ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

「906iシリーズ」最新記事一覧

NEC製iモードケータイに画像ファイルをアップできない不具合 ソフト更新で対応
ドコモは、NEC製のiモードケータイ「N906iL onefone」「N905i」「N905iμ」「N905iBiz」のソフト更新を開始した。iモード通信時に画像ファイルをアップロードできない場合症状を改善する(2011/9/22)

ドコモ、「P906i」「P905iTV」「P905i」のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニックモバイル製「P906i」「P905iTV」「P905i」へのソフト更新を開始した。絵文字の色指定が有効にならない不具合を解消する。(2011/6/28)

SO905iCS、SO905i、SO906i、キッズケータイ F801iに不具合
ドコモの「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」「キッズケータイ F801i」に不具合があることが判明。同社はソフト更新を開始した。(2009/12/16)

「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」のメールやブラウザに不具合
ソニー・エリクソン製の「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2009/6/23)

PRIMEシリーズ:
帰ってきたヨコモーションはスライドボディ&タッチパネル――「F-09A」
富士通製のスライドケータイ「F-09A」は、コンシューマー向けでは「F906i」以来となるヨコモーション対応モデル。進化した8メガカメラとワンセグを横画面で楽しめるほか、閉じたままでもタッチパネルで快適な操作が可能だ。(2009/5/19)

「N906i」と「N906iμ」に電源リセットなどの不具合
NTTドコモは、NEC製の「N906i」と「N906iμ」に不具合があると告知。5月12日からソフトウェアアップデートを開始する。(2009/5/12)

「F906i」「N-04A」「P-01A」にフリーズなどの不具合――ドコモ、ソフト更新開始
NTTドコモが「F906i」「N-04A」「P-01A」に不具合があると告知。ソフトウェア更新で対応する。また、N-04Aには省電力に役立つ機能を追加した。(2009/4/23)

ソフトウェアアップデート情報――NTTドコモ
富士通製の「F-03A」、パナソニック モバイル製の「P906i」、NEC製の「N705iμ」「N705i」「N706iII」に不具合があることが判明。ドコモは3月17日にソフトウェア更新を開始した。(2009/3/17)

ドコモ、「P-03A」「SH-01A」「SH-03A」「P906i」のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニック モバイル製の「P-03A」「P906i」、シャープ製の「SH-01A」「SH-03A」のソフト更新を開始した。(2009/2/3)

開発陣に聞く「P-01A」:
触れると分かる「本当の使いやすさ」に自信──Wオープン3代目の集大成「P-01A」開発の真意(前編)
人気のWオープンスタイルを継承し、横向きでも文字を入力できる新機構“2WAYキー”が特徴の「P-01A」。前機種P906iと比べて何が変わり、どんな特徴があるのか。そしてタッチパネルを採用しなかったのはなぜか。パナソニック モバイルの「P-01A」開発チームに話を聞いた。(2008/11/18)

写真で解説する「N-02A」
高性能でスリムなワンセグケータイ「N906iμ」のコンセプトを引き継ぎながら、フルワイドVGAの3.2インチ液晶を搭載し、カメラを進化させた「N-02A」。ダイヤルキーが多彩なパターンで色鮮やかに光る「カラフルキーイルミネーション」も楽しい。(2008/11/10)

STYLEシリーズ:
高性能な“スリムワンセグケータイ”「N906iμ」が進化、カメラは5.2Mに――「N-02A」
NEC製の「N-02A」は、ハイスペックなスリムワンセグケータイとして人気を博した「N906iμ」がスペックアップしたモデルだ。厚さ12.9ミリを維持しながら、フルワイドVGAの3.2インチ液晶や520万画素カメラを備えた。(2008/11/5)

PRIMEシリーズ:
800万画素CCDカメラをタッチパネルで快適操作、光TOUCH CRUISERも搭載――「SH-03A」
シャープ製の「SH-03A」は、タッチパネルの搭載で注目を集めた「SH906i」の後継機種。タッチパネルと光TOUCH CRUISERを継承するほか、カメラが800万画素CCDに大きく進化した。(2008/11/5)

STYLEシリーズ:
よりスリムになったカジュアル“Wオープン”、14種のハッピーイルミ入り──「P-03A」
パナソニック モバイル製の「P-03A」は、P705iのカジュアルなイメージとP906iのWオープンスタイルを融合したスリム“Wオープン”ケータイ。ワンセグやカメラ、写真表示などを横向き画面で利用でき、30種類の豊富なイルミネーションやランダムに表示する14種類のハッピーイルミを搭載。スヌーピーをモチーフにしたコンテンツもプリインストールする。(2008/11/5)

PRIMEシリーズ:
横に開くと表示が変わる“2WAYダイヤルキー”、横向き進化のWオープンスタイル──「P-01A」
パナソニック モバイル製の「P-01A」は、前モデルのP906iがさらに進化したWオープンスタイルのハイエンドモデル。縦開きと横開きでダイヤルキーの表示や配列が変わる“2WAYキー”を新たに備え、横開き時もそのまま文字の入力が可能になった。キングダムハーツやレイトン教授といった人気ゲームもプリインストールする。(2008/11/5)

開発者に聞く「SO906i」(後編):
“BRAVIA”の価値を高めるデザインとサイズを実現した“優しいケータイ”「SO906i」
“BRAVIAケータイ”SO906iは、AV機能の進化はもちろん、モーションセンサーやU字イルミネーションなど、新しいデバイスを積極的に取り入れた機種としても注目したい。大きくはアピールされていないが、小型化や持ちやすさについても工夫が施されている。(2008/10/20)

開発者に聞く「SO906i」(前編):
BRAVIAだけじゃ“もったいない”――正統派ケータイの決定版「SO906i」
SO903iTVに続く2代目“BRAVIAケータイ”としてリリースされた「SO906i」は、映像機能はもちろん、ケータイ機能も大きく向上した。そんなこだわりが凝縮されたSO906iの、開発舞台の裏側に迫った。(2008/10/15)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
清く正しく楽しく“笑顔が撮れる”カメラ、顔認識AFやスマイルシャッターも実用レベル──「N906i」
ドコモの906iシリーズは、どれも“ほぼ全部入りのハイエンド”が特徴。中でもNEC製の「N906i」は520万画素+顔認識AF+スマイルシャッターなど、カメラ機能で一歩進んだ機能を盛り込んだ。今回は、N906iの顔認識AFやスマイルシャッターの“実用度”を軸に、そのハイエンドケータイカメラの実力をチェックしていく。(2008/10/10)

「P906i」と「F906i」に複数の不具合――ドコモ、ソフト更新を開始
NTTドコモは、パナソニック モバイル製「P906i」と富士通製「F906i」に、それぞれ複数の不具合があることを公表し、ソフト更新を開始した。(2008/10/7)

「F906i」ロードテスト:
最終回 “意のままになってくれた”相棒と、今日でお別れ
約1カ月間共に過ごした「F906i」と、お別れする日がやってきた。ここまで“思いどおりになる”端末を使ったのは久々で、名残惜しさもひとしおだ。端末利用が“1つの端末を長く使う”傾向になる中、この端末の進化の方向性は的を射たものだと思う。(2008/9/16)

「N906iμ」「N906i」「F905i」に電源が落ちる不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、NEC製の「N906iμ」「N906i」と富士通製の「F905i」に、特定の操作をすると電源が落ちる、あるいは再起動するといった不具合が発生することを公表した。ソフト更新で対応する。(2008/9/10)

「F906i」ロードテスト:
第6回 “ながら利用”に便利な「サーチキー」、しかし……
「F906i」で新たに搭載されたのが「サーチキー」。待受画面からメニューをたどることなくWeb上の情報やアドレス帳を検索できるというものだ。ワンセグや地図アプリの利用中にも使えるなど使い勝手も良好だが、今後の改善に期待したいところもある。(2008/9/9)

ケータイの未来を創る“裏方”列伝:
“おもちゃ部隊”の発想と技術力が生み出すタッチパネル――シナプティクス
iPhoneの登場以来、ケータイ向け技術として大きな脚光を浴びているタッチパネル。日本では、シャープが“普通のケータイとタッチパネル”の融合に挑戦した「SH906i」を投入した。今回は、SH906iにタッチパネルとセンサーを提供したシナプティクスに、タッチパネルの仕組みや開発の裏側について聞いた。(2008/9/9)

Mobile Weekly Top10:
休暇に「F906i」を連れて行った
8月最後の週末、久々に有給休暇を取って海のきれいな場所に行った。「F906i」のカメラ機能を試そうと思ったのだが……。(2008/9/5)

「F906i」ロードテスト:
第5回 けっこう使える“F”のスケジュール機能
ケータイに搭載されるスケジュール機能は簡単なものが多く、イマイチ使う気にならない――。こんなふうに思っている人も多いようだが、「F906i」のスケジュール機能は柔軟なカスタマイズが可能なうえ視認性もよく、使ってみると案外便利だ。(2008/9/2)

「F906i」ロードテスト:
第4回 指紋センサーで、おサイフケータイをしっかりガード
「F906i」の大きな特徴といえるのが、指紋センサーだ。おサイフケータイの不正利用や、見られたくないデータ/フォルダへのアクセスをしっかりガードしてくれる。ガードを固くするほど操作が煩雑になるといわれるこの手の機能だが、F906iの使い勝手はどうだろう。(2008/8/21)

「F906i」ロードテスト:
第3回 「F906i」の、ここが気になる
カスタマイズの柔軟性や、ユニークな歩数計機能が気に入って楽しく使っている「F906i」。しかし、気になる点もいくつか見えてきた。(2008/8/20)

「F906i」ロードテスト:
第2回 歩数計で“厳しい現実”を思い知る
「F906i」はモーションセンサーを利用した“歩数計”機能を搭載している。1日の歩数に応じた消費カロリーや脂肪燃焼量が表示されるのだが、会社の行き帰りしか歩かなかった日の消費カロリーの少なさには驚かされる。(2008/8/18)

「F906i」ロードテスト:
第1回 “ものぐさな私”にぴったりな「F906i」、その理由は
三菱端末からの乗り換えの選択肢として挙げられるのが、富士通端末。両社はソフトウェアを共同開発していたので、機能や使い勝手の面で共通点が多いのだ。「D905i」を使っている筆者が乗り換え端末として選んだのは「F906i」。いろいろいじってみたところ、ものぐさな人にぴったりな機能が用意されていた。(2008/8/14)

携帯販売ランキング(7月28日〜8月3日):
今回も大きな変動なし──ドコモはP906i、auはW61CA、ソフトバンクはiPhoneが人気
携帯各キャリアの2008年夏モデルは、注目機種がほぼ出そろったことでランキングは安定期に入ってきた。キャリア総合ランキングでドコモ端末は上位3位を独占、auのハイエンド新機種はランキングに定着、iPhone 3Gは発売以来、順調に連続首位記録を重ねている。(2008/8/8)

SO903iTV、SO905i、SO906iに複数の連鎖不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモはソニー・エリクソン製端末3機種のソフトウェア更新を実施する。特定放送局でワンセグを受信できないなどの不具合を改善する。(2008/8/5)

ドコモ、「P906i」「F903iBSC」のソフト更新を開始
NTTドコモは7月29日、パナソニック モバイル製の「P906i」と富士通製の「F903iBSC」のソフトウェアアップデートを開始した。iチャネルの更新やGPS測位情報の通知に関連する不具合を修正する。(2008/7/29)

ワイヤレスジャパン2008:
「N906iL onefone&ホームU」の速さを実演でアピール――NECブース
ワイヤレスジャパン2008のNECブースでは、ホームU対応の「N906iL onefone」を使ったミニステージが行われ、最大54Mbpsの高速通信をアピール。もちろん、ドコモとソフトバンク向け夏モデルも勢ぞろいした。(2008/7/24)

NEC、ワイヤレスジャパン2008に最新ケータイやWiMAX関連機器を出展
NECは、東京ビッグサイトで7月22日に開幕するワイヤレスジャパン2008に、無線LANを搭載した「N906iL onefone」などの最新携帯電話やワイヤレスWAN対応のノートPC、WiMAX関連機器を展示する。(2008/7/18)

「F906i」に文字入力関連の不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、富士通製「F906i」に文字入力関連の不具合があることを発表し、改善ソフトウェアの配布を開始した。2タッチ入力時に電源が落ちたり、再起動する恐れがある。(2008/7/16)

PR:第3回 ワイドメニュー、“ながら見”ワンセグ、横フルブラウザ──「AQUOSケータイ SH906iTV」の横UI
美しく鮮やかな映像と臨場感あふれる音声に加えて、AQUOSケータイ SH906iTVには「サイクロイドスタイル」という大きな魅力がある。今回はこの横画面を生かしたSH906iTVならではの操作性に迫る。(2008/7/14)

ドコモの「SH906iTV」「SH906i」「SH705i」に不具合――ソフト更新で対応
ドコモのシャープ製端末「SH906iTV」「SH906i」「SH705i」に不具合があることが分かった。ドコモは7月8日から、オンライン経由で改修済みソフトの配信を開始した。(2008/7/8)

PR:第2回 「AQUOSケータイ SH906iTV」に世界初搭載──バーチャル5.1chドルビーモバイル
AQUOSケータイ SH906iTVは、携帯電話としては世界で初めて「バーチャル5.1chドルビーモバイル」を搭載した。最高の映像を映す液晶と最高の音を再生する音響技術──。SH906iTVは音にも妥協がない。(2008/7/7)

PR:第1回 3.3インチディスプレイがもたらす迫力──“モバイルシアター”「AQUOSケータイ SH906iTV」
AQUOSケータイ最大級の3.3インチディスプレイを搭載した「AQUOSケータイ SH906iTV」は、画像や映像を美しく表示できるのはもちろん、そのディスプレイの大きさを生かす、見やすさや使いやすさに配慮した機能も備えている。(2008/6/30)

携帯販売ランキング(6月16日〜6月22日):
新機種ラッシュ続くドコモ端末、ランキング上位を独占
夏モデル「906iシリーズ」を早々に投入し終えたドコモは、706iシリーズ11機種も続いて発売。ランキングのほとんどをすでに夏モデルで占めてしまうほど、この夏は動きが早い。対してauとソフトバンクモバイルは、いよいよこれから新機種登場ラッシュが始まる。(2008/6/27)

ここまで個人情報を隠せる:
「F906i」のセキュリティはどこまで強固なのか
指紋認証で端末内データを保護できる、富士通の「F90xi」シリーズ。最新モデルの「F906i」はセキュリティ機能にさらに磨きがかかり、メールや着信などの情報を“隠していることすら隠せる”ようになった。(2008/6/26)

PR:かつてないほどに新しいことに取り組んだ──「SH906i」開発者たちの熱き思い
タッチパネルディスプレイや光学センサーを内蔵した光TOUCH CRUISER、HID対応のBluetoothなど、シャープの「SH906i」にはこれまでなかった機能やデバイスが多数盛り込まれている。その開発は、関係者が「かつてないくらい新しいことに挑戦した」というほど、新たなチャレンジの連続だった。(2008/6/23)

「ドコモにはプラダフォンがある」──山田新社長、iPhone販売は「あきらめていない」
ドコモの山田社長は、iPhoneについて「タッチパネルを各社が採用してきており、ドコモ陣営にはプラダフォンやSH906iもあり、こうした端末で対抗していきたい」と話した。ただ、iPhoneの販売は「あきらめていない」と意欲を見せる。(2008/6/23)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「SH906i」に“ただ友のワ”?
ある日、「SH906i」の待受画面を何気なく見ていたら、マチキャラのシロイルカがバブルリングをしてくれた。これってもしかして……。(2008/6/20)

「P906i」の“ここ”が知りたい(2):
横向きUIはどう?──「P906i」
ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”を継承した「P906i」。では新たに備えた“横向きメニュー”はどう使えるか。動画とともに確認していこう。(2008/6/20)

携帯販売ランキング(6月9日〜6月15日):
先行逃げ切り「906i」、割賦販売効果期待のau、iPhone+新機種待ちのソフトバンク
「そろそろ夏のボーナス」という人も多くなってきたこの時期、いよいよ2008年の携帯夏商戦が本格化してくる。携帯3キャリアはすでに夏商戦向けモデルを発表済みだが、発売までの動きに各社それぞれ違いがあるようだ。この状況で人気の機種は何か、早速今回の販売ランキングをチェックしていこう。(2008/6/20)

開発陣に聞く「P906i」:
P905iで妥協した“ほんの数ミリ”──「P906i」の進化の過程はここから始まった
人気モデル P905iの“正常進化モデル”として登場したパナソニック モバイル製の「P906i」。多くのユーザーに支持されたP905iに何が足りなかったのか、P906iはどこが進化したのか。パナソニック モバイルのP906i開発チームに話を聞いた。(2008/6/18)

「AQUOSケータイ SH906iTV」、6月20日発売
ドコモはシャープ製「AQUOSケータイ SH906iTV」を6月20日に発売する。サイクロイドスタイルと3.3インチの大型液晶、ワンセグ映像のフレーム補間技術や擬似5.1chのドルビーサラウンド機能などを搭載する。(2008/6/17)

PR:第3回 新ベールビューやスマートリンク辞書など、数々の新機能を搭載──「SH906i」の進化
SH906iの進化ポイントは、タッチパネルや光TOUCH CRUISER、520万画素カメラ、Bluetoothだけではない。新ベールビューやスマートリンク辞書など、新たな取り組みにも果敢に挑戦している。(2008/6/17)

「P906i」の“ここ”が知りたい(1):
通知イルミとキーバックライトはどう光る?──「P906i」
ドコモの「P906i」は、好評のP905iの特徴はそのままにワンセグやカメラ機能を強化し、デザインも一新して登場する。ではP906iの通知LEDはどう光るか、暗所でダイヤルキーはどう光るか。その一部を動画とともに確認していこう。(2008/6/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。