ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3Dコンテンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3Dコンテンツ」に関する情報が集まったページです。

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
VRと製造業ってイマイチ結び付かないんだけど
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年12月〜2019年1月のサブテーマは『中小企業におけるVR活用の現実と理想のカタチを模索する』です。(2018/12/12)

車両デザイン:
PR:リアルタイムがデザインを変える、RTXが再創造するビジュアライゼーション
CGが物理的に正しい光の表現を手に入れた。恩恵を受けるのは映画やゲームの世界だけではない。デジタルとVRを活用したモノづくりから、「バーチャルショールーム」のような新しいマーケティング戦略まで、自動車についても大きな変化が生まれる。そのためには、CADデータと最新のCG技術を組み合わせて活用することが不可欠だ。CGI(Computer Generated Imagery)のグローバルマーケットリーダーであるドイツのMackevision(マケビジョン)に話を聞いた。(2018/10/29)

目からうろこの行政サポート活用術:
かつて「亀田製菓」「京セラ」「ビックカメラ」も利用した! 政策金融機関「日本政策金融公庫」の活用法
「日本政策金融公庫(日本公庫)」は、政府100%出資の政策金融機関。これから創業する人や中小企業などへの事業資金融資や、経営課題に応じたコンサルティング、全国152支店の店舗網を生かしたマッチングや連携支援などを提供している。創業時や起業間もない時期に役立つ支援を中心にそのサービスを紹介しよう。(2018/9/28)

3Dキャラを投稿・共有できる「VRoid Hub」、ピクシブが12月公開 VR/ARサービス用SDKも
3Dキャラクターのモデルデータを投稿・共有できるプラットフォーム「VRoid Hub」をピクシブが12月に提供へ。投稿した3Dキャラは、「SHOWROOM」「OPENREC.tv」など対応の外部サービスで利用することも可能に。(2018/9/25)

自分のキャラに魂を入れる「魔法」 VTuberだけではない、ピクシブが「VRoid Studio」を開発した理由
VTuber向け3Dモデルの需要が急増する中、ピクシブが簡単に作れる3D人体モデラーを無料で公開する。開発チームにその意図を聞いた。(2018/7/27)

動画広告で成功するクリエイティブ設計:
「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはどういうことか、あらためて考えてみたいと思います。(2018/7/18)

羽田JAL国際線ラウンジで、スマートグラスで見る3D映像サービスを体験――KDDIとJALが共同実証
KDDIとJALは、2018年6月20日から29日の期間限定で羽田空港のJAL国際線ラウンジで、スマートグラスを利用した映像視聴サービスの共同実証を行う。来場者にスマートグラスを貸し出し、3Dコンテンツを視聴してもらう。視線でコンテンツを選ぶUIも体験できる。(2018/6/19)

コンテンツコラボレーションを革新:
Microsoft、複合現実を利用できる「SharePointスペース」やSharePointのAI関連機能を発表
Microsoftは、「SharePoint」の2018年のビジョンとロードマップを発表した。複合現実エクスペリエンスを提供する「SharePointスペース」や、SharePoint関連の新しいAI機能が目玉となった。(2018/5/24)

製造業向けVR/AR/MRセミナー レポート:
見える、見えるぞ! 私にも実寸大の3Dデータが! みんなで体験する製造業VR
MONOist主催セミナー「製造業向けVR/AR/MRセミナー〜設計・開発が変わる! モノづくりの新たな道」では、MONOistの執筆者であるプロノハーツの製造業VRエヴァンジェリスト 早稲田治慶氏がVR/AR/MRの基礎知識と製造業の活用について解説した。事例講演では本田技研技術研究所 四輪R&Dセンター 鈴鹿分室開発推進BL主任研究員 西川活氏が登壇し、生産現場でのVR導入について、データ構築、大画面型と没入型の使い分けのノウハウなどを紹介した。(2018/4/19)

VRニュース:
サービス領域向けに3DコンテンツをWeb配信、HMDでのぞけるVRモードも
ラティス・テクノロジーは3Dデータコラボレーションツール「XVL Web3D Manager」を発表した。同社の軽量3D化フォーマット「XVL」の情報をサービスコンテンツとしてタブレット端末向けに配信できる。VR風のパースの効いたビューで3Dデータを閲覧するビュー、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)向けのコンテンツ用の3Dビューの配信機能も備える。(2018/4/11)

VRニュース:
Facebookに投稿できる3Dデータの撮影・販売サービス開始
CCCフォトライフラボは、Facebookに投稿できる3Dデータの撮影・販売サービス「3Dセルフィー」を開始した。3Dスキャンスタジオ「3D SNAP」で撮影した3D画像は容易にFacebookに投稿でき、画像は360度回転できる。(2018/3/14)

CES 2018:
“選べる”ハイパフォーマンス――HPのプレミアム2in1「Spectre x360 15」に新モデルが登場
HPのプレミアム2in1ノートPC「Spectre x360 15」に新モデルが登場する。発表されたばかりの「Core processor with Radeon RX Vega M Graphics」を搭載したモデルと、第8世代Coreプロセッサに「GeForce MX150」を組み合わせたモデルから選択できる。(2018/1/9)

東芝、3Dコンテンツの高画質化に対応した15.6型ノートPC「dynabook T」シリーズ
東芝が2017年PC秋冬モデルを発表。15.6型ノートPC「dynabook T」を10月20日に発売する。(2017/10/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月17日に配信開始 「Windows 10 Fall Creators Update」でPCはこう変わる
年2回に固定されたWindows 10の大型アップデート。一般ユーザー向け配信が始まる「Fall Creators Update」の主な変更点をまとめた。(2017/10/17)

製造マネジメントニュース:
デジタルビジネスを支援する「パーソナル技術」トップ10
ガートナージャパンは、デジタルビジネスを支援する「パーソナル技術」のトップ10を発表した。1位は機械学習(ML)/人工知能(AI)で、2位に仮想パーソナルアシスタント(VPA)、3位に拡張現実(AR)/仮想現実(VR)を挙げた。(2017/9/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか
Windows 10の秋季アップデートが迫る中、Microsoftから幾つか新しいトピックが入ってきたので、まとめて紹介しよう。(2017/8/28)

遅れてきたイマーシブサウンド、「Auro-3D」
デノンのAVアンプ新製品が対応した「Auro-3D」(オーロスリーディー)とは? その開発者であり、「イマーシブサウンド」という用語の提案者でもあるWilfried Van Baelen氏が解説してくれた。(2017/8/25)

組み込み開発ニュース:
次世代3Dディスプレイ「ライトフィールド」は飛び出さない、中にモノがある
NHKメディアテクノロジーとジャパンディスプレイは、裸眼で3D映像が見られる技術「ライトフィールドディスプレイ」について説明した。専用の3Dメガネを用いる視差方式がディスプレイから物体が飛び出してくるのに対し、ライトフィールドディスプレイはディスプレイの中に物体が存在しているかのように見える点が最も大きな違いになる。(2017/7/13)

YouTube、手軽にVRコンテンツを作れる「VR180」発表 年内に専用カメラも
Google傘下のYouTubeが、DaydreamやPS VRで楽しめる高解像度の3Dコンテンツを製作できる新しいビデオフォーマット「VR180」を発表した。年内にはLenovoやLGから対応カメラが発売される見込みだ。(2017/6/23)

Windows 10の新機能「Windows+Shift+S」はどう使う?
(2017/5/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
4月11日に配信開始 「Windows 10 Creators Update」でPCはこう変わる
いよいよ一般ユーザー向けの配信が始まる「Windows 10 Creators Update」。主な変更点をまとめた。(2017/4/11)

マウス、Quadro P5000/P6000を装備したエンジニアリング向けWS
マウスコンピューターは、同社製デスクトップWS「MousePro-W」シリーズのラインアップにQuadro P5000/P6000搭載のハイスペック構成モデルを追加した。(2017/2/15)

PS4の「サスケ」アップデートで8TBまでの外付HDDをサポート、PSVRでのブルーレイ3Dサポートなど
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が「PlayStation 4」(PS4)の次期アップデート「バージョン4.50(コードネーム:Sasuke)」で追加する予定の新機能の一部を発表した。8TBまでの外付けHDDにアプリやゲームをインストールできるようになり、PSVRでブルーレイ3Dコンテンツを楽しめるようになる。(2017/2/4)

「新たなタブ管理機能」「VR対応」などを実装:
Windows 10 Creators Updateで改良される「Edgeの新機能」まとめ
2017年春リリース予定の「Windows 10 Creators Update」に搭載される「Microsoft Edge」には、多くの新機能が備わり、機能改善も行われる。(2017/2/2)

建設×VR:
いまさら聞けないVRの基礎ーー2D/3Dとの関係性
建築土木分野での活用が広がっているVR(バーチャルリアリティ)技術。一方、そもそものVRのやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の仕組み、これらを活用してくいく上での注意点などについては、意外と知られていないのではないだろうか。本稿ではこうしたVRの基礎的な部分について解説する。(2016/11/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデートは「Creators Update」 3Dがより身近に
Microsoftは「Anniverdary Update」に続くWindows 10の次期大型アップデートを「Creators Update」と名付けた。名前の通り、クリエイティブな機能強化を行う。(2016/10/27)

生粋のソニーファンがレビュー:
「PlayStation VR」で“あっちの世界”にどっぷりハマってみた
人気ブログ「ソニーが基本的に好き。」の管理人であり、ソニー製品を取り扱うショップのオーナーでもある筆者が、ついに手に入れた「PlayStation VR」をじっくりレビューします。(2016/10/22)

CADニュース:
オートデスクがレンダラー「Arnold」を開発するSolid Angleを買収
米オートデスクは、レイトレーシング画像レンダラー「Arnold」を開発するSolid Angleを買収したと発表した。Solid Angleの開発チームは、オートデスクの一部として今後もArnoldの開発を継続する。(2016/6/1)

セルシスが新サービス「IJIRO」を公開2日でサービス停止 「クリエイターの皆さまに安心してお使いいただくための配慮や仕組みが欠けておりました」
ユーザーが投稿した3Dコンテンツの中身を「イジる」ことができるサービスでした。(※追記)(2016/5/13)

3Dキャラクターをいろいろ「イジって」遊ぶスマホアプリが登場 イジられた結果がこれだよ!
背景やモーションなども大胆にイジれます。(2016/5/11)

今後ECサイトでも増えるか:
スマホで安価に3Dホログラム観賞、伝統工芸SNS「JIZAI」がコンテンツ提供開始
ワークスは、同社が運営する伝統工芸SNS「JIZAI(ジザイ)」で、3Dホログラムで伝統工芸品を観賞するコンテンツをスマートフォン向けに提供開始する。(2016/4/7)

iPhoneから動画がとびだす!「3D iPhoneシアター」
(2016/2/7)

ARを販売促進ツールに:
スターティアがAR制作ソフトにプッシュ通知機能を追加
スターティアラボは2016年2月1日、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」において、ユーザーが閲覧したARコンテンツごとに、プッシュ通知を用いて情報提供できる機能を追加したと発表した。(2016/2/2)

Nokia、地図事業HEREをAudi、BMW、Daimlerに約3800億円で売却
Nokiaがデジタル地図サービス事業のHEREをAUDI、BMW、Daimlerの3社連合に総額28億ユーロで売却することで合意したと発表した。(2015/8/3)

なんだか“近未来チック”なヤツを試してみよう:
ぼっち、残業、失恋 どんな場面も1700円で逃避できる3D対応「ヘッドマウントディスプレイ」
早くも真夏日を記録した東京で、暑さと戦いながら働く毎日。こうなったら、今はやりのVR(仮想現実)で現実逃避してやる!(2015/5/29)

ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ
ゲーム開発で有名なUnity。医療や建築、ヘルスケア、観光などゲーム以外の活用事例をイベントリポートでお届けする。(2014/12/25)

Chromebook入門:
組織導入のためのChromebook管理術
ついに日本への上陸を果たした「Chromebook」。各メーカーからの発売も開始したことで、検証を開始した法人・教育機関も多いのではないだろうか。本稿では、Chromebook単体でできることと、Chromebookの管理でできることを分かりやすく解説していく。(2014/12/15)

2014下半期アワード3部門受賞記念:
PR:G-Tuneが目指すのは“未来”を体験できるPC――製品担当者インタビュー
2014年下半期で、突出した製品を編集部が選出するPC USERアワード。その中で「G-Tune」ブランドの製品が3カテゴリに渡ってゴールド、シルバー、ブロンズの3賞を獲得した。担当の杉澤氏に話を聞く。(2014/12/15)

コストパフォーマンスの高さも魅力:
PR:“短焦点+高輝度+フルHD”の最新プロジェクターで仕事がはかどる!――BenQ「TH682ST」のススメ
ベンキュージャパンの「TH682ST」は、約1.5メートルの距離で約100型の大画面投写が可能な短焦点、3000ルーメンの明るさ、フルHDの高解像度を備えた最新プロジェクター。一般ビジネスユースはもちろん、デジタルサイネージ、室内プロジェクションマッピング、さらにはSOHOでのプライベートシアターユースまでこなす。(2014/12/15)

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(2):
VR/AR開発でも生きる、Unityで3Dモデルや色、テクスチャのマテリアルを作成、変更、保存する基本
Unityで3Dゲームを作るまでのいろいろな処理を解説する連載。今回は、色やテクスチャ、画像、アセットで「物の見え方」を決めるMaterialやCamera、Scale、Directional Light、Rotationを設定/変更する方法を紹介する【Windows 10、Unity 5.4に対応】。(2016/10/13)

ニコニ立体に公式マスコット「ニコニ立体ちゃん」爆誕 表記不要で誰でも無料利用可能、っていうかパンツ丸見えなんですけどこの子!
変態かな?(2014/10/31)

配線はスッキリ:
会議で重宝しそうな2画面同時切り替え――「2入力2出力 HDMI切替分配器」
上海問屋が、2入力/2出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3499円。(2014/5/22)

メカ設計ニュース:
3Dコンテンツをさまざまな業務で活用する「SAP 3D Visual Enterprise 8.0」
SAPジャパンは、3D CADモデルと業務データを統合して活用できるアプリケーションの新版「SAP 3D Visual Enterprise 8.0」を発表した。サードパーティー製のPDMから直接CADデータを取得可能にした他、2D形式のデータに対応した。(2014/4/28)

製造ITニュース:
「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開
キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネスソリューション分野の新たな成長エンジンとして、「3Dソリューション事業」の立ち上げを発表。これに伴い、3D Systems社製の3Dプリンタの取り扱いラインアップを強化した。(2014/4/10)

HMDによる設計者向け新サービス:
VRの世界を中小企業にも届ける! 「3次元データの中を自由に動き回ろう」
3次元データの中に入り込んだような体験ができる、製造業向けのVRサービスが登場した。従来、非常に高価だったサービスを廉価で提供するという。(2014/1/30)

電脳メガネまであと少し?:
拡張現実をメガネ感覚で――シースルータイプのヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO BT-200」
エプソンの「MOVERIO」シリーズに新モデルが登場。重量を88グラムまで削減して使用感を向上したほか、無線機能やカメラ、各種センサーを内蔵し、現実の風景に情報を付加するスマートグラスとしての活用を提案する。(2014/1/28)

「Photoshop CC」に3Dプリント機能追加 「3Dプリントが劇的に簡素化」
「Photoshop CC」に、3Dプリント用の3Dモデルを作成できる新機能が追加。「3Dプリントが劇的に簡素化する」としている。(2014/1/16)

PCもゲーム機もレコーダーも:
1台のディスプレイを大切にしましょう――「3入力1出力 HDMIセレクター」
上海問屋が、3入力/1出力仕様のHDMI切り替え器を発売した。価格は699円。(2013/12/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
3D映像の再評価、「ルミエール・ジャパン・アワード2013」で見つけた新しいリアリティー(前編)
ブームが去ったと言われる3Dテレビだが、AV評論家の麻倉怜士氏によると、3Dは映像のリアリティーを増す表現手法の1つとして磨かれ続けているという。国際3D協会日本部主催のアワードで分かった立体映像の真価とは?(2013/12/9)

これだけあれば十分:
4入力8出力対応――「HDMIマトリクス切替分配器」
上海問屋が、4入力/8出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3万9999円。(2013/11/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。