ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「全部入り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「全部入り」に関する情報が集まったページです。

モバイルディスプレイの道:
「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ
ASUS JAPANの16型モバイルディスプレイ「ZenScreen MB16QHG」は、ユニークな特徴を備えたハイスペックな1台だ。実際にノートPCに接続して試してみた。(2024/4/16)

「このビル全国に建てるべき」 “有能チェーン全部入り”の神施設が神戸で発見され話題 「家の近くに欲しい」
毎日通いたい。(2024/3/28)

新VMwareがユーザーとパートナーに与える影響(2):
VMwareパートナーの混乱がまだ続いているのはなぜか【2024年3月】
もしかしたら、VMwareのパートナープログラムは根本的に変わってしまったのかもしれない。本記事では、Broadcomによる販売施策の変更が、リセラーやVMwareベースのクラウドサービス事業者に与えている影響を取り上げる。(2024/3/26)

ケンタッキー、期間限定で「1100円パック」を販売 チキン3個とクリスピー3個など、組み合わせを選べる
4つのメニューから2種類を選べます。(2024/3/8)

モバイルディスプレイの道:
有機EL採用でスタイラスも付属! ペンタブレットのように使える4K対応15.6型モバイルディスプレイを試す
イーホームウェイの15.6型モバイルディスプレイ「O156DSR」は、前回紹介した17型モデル「E170DSR」と何が違うのか。実機を交えてチェックした。(2024/2/1)

トラックパッド搭載でiPadをガッチリ守る! 第10世代iPadに対応したロジクールのキーボードケース「Combo Touch」を試す
第10世代iPad用のカバー兼キーボードに、新モデル「Combo Touch for iPad(第10世代)」が登場した。タッチパッドやキーボードバックライトを備えた本モデルを細かくチェックした。(2024/2/1)

モバイルディスプレイの道:
量子ドット採用、付属のスタイラスでペンタブのようにも使える EHOMEWEIの17型モバイルディスプレイ「E170DSR」を試す
量子ドット方式を採用した17型のモバイルディスプレイ「E170DSR」をレビューする。付属のスタイラスタッチペンを用いたペン入力にも対応するなど、付加価値も多い一品だ。(2024/1/31)

アリーナ建設でゲームチェンジャーに:
投資額2200億円 韓国にオープンした米・統合型リゾートが日本を“狙い撃ち”したワケ
韓国でIR「インスパイア(INSPIRE)」が、仁川国際空港西側にソフトオープンした。ホテル、カジノ、ショッピングモール、ウォーターパークなど多彩な施設を備えている。特にインスパイアが注力しているのが日本市場だ。(2024/1/26)

1台でどこでも曲作り ヤマハから“全部入り”の音楽制作ガジェット「SEQTRAK」登場 5.5万円
ヤマハから、オールインワン音楽制作デバイス「SEQTRAK」が登場する。音楽制作からパフォーマンスまでを1台で実現するデバイスで、ドラムマシン、シンセサイザー&サンプラー、サウンドデザイン&エフェクターという主要な3機能を集約している。(2024/1/16)

中部国際空港の手荷物用ターンテーブルには、おいしそうな「味噌かつ」や「ひつまぶし」が回っている
到着して荷物が出てくるのを待っていると「名古屋めし」が食べたくなるという罠。(2023/12/11)

ロボット掃除機本体より小さい“全部入り”ドックが付属する「Roborock Q Revo」登場
水拭きモップの洗浄や乾燥、吸水、吸引したごみの収集など、豊富な自動メンテナンス機能を搭載しながら、充電ドックがコンパクトである点が特徴だ。(2023/11/28)

ゴディバ×「あつ森」コラボのチョコが登場! オリジナルのポーチやカップ付きセットも
バレンタインデーに向けて、2024年1月5日に発売されます。(2023/11/14)

INFOBARスマホはもう出ない? 「INFOBAR大百科展」で振り返る“デザインケータイ”の20年
KDDIは東京都多摩市にある「KDDI MUSEUM」で、「INFOBAR 大百科展」を開催する。期間は10月30日〜2024年1月19日。初日となる30日、au Design projectや、iidaブランドの製品を企画してきた事業創造本部 Web3推進部 エキスパートの砂原哲氏がINFOBARの秘話や、今後を語った。(2023/10/31)

3万円でほぼ“全部入り” ゼンハイザーの新型ワイヤレスヘッドフォンに爆売れの予感
ゼンハイザーの「ACCENTUM(アクセンタム) Wireless」は同社製ワイヤレスヘッドフォンのエントリーモデル。その特徴を一言でまとめると「軽快さ」でした。(2023/10/30)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
第14世代Core向けの実売20万円マザーが2モデルデビュー!/HDDを8台積めるMini-ITXケースも
第14世代Core向けの最高級マザーボードが、ギガバイトとMSIからほぼ同時に登場した。「Z790 AORUS XTREME X」と「MEG Z790 GODLIKE MAX」で、価格はともに20万円弱だ。(2023/10/30)

レジの人もびっくり 浜崎あゆみ、“数年ぶり”のコンビニで記念撮影&エモさに浸る「これがお浜の日常」
浜崎あゆみがコンビニにいる。(2023/10/29)

実機に触れて分かったiPhone 15/Proと従来モデルの決定的な違い
いよいよ、iPhone 15/iPhone 15 Proシリーズが発売される。数々の注目ポイントがある新型モデルを、実機を触って感じたことを林信行氏がまとめた。(2023/9/19)

PR:最新ハイスペックと高速表示かつ色再現性に優れた大画面が魅力! MSI「Stealth 17 Studio A13V」は二刀流の「クリエイティブゲーミングノートPC」だった!
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)の「Stealth 17 Studio A13Vシリーズ」は、最新のスペックを盛り込んだ大画面のノートPCだ。見どころの多い製品を細かくチェックした。(2023/9/8)

Social Media Today:
「Twitter」の名が消えて「X」が表に出る日はいつ?
イーロン・マスク氏は買収したTwitterを自身が所有するX Holdings傘下のXという名の企業に統合しており、現時点で社名としてのTwitterは存在しない。ではブランドあるいはアプリ名としてのTwitterは、どうなるのか。(2023/6/9)

総重量18キロ、組み立て200時間! 4年越しでやっと完成したクラファンのボードゲーム、物量のすごさに支援者がうれしい悲鳴
作りごたえあって楽しいのはいいけれど、遊べるまでが長い……。(2023/3/16)

Amazon新生活SALE:
USB Type-Cポート搭載PCの機能を拡張する「ドッキングステーション」がお得!
3月6日まで開催中の「Amazon新生活SALE」では、USB Type-Cポートを拡張するドッキングステーションが多数出品されている。USBポートの数が少ないノートPCを使っている人は、特にチェックしたい。(2023/3/3)

花見や歓送迎会などの需要を見込む:
KFC「2種類選べる!1000円パック」を数量限定販売 「チキン3ピース+ナゲット10ピース」などで1000円
日本ケンタッキー・フライド・チキン(横浜市)は、全国のケンタッキーフライドチキン店舗で、「2種類選べる!1000円パック」を数量限定で販売する。3月8日に販売を開始し、花見や歓送迎会などの需要を見込む。(2023/3/2)

“2億画素”はダテじゃない 普段見えていないものまで撮れるXiaomi「12T Pro」
「神充電」というキャッチフレーズで登場した中国Xiaomiの「12T Pro」。今回はそれを主に写真目的としてテストしました。この2億画素のカメラを搭載したXiaomiの12T Proは伊達ではありませんでした。(2023/1/28)

結局VRゴーグルはどれを買えばいいのか 手を出したいけど増えすぎて選べない人のための超絶詳しい“分類マップ&解説”
値段と目的に合った物を選ぼう!(2023/1/19)

TechTarget発 世界のITニュース
「Webex」と「Teams」が連携 その中身は?
Cisco Systemsが、同社の「Cisco Webex」とMicrosoftの「Microsoft Teams」との連携を強化。Web会議をより使いやすくする新機能が利用可能になる。(2023/1/19)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
ライブ配信のコストを下げるクラウドIPスイッチャー、パナソニック「KAIROS」が示した存在感
コロナ禍以降、映像制作や放送分野でのリモートプロダクションが注目を集めているところだが、一番大掛かりになるのが、ライブの映像中継業務だ。制作とは違い、一度に動く人間の数が多いため、最もリモートプロダクションに注力しなければならない分野でもある。(2022/12/22)

2022年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」「モバイルディスプレイの道」でおなじみの山口さんが、2022年に購入した製品を中心に、仕事に役立つ製品をピックアップする恒例の企画。あなたのベスト5は何ですか?(2022/12/20)

PR:USB Type-Cに注目! USBドック、高解像度対応の高付加価値モデルからベーシックなタイプまで! フィリップスならピッタリの液晶ディスプレイが手に入れられる
多彩な液晶ディスプレイのラインアップを誇るフィリップスが、USB Type-Cにフォーカスした新モデル「E1Nシリーズ」を投入した。液晶ディスプレイのトレンドや選び方、新モデルの特徴を同社の担当者に聞いた。(2022/11/24)

新しいワイヤレスイヤフォンを手に入れたら「イヤホンズ」で音質チェックしよう
すっかり普通のものになったワイヤレスイヤフォン。今回はサウンドチェックにいい音源をご紹介したいと思います。誰でも利用できるようにYouTubeで探すことにしました。(2022/10/22)

“全部入り”のUSB4 Version 2.0:
最大120Gbpsの非対称通信も可能な「次世代Thunderbolt」 Intelが概要を発表
Intelが「次世代Thunderbolt」の概要を発表した。同社も規格策定に深く関わった「USB4 Version 2.0」をオプション規格を含めて完全に準拠したインタフェースとなるようだが、詳細は改めて発表される。【更新】(2022/10/20)

Fire TVシリーズ最上位「Fire TV Cube」が10月27日にモデルチェンジ HDMI入力端子(超解像対応)付き
Amazonの映像デバイス「Fire TVシリーズ」の最上位に位置する「Fire TV Cube」がモデルチェンジする。プロセッサのCPU部が最大20%高速化し、Wi-Fi 6に対応することでより快適に4Kストリーミングが楽しめるようになった他、HDMI入力端子、USB Type-A端子や有線LAN端子も備えた“全部入り”となったことも特徴だ。(2022/9/29)

医療機器ニュース:
ソニーとオリンパスの協業がさらに進化、“全部入り”外科手術用内視鏡を開発
ソニーとオリンパス、ソニー・オリンパスメディカルソリューションズの3社は外科手術用内視鏡システムの新製品「VISERA ELITE III」を共同開発した。4K映像、3D立体視、IR観察、NBIなどの機能を1台に集約するとともに大幅な機能向上も果たすなど3社協業開発製品としてさらなる進化を果たしている。(2022/9/15)

「Wi-Fi 6E」対応ルーターを手に入れた……のに本領を発揮できなかった件
9月2日に6GHz帯の電波を無線LANで利用できるようになったのを受けて、バッファローがWi-Fi 6E対応ルーターの出荷を開始している。一足早く体験する機会を得たのだが、ちょっと困ったことが発生したので読者の皆さんに共有しようと思う。(2022/9/7)

日産「エクストレイル」発表 全車e-POWER、VCターボ、e-4ORCEの全部入り
日産自動車は7月20日、SUV「エクストレイル」の新型を発表した。価格は412万9400円から。7月25日から発売する。エンジンで発電した電力を使い、モーターで走行するe-POWERを全車で採用。一般的な内燃機関(ICE)モデルは用意しない。(2022/7/20)

Web会議ツールの相互運用性【後編】
「Teams、Zoom、Webex全部入りWeb会議デバイス」が出ない“なるほどの理由”
Web会議デバイスにおけるWeb会議ツールの相互運用性を改善する意向は、Microsoft、Zoom、Ciscoの主要ベンダー3社が共通して持っている。それでも専門家は、相互運用性の実現について懐疑的だ。その理由は。(2022/7/11)

Web会議ツールの相互運用性【前編】
Teams、Zoom、Webex全部入り「スマホのようなWeb会議デバイス」は夢か悪夢か?
Web会議デバイスでもスマートフォンと同様に、Web会議ツールを選択可能にする――。こうした“夢”に向けてMicrosoft、Zoom、Ciscoが相互運用性の向上に着手した。だがこれは夢ではなく“悪夢”だと見る向きもある。(2022/7/4)

「Galaxy M23 5G」投入のサムスン なぜオープン市場への参入に時間がかかったのか
サムスン電子が、満を持してオープンマーケットに送り出したスマートフォンが、「Galaxy M23 5G」だ。これまでサムスン電子は、キャリアとの取引をビジネスの中心に据えてきたが、なぜこのタイミングでオープンマーケット版の販売に踏み切ったのか。小林CMOいわく、「キャリアとの関係性なども含め、いろいろな方の意見を聞いてきた」という。(2022/6/10)

レイトレーシングが変えるゲームグラフィックス(第2回):
ゲームの中で「レイトレーシング」はどう使われる? 実例を見てみよう
最新ゲーム機が対応したことで注目を集めている「レイトレーシング」という言葉。前回の記事ではその技術的概要を紹介したが、RT(リアルタイムレイトレーシング)の黎明(れいめい)期に登場したデモプログラムや現在のゲームを通して、この記事ではレイトレーシングがゲームのグラフィックスにどのように使われているのかチェックしていく。(2022/5/23)

数値解析技術で広がる建築手法:
「PLATEAU」でも採択、CFDの耐風設計など幅広い建築シミュレーションを可能にするアルテアの製品群
ここ数年で、建築物の耐風設計に、その精度の高さが認められ、数値流体解析(CFD)のシミュレーションを採り入れるケースが増えてきている。従来の風洞試験に比べると、耐風設計に要する工数が削減され、設計全体の大幅な時間短縮が期待されている。CFDソフトウェアの1つとして国内外の著名建築物で用いられているのが、アルテアの数値流体解析ソリューション「ultraFluidX」だ。(2022/4/26)

コンテナ基盤のハードルを下げる:
レッドハットの2022年度、DXコンサルティングの強化と値下げで垂直、水平の市場拡大狙う
レッドハットが2022年度の事業戦略を発表した。組織文化の変革やアジャイル人材の育成で、顧客企業との関わりを深める一方、通信基盤やエッジの市場開拓に注力する。また同社は、興味深い値下げをしたことを明らかにしている。(2022/4/15)

Python環境構築入門:
Pythonディストリビューション使い分けのポイントを考えてみよう(macOS編)
macOSにPythonをインストールする方法は幾つかある。代表的なインストール方法を紹介し、選択のポイントについて考えてみる。(2022/4/1)

全国に散らばる無線APを一元管理!:
PR:NTT西日本グループが提案する製造業DX 無線LAN環境を生かした「リモートファクトリー」のつくり方
西日本豪雨や東日本大震災、そして新型コロナウイルスなど、日本は今まで数々の有事に直面してきた。事前に予測できない非常事態に備える意味でも、デジタル技術を積極的に活用し、製造業DXを推進していくことは“ものづくり大国ニッポン”において急務である。多くの製造業が集中する西日本エリアの通信インフラを支える役割を持つNTT西日本グループ、NTTビジネスソリューションズに製造業DXにおける課題と解決策を聞いた。(2022/3/31)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
アドビ、税金上げるってよ! 最近のいろんな価格高騰について2人の編集者が悩む
Adobe Creative Cloud(CC)が4月27日から値上げされる。だが、値上げされるのはこれだけではない。(2022/3/28)

Python環境構築入門:
Pythonディストリビューション使い分けのポイントを考えてみよう(Windows編)
python.orgで配布されているインストーラー、Anacondaなど、Windows向けに配布されているPython処理系はたくさんある。それらのインストールの仕方や仮想環境の作り方、選択のポイントを紹介する。(2022/3/23)

arrows先生が聞く:
PR:10周年を迎えた「arrows」ってどんなスマホ? これからどうなる? FCNTの“中の人”が語る
2021年、FCNTのスマートフォン「arrows」が誕生から10周年を迎えました。折しも、arrowsスマホを開発/製造する富士通コネクテッドテクノロジーズも「FCNT株式会社」に社名を変更し、新たなスタートを切りました。この記念すべきタイミングで、伝説の「arrows先生」がarrowsの過去、これから、そして未来について話を聞きました。(2022/3/17)

「完全にわなw」「全く鏡に見えない」 商業施設の鏡が罪深すぎる錯視状態を生み出し9万“いいね”
Twitterでバズったらまさかの展開に……!(2022/3/1)

賃貸物件に「電アシ自転車込み」容易に パナソニックの「全部込み」物件に電動アシスト自転車シェア導入
買わずに済むのはいいなー。こんな物件、今後増えてきそうです。(2022/1/25)

漁師さんのお仕事お手伝い! ガチで“地元の仕事”をするワーケーション、京丹後市の「漁師ワーケーション」がおいしそう
ホントの「漁師飯」いただけます!(2022/1/24)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
雑誌・書籍読み放題からソフトサブスク、クリエイターパトロンまで、何使ってる?
映像系、音楽系に続く、サブスクに関する状況をまとめるシリーズ第3弾は「その他」。(2022/1/19)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
auのスマートフォンを振り返る 反転攻勢の「IS」シリーズ、INFOBARやWindows Phoneも
ITmedia Mobile 20周年を記念し、大手キャリアが取り扱ってきた端末を振り返る企画。ドコモのスマートフォンに続き、今回はauのスマートフォンを取り上げる。(2022/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。