ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「オンラインショッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットショッピング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットショッピング関連の質問をチェック
「オンラインショッピング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ネット通販売上が130%増:
老舗の製薬会社が頼った、月10万円で雇える“オンライン副業人材”
長野県木曽地方で、江戸時代から受け継がれてきた「百草」を胃腸薬として製造・販売する日野製薬。2020年3月からネット通販(EC)の売り上げを伸ばすため、“オンライン副業人材”を採用している。その成果は。(2020/9/3)

DMMなど対象サイトは100以上! PayPayがオンラインショッピングサイトの10%還元キャンペーンを開催中
100サイト以上が対象に!(2020/9/2)

ヤマト運輸、「置き配」ヤフオクにも コロナ対策で非対面配送強化
新型コロナウイルスの感染防止のため、人同士の接触を減らそうとヤマト運輸は今秋から「置き配」サービス「EAZY」(イージー)を「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」に導入する。コロナ禍でネット通販の利用が増加していることなどが背景。6月には「ZOZOTOWN」に先行的に導入していた。(2020/8/25)

コロナ外出自粛で増加 ネット通販の落とし穴
新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、ECサイトで買い物をする人も増えているが、消費者庁によるとトラブルも多発しているという。ECサイトでの買い物の注意点をまとめた。(2020/8/18)

アイリスオーヤマが新卒採用を過去最多の640人に拡大 マスク生産やネット通販事業の好調を受け
アイリスオーヤマは2021年度の新卒採用枠を当初の計画から240人増やし、過去最多の640人に拡大すると発表した。(2020/8/11)

ネット通販で原寸大表示、埼玉県がシステム開発 感染拡大で需要増意識
新型コロナウイルスの感染拡大長期化に伴い、ネット通販の成長が期待されている。埼玉県は、Webサイトで商品を原寸大表示できるシステムを開発し、プログラムを無償で提供する方針を決めた。通販事業者の販売拡大を後押しする。(2020/8/7)

アイリスオーヤマが新卒採用を過去最多に コロナ禍でAIサーマルカメラやEC好調
アイリスオーヤマは、2021年度新卒採用枠を当初の計画から240人増やし、過去最多の640人にすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、非接触で発熱を検出する「AIサーマルカメラ」やネット通販事業が拡大したことから、人材強化を図る。(2020/8/5)

今日のリサーチ:
自粛期間中に利用増 1位「Amazonプライムビデオ」、2位「クックパッド」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に「withコロナにおける日本人の消費意識とメディア行動の変化」を調査。「オンラインショッピング」「動画配信サービス」「料理系アプリ」の需要が増加しています。(2020/7/30)

テレワークで使う「家庭用ルーター」が危ない! セキュリティ対策をあなどってはいけない理由
新型コロナ対策として、企業がテレワークを導入してから数カ月。家電量販店やネット通販で買った家庭用ルーターを使って仕事をしている人は少なくないだろう。だが、セキュリティ対策を行わずに使い続けると、サイバー攻撃などの被害につながるかもしれない。(2020/7/15)

NHK「クローズアップ現代+」で「ネット通販の闇」特集 怪しい商品の物流拠点に潜入取材も
「不良品マスク」が届くといったネット通販の問題に迫ります。(2020/7/10)

AIで配送ルート作成、2〜3割の業務効率化へ 日本郵便
 日本郵便は15日、人工知能(AI)を活用してゆうパックなど荷物の配送ルート作成などができるシステムを約200の郵便局で試行導入すると発表した。郵便局員の勘や経験に頼っていた配達業務を2〜3割効率化できることを検証し、全国の郵便局での本格的な導入につなげる。インターネット通販が拡大する一方で配達員が不足する構造問題に、デジタル技術を駆使して対応していく。(2020/6/16)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴いオンラインショッピングの市場が急拡大しています。(2020/5/29)

楽天、トラベル事業など大打撃 1〜3月期の最終赤字353億円
 楽天は13日、令和2年1〜3月期連結最終損益が353億円の赤字(前年同期は1049億円の黒字)だったと発表した。4月に本格参入した携帯電話事業への先行投資が重荷になっている。新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす苦境にも直面しており、「楽天トラベル」やスポーツ事業が大打撃を受けているほか、携帯やインターネット通販など中核事業にも影を落とし、収益改善の道のりは険しくなっている。(2020/5/14)

PR:ネットショッピングとコンビニ利用が多いなら、どのクレジットカードがいい? 「クレカ使い分け」徹底指南
利用金額に応じてポイントがたまるクレジットカード。ネットやコンビニで買い物をする人はどのカードを選ぶとお得?(2020/5/15)

Googleショッピング検索、無料リスティング開始 新型コロナ対策の一環で
Googleショッピング検索結果には現在、有料で登録された商品しか表示されないが、無料登録商品も表示されるようになる。新型コロナによるオンラインショッピング需要の高まりを受けての改善としている。(2020/4/22)

ネットショッピングで人気のチークのキーワードは「ツヤ感」! Qoo10コスメランキング(4月13日〜19日)
4月13日〜19日のベスト3は?(2020/4/21)

ネットショッピングで買えるトレンドのアイシャドウは? Qoo10コスメランキング(4月6日〜12日)
4月6日〜12日のベスト3は?(2020/4/14)

日本のネット通販に追い風 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
これまで、成長限界説がささやかれているインターネット通販業界だが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で実店舗での消費が落ち込む中、需要が急増している。(2020/4/9)

【経済インサイド】日本のネット通販限界説に構造変化 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
 小売り店舗が充実する日本国内での成長限界説がささやかれていたインターネット通信販売が、変わろうとしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、学校の臨時休校措置やテレワークの推進などにより、外出を控える「巣ごもり消費」でネット通販需要が急増。消費者の利便性を高める新サービスも相次いでいる。消費の主戦場としての存在感が高まり、業界内の主導権争いも激しさを増してきた。(2020/4/8)

日本のネット通販限界説に構造変化 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
小売り店舗が充実する日本国内での成長限界説がささやかれていたインターネット通信販売が、変わろうとしている。(2020/4/8)

ネットショッピングで買えるいま人気のリップ・アイシャドウ・チークは? Qoo10コスメランキング(3月30日〜4月5日)
3月30日〜4月5日のベスト3は?(2020/4/8)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

Mobile Weekly Top10:
新型コロナウイルスの影響はどこまで広がる?/各社の5Gサービスがスタート
新型コロナウイルスの影響が徐々に広がりを見せています。中でも、感染症を拡散することを抑制する上で役に立つ「マスク」の品不足は深刻で、ネット通販のマスク情報をまとめるWebサービスまで登場しました。(2020/3/30)

Amazon.com、新型コロナ対策で物流拠点での配送に優先順位付け 生活必需品を優先
Amazon.comが、新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピング急増し、生活必需品が不足していることを受け、物流拠点での配送に優先順位を付け、対象商品以外の配送を一時停止する。まずは米国とEU圏で実施する。(2020/3/18)

試着なしで足に合う靴を――靴専門のECサイト「ZOZOSHOES」誕生 「ZOZOMAT」と連携、3Dデータをミリ単位で活用
ZOZOが靴専門のECサイト「ZOZOSHOES」をオープン。「ZOZOMAT」と連携し、客の足型に合う靴を試着なしでレコメンドする機能を持つ。ネット通販での靴選びに不安を抱えるユーザーの課題を解消し、靴カテゴリーの商品取扱高を拡大する狙い。(2020/3/4)

アマゾンを超越し続ける「ザッポス」という存在
今から10年ほど前に『ザッポスの奇跡』という本を書いた。当時、アメリカのビジネス界に旋風を巻き起こしていた「ザッポス」という靴のネット通販会社の「企業文化戦略」についての本だ。ザッポスはどのようにして、あのアマゾンに「負け」を認めさせるに至ったのか。(2020/2/19)

コストコが日本でネット通販をスタート 「1350万円の指輪」も販売
コストコホールセールジャパンは、日本国内向けのネット通販を始めた。日用雑貨や家電、アウトドア用品、ジュエリーなどを販売する。(2019/12/10)

今日のリサーチ:
シニアの8割以上は5年以上前からネットショッピングを利用していた――アスマーク調べ
高齢者のIT利用率が増加し、ネットは若者のものというイメージは過去のものとなっているようです。(2019/12/2)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)

会員登録せずに手軽に買い物 Amazonが「Web接客型Amazon Pay」をEC向けに提供
Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」でオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」を開始。Amazonアカウントを使い、より少ない情報入力で買い物ができることを提案する。(2019/10/8)

カスタマーエクスペリエンス(CX)の観点で比較
ネット通販と実店舗はどちらが優れているか? TargetのPOS障害から考える
小売り大手Targetで起きたPOSシステムの障害は、電子商取引システムがその隙間を埋められる可能性を示した。まだネット通販が実店舗に取って代われる段階には至っていないものの、その状況に近づきつつある。(2019/7/18)

「LINE ID」ログイン機能や配送情報、「LINE Pay」加盟店に提供「LINE Checkout」 ネット通販など便利に
LINE IDによるログイン機能や、LINE IDにひも付いたユーザー自身の住所、氏名などの情報を、LINE Pay加盟店に提供する「LINE Checkout」がスタートする。(2019/7/9)

今日のリサーチ:
平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」の結果を抜粋。(2019/6/26)

ドコモ「d払い」が20%還元キャンペーン Amazonなどネットショッピングも対象
ドコモが大型還元キャペーンです。(2019/6/24)

ロボットがネットショッピングの人手不足解消に――国内ロボット市場は2桁成長とIDC Japanが予測
IDC Japanの国内ロボット市場の予測によると、2023年の市場規模は、自律移動型ロボットが561億円、コミュニケーションロボットが22億円、ドローンが213億円。いずれも毎年2桁成長を見込む。(2019/5/15)

地元にない品求め“一番近い都会”へ3時間半 “店の地域格差”嘆く島根出身者の思い出話に反響
ネット通販が使える今でも、まだ不便は多いそうで……。(2019/4/14)

今日のリサーチ:
店舗で見てオンラインで買う人とオンラインで見て店舗で買う人、アジア各都市の傾向――トランスコスモス調査
東京を含むアジア10都市におけるオンラインショッピング利用者の傾向はどうなっているのでしょう。(2019/3/29)

今日のリサーチ:
シニアのショッピングがスマホ化 50代後半の3人に1人、60代前半の5人に1人が利用 ――ビデオリサーチ調べ
シニア層のスマホ利用はネットショッピングにも拡大。キャッシュレス化も進んでいるようです。(2019/3/19)

半径300メートルのIT:
オンラインショッピングの“安全策”が盲点に カード情報の漏えいが止まらない理由
オンラインショッピングが広く普及する中、「安全のため、カード決済は外部に委託している」というサイトが増えました。ところが、その仕組みを逆手に取って、カード情報を抜き取る攻撃が多発しています。一体何が起こっているのでしょうか。(2019/3/5)

りんごやクロワッサンに近づくと香りがする! “香り付きVR”でリアルなVRショッピング――NEC、法人向けに展開へ
NECは、商品の香りを体験できるネットショッピング向けVRシステムを開発。仮想店舗内で商品に近づくと、その香りがするので、臨場感のある買い物体験ができる。VR映像と連動して香りを発生させるVRベンチャー、VAQSOの技術を活用した。(2019/2/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
アマゾンのベゾスCEO、不倫脅迫騒動があぶり出す「デジタル時代の危うさ」
米ネット通販大手アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの離婚、不倫問題に関して、彼が米タブロイド紙から“脅迫”されたと主張し、騒動になっている。この問題から見えるのは、デジタル社会に生きる“危うさ”。それは私たちにとっても人ごとではない。(2019/2/14)

Android版「Opera」ブラウザに仮想通貨ウォレット機能 まずはイーサリアムをサポート
Android版「Opera」ブラウザがアップデートし、仮想通貨ウォレット機能が追加された。まずはイーサリアムをサポートする。Operaでオンラインショッピングの仮想通貨での支払いが可能だ。(2018/12/14)

今日のリサーチ:
2018年「独身の日」、中国ネット通販大手2社の売上高は過去最高を更新――三井住友アセットマネジメント調べ
中国の消費パワーを映す「独身の日」、2018年も大いに盛り上がったようです。(2018/11/28)

上場廃止へ:
化粧品「ドクターシーラボ」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが買収
ドクターシーラボが、米Johnson&Johnsonが実施するTOBに賛同。約52%の株式を取得する予定で、上場廃止(東証1部)になる見通し。今後は顧客管理データベースなどを共有し、海外事業やネット通販を強化する。(2018/10/23)

輸送コスト増に奇策で対抗:
ネスレ日本が宅配事業に参入 商品を配達するのは一般人!?
ネスレ日本が佐川急便と組んで宅配事業に参入。一般人に宅配の中継になってもらいユーザーに配達したり逆に取りに来てもらう。急増するネット通販の配達コストを削減する。(2018/9/26)

価格アルゴリズムがインフレ抑制?:
「Amazon効果」が物価動向に影響か
ネット通販業者の台頭で、商品価格の頻繁な変更と価格設定の収れん性が広がり、インフレ動向に影響を及ぼしている可能性があるとする論文が発表された。(2018/8/27)

今日のリサーチ:
「Amazon Prime Day」の期間、米国の大手EC売り上げが54%増加――アドビ調べ
アドビは、「デジタルドルレポート(Digital Dollar Report)」で、米国におけるオンラインショッピングのトレンドを公開しました。(2018/7/26)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
消費者と配達員の我慢、どちらも減らす方法はあるか 「受け取り方」を変える宅配の新しい選択肢
ネット通販の拡大は利用者の買い物を便利にしたが、再配達の増加などさまざまな問題を引き起こしている。さらには時間指定枠縮小や配送量値上げなど利用者への負担も増えてきた。一方で、配送業者と利用者の双方が「我慢」を抱える現状を、テクノロジーの利用で解決しようとする動きも生まれている。(2018/7/18)

商品の体験会も人気:
御用聞きにミニ四駆大会 コジマ復活のカギは“リアルな接点”
業績不振に陥っていたコジマが復活しようとしている。ミニ四駆大会や商品の体験会を積極的に開催するだけでなく、顧客の御用聞きサービスにも取り組む。拡大するネット通販との差別化は成功するのだろうか。(2018/7/11)

Amazon.com、医薬品ネット通販のPillPackを買収 ヘルスケア事業拡充へ
ヘルスケア事業を視野に入れるAmazon.comが、米医薬品ネット通販のPillPackを買収すると発表した。PillPackは処方せん薬を飲みやすいようにパックして宅配するサービスで、米国に3200万人以上の顧客を持つ。(2018/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。