「au Wi-Fi SPOT」と「Wi2 300」、横浜市営地下鉄と横浜市営バスで利用可能に

» 2012年01月30日 12時52分 公開
[田中聡,ITmedia]

 KDDIが1月30日から順次、横浜市営地下鉄の駅構内にて公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の提供を開始する。1月30日からセンター北、センター南、新羽、川和町駅、2月末から仲町台、上永谷、都筑ふれあいの丘駅、3月末から中山、下永谷、高田、日吉本町、戸塚、舞岡駅でau Wi-Fi SPOTが利用可能になる。その他の駅は4月以降に順次対応する予定で、8月末までに全40駅をカバーする。なお、auのiPhone 4Sは3月下旬に対応予定。

 あわせて、2月1日から横浜市営バスの一部路線にて、バス車内でもau Wi-Fi SPOTの提供を開始する。2月1日から4月30日(予定)まで、車内の安全性や利用マナーなどを確認する実証実験として提供する。対象路線は、観光スポット周遊バス「あかいくつ」と、市営バス111系統「上大岡駅前〜港南台駅前」だが、車内整備などのために利用できない場合もある。市営バス111系統は2月上旬から開始予定、auのiPhone 4Sは3月下旬に対応予定。

 au Wi-Fi SPOTは、パケット定額サービス「ISフラット」か「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」に契約しているauスマートフォンユーザーが無料で利用できる公衆無線LANサービス。2012年3月末に約10万スポットの提供を目指している。

 また、ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する公衆無線LANサービス「Wi2 300」も、3月下旬から横浜市営地下鉄と市営バスで利用可能になる。SSIDは「Wi2premium」。

photophoto 横浜市営地下鉄(左)と市営バス(右)の利用エリアに貼られるステッカー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  4. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  5. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー