ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

上位25人:
米富裕層「ほぼ税金を払ってない」 アマゾン創業者らの納税記録
非営利の米報道機関プロパブリカは8日、アマゾン・コム創業者のジェフ・ベゾス氏ら富裕層の納税記録を入手したと発表した。(2021/6/9)

小寺信良のIT大作戦:
マンガは“無限”の時代へ プラットフォーム最適化の向こう側にたどり着いた“タテ読み”という新標準
最近急増している、マンガの縦読み。その背景を小寺信良さんが分析する。(2021/6/7)

「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」
具体的にどのような法的問題があるかもまとめました。(2021/6/8)

Tech Basics/Keyword:
あなたも狙われている? 古くて新しい攻撃手法「ドッペルゲンガードメイン」とは
正規のドメインに似たドメイン名に間違ってメールを送信してしまう事故が報道されることがある。メールアドレスのタイピングミスが主な原因だが、ミスを誘導しやすいドメイン名が悪用されているのも一因だ。こうした正規のドメインに似たドメイン名とは……。(2021/6/4)

Gartner Insights Pickup(210):
“デプラットフォーム”のリスクを最小化するには
ソーシャルメディアプラットフォームの「Parler」が最近、クラウドなどのプラットフォームから締め出された。こうした動きをきっかけに、企業は、ITサービスプロバイダーに依存したビジネスのリスクについて、理解を深めようとしている。(2021/6/4)

独自性:
なぜ? YKKが「定年廃止」を決めた理由 65歳以上の評価・報酬はどうなるのか
YKKグループが4月、定年制度を廃止した。日本企業では、当たり前の制度として定着している定年だが、その廃止を決めた理由は何か。その背景を取材した。(2021/5/31)

専門家のイロメガネ:
フジテレビの女子アナによるステマ疑惑が金銭トラブルに発展した理由
先日から話題になっていたフジテレビ女子アナのステマ疑惑に、新しい問題が発生した。エステサロンを無料で利用していた女子アナとサロンとの間でトラブルが発生したという。4月にはフジテレビの複数のアナウンサーが美容室から無償でサービスを受け、その代わりに自身の写真を使わせていたとしてステマ疑惑が大きく報じられた。(2021/5/30)

「現実の基準に当てはめてる」 ハライチ岩井、アニメ「スーパーカブ」演出への“違反”指摘を一刀両断
ぐうアニメ好きとして知られる岩井さん。(2021/5/27)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(12):
設計力を高める! 3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリングによるDX
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第12回は、3Dスキャナーの代表的な活用方法の1つである「リバースエンジニアリング」について解説する。(2021/5/24)

PR:にっこり笑顔のホッキョクギツネ、「ンン゛ーッ!」と必死なユキヒョウ 野生動物たちのレアな表情を“WWFフォトギャラリー”で見てみよう
LINEで友だちになると、誰でも見ることができます。(2021/5/24)

「東京都は緊急事態ではない」 グローバルダイニング、東京都の休業命令に従わないと発表
グローバルダイニングは5月18日、東京都が33施設に出した休業命令で、このうち23店舗が同社が運営する施設だと公表した。(2021/5/18)

注意点は:
デジタル払い、前払い……新たな給与支払いの方法を押さえておこう
外国人労働者や非正規雇用者の増加に伴い、新たな給与支払いの方法が注目されています。ここでは、「デジタル払い」「前払い」について、労務・税務上の注意点を確認します。(2021/5/18)

Q&A 総務・人事の相談所:
定年再雇用「60歳以降、1年ごとに1割給与を減らす」はOKですか?
定年再雇用を新設する際、「60歳以降、1年ごとに1割給与を減らす」制度は問題ないか。実例を踏まえ、人事コンサルタントが解説する。(2021/5/17)

「API」に著作権はあるのか【中編】
「API流用」は全て合法なのか? Google対OracleのJava訴訟判決で残る謎
Googleによる「Java」のAPIソースコード引用について、米最高裁は判決で合法との判断を示した。開発者にとっては朗報との見方がある一方、「判決には疑問の余地がある」と考える専門家がいる。どういうことなのか。(2021/5/17)

「絶対許さんからな。後悔すんなよ」 井岡一翔、薬物騒動後の“家族への誹謗中傷”に怒りあらわ
井岡さん「言っていい事と悪い事あるからな」。(2021/5/11)

つながりは「インスタ」 総長なき令和の暴走族
改造バイクに乗り、爆音を上げながら走る暴走族。昨今では、SNS「Instagram」のDMで集まる例が出ている。集団内での関係が希薄なため、昔の暴走族と違って捜査が複雑・長期化する傾向があるという。(2021/5/11)

ネットの法律相談に駆け込む「転売ヤー」のリアルな悩み
弁護士がユーザーの質問に回答するオンラインサービス「みんなの法律相談」では、20年2月から21年1月にかけてマスクの転売に関する相談が相次いだ。「転売禁止前の販売は違法になるのか」といった投稿が目立ったという。(2021/5/7)

違法行為が横行:
「売り」を難しくする仲介業者の体質
自宅を売却する際、不動産仲介業者に依頼する人がほとんどである。しかし、この仲介業者という仕組み、いろいろ問題があって……。(2021/4/29)

専門家のイロメガネ:
女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ
フジテレビが揺れている。テラスハウス出演者に対する誹謗(ひぼう)中傷、放送法の外資規制違反と続き、そして新たに出てきた問題が、女子アナによるステマ疑惑だ。フジテレビの女子アナが、自身のインスタグラムのアカウントで投稿している内容や美容室がアカウントに登場していることはステマにあたるのではないか?(2021/4/27)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(12)ブロックチェーン(6):
「バンクシーの絵を焼き、NFT化する」という狂気
「ブロックチェーン」シリーズの最終回となる今回は、ここ数カ月話題になっている「NFT(Non-Fungible Token)」を取り上げます。バンクシーの絵画焼却という衝撃的(?)な出来事をきっかけに広がったバズワード「NFT」。これは一体、何なのでしょうか。いろいろと調べて考察した結果、「バンクシーの絵画を焼いた奴はバカ」という結論に達した経緯とともに解説します。(2021/4/27)

闇バイト強盗の95%超がアプリ「Telegram」悪用 警察当局も警戒
インターネット上の「闇バイト」の多くで、犯行グループがアプリ「Telegram」を使っていたことが分かった。メッセージのやり取りが一定時間で自動的に消える機能を悪用し、関与した証拠の隠蔽を図った疑いがあり、警察当局は警戒を強めている。(2021/4/26)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「えっ、この絵が1億円?」……今更聞けないNFTバブルのヤバい裏側
世はまさにNFTバブルだ。トップ画像を飾るこのアヒルのイラスト「perfection」は、WAVESという暗号資産のブロックチェーン上でちょうど100万ドル、日本円にしてなんと1億円以上の価値で落札された代物である。(2021/4/23)

レポートと専門家の見解を紹介
攻撃者が集う闇市場「ダークWeb」では誰が何をやりとりしているのか?
セキュリティベンダーによる調査レポートで、ダークWebのフォーラムサイトの実態が明らかになった。誰が参加し、どのようなやりとりがなされているのか。(2021/4/23)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ビットコインは目の上のたんこぶ、人民銀幹部「暗号資産は投資商品」発言の真意
人民銀の幹部が4月18日デジタル資産について「投資商品」との見解を示した。仮想通貨交換所・コインベースの米国上場、ビットコインの値上がりも重なり、中国でも仮想通貨“解禁”への期待が高まっている。しかし仮想通貨取引・利用を全面禁止している中国政府が、デジタル人民元以外のデジタル通貨を許容することは当面なさそうだ(2021/4/22)

Facebook、町の名前を「ビッチ(Bitch)」と誤判定か? フランスの町「ビッチュ(Bitche)」公式ページをうっかり削除
アルゴリズムで自動処理されたようです。(2021/4/16)

「公道を走れる電動キックボード」のシェアサービス開始 4月下旬に
Luupが公道を走行できる電動キックボードのシェアリングサービスを4月下旬に始めると発表。渋谷区や世田谷区など都内6エリアで提供する。(2021/4/15)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(10):
本当にサブスクでもうかるのか、費用対効果を探る
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第10回は、ソフトウェアビジネスによる収益化に向けたサブスクリプションの導入で本当にもうかるのかについて、調査会社などが発表している数字を基に探っていく。(2021/4/13)

「Amazonから身に覚えのない注文メールが来たけど注文履歴がない」 注文履歴を“非表示”にする不正利用に注意
似たような不正利用に遭ったという報告も複数。(2021/4/9)

GMOインターネット、NFT事業参入「アダム byGMO」
GMOインターネットグループは4月9日、NFT事業に参入し、NFTの売買が行えるマーケットプレイス「アダム byGMO」を提供すると発表した。アートや楽曲、著名アーティストによる希少性の高いコンテンツを用意するほか、ウォレットの提供も行う。提供予定日は未定としている。(2021/4/9)

Web会議ツールの意義と課題【後編】
「Web会議」ツールを使い倒して問題を招く前に、最低限検討したい4つのポイント
Web会議ツールの機能強化は仕事に役立つ便利なことばかりではなく、コンプライアンスやガバナンスの観点で新たな検討事柄を生むこともある。コンプライアンスやガバナンスの強化に通じる4つのポイントを解説する。(2021/4/6)

ロシア、米巨大IT企業に罰金訴訟 ネット統制強化が鮮明に
モスクワの裁判所は、露通信規制当局が米IT企業を相手取り罰金を科すよう求めた行政訴訟について、Twitterに計650万ルーブルの支払いを命じた。無許可デモへの未成年者の参加を呼び掛ける投稿を各社が削除しなかったのは違法と主張している。(2021/4/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
4月1日から違法「税別表記」、ahamoは値下げで“2000円代”死守
スーパーでもよく見かける「298円(+税)」といった値札は、4月1日から違法となった。このような税々表示は、そもそも安倍政権下で実行された二度の消費税増税の際、増税するごとに必要な、値札の貼り替えやシステムを改修する事業者負担を軽減するための措置だ。その特例措置が、3月31日をもって期限を迎えたため、4月1日から税別表記は違法となる。(2021/4/1)

協力金支給率たったの18.9%:
「時短要請に応じたのに協力金が支給されない!」 東京都の支払い遅延に憤る外食企業
緊急事態宣言中に東京都からの時短要請に応じた飲食店への感染拡大防止協力金が「まだ支払われていない」と各所から悲鳴が上がっている。1店舗あたり1日6万円がが支払われることになっている。さらに、12月から1月にかけての営業時間短縮要請に対する協力金が支払われていない店舗もあるという。その結果、飲食店の資金繰りは厳しさを増していて、東京都内の繁華街では午後9時以降も営業する店が散見される状況だ。緊急事態宣言解除後の飲食店の現状と、協力金の支給の現状を取材した。(2021/3/31)

第16回「オタク川柳」結果発表! 大賞は「経済の 柱となった 炭治郎」
今年は『鬼滅』な一句が大賞に!(2021/3/31)

『進撃の巨人』違法アップロード・発売前漏洩に対し法的措置 「今後も国を問わず対応」
厳しく対応していく予定(2021/3/30)

漫画の海賊版が再び拡大 サイト相次ぎ被害急増、「漫画村」超す
漫画の海賊版被害が再び拡大している。海賊版サイト「漫画村」が3年前に閉鎖されて以降も、新たな海賊版サイトが次々と誕生。2020年12月の推定被害額は349億円で、1年足らずの間に9倍に急増した。(2021/3/29)

小池知事への104円訴訟に1500万円の支援! グローバルダイニングの狙いは?
新型コロナ対応の改正特別措置法に基づいて東京都が出した時短営業命令が、営業の自由を保障した憲法に違反するなどとして、都に104円の損害賠償を求める訴訟を起こした外食大手「グローバルダイニング」。訴訟費用をクラウドファンディングで募ったところ、1500万円以上が集まった。(2021/3/26)

Clubhouseはラジオ業界の“黒船”か 番組制作の現場の視点は
音声SNS「Clubhouse」をラジオ業界の人はどう見ているのか。TBSラジオの担当者2人にインタビューした。(2021/3/26)

