連載
» 2010年11月02日 18時40分 公開

GPU対決を通して2011年が見えた10月のアキバ5分で分かった気になる、10月のアキバ事情(1/2 ページ)

“まさかの予定通り”で登場した「Radeon HD 6800」シリーズをはじめ、10月はグラフィックスカードの話題で持ちきりだった。そこで気になるのがGeForceとRadeon両陣営による次世代ハイエンドGPUのリリース時期。年内の“ガチ対決”は?

[古田雄介,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「早ければ……」の予想を上回ったRadeon HD 6800のスピードデュー!

Windows 7一周年を記念して10月23日に開かれた「Windows 7博覧会 2010(セブン博)」

 ほぼ1年前、Windows 7の発売前に、Radeon HD 5000ファミリーを搭載したグラフィックスカードがアキバに出回り、NVIDIAの後塵(こうじん)を拝していたRadeonの勢いを復活させた。その盛り上がりをなぞるように、2010年10月22日、Radeon HD 6000ファミリーに属する「Radeon HD 6870/6850」搭載カードが複数のショップに並んだ。価格はRadeon HD 6870が2万5000円前後から3万円弱、Radeon HD 6850カードが2万円前後となる。

 新GPUの性能は「HD 6870がHD 5850のちょっと上、HD 6850がHD 5850のちょっと下」(クレバリー1号店)と言われており、HD 5800シリーズに近いハイグレードな位置づけだ。ただし、チップ製造コストが下がったことで、実売価格が初回から低く設定されており、初入荷時から好調な売れ行きを記録するショップが多かった。

 パソコンショップ・アークは「性能が劇的に向上したというわけではないですが、普通にゲームをプレイするなら十二分な性能が3万円以下で買えるという割安感が人気を支えていると思います。それにしても早ければ11月と思っていたのに、いきなり複数のメーカーから登場して驚きました」と語る(関連記事:「Radeon HD 6870」「Radeon HD 6850」でGeForce GTX 460を迎撃せよ!)。

 実際、新GPUの登場を少し先と見据えていたショップは少なくなく、グレードが被るRadeon HD 5850搭載カードの在庫を処分特価で売り出す光景もみられた。T-ZONE.PC DIY SHOPは「HD 5850カードも発売から1年経過して価格が落ち着いているうえ、今回がんばって値下げしていますからね。ドライバの安定性やバリエーションの豊富さから考えても、HD 6800シリーズに負けない魅力があると思いますよ」と話していた。

 上記のように新旧入れ替えで大いに盛り上がっているが、ハイエンドユーザーは静観しているようだ。ソフマップ 秋葉原リユース総合館は「最上位のHD 6900シリーズが年末に控えていると言われています。ヘビーゲーマーや極限の性能を追求するベンチマーカーの人はこちらを本命に見据えていますね。なので、“上の上”ランクのカードは現在も買い控えが起きていると感じます」という。

 Windows 7一周年を記念してセブン博と同時に開かれた「DSP版Windows7 感謝祭 秋の自作祭り」では、AMDがHD 6900の発売時期について「早ければ年内に登場します」と話しており、コアユーザーの期待を集めている。HD 5800シリーズのように順調にリリースされるのか、今後の動向に注目だ。

複数社から一斉に発売されたRadeon HD 6870/6850搭載カード(写真=左)。ツートップ秋葉原本店で見かけたRadeon HD 6870とCore i7-860マシンを使ったFF14デモ。スコアはH4200前後だった(写真=中央)。10月後半以降、ショップ単位でRadeon HD 5850の値下げが目立っている(写真=右)

低価格帯のGeForce GTS 430がデビュー&強力オーバークロックのGeForce GTX 480カードも登場

MSI「N480GTX Lightning」

 一方のGeForce勢も、現行最上位のGTX 480のクロックを引き上げたMSIの「N480GTX Lightning」が登場してヒットを飛ばしている。8ピン2基と6ピン1基の補助電源を搭載し、コアクロックを50MHzアップの750MHz、メモリクロックを1200MHzアップの4000MHzに高めているのが特徴。ピーク時の消費電力も250ワットから269ワットに上がっているが、MSI独自の「Twin Frozr III」クーラーのより効率的な排熱でケアする。価格は6万5000円前後だ。

 加えて、「Radeon HD 6900に対抗するように、NVIDIAも次世代ハイエンドチップとみられる『GTX 580』を年内にリリースするのではとウワサされています」(某ショップ)といった話も聞かれるようになっており、年末にかけてハイエンドGPU対決への期待が早くも高まっている。

 フェイス秋葉原本店は「できれば年内に盛り上がるのがいいですが、現実的には年明けになる可能性も高いでしょう。……そういえば2011年ももうすぐなんですね」と、物思いにふけっていた。

 なお、10月中旬にはGeForce 400ファミリーのエントリークラスとなる「GT 430」を搭載するグラフィックスカードも登場している。Blu-ray 3D再生支援機能やDirectX 11をサポートし、メモリはDDR3とDDR5に対応する。現在出回っているモデルは、DDR3メモリ1Gバイトを搭載しており、初回からファンレス仕様やロープロファイルタイプなど、バリエーションに富んでいる。価格は7000円弱から1万円弱だ。

 クレバリー1号店は「ゲーム目的ではなく、マルチディスプレイやAV用途で購入する人が多いですね。最新のGPUはエントリークラスでも動画再生支援機能が充実しているので、乗り換えるメリットはそれなりに高いと思いますよ」とプッシュしていた。

ツートップ秋葉原本店に並んだ各社のGeForce GT 430カード(写真=左)。初回入荷時から人気があるファンレス仕様のZOTAC「ZT-40601-20L」(写真=中央)。ツインクーラーを搭載した冷却性能が高いMSI「N430GT Twin Frozr Mini 1G」(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  3. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  6. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
  10. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー