ニュース
» 2010年01月15日 20時00分 公開

CESでもPCパーツは忘れずに──最新チップセット搭載マザーとGF100にがぶり寄り2010 International CES(2/2 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

GF100は3-way SLIで動作デモを実行

 NVIDIAの展示ブースでは、Fermiアーキテクチャを採用したGF100搭載グラフィックスカードのライブデモが行われていた。ただし、従来のハイエンドGPUでみられた3Dゲームを用いた性能を訴求するデモではなく、NVIDIAのPress Conferenceで紹介された3画面連動の3D Visionデモや、物理演算を多用するムービーを使ったデモなど、その訴求する方向性はこれまでとはまったく異なるのが興味深かった。

 デモシステムでは、3枚のGF100搭載グラフィックスカードで3-way SLIが構築されていた。カードの連結に使われていたSLIコネクタは、従来の3-way SLIで使われていたのものと同様のレイアウトだ。外部電源用コネクタは、8ピンと6ピンが用意され、グラフィックスカードの長さは、ATXフォームファクタのマザーボードの短辺とほぼ同じであることも確認できた。

NVIDIAの展示ブースで、長時間の交渉の末、ようやく“ちょっとだけ”見ることができたGF100搭載グラフィックスカード。3-way SLIへの対応やカードのサイズ、外部電源コネクタが8ピンと6ピンの構成であることが分かる

Antecのギミック満載PCケース

 Antecは、内部レイアウトをユーザーがカスタマイズできるタワー型PCケースや、供給電圧をユーザーがコントロールできる電源ユニットなど、ユニークな機能を持たせたモデルを展示していた。

「LanBoy」は内部レイアウトをユーザーが自由にカスタマイズできる。ケースはステーとメッシュのパネルで構成され、ドライブベイや、電源ユニット、ケースファンの取り付け場所を“組み立て家具”のように移動できるのがポイントだ。オープンベイは5インチ対応が3カ所、シャドウベイは3.5インチ対応が6カ所用意される

Quattro 1200シリーズの新モデルでは、ファンコントローラに加えて、12ボルト系の供給電圧を11.8〜12.2ボルトで変更できるダイヤルが追加される

PCケース「DF-85」はホットスワップができる2.5インチSerial ATAベイと3.5インチSerialベイを用意している。Antecは、この独自ホットスワップ技術を「Fleet-Swap」と呼んでいる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.