今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2018年11月13日 20時12分 公開

楽天とすかいらーくが「楽天ペイ」導入で合意、宅配サービスから

楽天とすかいらーくホールディングスは、宅配サービスと飲食店へのスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」導入について基本合意書を締結。11月29日に宅配サービスで導入を開始し、2019年中頃に試験導入予定のセルフオーダー端末でも利用できるようにする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 楽天とすかいらーくホールディングスは、11月13日にスマートフォン向けアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」導入についての基本合意書を締結した。

Photo 「楽天ペイ(アプリ決済)」の利用イメージ

 「楽天ペイ(アプリ決済)」はクレジットカードを登録すると、アプリで簡単に支払いができるサービス。楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」をためられる他、支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、楽天ペイ(200円につき1ポイント)と楽天カード(100円につき1ポイント)それぞれでポイントをためられる。

 すかいらーくでは、11月29日に宅配サービスで楽天ペイの導入を開始。利用できる店舗は以下の計15店舗で、2019年末をめどに宅配サービスを提供する全店約1000店舗で利用可能とする。

  • 「ガスト」7店舗(小平小川町店、江東千石店、小平回田店、東所沢駅前店、所沢北原店、新所沢店、所沢小手指店)
  • 「ジョナサン」2店舗(小平店、菊川店)
  • 「バーミヤン」2店舗(小平仲町店、江東白河店)
  • 「魚屋路」2店舗(小平小川店、新所沢店)
  • 「夢庵」2店舗(小平店、江東住吉店)の

 また、2019年中頃に試験導入予定のセルフオーダー端末(卓上タブレット)での決済でも楽天ペイを利用可能とする。さらに、すかいらーくが運営するテーブルサービスレストラン約3000店で導入予定のスマートフォンを使ったレジ決済でも、2019年末をめどに楽天ペイを使えるようにしていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう