ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Westmere」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Westmere」に関する情報が集まったページです。

IFA 2015:
PCはこの5年間でどれだけ進化した?──Intel、IFA会場で“Skylake”正式発表
IFA 2015の開幕を前にしてIntelがプレスカンファレンスを開催し、ラインアップを大幅に拡大した第6世代Coreプロセッサー・ファミリーを紹介した。(2015/9/3)

処理性能が前世代比で2倍に
インテルもビッグデータ志向へ、データセンター向け最新CPUの使いどころ
インテルは2014年2月19日、同社のx86サーバ向けプロセッサ最上位製品「インテル Xeon プロセッサー E7 v2」製品ファミリーを発表。ビッグデータ分析用途向けに処理性能や信頼性に関する機能改善を図った。(2014/2/21)

市場投入迫る:
次世代タブレットは「Bay Trail-T」でどう変わる?
Silvermontマイクロアーキテクチャを採用したタブレット向けSoC“Bay Trail”こと「Atom Z3000」シリーズを解説。(2013/9/27)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

仮想マシンの集約率をいかに最適化するか【前編】
仮想マシンの過密集約に注意、vSphere新ライセンスの意味
仮想マシンの集約率の策定は極めて難しい 。利益のために集約率を高め過ぎれば不具合の原因になる。では、多くのITマネジャーはどのような集約率を採用しているのだろうか。(2012/7/2)

性能アップ、電力削減:
次世代データセンターの新基準へ――インテルが「Xeon E5-2600/1600」を発表
インテルがSandy Bridge世代のサーバ/ワークステーション向けCPU「Xeon E5」ファミリーを発表した。同社は「2007年以来の大幅な技術革新」と自信を見せる。(2012/3/7)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のCPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したCPUは10モデル。業界関係者の正月の三が日を吹き飛ばし、クリスマスの三連休を消滅させたCPUレビューを振り返る!(2011/12/30)

ビジネスニュース:
Facebook、「Sandy Bridge」を採用した10GbEサーバを本格運用へ
世界に約8億人のユーザーを抱えるFacebookにとって、サーバの小型化やデータセンターの低コスト化は非常に重要な問題だ。同社は、IntelとAMDのプロセッサアーキテクチャを採用した新サーバの運用を開始する。(2011/12/5)

A10 ネットワークス、プロバイダー向けADCの新製品を発売
低価格・低消費電力を特徴にしたエントリーモデルなど3製品を提供する。(2011/12/1)

イマドキのイタモノ:
“ビックE”登場!──6コアな新世代ハイエンドモデル「Core i7-3960X」を全力で走らせる
これまでCore i7-900シリーズが担ってきたハイエンドセグメントを更新する“Sandy Bridge-E”が登場。LGA 2011で可能になった超性能を確かめてみよう。(2011/11/14)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【後編】
Windows 8のHyper-Vで必要になるライセンスとシステム
Windows 8に搭載され、機能が大幅に拡張するといわれているHyper-Vだが、仮想マシンで使用するライセンスや64ビットのホストOSが必要になるなど、幾つかの制約が存在する。(2011/11/1)

プロセッサ/マイコン:
なぜ「京」がスパコン1位を獲得できたのか
SPARCプロセッサを採用したことだけが勝因ではない。インターコネクト性能とプロセッサ性能のバランスが良いことが理由だ。TOP500で最も消費電力が大きなスーパーコンピュータでもあるが、エネルギー効率は4位と優れている。(2011/6/21)

インテル、「Xeon E7」「Xeon E3」を投入
インテルは、基幹サーバ向けのXeon E7ファミリーと小規模システム向けのXeon E3ファミリーを発表した。(2011/4/6)

せかにゅ:
「負けたことは恥でない」――クイズ王、コンピュータとの対決語る
スーパーコンピュータ「Watson」と対戦したクイズ王は、人間の回答者と戦うのと同じような感じだったと語っている。(2011/2/18)

それは深海のブルー:
写真で見る「dynabook Qosmio T750」
東芝が発表した2011年PC春モデルに、東レの加飾技術「PICASUS」を採用した「dynabook Qosmio T750」が登場した。フォトリポートをお届けしよう。(2011/1/19)

“Sandy Bridge”でG-Tuneが加速:
第2世代Core i7とGeForce GTX 580で「G-Tune」をぶん回す
年明けのCESで第2世代Core iシリーズがお披露目された。この新型CPUを搭載したゲーミングPC「G-Tune」ブランドの製品を試す幸運に恵まれたので、早速その詳細をお伝えしよう。(2011/1/13)

基礎解説:
最新Intelプロセッサ「第2世代Core iシリーズ」は何が変わった?
Intelの最新プロセッサ「第2世代Coreプロセッサ・ファミリ(Sandy Bridge)」では何が変わったのか。気になる性能は? 最新プロセッサを解説する。(2011/1/12)

ようやく正式発表なのだ:
インテル、アーキテクチャを一新した“Sandy Bridge”世代のCore iシリーズ
インテルは、“Sandy Bridge”こと「第2世代Core プロセッサー・ファミリー」を発表し、デスクトップPC向け、ノートPC向けのモデルを投入した。(2011/1/6)

イマドキのイタモノ:
年の初めは“Sandy Bridge”をグリグリと走らせた
“Sandy Bridge”と呼ばれる第2世代のCore iシリーズが間もなく“正式”に発表されるといううわさ。が、その発表前の新年早々から新世代CPUの性能を検証してしまった!(2011/1/3)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2010年のCPU
2010年の“イマイタ”レビューに登場したのは、CPU8モデル。その性能と仕様の進化と傾向をベンチマークテストのグラフで振り返る。(2010/12/28)

週末も移動ばっっっかりだった……:
インテルの吉田社長、多忙でPCの自作台数が目標に届かず
インテルが「その年の出来事」を総括する恒例の「インテル10大ニュース」を発表。代表取締役社長の吉田和正氏は多忙だった2010年を振り返った。(2010/12/15)

伴大作の木漏れ日:
スパコンをめぐるNECの事情
スパコンのトレンドはベクター型からスカラー型へと変わりつつある。そのトレンドからは、日本のスパコン技術を発展させる2つの道が見えてくる。(2010/11/9)

「IDF 2010のTech Inside並みに話しています」:
インテルが期待する「Sandy Bridge」と「女子力」
インテルは、Intel Developer Forum 2010(IDF 2010)で紹介された次期主力CPU「Sandy Bridge」の詳細説明を日本の関係者を対象に行った。(2010/10/1)

Intel Developer Forum 2010:
動画で体感するSandy Bridgeの“相対”性能
大事なところだから何度もいうが、IDF 2010の主役はSanday Bridgeだ。Intelの次世代主力CPUを担う新しいコアを搭載するPCの性能をその目で確かめよう。(2010/9/22)

Intel Developer Forum 2010:
「Sandy Bridge」のCPUコアが“整然と”並ぶ理由とは
米国で“秋の”IDF 2010が始まった。主役は次期主力CPU“Sandy Bridge”だ。IDFで明らかになった情報を、基調講演と技術セッションから紹介しよう。(2010/9/14)

IDF 2010で「Sandy Bridge」はどこまで明らかになる?
“秋の”IDF 2010が来週始まる。きょう明日と暴風雨をついて米国に出撃する関係者も多いと聞く。そのIDFの主役は、やっぱり「Sandy Bridge」だろう。(2010/9/8)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

32ナノの“Westmere”世代へ:
アップル、合計12コアXeon採用の「Mac Pro」を発表
プロシューマー向けのデスクトップ「Mac Pro」がフルモデルチェンジした。Westmere世代のXeonを2基搭載し、最大12コア24スレッド同時処理に対応している。(2010/7/27)

はやぶさからTSUBAMEへ――日本技術者の底力
はやぶさを無事帰還させた日本技術者の能力の高さは、東工大が11月に稼働予定のペタスケールスパコン「TSUBAME2.0」でも感じることができるかもしれない。ベクトル処理がメインのハイブリッド型はスパコンの主流になるだろうか。(2010/6/19)

データセンターでXeonが増殖する
インテルは、今後成長が期待されるデータセンターで新世代Xeonを導入するメリットを訴求する説明会を開いた。(2010/5/25)

元麻布春男のWatchTower:
進化しすぎたXeonの憂うつ
インテルとAMDが2010年3月の末に相次いで発表したサーバ向けCPUの新モデル。今回はXeonの新モデルからインテルのジレンマを解説する。(2010/6/15)

“2010年のvPro”でビジネスの転換点をクリアせよ
2006年の登場以降、毎年新技術を導入してきたvPro。2010年で導入された新機能を米Intelの幹部がアピールする。(2010/4/7)

“歴代最高キーボードとCore i5の最強コンボ”な「ThinkPad T410s」を楽しむ
軽くてパワフルなThinkPadラインアップが最新プラットフォームを搭載した。その使いやすさとパフォーマンスを堪能する。(2010/4/2)

ミッションクリティカルな領域でもXeon!
2010年に投入した新世代サーバ向けCPUをアピールする「インテル インテリジェント・サーバー・デイ」で、強化されたXeonの性能と機能が紹介された。(2010/3/31)

インテルの社長が6コア搭載「Core i7-980X」で自作する
インテルが、“Gulftown”こと「Core i7-980X エクストリーム・エディション」を正式に発表。その説明会で最も注目されたのが吉田社長の自作PCだ。(2010/3/17)

Intel、32nmプロセスのXeonプロセッサを発表
Xeon 5600は32nmプロセスを採用し、パフォーマンスと電力効率を高めている。暗号化を高速化するセキュリティ機能も備える。(2010/3/17)

Xeonも32ナノ世代へ:
32ナノ、6コアモデルも登場──Xeon 5600シリーズ発表
XeonにWestmere世代の2CPU対応新シリーズが登場した。上位モデルでは6コアを内蔵し、2CPU構成のシステム全体では実に24スレッドの同時処理が可能になる。(2010/3/17)

イマドキのイタモノ:
「Core i7-980X Extreme Edition」で“6コア12スレッド”の条件を探る
6コアを実装した“Gulftown”がもうすぐ登場する。CeBIT 2010でライブデモが行われていた“6コア12スレッド”CPUの実力を制約をチェックする。(2010/3/11)

マカフィー、Windows 7対応の暗号化/アクセス制御ソフトの最新版発売
マカフィーは、エンドポイント向け暗号化/アクセス制御ソフトの最新版「McAfee Endpoint Encryption for Devices 6.0」を発売する。(2010/3/9)

CeBIT 2010:
「Gulftown」のウェハは「アップで撮るな」とガードされる
まもなく登場とうわさの6コアCPU「Gulftown」は、CeBIT 2010会場のそちこちでライブデモを展開中。Intelのプレスカンファレンスでは何が明らかになる?(2010/3/5)

CeBIT 2010:
“あのっ!”ASRockブースで、動く「Gulftown」を堪能した
ドイツで行っているCeBITだが、台湾PCバーツベンダーが集うHall 17は、まるで台北のように熱い。その中のASRockブースで6コアCPUのデモを存分に見たっ!(2010/3/4)

ライセンスコスト半減を狙う:
日本IBM、メモリ搭載量を従来比6倍に改善したx86サーバアーキテクチャを発表
日本IBMは新しいx86サーバのアーキテクチャを発表。オーバーヘッドのない「メモリ拡張ユニット」を接続することで、メモリ搭載量を従来比6倍に向上できる。(2010/3/3)

プロセス技術:
微細化の限界に挑む、Siと新材料の融合で新たな展望も
半導体製品、特にSi(シリコン)材料を使ったトランジスタの歴史を振り返るとき、「微細化」が重要なキーワードであることは間違いない。微細化に伴って、50年あまりの間にトランジスタの処理性能は劇的に高まり、寸法は小さくなった。ところが、2000 年代に入り、状況が変わってきた。(2010/3/2)

インテル、国内で32ナノCore iシリーズをアピール
新世代のCore iシリーズを国内関係者にアピールする「インテル・フォーラム2010」が行われ、同社の吉田社長が「技術の変革が必要な理由」を説明した。(2010/1/26)

がんこな“R”もArrandaleは載せました:
「Let'snote R9」で超低電圧なCore i7の“モバイル力”を試す
1キロ未満のノートPCとして人気を誇る「Let'snote R」が“超低電圧なCore i7”をいち早く搭載して登場した。“Arrandale”はR9に“幸せ”をもたらすのか。(2010/1/25)

モバイルCPUの価値はコア数とクロックで決まらない
インテルのモバイル向けCPUはClarksfieldとArrandaleがCore i7に混在する。混乱しそうなこの状況はなぜ起きたのか?“CULV”のインテル的定義も含めて聞いてみた。(2010/1/22)

「VAIO F」2010年春モデル3台で検証:
モバイル向け新Core iシリーズのCPU性能をじっくり調べてみた
2010年PC春モデルではモバイル向け新Core iシリーズの積極採用が目立つが、従来のCPUとは何が違うのか? 多岐に渡るラインアップを整理し、その実力をチェックする。(2010/1/20)

2010 International CES:
CESでもPCパーツは忘れずに──最新チップセット搭載マザーとGF100にがぶり寄り
CESは世界最大を誇る家電の祭典。2010年はPC関連の話題が多かったが、主役はノートPCやタブレット端末だ。しかし、PCパーツでも興味深い展示があったのだ。(2010/1/15)

期間限定の割引キャンペーンも:
エプソンダイレクト、新CPU搭載の“省スペース&パワフル”デスクトップ「MR4000」
エプソンダイレクトは、インテルの新プラットフォームを採用したスリムデスクトップPC「Endeavor MR4000」を発表。各種カスタマイズオーダーに対応し、価格は6万4890円から。(2010/1/13)

ノートPCのCPUオプションも増強:
デル、32ナノ世代Core i5/i7搭載のデスクトップPC「Studio XPS 8100」
デルは、デスクトップPCとノートPCの合計3モデルに32ナノメートルプロセスルールのCore i5/i7を採用し、販売を開始した。(2010/1/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。