ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「出資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「出資」に関する情報が集まったページです。

東京ガスと東北電力が出資した新電力、11月末でサービス終了
新電力のシナジアパワーは8日、小売電気事業を11月末で終了すると発表した。長引く燃料価格の高騰などで事業の継続が難しくなった。(2022/8/9)

Uber決算、売上高は2倍だが26億ドルの赤字(出資先の評価損で)
Uber Technologiesの4〜6月期決算は、売上高は前年同期の約2倍の80億7300万ドルだった。新型コロナのパンデミック後の配車復調が奏功した。赤字の26億ドル中17億ドルはAuroraなど投資先の評価損によるものだ。(2022/8/3)

金融業界を揺るがす可能性:
SMBCとSBIの“似たもの提携”、見え隠れする「力技」と「したたかさ」の戦い
三井住友フィナンシャルグループが、SBIホールディングスに約800億円を出資し、業務提携すると発表した。この発表は、単純に銀行、証券それぞれの業界をリードする企業同士の業務提携成立という事実にとどまらず、各業界内の序列や既存の提携関係にも影響を及ぼし、再編につながる可能性がある。(2022/7/31)

EC事業から視線はクラウドに アマゾン決算
アマゾン・ドット・コム(AMZN)は7月28日(米国現地)に2022年4-6月決算を発表した。売上高は1212億3400万ドル(前年同期比7.2%増)、営業利益は33億1700万ドル(前年同期比57%減)、最終損益は20億2800万ドルの赤字(前年同期は77億7800万ドルの黒字)だった。好調な部門はAWS(AmazonWebService)のクラウドで増収増益。コマース部門は北米・国際とも赤字。出資先の米電気自動車(EV)メーカーのリヴィアン・オートモーティブの評価損から純損失となった。(2022/7/29)

2023年1月発売も価格は未定:
中国EV大手BYD、日本上陸 SUVなど3車種を市場投入へ 各車種の仕様は?
中国EV大手「BYD」(広東省深セン)が、日本の自動車市場に本格参入すると発表した。2023年1月以降、BEV3車種を順次、日本で販売する。参入に合わせ、7月4日に国内での販売を手掛ける100%出資子会社「BYD Auto Japan」(横浜市)を設立。3車種の販売を起点に、日本でのビジネス拡大を目指す。(2022/7/24)

オンライン商業登記支援「GVA 法人登記」、新たにDESによる出資に対応
GVA TECHは7月13日、オンライン商業登記支援サービス「GVA 法人登記」にて、新たにDES(デット・エクイティ・スワップ)による出資に対応した。(2022/7/13)

半導体実装技術なども共同開発へ:
JX金属、ナノワイヤ関連のNanoWiredに出資
JX金属は、ドイツのNanoWiredに出資することを決めた。NanoWiredは、基板上に直径1μm以下の微細な金属ワイヤ(ナノワイヤ)を成長させる技術や製造装置を開発するスタートアップ企業である。(2022/7/6)

ミクシィ、「投資」を事業セグメント化 M&Aさらに強化へ
ミクシィは、スタートアップ出資やVCファンド出資などの投資活動を「投資事業」として事業セグメント化する。M&Aのさらなる実現につなげる。(2022/6/29)

三井住友、SBIに796億円出資 両グループ横断で個人向けデジタル金融サービス提供へ
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、三井住友カードは6月23日、SBIホールディングス(SBIHD)、SBI証券との包括的資本業務提携を発表した。併せて、SMFGはSBIHDに対し、796億5000万円を出資する。(2022/6/23)

オリコなど5社、SHOWROOMに出資 ライブ配信、ライブコマースなどで提携
SHOWROOMがオリコやゼンリンフューチャーパートナーズなど5社を割当先とした第三者割当増資を実施。業務提携も行う。(2022/6/23)

【独占取材】ソフトバンクビジョンファンドはなぜLegalForceに出資したのか
ソフトバンクビジョンファンド(SVF)2の国内4社目となる出資先は、AIを用いた契約審査サービスを提供するLegalForceだ。なぜSVF2はLegalForceに出資したのか。SVF2の国内出資を担当するSoftBank Investment Advisersマネージングパートナーの松井健太郎氏と、LegalForceの角田望社長に聞いた。(2022/6/23)

三井住友、SBIへの出資報道にコメント 「提携機会を検討していることは事実」
三井住友フィナンシャルグループは、同社がSBIホールディングスに出資する方向で最終調整に入ったとの報道にコメント。(2022/6/22)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県相模原市で延べ17.9万m2の物流施設が着工、三菱地所
三菱地所は、日本生命保険とともに、神奈川県相模原市中央区淵野辺で計画を進めてきた大規模マルチテナント型物流施設「(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト」の名称を「ロジクロス相模原」とした。今回の物件は、三菱地所が出資する特定目的会社と日本生命が事業主体となって開発している。(2022/6/21)

ルネサス、Arduinoに13億円出資 マイコンボードに自社パーツ搭載で顧客層拡大へ
ルネサスエレクトロニクスが、マイコンボード開発のArduinoに約13億円を出資した。ルネサス執行役員のクリス・アレキサンドル氏がArudinoの取締役に就任。Arduinoのマイコンボードにルネサス製品を搭載する。(2022/6/14)

政治のアンケート回答者全員に電子マネー、最大で100万円 前澤氏の出資企業で
政治家・選挙候補者向けサービスを提供するセンキョは、政治に関するアンケートの回答者全員にお金を贈るキャンペーン「全員お金贈り by センキョ」を実施すると発表した。当選金額は100円、1000円、1万円、10万円、100万円のいずれかとしている。(2022/6/10)

人工知能ニュース:
パナソニックのエッジAI基盤「Vieureka」が独立分社、JVCケンウッドなどが出資
パナソニック ホールディングス(パナソニックHD)、JVCケンウッド、米国ベンチャーキャピタルのWiLの3社は、パナソニックHDの研究開発部門の傘下で実績を積み重ねてきたエッジAIプラットフォーム「Vieureka(ビューレカ)」を提供する新会社「Vieureka株式会社」に共同出資すると発表した。(2022/6/8)

Ittousai氏の新媒体、「TechnoEdge」に Engadget日本版正統後継目指し、6月中旬立ち上げ
イードが出資し、当初媒体名を予定していたテクノコアは社名に。(2022/5/31)

アニプレックスがアニメ制作の新会社 集英社など3社と共同で
アニプレックスとグループ会社であるCloverWorksは、アニメ制作会社のウィットスタジオ(東京都武蔵野市)と集英社の4社共同出資で、株式会社JOENを設立したと発表した。(2022/5/30)

日本初、“返済義務あり”スタートアップ専門の独立系ファンド マネフォ子会社などが設立 事業への干渉は原則なし
マネーフォワード子会社などがスタートアップのみを対象にした独立系ファンドを立ち上げた。日本で主流のエクイティ型(株式を発行して資金調達する方式)ではなく、資金の返済義務がある代わりに、原則として出資者が事業に干渉しない「デット型」を採用した。(2022/5/24)

NTTなど3社が出資 量子コンピューティングの開発プラットフォームを提供するClassiqが3600万ドル調達
Classiqの2回目のシリーズBにHSBCやNTTファイナンス、インテーザ・サンパオロの3社が参加した。NTTデータはClassiqのプラットフォームを活用してあるアルゴリズムを構築中だという。(2022/5/19)

ドローン:
日揮HDが風況を3Dで可視化する「メトロウェザー」へ出資、ドローン運航の安全性を確保
日揮ホールディングスは、ドローンの安定飛行に役立つ、風況を3次元で把握する測定技術を有するメトロウェザーへ出資した。(2022/5/16)

効果測定には「AIカメラ」:
「1日1500万人」の来客を生かす ファミマが“広告メディア”になる日
コンビニ大手のファミリーマートは2021年9月、伊藤忠商事との共同出資により新会社「ゲート・ワン」を設立した。その目的は、ファミリーマート店頭にデジタルサイネージを新たに設置し、これを活用したメディア事業を立ち上げること。(2022/5/13)

イーロン・マスク氏、Twitter買収資金71億ドル超をラリー・エリソン氏やサウジの王子などから調達
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、ラリー・エリソン氏などから買収資金71億4000万ドルを確保した。暗号資産取引所のBinanceも5億ドル出資する。(2022/5/6)

ニコニコ超会議を前に:
「iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?
「ニコニコ超会議」を主催するドワンゴを率いるのは、NTTドコモが運営していたサービス「iモード」の生みの親とされる夏野剛社長だ。国内屈指のIP企業が、宇宙ベンチャー起業に出資した理由を聞いた。(2022/4/29)

ホリエモン×夏野剛(4):
KADOKAWAが宇宙産業に出資した理由 ホリエモンが描く「ニュースペース2.0」の世界とは
ドワンゴは、大型展示会「ニコニコ超会議」(超会議)を4月29日(金祝)と30日(土)に幕張メッセでリアル開催する。(2022/4/28)

ホリエモン×夏野剛(3):
ホリエモンが見通す「日本の自動車産業の未来」  テスラが持つ真のコアテクノロジーとは
堀江氏はISTに新たに出資したKADOKAWAの夏野剛社長と、4月15日にIST東京支社で対談した。ウクライナ戦争によって、スペースXが世界の宇宙開発競争においてかつてない優位に立っている点や、「テスラ」という先進企業が米国から次々と生まれてくる理由について、議論を交わした。(2022/4/27)

