ニュース
» 2016年04月11日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:HDDがついに10テラ突入! HGSTとSeagateからWデビュー (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

スマホと連係できるスティックPC「VivoStick TS10」が売り出される

 完成品のPCは、ASUSTeKからWindows 10 Home搭載のスティックPC「VivoStick TS10」が登場している。価格は2万1000円強。本体サイズは36(幅)×135(奥行き)×16.5(高さ)ミリで、USB 3.0と2.0、給電用のMicroUSB端子を各1基備えている。

 最大の特徴はiOSとAndroid端末と連係できるところ。スマホやタブレットを入力デバイス代わりにする専用アプリを備えるほか、iOSのAirPlay機能やAndroidのキャスト機能を使って、端末内の写真や動画をテレビに表示させることも可能だ。

 入荷したドスパラ パーツ館は「これまでとは違った特徴を持っているので、スティックPCの使い道を拡げてくれたらと思います」と期待を寄せていた。

ASUSTeK「VivoStick TS10」

 そのほか、Shuttleからは3種類のベアボーンが登場している。Z170マザーを搭載したキューブ型の上位モデル「SZ170R8」とH110チップセット搭載の小型モデル「XH110V」、H110搭載の超小型モデル「DH110」で、税込み価格は順に4万6000円前後と2万5000円強、2万5000円前後。

 パソコンSHOPアークは「メインマシン用途はXH110Vで、ビジネス用途がXH110V、BRIXやNUCのようなサイズを求める用途がDH110という分かれ方ですね。Skylakeが使えるベアボーンとしてけっこう面白い存在だと思います」とプッシュしていた。

SHuttle「SZ170R8」と「XH110V」「DH110」

SZ170R8の仕様シール

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう