ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「居酒屋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「居酒屋」に関する情報が集まったページです。

新業態を開発:
居酒屋で苦戦するワタミが「寿司」に初参入 逆転の一手となるか?
ワタミは12月9日に、新ブランドとなる寿司と焼き鳥を主力とした「すしの和」1号店を東京都内にオープンする。コロナ禍で苦戦する居酒屋業態を、焼き肉や寿司を提供する店に変えていく。新しい試みは支持されるか。(2021/12/8)

東京商工リサーチ調べ:
居酒屋の倒産、過去30年間で2番目の多さに 約半数がコロナ関連
東京商工リサーチの調査によると、飲食業の1〜11月の倒産件数は累計596件に達した。居酒屋については、過去30年間で2番目の多さとなった。(2021/12/7)

居酒屋・ホテル AI活用で省力化急ぐ 材料発注など コロナ後の人材不足に備え
「アフターコロナ」をにらみ、サービス業でAIを本格導入する動きが活発化している。需要が本格的に回復したときの人手不足に備えるためだ。業務に精通するベテラン従業員ではないと難しい領域での活用が目立つ。(2021/12/3)

3分インタビュー:
ワンカップ大関やあずきバーを“線香”に 老舗メーカー「カメヤマ」が見せるこだわりとは?
ローソク・線香の製造販売を手掛けるカメヤマが、ちょっと変わった線香を販売している。昔懐かしいロングセラー商品とコラボした「故人の好物シリーズ」だ。(2021/12/1)

【漫画】「週2で一人鳥貴族女」が誕生! 半個室風のカウンター席で楽しむ「一人鳥貴族」が楽園すぎた話
行きたくなってきました。(2021/11/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コストコと並ぶロードサイドの“雄” 知る人ぞ知る鮮魚チェーン「角上魚類」が急成長している理由
関東を中心に22店を展開する鮮魚専門店の「角上魚類」。コロナ禍でも業績が伸び続け、1日に1万人もの顧客が訪れる店舗もある。強さの秘密を創業者に聞いた。(2021/11/30)

黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
ウチにも配達してほしい!(2021/11/30)

厳しい状況が続きそう:
「忘年会なし」企業7割 居酒屋の年末年始はどうなる?
新型コロナウイルス下の行動制限緩和策が、各都道府県の手続きを経て月内にも実施される。緊急事態宣言下でも条件付きで店利用の人数制限がなくなり、外食業界からは歓迎の声が上がる。(2021/11/23)

週末に「へえ」な話:
サントリーの「ほろよい」はなぜ91種類もあるのか 商品開発のキモは2つ
サントリーの「ほろよい」が売れている。低アルコールのRTD市場でトップを独走しているわけだが、なぜ多くの消費者から支持されているのか。開発の背景を取材すると、2つのキーワードが浮かんできた。(2021/11/14)

どう差別化する?:
ヤフーが本気を出した「PayPayグルメ」 既存サービスの脅威となるか
ヤフーが、キャッシュレス決済サービス「PayPay」ブランドを冠した新しい飲食店予約サービス「PayPayグルメ」を開始した。(2021/11/10)

スピン経済の歩き方:
なぜ某カフェチェーンは時給を上げないのか 「安いニッポン」の根本的な原因
アルバイトの応募が少ない――。某カフェチェーンから、このような嘆きの声が聞こえてきた。人口減少の問題もあるだろうが、なぜバイトが集まらないのか。その理由は……。(2021/11/9)

11月末まで限定販売:
商品開発チーム入れ替え→限定メニュー相互に考案 串カツ田中と鳥貴族 「居酒屋業界の起爆剤に」
串カツ田中は、鳥貴族とのコラボメニューを11月末まで期間限定で提供する。2社の商品開発チームが入れ替わり、相互に限定メニューを考案した。串カツ田中の貫啓二社長は「居酒屋業界に何か起爆剤のような盛り上がりを生み出したい」と意気込んだ。(2021/11/8)

新業態を出店:
客足戻らず「まずは岸田首相が連日外食を!」 ワタミ「選挙に行ったら1杯無料」
ワタミは12月と1月に、新業態を2つ立て続けに出店する。このまま、普通の居酒屋をやっていてもダメだと見越した。その上で駅前の1階のテナントに空きが出たら、不動産店に教えてもらうように通達し、新業態を軸に攻めのスタンスをとる。(2021/11/6)

ロボット開発ニュース:
ロボットと入店できる一軒め酒場 新橋店、配膳ロボットの導入も
養老乃瀧グループ傘下の一軒め酒場 新橋店が、2021年11月1日からロボットとの入店が可能になった。「Robot Friendlyプロジェクト」に賛同した養老乃瀧グループが、先行的な実証店舗として選んだもので、同店での実証を基に同グループ内での適用を検討していく方針だ。(2021/11/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナで大苦戦した鳥貴族は“復活”できるか? カギを握る「トリキバーガー」の動向
コロナの第5波がようやく収束し、通常営業する店が増えてきた。都市部に出店してきた鳥貴族はここから復活できるのか。新業態の「トリキバーガー」の現状と合わせてレポートする。(2021/10/29)

10%〜20%還元が目白押し 「超PayPay祭」主な割引内容まとめ
PayPayが加盟店とECサイトでポイントを付与する「PayPayクーポン」を配布する「超PayPay祭」を11月28日まで開催している。加盟店はキャンペーンの期間中に変わり、ポイントの還元率もさまざま。10月24日時点での実施状況を大きくまとめた。(2021/10/26)

男女500人に聞いた:
たばこを吸い始めたきっかけ 「かっこいいと思ったから」や「どんなものか気になったから」が上位に
10〜60代の一般男女を対象に「たばこを吸い始めたきっかけ」に関する調査を行った。吸い始めたきっかけで最も多かったのは「かっこいいと思ったから」(28%)だった。きっかけに男女差はあるのか、たばこを吸い始めたことを後悔しているかなどを聞いた。(2021/10/24)

ワタミが「衆院選投票でドリンク1杯無料」キャンペーン 「選挙への関心を高めていただきたい」
対象期間は10月25日〜11月7日。(2021/10/22)

「お母さん食堂」改名は「批判があったからではない」―― ファミリーマートの新プライベートブランド「ファミマル」が生まれた理由
ネットで物議を醸した件は無関係だそうです。(2021/10/18)

大山聡の業界スコープ(46):
ニッポンの「デジタル化」推進について考える
2021年9月、政府は「デジタル庁」を新設した。国/地方行政のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的にしたIT分野を担当する省庁だが、果たして上手く機能してくれるだろうか。残念ながら日本のデジタル化、システム化は「官」も「民」も世界の中では後進国に甘んじている。ここでは、どうすればデジタル化を推進できるのか、筆者の持論を展開させていただきたい。(2021/10/12)

テレワークにネット通販、SNS…… 家の中へ向かい海外へ広がる
新型コロナウイルス禍の長期化で人はひたすら家に向かった。「巣ごもり消費」が定着し、ネット通販やテークアウトの利用は急増。ITの活用で自宅にいながら海外とつながることもできる。今後はネットとリアルのメリットを捉えたビジネス展開が重要になる。(2021/10/8)

新「日常」の先 巣ごもり消費 広がる世界
新型コロナウイルス禍の長期化で、人はひたすら家に向かった。「巣ごもり消費」が定着し、ネット通販やテークアウトの利用は急増。変容した消費の姿はコロナ禍が去ったとき、どうなるのか。(2021/10/5)

感染予防策に300万円超の店舗も:
「緊急事態」半年ぶり全面解除、飲食店に“期待と深い傷”
新型コロナウイルス緊急事態宣言と蔓延防止等重点措置が1日、約半年ぶりに全面解除された。飲食店の夜間の営業時間や酒類の提供制限も段階的に緩和され、飲食店関係者からは期待の声も出るが、大きな収益源を失っていたこれまでの傷も深いという。(2021/10/1)

居酒屋復活を推進:
ワタミ、約150店舗で営業再開 接客する従業員には抗原検査を実施
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された。ワタミは10月1日、休業していた450店舗のうち約350店舗で営業を再開する。再開にあたって、店舗で接客を担当する従業員を対象に抗原検査を実施する。(2021/10/1)