内視鏡AIでがん見逃しゼロへ:
ソフトバンクG、医療ベンチャー「AIメディカルサービス」に出資 国内3例目
AIを用いた内視鏡診断システムを開発する医療スタートアップ、AIメディカルサービス(東京都豊島区)は4月26日、ソフトバンクグループのビジョン・ファンド2をリード投資家とし、総額80億円の資金を調達したと発表した。同ファンドから出資を受ける国内企業は3例目。(2022/4/26)

ホリエモン×夏野剛(1):
iモード生みの親・夏野剛が斬る「オールドスペースからは日本の宇宙産業は何も生まれない」
KADOKAWAは、ホリエモンこと堀江貴文氏が取締役を務める宇宙開発ベンチャー、インターステラテクノロジズに出資する。なぜ、出版をはじめとした総合エンターテインメント企業が宇宙開発に出資したのか。4月には都内のIST東京支社で、堀江氏と夏野氏が対談。日本の宇宙開発ISTをはじめとする日本の宇宙開発ベンチャーに賭ける思いを明かした。(2022/4/25)

自動運転技術:
ヤマハ発動機とティアフォーの自動運転車が外部で初導入、1日30回の搬送を自動化
ヤマハ発動機は2022年4月18日、工場や物流拠点などの構内向け自動運転車「eve auto」の社外向けの試験導入を開始したと発表した。導入先は、三井化学と出光興産の共同出資会社であるプライムポリマーの姉崎工場(千葉県市原市)だ。(2022/4/19)

株式保有率は4.9%に:
ソニーG、人気ゲーム「フォートナイト」開発元に1250億円追加出資 出資元が「PS5」のSIEでない理由
ソニーグループが人気オンラインゲーム「フォートナイト」の開発などを手掛ける、米エピックゲームズに約10億ドル(約1250億円)を追加出資すると発表した。同社は仮想空間「メタバース」領域での連携強化などを主な狙いとしている。(2022/4/13)

ソニーとレゴ親会社がEpic Gamesに20億ドル出資 メタバース開発に向けて
米Epic Gamesは、ソニーグループとデンマークKIRKBIからそれぞれ10億ドルずつの出資を受けると発表した。(2022/4/13)

ソニー、Epic Gamesに10億ドル(約1254億円)の追加出資
「Fortnite」や「Unreal Engine」で知られるEpic Gamesが20億ドルの資金を調達した。ソニーグループおよびLEGO Groupの親会社KIRKBIが10億ドルずつ出資した。「メタバース構築を加速する」とスウィーニーCEO。(2022/4/12)

暗号資産投資詐欺疑いで元会社役員を再逮捕へ 兵庫県警
大阪の元会社役員の男が暗号資産への投資を無登録で勧誘したとされる事件で、兵庫県警は男が虚偽の説明で出資金をだまし取った疑いが強まったとして、詐欺容疑で再逮捕する方針を固めた。(2022/3/30)

出資者に届いたFCCL「LIFEBOOK UH Keyboard」 “実物”をいろんな角度からチェック!
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が富士通ブランドPCの40周年記念商品としてクラウドファンディングで出資を募った「LIFEBOOK UH Keyboard」。いよいよ出資者に向けて出荷が始まった。筆者のもとにも届いたので簡単にご紹介する。【訂正/追記】(2022/3/25)

プロジェクト:
奥村組らが福島県平田村で木質バイオマス発電事業会社を設立、1990kWの発電施設を開発
奥村組、四国電力、岩堀建設工業の3社は、共同出資で、福島県石川郡平田村に木質バイオマス発電事業を行う平田バイオエナジーを設立し、現在、県内で発電所の開発を進めている。(2022/3/18)

「きんゆう女子。」合同会社化 メンバー、会社の一員、出資など新しい形のコミュニティ
 女性主体の金融コミュニティ「きんゆう女子。」を運営するTOE THE LINE(東京都中央区)は3月14日、グループ会社として「合同会社きんゆう女子」を設立したと発表した。ビジョンの明確化のため、女子会(メディア)運営部分を独立させ、合同会社という形でスタートすることとした。(2022/3/16)

事業会社の独自メタバース創造を支援:
NFTメタバースのAnifieにブイキューブが出資、日本でサービス展開へ
Anifieはハリウッドの重鎮とタッグを組むスタートアップ企業。日本国内のエンタメ&ファッション領域におけるIP・コンテンツホルダーに対して新しいプロモーションとマネタイズの手法を提供する。(2022/3/10)

モビリティサービス:
ホンダとソニーは2025年に何を発売? 他社と共同開発中のサービスとのすみ分けは
ホンダとソニーグループは2022年3月4日、会見を開き、共同出資会社を設立してEV(電気自動車)の共同開発や販売、モビリティサービスの提供に取り組むと発表した。ホンダが持つ自動車の開発や製造、アフターサービスの実績と、ソニーのイメージセンサー、通信、ネットワーク、エンターテインメント技術、センサーなどの強みを持ち寄り、モビリティとサービスを開発する。(2022/3/7)

Netflixがフランス映画業界に年間最低39億円出資する「歴史的協定」 映画館生き残りに希望
「Netflix問題」で対立していたカンヌ国際映画祭とも和解できるのかも?(2022/2/24)

暗号資産投資トラブル 「余生の資金奪われた」憤る被害者
投資アドバイザーを自称する男が、暗号資産などへの投資を持ちかけながら配当が滞り、出資者とトラブルとなっていることが明らかになった。コツコツと蓄えた金を失った出資者らが取材に応じ、男への怒りや後悔の念を吐露した。(2022/2/18)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県川西市石道で延べ8.9万m2の物流施設が着工、大和ハウスら
大和ハウス工業と大和ハウスグループのフジタが共同出資し組成した川西石道特定目的会社は、兵庫県川西市石道で、マルチテナント型物流施「DPL兵庫川西」の開発を進めている。総事業費は約200億円を見込んでいる。(2022/2/18)

工場ニュース:
TSMCの国内半導体ファウンドリーが12/16nmプロセスに対応、投資規模は1兆円へ
台湾TSMCとソニーセミコンダクタソリューションズ、デンソーの3社は、TSMCが国内に建設を予定している半導体ファウンドリーの運営企業であるJASMに、デンソーが約3.5億米ドル出資すると発表した。JASMのファウンドリーは、12/16nmのFinFETプロセスに対応し生産能力も増強するため、設備投資額を約86億米ドル(約9800億円)に増やす。(2022/2/16)

12/16nmFinFETプロセス対応も発表:
デンソーがTSMC熊本工場に400億円出資
TSMC、ソニーセミコンダクタソリューションズ、デンソーは2022年2月15日、TSMCの半導体受託製造子会社Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(以下、JASM)に対して、デンソーが約3.5億米ドル(約400億円)の少数持分出資を行うと発表した。この出資により、デンソーはJASMの10%超の株式を取得することになる。(2022/2/15)

「イーロン・マスクになる可能性がある」:
サイバーエージェント藤田晋社長が、ホリエモンの宇宙ビジネスに出資した理由
サイバーエージェントがインターステラテクノロジズに出資を決めた理由を藤田晋社長がホリエモンに明かす。(2022/2/15)

製造マネジメントニュース:
東陽テクニカがOTA計測ソリューション手掛ける新会社を合同出資で米国に設立
東陽テクニカは2022年2月9日、同社子会社である米国のTOYOTechが携帯端末やアンテナ、OTA試験を手掛けるGeneral Test Systemsと合同出資して「AeroGT Labs Corporation」を設立すると発表した。AeroGT Labsの設立は同年2月中旬ごろになる予定。(2022/2/14)

「バーチャルマーケット」のHIKKYにメディアドゥが出資 累計70億円調達
「バーチャルマーケット」のHIKKYがメディアドゥを引受先とした第三者割当増資で5億円を調達。シリーズAラウンドでの調達総額は70億円に達した。(2022/2/9)

オンキヨーの子会社2社が事業停止、破産申請へ 
オンキヨーマーケティングとオンキヨーサウンドが事業活動を停止し、破産手続きを始める。資金難で第三者の資本参加や事業譲渡などを模索していたが協議は難航していたという。(2022/2/8)

Amazon、売上高は過去最高も予測に届かず 純利益98%増は出資先Rivianの上場益
Amazon.comの10〜12月期決算は売上高は9%増、純利益は98%増だった。純利益には出資先の電気自動車企業Rivian上場による株式評価益が含まれる。2月以降に米国のプライム会費を値上げすることも発表した。(2022/2/4)

ソフトバンクG、ビジョン・ファンドでCruiseに13.5億ドル追加出資
General Motors(GM)傘下の自動運転システム企業Cruiseは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから13.5億ドルを調達すると発表した。サンフランシスコで開始した自動運転タクシーサービスの提供エリアを拡大していく狙いだ。(2022/2/2)

Web3.0企業に出資、支援 コインチェック「Coincheck Labs」始動
コインチェックは1月28日、Web3.0をけん引するスタートアップを支援するプログラム「Coincheck Labs」を開始した。第1号として、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」を手掛けるステーク・テクノロジーズ(シンガポール)へ出資する。(2022/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。