ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自営業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自営業」に関する情報が集まったページです。

ホームページに不正侵入の「裏口」仕込み容疑 男を再逮捕 京都府警
ミュージシャンのホームページにバックドアを仕掛けたとして、京都府警は11日、不正指令電磁的記録供用の疑いで、滋賀県草津市追分南の男性を再逮捕した。認否を留保している。(2021/5/13)

Citrix Overseas Report:
部下の生産性が上がらないのはテレワークが長期化したせい、と思っている上司に伝えたいこと
DXやコロナ対応を目的に多くの企業が新たな働き方を模索する中、浮かび上がってきた重要な課題の一つが「リーダーシップ」です。テレワークが普及する中、ネットワークやITツールばかりが注目されがちですが、根本的なリーダーシップの在り方に今求められる変化とは何でしょうか。(2021/5/6)

ヘビの捕食動画を配信疑い、YouTuber書類送検
ウサギなどの小動物を生きたままヘビに食べさせる様子を撮影した動画を配信したとして「極悪爬虫類(はちゅうるい)YouTuber」を名乗る男が動物愛護法違反容疑で書類送検された。一連の動画は2020年10月に削除されたが、再生回数が2万回を超えるものもあった。(2021/4/27)

がんになっても前を向くためには、どの荷物をおろせばいいか エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
「“病気のしんどさ”に向き合っていくなかで、“自分が抱え込んでいたしんどさ”が分かってきた」(2021/4/2)

ボロボロの封筒から出てきた「親父が描いた漫画」に反響 ツナギ姿で働く父の知らなかった一面とその人生
漫画を公開した息子さんを通じて漫画について取材しました。(2021/2/27)

確定申告スタート 電子申告で“密”回避、支援サービス続々
確定申告が始まった。新型コロナウイルス流行で税務署の混雑が予想されるため、税務署はオンラインによる電子申告を呼び掛けている。フィンテックベンチャーはスマホで確定申告ができるアプリなど支援サービスの提供を始めている。(2021/2/17)

「お誕生日おめでとう、お母さん」 コロナ禍で会えない母への思いをつづった漫画が心に響く
落ち着いたら会ってたくさん話したい。(2021/2/13)

キャリアニュース:
緊急事態宣言前後の勤務形態調査、43.9%が出勤に不安
日本トレンドリサーチが、「勤務形態」に関する調査結果を発表した。緊急事態宣言発出の前後で割合は増減するものの、全ての時期で「完全に出勤」が最も多かった。出勤することについての不安は、43.9%が「ある」と回答した。(2021/1/28)

コロナ禍の飲食店の救世主 レトルト食品に注目
新型コロナウイルス感染拡大の影響による売り上げ減少に悩む飲食店が、看板メニューのレトルト食品加工に活路を見いだそうとしている。(2021/1/27)

「五等分の花嫁」違法Tシャツ所持 2人を逮捕
「五等分の花嫁」のTシャツ数点を販売目的で所持していた著作権法違反の疑いで2人が逮捕された。(2020/10/21)

「私が辞めるか、古株が辞めるかです」介護の現場に転職して2か月、“正看護師のプライド”を振りかざす相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
看護師として雇われたわけではないのである……!(2020/10/19)

「私のわがままでしょうか?」「そうです」 自営業夫の手伝いも“夜の接待”もイヤな相談者に突き付けられた離婚話 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
後半、パーソナリティーたちがあきれ気味に。(2020/10/12)

「涙が止まらねえよ」「何という切れ味」 声優の明坂聡美、愛読コミックの帯コメント担当も“ボツ案”がキレキレすぎる
「自営業32歳、私もまだ誰のものでもありません」(2020/9/30)

テレワーク経験率、東京と地方で30ポイント超の“格差”
テレワーク経験率に東京と地方で30ポイント以上の差があることがリクルートキャリアの調査で分かった。同社はテレワーク未整備の企業に対し、「人材求心力と生産性の二重の低下のリスクを抱えることになる」としている。(2020/9/10)

ドアノブからの感染に懸念:
「職場に安心して行けない」47%――出勤時の感染不安、調査で明らかに
日経リサーチなどの調査によると、新型コロナウイルスの感染リスクを心配し、職場に安心して出かけられないと回答した人が46.6%だった。うち55.5%は1000人以上が勤める大規模な職場で勤務していた。ウイルスの付着に気を配っている場所は「ドアノブ」が61.5%と最多。(2020/9/2)

福利厚生か? 企業戦略か?:
ワーケーションを成功させるには? 企業がしっかり進めるべき「4つのステップ」
ワーケーションは、コロナ禍で混乱する企業、地域、個人、それぞれにメリットをもたらす、アフターコロナ時代の新しい「働き方&休み方」である。ただし企業がワーケーションのメリットを享受するには、しっかりステップを踏むことが重要だ。(2020/9/1)

小売・流通アナリストの視点:
「5000円分還元」にとどまらないマイナポイント事業の効果と、真の狙いとは?
6月に終了したキャッシュレス還元に続く、マイナポイント事業。登録・利用で1人につき5000円分のポイント還元を受けられるが、それ以上に得られるものがあると筆者は解説する。キャッシュレス政策が持つ真の狙いに迫る。(2020/8/4)

パーソル総研と慶應大分析:
本当に「幸せ」な業種とは? 仕事と幸福の奇妙な関係、大規模調査で迫る
働く人の「幸せ」「不幸せ」度を調査。例えばマーケティングは幸せ度が高めに。背景にある仕事と幸福の奇妙な関係に迫る。(2020/7/27)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

アニメ業界の「病巣」に迫る【前編】:
アニメ版『ジョジョ』の総作画監督が語るアニメーター業界の「過酷な実態」
アニメ業界には未だに低賃金や長時間労働といった過酷な労働環境がはびこっている。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などでキャラクターデザインを担当している西位輝実さんに、その実態を聞いた。(2020/7/16)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本人は「ネガティブ思考」なのか 新型コロナと水商売の関係
東京都で、新型コロナの感染者が増えてきた。こうした事態に対して、「自分の仕事はどうなる?」「日本経済がヤバいでしょ」などと悲観的に考える人も多いのでは。なぜネガティブ思考に陥るのかというと……。(2020/6/16)

「日本とフィリピンは違う!」息子と結婚したフィリピン人に差別意識丸出しの相談者 アドバイザーも当たりがキツい「テレフォン人生相談」先週のハイライト
テレ人は相談者にもスキルが必要!(2020/6/15)

テレワーク助成金の種類と申請の作戦を知ろう:
PR:テレワーク環境整備、検討するなら知っておきたい助成制度の使い方
2020年度は企業のテレワーク環境整備を支援する制度が例年以上に手厚く用意されている。だが制度ごとに申請のポイントが異なり、何をどう組み合わせればよいかが分かりにくい。制度に詳しい税理士に話を聞いた。(2020/6/10)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
“繋がりすぎる”ネット時代の誹謗中傷問題、解決策はあるのか
リアリティーショー番組でのSNS中傷を発端として、インターネット上の悪質な投稿に関する議論が盛り上がっている。その内容を整理してみた。(2020/6/11)

迅速なシステム構築の裏側に迫る:
ドイツはどうやって「2日」で助成金支払いを実現したのか? 開発元銀行インタビュー
コロナ危機に対して、ドイツ・ベルリンでは、助成金支給のシステムを2日で開設し、オンラインで申し込むと即座に5000ユーロが振り込まれるという、素早い対応を取った。この仕組みの裏側はどうなっているのか? ベルリンで給付を担当したInvestitionsbank Berlin(以下IBB)へインタビューした。(2020/5/14)

雇用保険手当の「不正受給」となる可能性も:
ロイヤルリムジン「乗務員600人全員解雇」で広がる波紋 単なるブラック企業か、それとも経営者の「英断」か
新型コロナで各産業が打撃を受けている。そんな中で、話題となったタクシー会社の「乗務員全員解雇」。物議をかもすなかで、業績の見通しが立たない状況における経営者の「英断」とする声も挙がっている。本当に従業員の利益に資する決断なのか? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/4/23)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ「国民1人当たり10万円給付」以外でも知っておきたい、万が一のときに使える各種支援制度とは
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、身を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

今日のリサーチ:
「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。(2020/3/30)

約8割が週に1回以上キャッシュレス決済を利用、ポイントのたまりやすさを評価 JCB調査から
ジェーシービー(JCB)は、3月26日にキャッシュレス・ポイント還元事業に関する調査結果を発表。一般消費者の約8割が週に1回以上キャッシュレス決済を利用し、9割以上の経営者と自営業者が事業終了後も継続したいと回答した。(2020/3/27)

ネット受注をする1000人に聞いた:
フリーランスで働く8割が「不安」、5割はトラブルを経験 収入の平均は……
働き方の多様化により、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校に対応する保護者への補償ではさまざまな議論が出ている。2月に連合が発表した調査では、ネット受注をするフリーランスの8割が不安を抱えながら働いていることが分かった。(2020/3/16)

“フリーランス”を理解していない安倍総理〜新型コロナ休業補償の穴
仕事の有無を証明することの難しさ。(2020/3/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
安倍首相の根拠なき“英断”で浮かび上がる「階級社会・日本」の縮図
新型コロナウイルス対策で始まった臨時休校に伴う保護者への補償について、企業の従業員と、フリーランスや自営業者の“格差”が議論になっている。今回の騒動で「階級社会」が表面化。アンダークラスの人たちがさらに苦境に立たされることになるかもしれない。(2020/3/13)

はた迷惑な武勇伝 椎名林檎や森喜朗が理解できないコト
コロナ対応で国民が息を潜めた生活を強いられる中、歌手の椎名林檎さんがコンサートを開催したり、森元総理が「マスクをしないでがんばる」と言ったり。無知は罪深いもので……。(2020/3/6)

元国税専門官が教える『確定申告、得なのはどっち?』(3):
元国税専門官が教える確定申告の“裏技” 納税資金が用意できない場合の対処法
今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。3回目は納税に関する “裏技”をお伝えする。(2020/2/24)

ものになるモノ、ならないモノ(85):
プライバシーは? 消費電力は? エストニアで成功した「医療ブロックチェーン」が日本でも実現可能な理由
医療分野におけるブロックチェーン利用を推進する、国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長の水島洋氏に、日本での実現可能性や今後の展望を聞いた。(2020/2/7)

人材確保には「給与の増額」:
アルバイト「不足している」は7割 2020年に求人が増える業種は?
マイナビが発表した「アルバイト採用活動に関する企業調査」によると、7割の企業の採用担当者がアルバイト人材の不足を感じていることが分かった。特に、小売業などの接客業で人手不足感が強い。2020年は警備の求人が増えそうだ。(2020/1/31)

労働環境を悪化させる“ブラック乞客”とは:
ドコモ代理店「クソ野郎」騒動に潜む、日本からブラック企業がなくならないそもそもの理由
NTTドコモ代理店で起こった「クソ野郎」問題が新年早々大きな問題になった。代理店運営の兼松コミュニケーションズだけでなく、NTTドコモも謝罪文を出す事態に。問題の真相はどこにあるのか。労働問題に詳しい新田龍氏はに“ブラック乞客”の存在を指摘する。(2020/1/20)

キャッシュレス世代の新成人が考える「大人ならではのお金の使い方」は? 1位はあこがれの「大人買い」
今年の新成人は「キャッシュレス」世代。(2020/1/13)

「親が支払いしてるクソ野郎」 ドコモ代理店の書類に信じられないメモ書き 受け取った本人に話を聞いた
NTTドコモは「ツイートにあるような不適切な内容のメモを、お客さまにお渡ししてしまったことは事実です」と認めています。(2020/1/9)

絶望する日本の労働者 2020年経済への期待感、34の国と地域でダントツ最下位
世界34の国と地域で実施されたランスタッドの調査によると、2020年の国内経済に「好転する」と回答した日本人労働者の割合は最下位の26.2%になった。(2019/12/25)

就活だけでなく就職後も苦労……:
「世代間格差」が明らかに? 人生、仕事への満足度、ともに「氷河期世代」が突出して最低 対照的に満足度が高かった世代は……
PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」の結果を発表した。人生、仕事とともに「就職氷河期世代」の40代が突出して低かった。つらい時代を乗り越えて就職しても、その後の満足度が低くとどまっているようだ。対照的に、両方とも高い満足度を感じている世代は?(2019/12/5)

外出が減った! 総移動回数、初めて減少
国土交通省は「東京都市圏パーソントリップ調査」を実施し、その結果を発表した。人の移動を調査するもので、総移動回数は減少傾向にあることが分かった。(2019/11/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代で退職したらどうなる? 辞めてはいけない4タイプ
お荷物扱いされるくらいならいっそ早期退職しようかと考えることもあるだろうが、いきなり転職や独立することのリスクは高い。50歳前後が早期退職するとどんな現実が待っているのか。(2019/11/21)

兼業ユーチューバー、月収はいくら?
副業として動画配信を行うユーチューバーは、月にどのくらい稼いでいるのだろうか。兼業ユーチューバーとして活躍している人に聞いたところ……。ユーチューバーNEXT調べ。(2019/11/16)

キャリアニュース:
転職回数が多いほど職場の満足度が低下し、離職意向が上昇傾向に
アスマークが「社員の離職要因と愛着心、思い入れ」に関する分析レポートを発表した。年齢や転職回数別に、職場の満足度や離職意向、社員タイプを調べたところ、転職回数が4回以上では満足度が低く、「受け身型」社員が多かった。(2019/10/3)

キャッシュレス決済導入済みの個人店は35.2%、導入しない理由は「現金で十分」「手数料」
MMD研究所は、8月29日に「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾〜個人店編〜」の結果を発表した。キャッシュレス決済を導入している個人店は35.2%、導入サービスは「クレジットカード」「QRコード決済」が多い。(2019/8/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
タニタの「社員を個人事業主化」改革が日本で普及した際の“致命的な弊害”とは
タニタが「社員の個人事業主化」を打ち出している。筆者は仕事への意識を変える効果があると評価。一方、日本で普及した際は大きな弊害があると説く……なぜか?(2019/8/27)

同じPJで同じ(ような)仕事をしているけれど:
システム開発プロジェクトに存在する複数種類の契約形態
受託、派遣、準委任???――IT業界解説シリーズ、第3弾はシステム開発プロジェクトに混在する複数の「契約形態」を解説します。(2019/8/14)

盆休み有の企業はどれくらい?:
お盆休みは「連休有り」が半数以上 10連休以上休める人も
旅行サイトを運営するエアトリが「夏休みの動向調査」を発表した。最大9連休が見込まれる今年の盆休みは、半数以上の人が休みを取得できるという。(2019/7/5)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。