鳥貴族とは違う:
トリキバーガーがオープンして1カ月、どんなストーリーがあったのか
焼鳥居酒屋「鳥貴族」を全国に展開する鳥貴族HDが、チキンバーガー専門店「TORIKI BURGER(トリキバーガー)」1号店を東京・大井町にオープンして1カ月がたった。(2021/9/28)

世の中を動かす新しい6つの法則とは?:
ハヤカワ五味氏×本田哲也氏 社員全員PRマインドを作る方法を語る
「最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」出版記念イベントから、著者である本田哲也氏とインフルエンサーとして知られるハヤカワ五味氏の対談のハイライトをお届けする。(2021/9/28)

出産前「夏は夜がサイコー!」→産後「朝からクライマックス」 1歳児ママの描く“育児ビフォーアフター”に頷きが止まらない
あぁ、なんということでしょう……。(2021/9/26)

クイズDEドラマ:
「お耳に合いましたら。」 美園ら3人組の離散決定ラストに言葉を失う視聴者「深夜に心がジェットコースター」「最後にとんでもないの来た」
とてもつらい。(2021/9/26)

京都では初めて:
アジアン屋台「熱烈観光夜市」が京都四条烏丸にオープン 9月13日から
京都初となるアジアン夜市業態「熱烈観光夜市」が京都四条烏丸にオープンする。9月13日から。どのような特徴があるのだろうか? 主力メニューは?(2021/9/7)

自宅で居酒屋気分:
養老乃瀧、「燗酒セット」発売 オリジナル“とっくり”と“酒燗器”で巣ごもり需要狙う
居酒屋チェーンを展開する養老乃瀧が、オリジナルとっくりをセットにした燗酒セットを発売した。(2021/9/6)

養老乃瀧を自宅で楽しめる燗酒セットが登場 酒燗器やオリジナル徳利で居酒屋気分を満喫
燗酒の温度も調節できます。(2021/9/5)

因縁表面化:
関西スーパー争奪戦に名乗り オーケーVS. H2Oはどうなる?
首都圏が地盤のディスカウントスーパー、オーケーが3日、関西が地盤の関西スーパーマーケット買収に名乗りを上げた。関西スーパーは先月31日、阪急阪神百貨店などを運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの経営統合で合意していた。3社は過去にも水面下で牽制し合っており、因縁の対決が表面化した格好だ。(2021/9/4)

「キャットドアの使い方はそうじゃないと何度言ったら」 想定外の方法で入ってくる猫が賢くてかわいい
そこは取っ手じゃない。(2021/9/4)

「タカさんだから出来る」 石橋貴明、五輪金メダリストと“まばゆい”4ショット 木梨憲武とのツーカーぶりには「さすがコンビ!」
なんて豪華な動画なんだ。(2021/9/3)

飲食店を科学する:
吉野家とすき家の「牛丼並盛」に、37円の差がある意味 コロナ禍で明暗を分けた戦略を読み解く
コロナ禍でも牛丼チェーン大手のすき家が善戦している。一方、吉野家はすき家と比べて苦戦している。メニューの価格から戦略を読み解くと……(2021/8/31)

「日本でリメークしてほしい韓国ドラマ」 4位『愛の不時着』、2位『梨泰院クラス』を抑えて1位になったのは?
韓国ドラマが好きな男女405人を対象に「日本でリメークしてほしい韓国ドラマ」についてアンケート調査を実施した。その結果、1位は『キム秘書はいったい、なぜ?』(52票)だった。(2021/8/23)

ワタミ「フライドチキン」で「ケンタッキー」に挑戦 30年生き残る外食企業の共通点
「外食産業60年史」という企画が雑誌「月刊食堂」で組まれている。約30年前の外食企業の経営者のインタビューがそのまま再録されていて、まるでタイムマーシンに乗った気分だ。(2021/8/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
小判、ギョーザ、からあげクン オリンピック効果に沸いた“注目”商品とは
東京オリンピックが終わった。オリンピックに関する商戦や経済効果はどうだったのか? 選手村で絶賛されたギョーザや、コンビニだけではない“注目”商品とは。(2021/8/20)

鳥貴族のDNAも:
鳥貴族、新業態「トリキバーガー」の店舗公開 社長が指示した「マクドナルド並みのスピード」
鳥貴族ホールディングスが新業態「トリキバーガー」をオープンする。店舗が報道陣に公開された。鳥貴族のDNAはどこに反映されているのか。(2021/8/17)

東京商工リサーチ調べ:
ファミレス運営11社の店舗数、コロナ禍で793店減少 「都心部の見直しは避けられない」
東京商工リサーチの調査によると、レストランを運営する上場主要11社の2021年3月末時点の店舗数は8322店で、20年12月末から3カ月間で115店減少したことが分かった。(2021/8/16)

7カ月連続で最高販売数を更新:
”おじさん上層部”の反対を押し切って発売 約2年で44万個売れた「プリントグラス」のヒットの理由とは?
創業200年の老舗ガラスメーカーが復刻させた、昭和レトロなデザインのプリントグラスが爆発的に売れている。累計販売数は2019年10月の発売から約2年で44万個を突破した。昨年の1月からは7カ月連続で月次の最高販売数を更新しているという。なぜ今、復刻商品が売れているのか? その秘密に迫る。(2021/8/13)

個室で居酒屋、フィットネス……ホテル新サービス
ホテル各社が新型コロナウイルス禍で低迷する客室の利用を底上げしようと、「密」を避け室内で1人でも楽しめる新たなサービスを展開している。(2021/8/12)

クイズDEドラマ:
「お耳に合いましたら。」に“とーやま校長”登場 マンボウやしろとのコラボに「SCHOOL OF LOCK!」を思い出す視聴者たち
非常にエモいコラボ。(2021/8/8)

全メニューも公開:
鳥貴族、新業態「トリキバーガー」を8月23日にオープン 第2の柱として育成
鳥貴族ホールディングスは、チキンバーガー専門店「TORIKI BURGER(トリキバーガー)」の概要を発表した。1号店のオープン日や、メニューが明らかになった。居酒屋業態の不振を補う存在に育つか。(2021/8/5)

コロナ禍で加盟店増やす:
ワタミ、キッチンカーで「から揚げの天才」 出店ペースを加速
ワタミはから揚げ専門店「から揚げの天才」の出店数を増やしている。8月1日、初めてとなるキッチンカータイプの店舗をオープンした。(2021/8/3)

鳥取「とっとりの居酒屋・ふるさと鳥取の宴」:
鳥取の冷凍駅弁が、アナタの家呑みを応援!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは鳥取の駅弁「とっとりの居酒屋・ふるさと鳥取の宴」です。(2021/7/31)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
5G時代にMVNOはどんな進化を遂げるのか カギを握る「非スマホ領域」と「VMNO」
携帯電話業界が導入を進めている5Gは、携帯電話を含めた多様な無線通信の需要に応えるシステムです。実は、この5Gのコンセプトは、MVNOが現在抱えている課題の解決に相性がいいと考えられます。一方で、MVNOが5Gの時代において前述のような役割を果たすためには、技術的な課題と制度的な課題を解決する必要があります。(2021/7/29)

ワクチン接種浸透で客足増え:
酒類提供する飲食店の本音 過料覚悟も「売り上げ好調」
4回目の新型コロナウイルス緊急事態宣言下でも、国や東京都の要請に従わず午後8時以降の営業や酒類提供を継続する飲食店が増えている。(2021/7/21)

苦境に悲鳴:
「いい加減にして」 飲食業界は悲鳴、埼玉で重点措置拡大
新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、埼玉県は20日、蔓延(まんえん)防止等重点措置の対象地域を見直し、さいたま、川口の2市から、川越、所沢、朝霞、志木、和光、富士見の各市などを加えた計20市町に拡大した。(2021/7/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ステーキ、丼、パスタにも“浸食” コロナ禍で「二郎インスパイア系」が勢いを増しているワケ
「二郎インスパイア系」「がっつり系」「G系」と称するジャンルがコロナ禍で勢いを伸ばしている。二郎風のステーキ店まで登場し、店舗も増えている。二郎系が大衆化した背景には何があるのか。(2021/7/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。