ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3Dコンテンツ」最新記事一覧

CADニュース:
オートデスクがレンダラー「Arnold」を開発するSolid Angleを買収
米オートデスクは、レイトレーシング画像レンダラー「Arnold」を開発するSolid Angleを買収したと発表した。Solid Angleの開発チームは、オートデスクの一部として今後もArnoldの開発を継続する。(2016/6/1)

セルシスが新サービス「IJIRO」を公開2日でサービス停止 「クリエイターの皆さまに安心してお使いいただくための配慮や仕組みが欠けておりました」
ユーザーが投稿した3Dコンテンツの中身を「イジる」ことができるサービスでした。(※追記)(2016/5/13)

3Dキャラクターをいろいろ「イジって」遊ぶスマホアプリが登場 イジられた結果がこれだよ!
背景やモーションなども大胆にイジれます。(2016/5/11)

今後ECサイトでも増えるか:
スマホで安価に3Dホログラム観賞、伝統工芸SNS「JIZAI」がコンテンツ提供開始
ワークスは、同社が運営する伝統工芸SNS「JIZAI(ジザイ)」で、3Dホログラムで伝統工芸品を観賞するコンテンツをスマートフォン向けに提供開始する。(2016/4/7)

iPhoneから動画がとびだす!「3D iPhoneシアター」
(2016/2/7)

ARを販売促進ツールに:
スターティアがAR制作ソフトにプッシュ通知機能を追加
スターティアラボは2016年2月1日、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」において、ユーザーが閲覧したARコンテンツごとに、プッシュ通知を用いて情報提供できる機能を追加したと発表した。(2016/2/2)

Nokia、地図事業HEREをAudi、BMW、Daimlerに約3800億円で売却
Nokiaがデジタル地図サービス事業のHEREをAUDI、BMW、Daimlerの3社連合に総額28億ユーロで売却することで合意したと発表した。(2015/8/3)

なんだか“近未来チック”なヤツを試してみよう:
ぼっち、残業、失恋 どんな場面も1700円で逃避できる3D対応「ヘッドマウントディスプレイ」
早くも真夏日を記録した東京で、暑さと戦いながら働く毎日。こうなったら、今はやりのVR(仮想現実)で現実逃避してやる!(2015/5/29)

ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ
ゲーム開発で有名なUnity。医療や建築、ヘルスケア、観光などゲーム以外の活用事例をイベントリポートでお届けする。(2014/12/25)

Chromebook入門:
組織導入のためのChromebook管理術
ついに日本への上陸を果たした「Chromebook」。各メーカーからの発売も開始したことで、検証を開始した法人・教育機関も多いのではないだろうか。本稿では、Chromebook単体でできることと、Chromebookの管理でできることを分かりやすく解説していく。(2014/12/15)

2014下半期アワード3部門受賞記念:
PR:G-Tuneが目指すのは“未来”を体験できるPC――製品担当者インタビュー
2014年下半期で、突出した製品を編集部が選出するPC USERアワード。その中で「G-Tune」ブランドの製品が3カテゴリに渡ってゴールド、シルバー、ブロンズの3賞を獲得した。担当の杉澤氏に話を聞く。(2014/12/15)

コストパフォーマンスの高さも魅力:
PR:“短焦点+高輝度+フルHD”の最新プロジェクターで仕事がはかどる!――BenQ「TH682ST」のススメ
ベンキュージャパンの「TH682ST」は、約1.5メートルの距離で約100型の大画面投写が可能な短焦点、3000ルーメンの明るさ、フルHDの高解像度を備えた最新プロジェクター。一般ビジネスユースはもちろん、デジタルサイネージ、室内プロジェクションマッピング、さらにはSOHOでのプライベートシアターユースまでこなす。(2014/12/15)

ニコニ立体に公式マスコット「ニコニ立体ちゃん」爆誕 表記不要で誰でも無料利用可能、っていうかパンツ丸見えなんですけどこの子!
変態かな?(2014/10/31)

