する地デジチューナーとからめたデモで、トリプルコアのメリットをアピールした。(2008/4/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
“観光電気街”の巡回ルート? 上海問屋がアキバに
PCパーツショップの閉店が続く中、上海問屋が新たにアキバへ参入。その動機に、ネットショップでは満たしきれないリアル店舗の魅力が隠されていた。(2008/4/28)

イマドキのイタモノ:
AMDから登場した“コア3つ”なCPU──「Phenom X3 8750」を試す
B3ステップの登場で本格普及の兆しが見えてきたPhenomシリーズ。トリプルコアのPhenom X3にもB3ステップが投入された。その注目されるコストパフォーマンスに迫る。(2008/4/23)

2008年PC夏モデル:
全モデルでマルチ/デュアルコアCPUを搭載――日本HP「HP Pavilion Desktop PC」
日本HPの個人向けデスクトップPCに夏モデルが登場。最小構成でもデュアルコアCPU&1Gバイトメモリを搭載しているのが特徴だ。(2008/4/21)

2008年の新製品にカムバックの希望を託すAMD
AMDはPCとサーバ向けに一連の新製品を投入し、年内の黒字転換を目指す。(2008/4/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「“狭く深く”じゃ生き残れない」――USER'S SIDE閉店で
USER'S SIDE秋葉原本店がまもなく閉店する。各ショップからは「さびしい」の声が聞こえるが、そこには“なんとなく分かっていたけどね”感が漂っていた。(2008/4/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。