弁護士が解説:
「楽天モバイル社員によるSB技術情報の不正持ち出し」から学ぶ、営業秘密の要件・問われる責任・未然防止措置
2021年1月12日、ソフトバンク株式会社の技術情報を不正に持ち出したとして、楽天モバイル株式会社の従業員が不正競争防止法違反の容疑で逮捕されました。対象従業員、楽天モバイルそれぞれについてどのような責任が問われ、処罰される可能性が考えられるのでしょうか。(2021/3/30)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
トランプ後も制裁継続、世界巻き込む半導体戦争へ<ファーウェイの現在地・上>
米中貿易戦争の象徴となった通信機器大手ファーウェイへの制裁から2年。5G、スマートフォンの両方で動きを封じられたが、同社製端末の内部には日本企業製の部品が多く使われ、制裁は日本も含めた世界の半導体不足をも招いている。米中でなお繰り広げられている攻防と、手足を縛られたファーウェイの生存戦略を全3回に分けて紹介する。(2021/3/25)

LINEの個人情報問題、グローバル開発体制で起きた“見落とし”とは?
LINE利用者の個人情報が一部中国から閲覧できる状態にあるなど、個人情報管理に関する問題を指摘されたことを受けて、LINEが詳細を説明。「LINEの個人情報にアクセスする業務を中国で実施していたこと」「トーク上の画像や動画を国外で保存していたこと」「プライバシーポリシーでその国名を明記していなかったこと」の3点を問題視。LINEの出澤剛社長は「ユーザーの分かりやすさに対する配慮が欠けていた」と謝罪した。(2021/3/24)

「悪い顔選手権」に純烈参戦 ノリノリすぎて「ファンに怒られるかも」とチョコプラが冷や汗
純烈さん全力出すのここじゃないと思う。(2021/3/23)

「違憲・違法」と主張:
「狙い打ち時短命令は違憲・違法」 グローバルダイニングが“104円”の損害賠償求めて東京都を提訴した理由
グローバルダイニングは3月22日、東京都の営業時間短縮命令は違法として、都を相手取り損害賠償を求めて提訴した。訴訟の目的は「お金の問題ではない」との理由から、損害賠償請求額は104円としている。(2021/3/22)

調査開始:
「LINE」の個人情報、海外流出の懸念が明らかに
政府の個人情報保護委員会は17日、LINE利用者の個人情報が、委託先である中国の関連会社から閲覧可能な状態になっていた問題などについて、同社の情報管理に違法性がなかったかどうか、経緯や実態の調査を開始した。(2021/3/19)

積極的な価格競争にはならず:
ユニクロ「9%値下げ」に、ライバル静観の理由
「ユニクロ」や「GU(ジーユー)」を展開するファーストリテイリングは12日、「本体価格」をそのまま「税込み価格」にする実質約9%の値下げを始めた。圧倒的勝ち組の思い切った戦略だが、同業他社はどうするのか。(2021/3/15)

「シン・エヴァ」本編の盗撮映像がネットに違法アップロード 東映・東宝・カラーが「しかるべき対処」
アップロード元は匿名でも特定が可能です。(2021/3/14)

金ピカ&彫刻のド派手仕様 日本生まれの激ヤバカスタム「GT-R」がドバイで売りに出される 価格は約6000万円
派手オブ派手。(2021/3/12)

働き方の「今」を知る:
不祥事・炎上はなぜ絶えない? スタートアップ企業のトラブル事案から考える、危機管理広報の在り方
企業の不祥事や炎上は、後を絶たない。最近でも、スタートアップ企業で薬機法や景表法に関するトラブルが起こった。どうすれば、こうしたトラブルをなくせるのか。今の時代に、あるべき危機管理の姿を探る。(2021/3/12)

弁護士に聞く:
従業員の不正が発覚、どう対応? 調査の進め方、社内処分、刑事告発……気になるポイントを解説
不正に手を染めてしまった従業員を処分することは当然のことですが、解雇や降格など、社内処分が重くなるほど不正当事者との法的紛争に発展するケースが多くなります。本記事では、不正を行った従業員に対する正しい対応について考えます。(2021/3/12)

NTTとNTTデータ、特別調査委員会を設置 総務省幹部への接待で
NTTとNTTデータの幹部らが総務省幹部を接待をしていた問題で、両社は特別調査委員会を設置した。外部の有識者とともに事実関係の解明を目指す。(2021/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。