ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チェーン店」に関する情報が集まったページです。

「上司の圧力」報道も:
セブンがおでんを無断発注した社員を懲戒処分 被害の背景は明かされるのか
セブン‐イレブン・ジャパンの社員が店舗のおでんを無断で発注した。同社は2人の本部社員を懲戒処分にした。無断発注の背景は明かされるのか。(2019/11/18)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
同一労働・同一賃金の衝撃 大企業は本当に「非正規社員を救う」のか
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は施行までいよいよ半年を切った「パートタイム・有期雇用労働法」について。同法は、同一労働同一賃金の規定を盛り込んでいるが、正社員と非正社員の待遇差を解消しようとすれば、これまで低い賃金で使ってきた非正社員の賃金を上げざるを得ない。ということは、経営者は空前の「コスト増」に苦しむことになるが……。(2019/11/18)

知る人ぞ知る独立系コンビニ「オレボ」の生き残り戦略
 セブン−イレブン、ファミリーマート、ローソンの3大チェーンに集約が進み、生き残り競争が激しくなっているコンビニエンスストア業界。その中で福井県の独立系コンビニ「オレンジBOX(通称オレボ)」は、早くから店内調理した総菜を収益の柱にし存在感を強めてきた。40〜50席のイートインスペースを設けるなど大手にはまねのできない戦略も打ち出し、独自の路線で前進している。(2019/11/14)

大ヒット商品も:
牛サラダに麻辣牛鍋 吉野家が自前主義にこだわらぬメニュー開発を続々
吉野家が自前主義にこだわらぬメニュー開発を進めている。初めて外部と開発した牛サラダは大ヒットした。麻辣牛鍋の開発にはどんな料理人が関わっているのか。(2019/11/14)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(7):
ユーザーの信義則違反で訴えてやる!――ベンダーの不自然な行動
開発は進んでいるのに、契約はまだ締結できない。そんな状態が2カ月もたったある日、オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」開発ベンダーから、1通の内容証明郵便が送られてきた。(2019/11/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
飲み食い放題で「上限3000円」の「定楽屋」が増殖中 料理や接客で“手抜き”してないのにもうかるのか?
飲み放題・食い放題で上限3000円(税抜)の「定楽屋」が増殖している。サービスを削らず調理に手間暇をかけてリピーターを獲得している。1人当たり3000円でもうかっているのか?(2019/11/12)

ほぼ全店への導入を推進中:
すき家の新型レジに「非常に残念」と客が苦言? 何がダメだと考えているのか
すき家の「セミセルフレジ」を利用したと思われるお客の投稿が話題に。お金の受け渡し行為がないことを残念がっている。すき家で導入が進むセミセルフレジとは?(2019/11/11)

KPMGの調査結果から探る
AIは経営層のプライドをズタズタにする? AIが普及しない3つの原因
AI技術の本格的な導入がそれほど進んでいないことが、このほど実施された実態調査で分かった。その原因は1つではなく、そして根深い。(2019/11/10)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(6):
ベンダーは見つからないって言ったじゃないか!――ふたりはライバル
営業主導で動いているオンラインショップ開発の企画にぶつけるように、情シスは独自の企画を役員会議で提案した。しかも、既にベンダーも決まっているという──羽生、俺をだましたのか?(2019/11/7)

メルペイ、友人招待するたびに1000円分付与 「すすメルペイ」第2弾 若年層取り込みへ
メルペイは、モバイル決済サービス「メルペイ」で、利用者が友人を招待すると1人ごとに1000円相当のポイントを付与するキャンペーンの第2弾を開始した。若年層へのキャッシュレス普及を促す。(2019/11/6)

どれだけ知っている?:
新語・流行語大賞候補が発表 ビジネス分野でノミネートされたのは?
新語・流行語大賞候補が発表された。「闇営業」や「上級国民」などがノミネート。ビジネス分野で選ばれたのは?(2019/11/6)

人手不足解消はまだ遠く:
働けば働くほど負担が増加? コンビニ従業員の不満、経産省の調査で明らかに
経済産業省がコンビニ従業員へのアンケート調査を実施。人手不足が深刻化する中、見えてきた働き方の現状とは?(2019/11/6)

アンケートと聞き取り調査:
「27年休暇ゼロ」「ドラッグストア怖い」 コンビニオーナーの苦しい実態が経産省の調査で明らかに
経産省がコンビニオーナーに対して大規模な調査を実施。調査結果からは過酷すぎる勤務実態が浮き彫りに。競合としてドラッグストアの存在を挙げるオーナーもいた。(2019/11/6)

飲食店を科学する:
日高屋グループの「焼鳥日高」が担う重要な“使命”とは? 省人化と満足度を両立させる戦略にも迫る
「日高屋」の運営会社が手掛ける「焼鳥日高」。焼鳥日高はグループ内における重要な使命を担っている。徹底した省人化と満足度を両立させるビジネスモデルとは?(2019/11/6)

クリスマスバージョンの黒猫がかわいい シャノアールの「ふちねこキャンペーン」11月1日から開催
黒猫と一緒のクリスマス。(2019/10/31)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(5):
契約前作業なんて当たり前?――常務は分かってくれない
オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」の開発が始まって、早2カ月。開発は順調に進んでいるが、契約がまだ結ばれていないことが発覚した。担当の小塚は、承認を止めている総務担当常務に手続きを進めてくれるようお願いしに行くが……。(2019/10/31)

1964年から2020年へ:
「無駄なことをやり続ける」 喫茶店不況の中、創業55年のレトロ喫茶が人気のわけ
喫茶店の倒産が相次いでいる。東京商工リサーチによると、2019年1〜8月の期間で倒産した喫茶店は42件。過去20年の中で最多ペースに並ぶ勢いだ。こうした中で、新宿にあるレトロな“純喫茶”が9月、新たな店を西新宿に出店した。店名は「珈琲西武」。新宿三丁目にある1号店は1964年にオープンし、今年で55年目を数えるほどの老舗純喫茶だ。喫茶店チェーンでは、200円台からコーヒーが飲める店も増えている中、珈琲西武のコーヒーは最低でも600円。それでも、平日や休日を問わず入店待ちの行列ができるほどの人気ぶりだという。(2019/10/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
ナイキはなぜ中国に屈したのか 巨大市場を巡る“圧力”の実態
米NBAチームGMが香港デモの支持を表明して騒動になっているが、中国でビジネス展開するスポーツ大手のナイキはダンマリを決め込んでいる。社会的なメッセージを発信してきた同社でさえ、巨大市場を武器にされると口をつぐんでしまう。そこに中国ビジネスの難しさがある。(2019/10/24)

新連載・食の流行をたどる:
「さば」はなぜ「ツナ」を超えたのか? 熱血“さば”社長と外食産業の“必然”が生んだブーム
「さば」の大ブームが起きている。食のブームを分析してみると、いくつかの共通項目がある。さばブームをけん引した熱血社長の取材から見えてきた流行の条件とは?(2019/10/24)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(4):
営業部のEUCだけど、契約だけ情シスでやれってこと?――情シスはつらいよ
オンラインショップをオフショアで開発することにした、老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」。開発は順調に進んでいたが、その裏では不穏なうわさが食品業界を飛び交っていた……。(2019/10/24)

レジに並ばずに買い物できる 富士通がスーパー実店舗にスマートPOSアプリ導入へ
富士通は、来店客がスーパーマーケットのレジに並ばずスマホだけで買い物ができるスマートPOSアプリ「USMH公式モバイルアプリ」とその基盤システムを共同開発。11月からスーパーマーケットのカスミへ順次展開していく。(2019/10/21)

Alphabet傘下のWing、米国初の商用ドローン配送を開始
Alphabet傘下でGoogle系列のドローン企業Wingが、商用ドローン配送サービスを米バージニア州のクリスチャンズバーグで開始した。米国初としている。FedEx ExpressやWalgreensと提携し、Walgreensの商品は発注から数分後に配送するとしている。(2019/10/21)

「変なホテル舞浜」の卵型ロボ「Tapia」に脆弱性 不正操作が可能な状況 Twitter上の指摘で発覚
「変なホテル舞浜 東京ベイ」の全100室に設置中の卵型コミュニケーションロボット「Tapia」に脆弱性が発見。悪意のある宿泊者がプログラムに攻撃を加えると、不正に操作できる状況だったという。Twitter上の指摘で発覚した。調査の結果、同ロボットに不正なプログラムが仕掛けられた形跡はなかった。(2019/10/17)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(3):
君はライバルに協力するのかい?――ベンダーを探せ!
営業部門の発案でオンラインショップを作ることになった、老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」。仕事を依頼できるベンダーに心当たりのない担当者は、情シスの同期に協力を仰ぎに行くが……。(2019/10/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

幸楽苑、150店舗を当面の間臨時休業に 台風19号による工場の電源供給遮断で
全500店舗のうち約3割弱に影響。(2019/10/15)

タピるのは「映え」るからではなく「おいしいから」 20〜30代女性のタピオカ観
でもちょっと高いと思っている人が多いようです。(2019/10/15)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(3):
花王・アマゾン・アスクルの事例に学ぶ、デマンドチェーンマネジメントの重要性
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第3回は、サプライチェーンの川下にあたる流通・小売プロセスでの先進事例を紹介するとともに、「デマンドチェーンマネジメント」の重要性について説明する。(2019/10/15)

TSUTAYA、台風受け「返却は無理しないで」呼びかけ 延滞料金取らない方針
ネットでは「神対応」の声が。(2019/10/12)

期間限定のランチセット:
牛丼チェーン三者三様 すき家はワンコインセット投入で「安さ」を追求?
すき家が期間限定でランチタイム向けにワンコインセットを提供する。2種類から選択し、最大で80円お得になる。なお、テークアウトは対象外。「増税で世間が暗いムードの中、少しでも明るく元気にしたい」と担当者は話す。牛丼3チェーンを比べてみると、すき家は低価格路線が目立つ。(2019/10/11)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(2):
ITを無視していては、経営が破綻します――業績傾き掛けのオレンジ
時代に取り残されつつある老舗高級スーパーマーケットチェーンを引き継いだ47歳の新社長は、観光客誘致、キャッシュレス決済導入、と施策を次々に繰り出した。次に着手するのは……ITだ!(2019/10/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
やっぱり複雑・理不尽な軽減税率とポイント還元、「超」分かりやすく解説
10月から消費増税がスタートした。特に軽減税率とポイント還元は複雑で理不尽な面も。経済評論家の筆者が「超」分かりやすく解説する。(2019/10/9)

10年で売り上げ5倍 ニッチな下着ネット通販の舞台裏
福井県あわら市の「すててこ」は下着専門のインターネット通販会社。アパレルのネット通販は多いが、下着に特化してニッチ(隙間)をねらい、売り上げを10年で5倍に急拡大させた。秘密は3代目社長による、実店舗からの大胆な転身にあった。(2019/10/9)

米ウェンディーズがまさかのTRPG開発 ベーコンやフロスティの冒険者となってウェンディ女王を救え
ウェンディーズの商品を食べた人は、1日中キャラクターの能力値にボーナスがつくという斬新なアピール。(2019/10/8)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
価格がコロコロ変わる! ビックカメラが「電子棚札」を導入したら何が見えてきたのか
ビックカメラでは自動で価格が変わる「電子棚札」の導入を進めている。全店に展開する予定で大手チェーンでは珍しい動きだ。実際に導入してどんな効果が出てきたのか、店舗に行ってみた。(2019/10/8)

モダンであたたかな北欧のクリスマス! イケアのホリデーアイテムでお家を飾りたい
真っ白な中に少しのレッドとブルーの差し色がおしゃれ。(2019/10/7)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

Gartner Insights Pickup(127):
「AIOps」とは何か、どのように始めるべきなのか
ITサービスの停止やパフォーマンスの低下は、ビジネス上の損失に直結する。では、サービスの吐き出す膨大なログデータを、サービス品質の向上や維持にどうつなげればいいのか。ここで検討すべきなのがAIOps(Artificial intelligence for IT Operations)だ。(2019/10/4)

10月1日に株式買い付け:
伸び悩むコロワイド、大戸屋HD株式の買い付けは「青田買い」?
飲食店経営を手掛けるコロワイドが、大戸屋HDの株式を買い付けを行ったと発表した。大戸屋HDの発行済み株式のうち18.67%を取得し、筆頭株主になる。ともに業績が伸び悩む中、どういった狙いがあるのか。(2019/10/3)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(1):
裏切りの情シス
小塚と羽生――同期入社の2人を引き裂いたのは、大手高級スーパーのIT化を巡る政治と陰謀だった。「コンサルは見た!」シリーズ、Season4(全12回)のスタートです。(2019/10/3)

ユーザーも店舗も注目したい「キャッシュレス・消費者還元事業」
10月1日に消費税が増税され、税率が今までの8%から10%へと変更された。単純に2%の値上げとなるため、景気が低迷する日本においては消費の冷え込みにつながることが心配されている。そこで導入されたのが「キャッシュレス・消費者還元事業」だ。(2019/10/2)

消費税10% ドトールで消費税初日にレジトラブル
「ドトールコーヒー」で1日朝、消費税率引き上げに伴って改編した朝のセットメニューで、特定の軽食とドリンクの組み合わせを注文して自社ポイントで全額支払いした場合、レジが機能しなくなるトラブルが発生した。(2019/10/2)

新連載・飲食店を科学する:
リンガーハットの顧客満足度はなぜ3年連続1位? ちゃんぽんで“ひとり勝ち”のビジネスモデル
リンガーハットが3年連続顧客満足度1位となっている。独自のビジネスモデルとも密接に関係している。ちゃんぽん分野でライバル不在の理由とは?(2019/10/2)

【経済インサイド】売り上げ健闘のペットボトル紅茶 理由は冷夏だけじゃない
 国内ペットボトル飲料市場で今夏、ちょっとした異変が起きた。気温が上がる夏場に販売数量が落ちるミルクティーを筆頭に、ストレートティーやフルーツティーなど、ペットボトル紅茶が健闘したのだ。その背景にあったのは、大人世代の健康志向に寄り添う味づくりと、暑さが長続きしなかった夏の不調、そして国内を席巻する“アイツ”の存在とみられている。(2019/10/1)

公式アプリはまだ粗削り 「キャッシュレス消費者還元事業」活用のポイント
10月1日から消費税率が10%となり、一時的な負担軽減策として「キャッシュレスポイント還元事業」が始まりました。今後9カ月間にわたって実施されます。決済方法や対象店舗の探し方を紹介します。(2019/10/1)

ミニストップで増税に伴うシステム障害 税率10%の商品に軽減税率適用 原因は調査中
ミニストップで増税に伴うシステム障害が発生。税率10%で販売すべき商品に、誤って軽減税率(8%)を適用して販売するなどのトラブルが起きた。原因を調査中だが、詳しいことは不明という。(2019/10/1)

ポイント還元も複雑、使いこなせば実質減税も キャッシュレス決済
増税後の消費の落ち込みを抑制するとともに、現金を使わないキャッシュレス決済を広めようと考えられた政策で、うまく使いこなせば、増税前よりも“お得”に買い物ができるケースも多くなりそうだ。(2019/10/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

女性活躍企業 「ローソン」トップ 役員41.7%、育休復職93.9%、男性育休90%超
 女性活躍推進法が平成28年に施行され、今年で4年目。女性が結婚や出産などを経ても仕事を続け、キャリアアップができる環境を作ることは、企業や団体だけではなく社会の大きな課題だ。そうした女性活躍を客観的に評価する指標「女性活躍インデックス」を東洋大学がつくり、毎年公表している。これにもとづいたランキングで、トップとなった会社はどのような取り組みをしているのか。(2019/9/30)

1000円超の商品が続々:
1180円の“高級一蘭”が銀座にオープン 高価格路線は他のチェーンも
1180円のとんこつラーメンを提供する「銀座一蘭」がオープンする。この店でしか味わえないラーメンを用意した。高価格商品を投入する動きは他のチェーンにもある。(2019/9/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。