配線はスッキリ:
会議で重宝しそうな2画面同時切り替え――「2入力2出力 HDMI切替分配器」
上海問屋が、2入力/2出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3499円。(2014/5/22)

メカ設計ニュース:
3Dコンテンツをさまざまな業務で活用する「SAP 3D Visual Enterprise 8.0」
SAPジャパンは、3D CADモデルと業務データを統合して活用できるアプリケーションの新版「SAP 3D Visual Enterprise 8.0」を発表した。サードパーティー製のPDMから直接CADデータを取得可能にした他、2D形式のデータに対応した。(2014/4/28)

製造ITニュース:
「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開
キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネスソリューション分野の新たな成長エンジンとして、「3Dソリューション事業」の立ち上げを発表。これに伴い、3D Systems社製の3Dプリンタの取り扱いラインアップを強化した。(2014/4/10)

HMDによる設計者向け新サービス:
VRの世界を中小企業にも届ける! 「3次元データの中を自由に動き回ろう」
3次元データの中に入り込んだような体験ができる、製造業向けのVRサービスが登場した。従来、非常に高価だったサービスを廉価で提供するという。(2014/1/30)

電脳メガネまであと少し?:
拡張現実をメガネ感覚で――シースルータイプのヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO BT-200」
エプソンの「MOVERIO」シリーズに新モデルが登場。重量を88グラムまで削減して使用感を向上したほか、無線機能やカメラ、各種センサーを内蔵し、現実の風景に情報を付加するスマートグラスとしての活用を提案する。(2014/1/28)

「Photoshop CC」に3Dプリント機能追加 「3Dプリントが劇的に簡素化」
「Photoshop CC」に、3Dプリント用の3Dモデルを作成できる新機能が追加。「3Dプリントが劇的に簡素化する」としている。(2014/1/16)

PCもゲーム機もレコーダーも:
1台のディスプレイを大切にしましょう――「3入力1出力 HDMIセレクター」
上海問屋が、3入力/1出力仕様のHDMI切り替え器を発売した。価格は699円。(2013/12/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
3D映像の再評価、「ルミエール・ジャパン・アワード2013」で見つけた新しいリアリティー(前編)
ブームが去ったと言われる3Dテレビだが、AV評論家の麻倉怜士氏によると、3Dは映像のリアリティーを増す表現手法の1つとして磨かれ続けているという。国際3D協会日本部主催のアワードで分かった立体映像の真価とは?(2013/12/9)

これだけあれば十分:
4入力8出力対応――「HDMIマトリクス切替分配器」
上海問屋が、4入力/8出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3万9999円。(2013/11/28)

Unity 4.2でBaaSを使って簡単にストアアプリを作るには〜CEDEC 2013「Unity on Windows 8」レポート
開発の概要や、プッシュ通知ができるライブタイルなどWindows特有の機能を追加する方法、事前審査テスト時の注意点なども。(2013/8/28)

オーエス、コントラスト比を高めたOptoma製モバイルプロジェクター「W304M」など2製品の取り扱いを開始
オーエスは、Optoma製となるWXGA/XGA表示対応のモバイルプロジェクター「W304M」「X304M」の取り扱いを開始する。(2013/8/19)

ディスプレイ技術 オピニオン:
4Kテレビは花開くか、業界からは「3Dとは違う」と期待の声も
普及の兆しがいまだにあまり見えない家庭用の3Dテレビに比べて、4Kテレビ市場の成長については楽観的にみる業界関係者が多いようだ。(2013/7/1)

パソコンで動画を見るすべての人へ:
高速、快適!! 「PowerDVD 13」でサクサクな再生環境を手に入れた
PCに光学ドライブがついてないからDVD/BD再生ソフトには興味がない? それ、間違ってます。(2013/4/25)

[録音禁止]「今日から僕は神になります」と言われても……:
山本一郎氏が語る、プロジェクト炎上のメカニズムと鎮火法
Unity主催の公式カンファレンス「Unite 2013」が、4月15日に東京で開催された。その中から、山本一郎氏の「プロジェクト炎上のメカニズムと早期発見、行うべき処理の概論」をレポートする。(2013/4/16)

2013 International CES:
サムスンは大画面4K、LGは有機ELがメインに――CESブースリポート
昨年、大画面有機ELテレビで話題をさらった韓国メーカー。その後の経過を含めて今年の展示はどうだったのだろうか?(2013/1/10)

2013 International CES:
サムスンの考えるスマートTVとは何か
「スマートTV」に力を入れるサムスンは、Galaxyシリーズのノウハウを生かしたという、ジェスチャーや声で操作できる機能を訴求。フラッグシップモデルとして85インチのUltra HDテレビを用意した。(2013/1/9)

現場が教えるUnityで実践iPhoneゲーム制作(3):
Unity4紹介&iOSの傾きセンサを使う3Dゲーム制作
3Dコンテンツ開発ツール「Unity」を使った、簡単な3Dミニゲーム制作の流れを一から解説していきます。今回は、Unity4についてライセンスの注意点を紹介し、傾きセンサによって3D空間上を移動するキャラクターを作る方法などを解説します(2012/12/20)

売れるのには理由がある 番外編:
プレイヤーを置き去りにしていた? 「UFOキャッチャー」だけじゃない、セガの大型筐体ラインアップ
「創造は生命」がセガの社是。アーケードゲームに新技術を導入するという使命感を。(2012/12/17)

Euromold現地リポート(1):
映画産業から医療分野まで急浸透――話題の3Dプリンタ最新動向
林信行氏がEuromoldの会場で見た3D造形技術についてリポート。こんなところにヨーダ卿が……!(2012/12/4)

三菱マルチメディアディスプレイでフルHDとIPS方式液晶は当然、だったら何で選ぶ?:
PR:編集部が厳選! “+α”で決める「三菱ディスプレイ」
液晶ディスプレイ業界で先陣を切って積極的な高画質化と高機能化に取り組んできた三菱電機のマルチメディアモデル。2012年もIPS方式のフルHD液晶パネルを搭載した強力な製品ラインアップが出そろった。こうなると、問題は何を決め手に製品を選ぶかという話になる。そこで今回は、ITmediaの3つの編集部がおすすめのモデルを選んでみた。(2012/12/3)

価格とコンテンツが普及のネックに
『アバター』大ヒットははるか昔 3Dテレビに未来はあるか?
数年前には急速に普及すると予測されていた3Dテレビ。しかし実際はそうならなかった。何がいけなかったのか。価格やコンテンツ、視聴体験からその理由を説明する。(2012/11/22)

ディスプレイ技術:
HDレベルの裸眼3D映像、家庭で楽しめる時代に
フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、「FPD International 2012」において、56インチの4KディスプレイでHDレベルの裸眼3D映像を披露した。これまで裸眼3Dの主な市場はデジタルサイネージだったが、フィリップスは「家庭向けに市場を拡大できる準備が整った」としている。(2012/11/5)

2012年PC秋冬モデル:
新シリーズの“Duo 11”と“Tap 20”でWindows 8を推進――ソニー「VAIO」秋冬モデル
ソニーは「VAIO」の2012年秋冬モデルを10月26日より順次発売する。全モデルにWindows 8を搭載し、新たなPCの利用スタイルを提案する新シリーズの「VAIO Duo 11」と「VAIO Duo 20」がラインアップに加わった。(2012/10/1)

Zとは違う最強がココに:
BRAVIAを吸収してテレパソの完全体となったか?――「VAIO L」を今こそ見直す
VAIOノートからテレビチューナー搭載機が姿を消した今、PCならではの高度なテレビ機能を存分に味わいたいならば、この「VAIO L」が筆頭候補に挙げられる。(2012/9/24)

動画、3Dコンテンツ入りのiPad向けカタログを作成――ネットサポート
アップルの電子書籍作成アプリ「iBooks Author」を使って、iPad向けカタログやパンフレット、教科書を作成する。(2012/9/18)

IT技術書・注目の新刊(2012年8月):
IT技術書新刊・近刊まとめ〜ぶくにゅ:夏書冬扇〜(その2)
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/8/29)

UXClip(2):
PhoneGap、新しいCSS開発、jQueryのコミットまで〜アドビインタビュー:モバイル系エンジニアがアドビシステムズのHTML5戦略を聞く
モバイル系エンジニアがアドビのHTML5戦略を聞いた。PhoneGap、W3Cとの協業による新しいCSSの開発から、jQueryへのコミットの内容は?(2012/8/28)

ビジネスニュース オピニオン:
オリンピックは盛況も、テレビ業界は振るわず
ロンドンオリンピックでは、スーパーハイビジョンや3Dで競技が放映されるなど、放送技術について新しい試みが行われた。だが、残念ながら、こうした放送技術が視聴者の注目を集めることはなかったようだ。(2012/8/14)

本田雅一のTV Style:
ロンドン五輪、日本で3D生中継が行われない理由とは?(2)
「追加の放映権料が不要なのに、3Dの映像フィードをネットでも放送波でも出さないNHKの対応はひどい」という意見をいただいた。しかし、突き詰めて考えると、NHKに責任を押しつけるのは適当ではないと筆者は思っている。(2012/8/8)

3D仮想物体を“触って”操作――キヤノンITSが「複合現実感システム」発売
現実空間に仮想物体を“融合”して映し出し、専用コントローラーで触って操作できる「複合現実感システム」をキヤノンITSが発売する。(2012/6/18)

現場が教えるUnityで実践iPhoneゲーム制作(2):
Unityで作るiPhoneの傾きセンサを使う簡易3Dビューア
3Dコンテンツ開発ツール「Unity」を使った、簡単な3Dミニゲーム制作の流れを一から解説していきます(2012/5/30)

ハンファ、Androidアプリも使えるメディアプレーヤー「Xtreamer Prodigy」
ハンファ・ジャパンは、メディアプレーヤーの新製品として、無線LAN搭載の「Xtreamer Prodigy」およびエントリーモデル「Xtreamer Elvira」を発売する。(2012/5/24)

普通のスマホで3D撮影できる小型アタッチメント、富士通研究所が開発 利用者募集
スマートフォンなどカメラ付き携帯電話に小型アタッチメントを取り付けて3D映像を撮影できる技術を富士通研究所が開発。デイリーポータルZと実証実験を行い、アタッチメントの利用者を募っている。(2012/4/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
3Dのドラマが増える? 「miptv」で分かった最新3D事情(2)
AV評論家・麻倉怜士氏による「miptv」リポート後編。現在はコンテンツのジャンルが限られる3D放送だが、コストと時間の問題が解決され、今後はドラマ撮影が盛んになる可能性もあるという。(2012/4/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
オリンピックは3Dを楽しむ大チャンスなのに? 「miptv」で分かった最新3D事情(1)
ロンドンオリンピックを3Dで放送しないのは、主要国の中で日本だけ? 仏カンヌで開催された放送局のための番組トレードショー「miptv」では、世界各国の3D放送事情が分かった。(2012/4/25)

ファインテックジャパン/Display 2012:
手元のiPhone/iPadを安価に「裸眼3D対応」にする、お手軽スタイル2パターン
フラットパネルディスプレイの総合展示会「Display 2012」で、iPhoneやiPad、あるいはMacBookなどをお手軽に裸眼3D対応にする製品や技術が展示されている。張るだけでOKのフィルムタイプの製品もある。(2012/4/11)

イースターエッグ? 卵が飛び出すGoogle検索トリック
Googleである数式を検索すると、カラフルな卵型の3Dグラフが表示される。(2012/4/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。