ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「職種」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職種」に関する情報が集まったページです。

外部のプロとして働く人材 年収が高い職種は?
プロシェアリング事業を運営するサーキュレーションは、外部のプロとしてフリーランス・副業・起業で働く人を対象に「プロ人材実態調査」を実施した。年収1000万円以上が多い職種は「M&A/業務資本提携/CVC」「中期経営計画策定/組織戦略策定」だった。(2024/2/28)

フリーランス向け求人が増えている職種 3位「データサイエンティスト」、2位「Webディレクター」、1位は?
フリーランス向けの求人が増えている職種は何か。また、その職種の平均年収はいくらか。CAMELORSが調査結果を発表した。(2024/2/16)

「私の仕事は経理事務です」は通用しなくなる:
AIで「将来仕事がなくなるぞ」という脅しはもういらない 今伝えたい、建設的な経理のキャリアチェンジ
AIの普及により「将来、事務仕事はなくなる」――そんな話を耳にする機会が増えた。AIの企業導入や活用はいまだ発展途上にあることも事実だが、DX推進による業務のデジタル化が現在進行形であることに変わりはない。中でも、影響が色濃いと考えられる職種は経理だ。(2024/2/16)

エッジテクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:DXの中核、データ分析プロジェクト推進にはどのような体制・人材が必要なのか
DXの中核となるデータ活用。多くの組織で取り組みが進んでいるが、データ分析プロジェクトを推進するAI人材などの確保に悩んでいるケースが少なくないだろう。中でも、第1フェーズである分析企画段階で必要な職種・スキルを解説する。(2024/2/15)

データサイエンティストより年収が上がりやすいIT職種とは? dodaが平均年収レポートを公開
パーソルキャリアの転職サービス「doda」は「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。調査によると、転職前後の平均年収増加幅ではデータサイエンティストを抜いてあるIT職種が1位となった。(2024/2/13)

「離職防止や採用力強化のために給与を見直す企業が増えた」:
転職で最も年収が増えたのは「セキュリティエンジニア」 パーソルキャリアが調査
パーソルキャリアは「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。2023年1〜6月の期間に転職した人で、転職前後の平均年収増加幅が最も大きいポジションは「セキュリティエンジニア」だった。(2024/2/13)

IT職種の7割が「年収アップ」 転職前後を調査
その他ポジション別の平均年収増加額、転職前のポジション別平均年収の変化なども調査した。(2024/2/9)

転職で年収が上がるIT職種 「データサイエンティスト」など上位に トップは? doda調査
転職によって年収が上がるIT職種は──パーソルキャリアがこんな調査結果を発表した。最も上がり幅が大きいのは?(2024/2/8)

上位職種の平均月額単価は100万円を超える:
「TypeScript」「Go言語」などを扱うフリーランスエンジニアの需要が高まる パーソルキャリア
パーソルキャリアは「ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング」を発表した。職種別、業種別、言語別のいずれも、前回の調査から平均月額単価が上がっていた。(2024/2/6)

ライオンが生成AIで業務効率化 情シス、研究開発、広報それぞれの使い方は?
ライオンはグループの国内従業員約5000人に向けて、生成AIを利用した対話生成AI「LION AI Chat」を公開した。情報システム部門や研究開発部門、広報部門などさまざまな職種で業務効率化を図っている。具体例を同社に聞いた。(2024/1/30)

フルスタック開発者/エンジニアが3位にランクイン:
2024年、企業が採用に苦労するIT職種トップ10 2位は“AI/MLスペシャリスト”、1位は?
CoderPadは「2024 State of Tech Hiring report」で、2024年に採用が難しくなると予想される職種のトップ10を発表した。(2024/1/26)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:職種の確約は必須? 調査から見えた理系学生の獲得競争を勝ち抜くヒント
さまざまな業界で人材不足が叫ばれる中、理系学生の獲得競争が特に激化している。企業が理系学生を求める中、どのように採用活動を進めていけばよいか。2024年卒・25年卒の理系学生を対象に行った就活動向調査を基に考えていく。(2024/1/25)

1400人に聞いた:
生成AI、高年収ほど利用? 「技術系」「コンサル」……よく使う職種1位は
生成AIを自身の業務で「使用している」とした人は2割ーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。生成AIをよく使用する業種とは。(2024/1/24)

残業時間の多い職種 「設計監理」「建築」を抑えた1位は?
1ヶ月の平均残業時間は21.9時間であることが、パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」の調査で明らかとなった。実働日数を20日とすると、1日1時間程度の残業が行われている中、残業の多い職種とは。(2024/1/22)

「管理部門・士業」の平均年収ランキング 2位「FAS・財務系コンサルタント」(945万円)、1位は?
 管理部門・士業の中で、どの職種が一番平均年収が高いのだろうか。MS-Japan(東京都千代田区)の公開した年収ランキングデータによると「公認会計士」が平均年収977万円で最も高いことが分かった。(2024/1/15)

未経験転職をした理由 3位「やりがいを求めて」、2位「現状の業種・職種に不満」、1位は?
経験のない仕事へ転職する「未経験転職」。どのような理由で踏み切る人が多いのか。調査結果が明らかになった。(2024/1/5)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「AI」関連で“超売れっ子”になる職種はこれだ
AI技術を利用する企業が拡大する中で“AI人材”の需要が高まっている。より需要が高まる可能性のある職種は何か。AI人材としてキャリアアップを目指す際に知っておきたい情報をまとめた。(2023/12/25)

キャリアニュース:
2023年の仕事満足度ランキング、総合1位は「データサイエンティスト」
転職サービス「doda」が「仕事満足度ランキング2023」を発表した。「仕事満足度ランキング総合」の平均点は、「普通」に該当する59.8点で、最も満足度が高い職種は「データサイエンティスト」だった。(2023/12/21)

平均年収が高い業種 3位「医薬品メーカー」、2位「たばこメーカー」、1位は?
業種別や職種別で見た平均年収はいくらか。パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が調査を実施した。(2023/12/19)

キャリアニュース:
半導体関連エンジニア求人は10年で12.8倍に――異業種×異職種転職は33.6%
リクルートは、「半導体関連エンジニア」に関する求人と転職の動向についての調査結果を発表した。半導体関連エンジニア求人はこの10年で12.8倍に増加し、2022年度は「異業種×異職種」からの越境転職が33.6%となった。(2023/12/14)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

ボーナス平均支給額が高い職種 3位「基礎研究」、2位「法務/知的財産/特許」、1位は?
ボーナスが平均して高い職種は何か。dodaが調査結果を発表した。年代別の平均支給額や、冬ボーナスの金額なども明らかになっている。(2023/12/11)

総合職も「仕事によって給与を変える」べき? 誤解だらけの「職務給」3つのタイプ
務内容を給与にひも付ける「職務給」への関心が高まっており、導入を検討する企業が増えています。しかし、メディアで極端な事例ばかりが取り上げられがちなせいか、人事部や経営者にも日本における職務給導入企業の実態があまり正確に伝わっていません。例えば「ジョブ型を導入すると解雇しやすくなる/されやすくなる」と思っていませんか? また「職種や担当業務が変わると給料が変わる/職種や担当業務が変わらないと給料が変わらない」と思っていませんか?(2023/11/9)

AIを味方に付けるための視点【中編】
生成AIの影響を受けやすい「9職種」 仕事はどう変わる?
生成AIなどのAI技術の台頭によって人の仕事はどう変わるのか。特に影響を受けやすいと考えられる「9つの職種」と、具体的にどのような業務で生成AIが使われるのかを紹介する。(2023/11/5)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

「転職を希望するミドル世代」の年収は523万円 職種別の1位は?
転職を希望しているミドル世代は、どのくらいの年収を手にしているのか。調査したところ……。(2023/9/28)

「配属ガチャ」学生の不安鮮明 企業はどう対応?
「職種を自分で選びたい」と回答した学生が6割に上ったことが、マイナビ(東京都千代田区)による、2023年度(24年卒)の学生を対象とした調査で明らかとなった。学生の「配属ガチャ」への関心や不安が高まる中、企業はどのような対策をしているのか。(2023/9/27)

「男性育休」求人で言及している職種 3位「看護」、2位「ドライバー」、1位は?
政府は、男性の育児休業取得率を2025年度までに50%、2030年度までに85%に引き上げることを目標に掲げている。男性の育児休業に注目が集まる中、Indeed Japan(東京都港区)が「男性育休」に言及した求人の動向を調査した。(2023/9/26)

なぜ? 35歳以上のビジネスパーソンが「異業種」への転職を志すワケ
ミドルに人気の転職先の第1位は「異業種の同職種」であることがエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。35歳以上のビジネスパーソンはなぜ「異業種」への転職を志すのだろうか。(2023/9/14)

「AI」時代のキャリアとは【第3回】
実は幅広い「AI系キャリア」 押さえておくべき“7職種”とは?
AI人材とは、エンジニアだけを指すのではない。AI系の職種には具体的にどのようなものがあり、どのようなスキルが求められるのか。7つの具体例を紹介する。(2023/8/29)

セキュリティ人材育成を考える(2):
必要なのはどのようなサイバーセキュリティ人材か? 業務内容と職種を整理する
サイバーセキュリティ人材不足をどう解決すればいいのか、セキュリティ人材の育成などについて解説する本連載。第2回は、企業、組織においてどのようなサイバーセキュリティ人材が必要となるのかについて。(2023/8/25)

「AI」時代のキャリアとは【第2回】
「AI系の仕事」でこれから“引っ張りだこ”になる職種は?
AI技術の利用が拡大する中で、企業が従業員のAIスキルギャップに悩む場面が広がっている。多岐にわたるAI系キャリアの中で、どの領域が今後重要性を増すのか。(2023/8/24)

約3万人に聞いた:
約8割が「職場でマスク着用」 着用率が高い職種は?
パーソル総合研究所が行った意識調査によると、就業時のマスク着用率は79.8%で約8割だった。最も着用率が高い職種は?(2023/8/16)

日本最大級のDX:
東京都の外部DX部隊「GovTech東京」始動 元ヤフー会長・宮坂理事長が語る挑戦への魅力
GovTech東京は、これまで都庁内にあったデジタル部門の一部を東京都の外部団体として再組織し、都政のDXを技術的側面から推進する一般財団法人だ。9月の事業開始に向けて新たなコアメンバーを迎えるべく、10職種の採用を開始した。宮坂氏にGovTech東京で実現すべきこと、展望について聞いた。(2023/8/14)

技術だけでなくビジネスの素養も必要:
次の花形職種? 組織とITの総合プロデューサー「エンタープライズアーキテクト」に必要な4要素
Excelon Developmentのマット・ホイサー氏は「エンタープライズアーキテクト」にとって重要な“4つのアクション”について解説した。エンタープライズアーキテクトが成功するためには、技術的な専門知識だけでなく、ビジネス洞察力やコミュニケーション能力など幅広いスキルが必要だとしている。(2023/8/14)

「エンジニャー」「ミャーケティング」「デザイニャー」 職種がネコなITスタートアップ、いったい何者?
嘘じゃない。本当に求人ページに「機械学習エンジニャー募集!」と書いてある。(2023/8/4)

生成AIはホワイトカラーの脅威に? 年収750万円以上の人材に聞いてみた
ホワイトカラーの職種に就く人たちは、生成AIが業務に及ぼす影響をどのように捉えているのか。ビズリーチが「生成AIとキャリア観」に関する調査を実施した。(2023/7/27)

ニンテンドーシステムズ、IT技術者の中途採用開始 データエンジニアなど19職種 「良い意味で面倒くさがりな人」求む
任天堂のシステム開発などを担うニンテンドーシステムズは、IT技術者の中途採用を始めると発表した。データエンジニアやフロントエンドエンジニア、ゲームサーバエンジニアなど全19職種を募集している。(2023/7/5)

「女性が働きやすいIT業界」にするには【第1回】
IT業界で“女性が絶望的にいない職種・役職”はこれだ
依然としてIT業界の課題となっているのが、女性活躍の推進だ。IT業界で活躍する女性が全くいないわけではないものの、職種や役職によって偏りがあるという。実態はどうなのか。VMwareで活躍する女性幹部に聞いた。(2023/7/2)

2024年問題:
積水ハウス建設が2024年に“住宅技能工”2.4倍の採用計画、4職務等級に変更と1.8倍の年収アップ
積水ハウス建設は、“住宅技能工”の高卒採用計画を策定するとともに、新たな人事制度と評価制度を導入し、住宅職方の処遇改善で職種の魅力向上につなげる。(2023/6/27)

「ソフトウェア開発作業の一部を含む、技術に特化した役割への移行を迫られる」:
厳しいのは従来型のIT管理? IDCが仕事の激減するIT職種と、増えるIT職種を予測
IDCは、クラウドプラットフォームの採用拡大が、ITチームのデプロイメントモデルを大きく変化させていると指摘。2027年までの今後5年間で従来型のIT運用やシステム管理者の需要が減少すると予測した。(2023/6/22)

多様なIT人材登用の促進【後編】
女性が復職できる「STEM系の枠」を確保 スポーツ賭博会社が募集する“14職種”
スポーツベッティング事業者とF1チームがIT分野における女性の復職支援に取り組む。支援を受けた参加者が登用されるのはどのような職種なのか。同様の支援に取り組む事例と併せて紹介する。(2023/6/8)

AI DRIVEN AIで進化する人類の働き方:
「生成AI」の登場で仕事はどうなる? プログラマーなど5職種
「生成AI」の登場によって、人間の仕事の構造や働き方はどう変わっていくのか。デザイナー、アナウンサー、士業、プロデューサー、プログラマーなどの仕事を考えた(2023/6/9)

AI DRIVEN AIで進化する人類の働き方:
「生成AI」の登場で仕事はどうなる? 教師・編集者など4職種
「生成AI」の登場によって、人間の仕事の構造や働き方はどう変わっていくのか。教師、研究者、編集者、ライターの仕事を考えた。(2023/6/7)

AI DRIVEN AIで進化する人類の働き方:
「生成AI」の登場で仕事はどうなる? 営業・事務など4職種
「生成AI」の登場によって、人間の仕事の構造や働き方はどう変わっていくのか。営業、事務、マーケター、広報の仕事を考えた。(2023/6/5)

23年4月度調査:
派遣社員の平均時給が高い職種 3位「技術系」、2位「クリエイティブ系」、1位は?
派遣の仕事探しサイト「エン派遣」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、2023年4月度の募集時における平均時給分析結果を発表した。その結果、最も時給が高い職種は「IT・エンジニア系」(2519円)、2位は「クリエイティブ系」(2031円)、3位は「技術系」(1967円)となった。(2023/5/26)

職種や業種で認知、関心に大きな乖離:
一大ブームの生成系AI、だが54%が「聞いたこともない」 関心の低い業種は?
PwCコンサルティングは、「生成型AIに関する実態調査2023」の結果を発表した。生成型AIそのものをまだ認知していない人が過半数を占め、職種や業種によって生成型AIに対する認知、関心に乖離があることが分かった。(2023/5/22)

IT企業デスクツアー:
スクエニ「FFBE幻影戦争」に携わるみんなのデスク環境 プロデューサー陣の机をチェック
IT関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。職種を問わずさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、スマホゲーム「FFBE幻影戦争」に携わるメンバーの机を探る。(2023/5/19)

各国が乗り出す「TikTok」規制【第4回】
“あの職種”は「TikTok」を使うと特に危ない? その理由とは
各国で「TikTok」の使用を禁止する動きが目立っている。TikTokの何に問題があるのか。特に気を付けるべき人は誰なのか。(2023/5/19)

徹底リサーチ! 丸井の人的資本経営【中編】:
社員も戸惑った、丸井の「職種を変える異動」は何を生んだのか?
従来は「店舗は変わっても婦人服担当は婦人服担当のまま」など、職種を変える異動が少なかったという丸井グループ。そんな中、幅広い業種・職種をまたぐ異動制度を取り入れた。社員も戸惑ったというこの取り組みは、何を生んだのか?(2023/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。