ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「流行語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「流行語」に関する情報が集まったページです。

上半期の流行語大賞、上位に「ギャルピース」「平成レトロ」 空前の平成初期ブーム
AMFは、全国の女子中高生からなるマーケティング集団「JCJK調査隊」のメンバーの選考結果をもとに、22年1〜6月までのトレンドをまとめた「22年上半期の流行語大賞」を発表。「ヒト部門」1位は「IVE」が選ばれた。(2022/7/28)

静かに現実味を帯びる「AIOps」【前編】
ただの流行語ではなくなった「AIOps」 なぜ導入が進み始めたのか?
機械学習とIT運用を組み合わせるAIOpsは派手に宣伝されることがなくなり、導入期に突入した。この動きに影響を与えたのは、パンデミックとクラウドサービスの利用拡大だ。(2022/3/29)

メタバースはじめました:
2021年はなぜ「メタバース」の年となったのか?
Facebook改めMetaの猛プッシュにより「メタバース」が流行語となったが、それだけではない。(2021/12/31)

2021年JC・JK流行語大賞を総括する 「第4次韓流ブーム」と「推し活」という2つのキーワード
2021年下半期、全国の女子中高生内で流行したトレンドを押さえた「2021年の流行語大賞」が発表された。消費文化論の視点から、ランキングから見えてきた2つのキーワードについて考察する。(2021/12/26)

「ネット流行語100 2021」年間大賞は「ウマ娘」 ニコニコ賞には「周央サンゴ」、pixiv賞は『呪術廻戦』に
2位にも「ゴールドシップ(ウマ娘)」が入ってワンンツーフィニッシュに。(2021/12/15)

新語・流行語大賞は「リアル二刀流/ショータイム」! 「ウマ娘」は受賞ならず
納得の大賞受賞。(2021/12/1)

2021年の「インスタ流行語大賞」、3位「イカゲーム」、2位「東京卍リベンジャーズ」、1位は?
パスチャーは、トレンドを予測するメディアとして独自に選定した「インスタ流行語大賞」、流行に敏感な10〜20代女性に調査した「部門別インスタ流行語大賞」を発表した。(2021/11/28)

今年で3回目:
「禁止カード」「飛ぶぞ」「八尺様」 SNS流行語大賞2021、ノミネートワードが決定
ネットパトロールなどを手掛けるイー・ガーディアン(東京都港区)は「SNS流行語大賞2021」のノミネートワードを発表した。どんな傾向があったのか?(2021/11/17)

月間アクティブユーザーは10億人突破:
TikTok流行語大賞2021 「卒アルお父さん」「写り込みチャレンジ」などがノミネート
バイトダンスは、2021年にTikTokで流行したワード「TikTok流行語大賞2021」ノミネート30選を発表した。コロナ禍で世界の月間アクティブユーザーが10億人を突破したTikTok。どのようなワードがノミネートされているのか。(2021/11/9)

2021年新語・流行語大賞のノミネート語が発表 「ウマ娘」「うっせぇわ」「親ガチャ」など
五輪や感染症に関するワードも入っています。(2021/11/4)

独投稿数などをもとに選定:
2021年上半期「インスタ流行語大賞」 3位「骨格タイプ」、2位「お疲れサマンサ」、1位は?
マーケティング支援を手掛けるパスチャー(東京都港区)が「2021年上半期インスタ流行語大賞」を発表した。1位を獲得したのは?(2021/6/16)

司書みさきの同人誌レビューノート:
88年前の流行語がレトロかわいい “トテモロおすてーき”な同人誌『モダン流行語辞典を讀む』
中には今でも使っている言葉があったり。(2021/5/2)

週末に「へえ」な話:
キリンVS. アサヒ 自宅の「あわ」を制するのは、どっちか
2021年上半期の流行語大賞は「あわ」ではないか。そう感じさせられるほど、キリンとアサヒがビールの「あわ」にこだわっているのだ。どういうことかというと……。(2021/4/24)

高根英幸 「クルマのミライ」:
“高齢”免許を定年制にすべきか? マツダ福祉車両から見るミライ
裁判の進捗状況に怒りを覚えた方も少なくないのではないか。「上級国民」という流行語を生んだ、池袋暴走事故を起こした旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)の態度である。在宅での起訴となり、供述ではペダルの踏み間違いを認めていたにもかかわらず、裁判に入るや供述を覆し、クルマの故障を訴えだしたのだから、国民の感情を逆なでしたことは間違いない。(2021/3/1)

働きながら休暇とるってどういうことだろう いきなり出てきた流行語「ワーケーション」って一体何だ?
「また変なカタカナ言葉が出てきたぞ……」いきなり出てきたように思える言葉「ワーケーション」って一体何なのでしょう。ちょっとした誤解を解消し、「あぁ、そういうことなのね」と思えるよう、観光分野にも詳しい乗り鉄・書き鉄の筆者が解説します。(2021/3/3)

「ネット流行語100」大賞は「鬼舞辻無惨」に決定 pixiv賞「ツイステ」、ニコニコ賞「たべるんごのうた」
無惨様ブラック企業大賞おめでとう! ってあれ?(2020/12/15)

「鬼滅の刃」がネット流行語大賞 「○○の呼吸」「全集中」「煉獄さん200億の男」でアニメ流行語大賞も総ナメ
鬼滅とあつ森とコロナが占める2020年。(2020/12/1)

流行語大賞に「3密」 あつ森や鬼滅の刃、オンライン〇〇もランクイン
2020年の「新語・流行語大賞」が12月1日発表され、新型コロナウイルスの感染防止を目的とする新概念「3密」が年間大賞に選ばれた。(2020/12/1)

鬼滅の刃やフワちゃんも:
流行語大賞に「3密」 「アベノマスク」や「GoToキャンペーン」などコロナ関連がトップテン入り
自由国民社とユーキャン新語・流行語大賞事務局は「2020ユーキャン新語・流行語大賞」を発表。東京都の小池都知事らが呼び掛けた「3密」が年間大賞に選ばれた。(2020/12/1)

2020年の新語・流行語大賞、年間大賞は「3密」
トップ10には「愛の不時着」「あつ森」など。(2020/12/1)

ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」などがランクイン 「JC・JK流行語大賞2020」が決定
「ぴえんこえてぱおん」が進化しました。(2020/12/1)

「ネット流行語100」今年も開催決定 ノミネートワードには「おけけパワー中島」や「ぴえん」「連ちゃんパパ」なども
12月15日に表彰式が行われ、年間大賞が選出されます。(2020/11/26)

流行語部門賞に「Zoom」 コロナ禍で検索数が激増 Yahoo!検索大賞2020
ヤフーが前年と比べ検索数が最も急上昇した人物や作品、製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2020」の「流行語部門賞」にWeb会議ツール「Zoom」を選出したと発表した。(2020/11/25)

IT基礎英語:
刑務所用語だった「ロックダウン」(lockdown)、閉じ込めたり閉じこもったり
今年の流行語大賞の1つとなるだろう「ロックダウン」の語源と用法について。(2020/11/24)

長州力の「飛ぶぞ」が「egg流行語大賞2020」で6位に! まさかの入賞に本人「それがどうしたの?」
ギャルたちのチョイスが光ってる。(2020/11/20)

【意味知ってる?】ネット用語クイズ「ソロキャン」
新語・流行語大賞にノミネートされました。(2020/11/9)

【意味知ってる?】ネット用語クイズ「BLM運動」
新語・流行語大賞にノミネートされました。(2020/11/7)

新語・流行語大賞の候補に「Zoom映え」「テレワーク」 「PCR検査」などコロナ関連も多数
2020年の「新語・流行語大賞」の30候補が発表され、「Zoom映え」「テレワーク/ワーケーション」「AI越え」などが選出された。(2020/11/6)

「新語・流行語大賞2020」ノミネート30語を発表 新型コロナ関連の用語や「鬼滅の刃」「あつ森」「香水」ほか
新型コロナ関連の用語が多め。(2020/11/5)

「JC・JK流行語大賞2020年上半期」コトバ部門1位は「◯◯しか勝たん」 アーティストはSNS活用が鍵
女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMF(東京都港区)は、2020年1月から6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」を発表した。同大賞は「JCJK調査隊」のメンバーのアンケートをもとに選考会を開催し、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて選出している。(2020/7/8)

10代が普段使っている流行語1位は「それなー」 LINEユーザーを対象にした調査
各年代の認知度も調べています。(2020/5/25)

公式「?」 ネットミーム「シャミ子が悪いんだよ」が「ネット流行語 100」で表彰されるまでの誰も悪くない半年間を振り返る
伊藤いづもさん「正直お受けしようかかなり迷いました」。(2019/12/16)

「ネット流行語100 2019」発表! 年間大賞に「にじさんじ」、pixiv賞「鬼滅の刃」、niconico賞「シャミ子が悪いんだよ」
大賞発表会の様子もニコニコ生放送で公開されています。(2019/12/16)

「ガジェット通信 アニメ流行語大賞2019」で「ゴマすりクソバード」が金賞を獲得した件でけもフレを追ってきた身として思ったこと
それは愛か。憎しみか。にぎやかしか。その1票には、どんな思いを込めましたか。(2019/12/9)

“元ネタ”が難しいものも多数:
「SNS流行語大賞2019」発表 19年にTwitter上で最も多くつぶやかれたフレーズとは?
イー・ガーディアンが「SNS流行語大賞2019」を発表した。19年にTwitter上で最もつぶやかれたフレーズをまとめたもの。ノミネート語を見わたすと、汎用性や改変のしやすさがカギのようだ。(2019/12/9)

女子中高生のトレンドを知る:
JC・JK流行語大賞2019が発表 「Official髭男dism」「ぴえん」「ハンドクラップダンス」「Soda」などがランクイン
女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMF(東京都中央区)が”JCJK調査隊”の選考結果をもとに、「2019年の流行語大賞」および「2020年のトレンド予測」を発表した。「ヒト部門」「モノ部門」「アプリ部門」「コトバ部門」の4つに分類。その結果は?(2019/12/9)

2019年の流行語大賞は「ONE TEAM」 ビジネス関連でトップ10入りしたのは「◯◯ペイ」と……?
(2019/12/2)

令和最初の「新語・流行語大賞」、年間大賞は「ONE TEAM」! トップテンには「令和」「タピる」「#Kutoo」など
「タピる」は大賞じゃなかった……。(2019/12/2)

「餃子、パリッとさせたくて」 大石昌良、「グリッドマン」MAD元ネタを「シャニマス流行語大賞」推薦に至るまでの1年を振り返る
本人巡回済みどころか本人推薦。(2019/11/21)

新語・流行語大賞候補の「おむすびころりんクレーター」って何?
語感がかわいい。(2019/11/6)

どれだけ知っている?:
新語・流行語大賞候補が発表 ビジネス分野でノミネートされたのは?
新語・流行語大賞候補が発表された。「闇営業」や「上級国民」などがノミネート。ビジネス分野で選ばれたのは?(2019/11/6)

「○○ペイ」「タピる」「ドラクエウォーク」 新語・流行語大賞にノミネート
今年話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が11月6日に発表された。2019年は「○○ペイ」「タピる」「ドラクエウォーク」などがノミネート。(2019/11/6)

「新語・流行語大賞」ノミネート30語を発表 「上級国民」「タピる」「KuToo」なども候補に
「令和」に勝てるワードはあるのか……?(2019/11/6)

インターネット老人会大歓喜! 歴代のネット流行語をLINEスタンプにするアイデアが「クオリティタカスw」
懐かしすぎワロタwww(2019/8/26)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年7月版:
「リスト型攻撃が原因」「二段階認証なら安全」は本当か?
2019年7月のセキュリティクラスタは、「7pay」が大きな話題となりました。スタートしてすぐに攻撃され、登録者のカード情報が悪用され、あっという間にサービスは中止。その短い間にたくさんのセキュリティ問題が見つかり、「二段階認証」が流行語となりました。そして、「クロネコメンバーズ」も攻撃を受けて、こちらも中途半端な「二段階認証」が話題となる事態に。(2019/8/20)

Gartner Insights Pickup(114):
AIに関する5つの都市伝説を暴く
人工知能(AI)に過度な期待や恐れを抱く人もいれば、AIは流行語にすぎないと断じる人もいる。真実はその中間のどこかにある。企業におけるビジネスリーダーは、「AIはどんな仕組みなのか」「どこに限界があるのか」を十分理解する必要がある。(2019/6/28)

平成30年間を振り返るスイーツ「平成ヒストリー」が発売 パッケージには当時の流行語が現れる小窓も
イラストやめくれる小窓、そしてスイーツを楽しみながら平成を振り返ろう。(2019/3/9)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(6):
IoTは単なる流行語? 「売るモノを作る」プロセスを理解しよう
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.MAKE AKIBA のスタッフへのインタビュー。今回は、DMM.make AKIBAで技術顧問を務めている阿部潔氏の後編をお届けする。(2018/12/28)

男女1100人に聞いた:
平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……?
ミクシィが「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表。最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。各ジャンルで1位だったのは……?(2018/12/17)

流行語大賞、2018年大賞は「そだねー」 トップテンには「eスポーツ」「#MeToo」など
そだねー。(2018/12/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。