ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Puma」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Puma」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

2020年には電力効率を25倍に:
“Excavator”採用のAMD新世代APU「Carrizo」を掘り下げる
AMDがシンガポールで行ったプライベートイベントでは、2015年に投入する新技術の発表や、2020年を目指した開発目標をアピールした。(2014/11/25)

Bail Trail-Tより上?:
AMDの第3世代省電力APU“Mullins”と“Beema”の特徴を解説
AMDが新しい省電力APUを発表。Mullinsは消費電力あたりのパフォーマンスを2倍に引き上げ、BayTrail-T世代のAtomに対して優位性をうたう。(2014/4/30)

省電力性能はKabiniを超える:
AMD、“Mullins”“Beema”世代のAPUを発表
処理性能はBay Trail T世代Atomを超え、省電力性能は“Kabini”世代APUを上回る。(2014/4/30)

ビジネスニュース 企業動向:
AMD、モバイル向けに新型プロセッサを発表
モバイル機器向けの製品開発に力を入れているAMDが、2014年に出荷を開始する予定のプロセッサ2品種を発表した。CPUコア「Puma」を搭載し、Windows 8.1の新機能「InstantGo」をサポートする。(2013/11/19)

イザとなったら手動発電! 手動で充電できる発電機内蔵のモバイルバッテリー
モバイルバッテリー「BoostTurbine2000」シリーズは、ハンドルを回すことでバッテリーに充電可能。(2012/12/12)

2011年までAMDは何を訴求するのか
「AMDの次の波は2011年」というのがPCパーツに興味を持つ多くのユーザーで共通する意見だ。2010年、AMDは、どんなメッセージをユーザーに送るのだろうか。(2010/1/20)

世界初、「Tigris」を搭載したMSIノートPCを披露
日本AMDは、次世代のモバイルプラットフォームに関する講演を行い、「Tigris」の概要を説明したほか、バッテリー駆動時間に関する新しい指標も示した。(2009/8/10)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
相変わらずムシ暑いけど、今年も“熱い”──「COMPUTEX TAIPEI 2009」開幕
アジア最大のコンピュータ展示会「COMPUTEX TAIPEI 2009」が2009年6月2日に開幕。世界的不況もなんのその、2008年を上回るブース規模で行われる。(2009/6/1)

元麻布春男のWatchTower:
選択肢が広がる低価格ミニPC──「HP Pavilion Notebook PC dv2」の実力を試す
日本HPが、安価なNetbookと高価なモバイルPCの中間を狙って投入したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。大画面液晶と外付けGPU搭載モデルの実力は?(2009/5/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
“1万5000円”が熱い!!――アキバでヒット中の新製品&特価品
連休中でもアキバの新製品入荷はとまらない。加えて、気合いの入った特価セールが白熱し、アキバは普段以上にお得な街となっていた。(2009/5/8)

5分で分かった気になるアキバ事情:
ハイスペックと“エコ”のあいだでトレンドが揺れた4月のアキバ
「Phenom II X4 955 Black Edition」や「Radeon HD 4890」などのハイエンドパーツが注目を集めた4月。一方で省電力版GeForce 9600 GTカードが人気を集めるなど、エコ仕様のモデルが好調に売れていた。(2009/5/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
OCもコア倍増も省電力も味わえる――ユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」
AMDがユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」を開催。“兄貴”が最新最強の「Phenom II X4 955 Black Edition」や、登場したばかりの「RADEON HD 4770」などを紹介した。(2009/4/30)

4月29日は「AMDグリーン」の日──AMDイベントで最新ロードマップをキャッチしよう
日本AMDは、4月29日に秋葉原ユーザーイベントを開催する。Phenom II X4 955 Black Editonなど発表されたばかりの新製品が紹介される。(2009/4/24)

真のNetbookキラー見参!?:
価格はNetbook、だけどBD再生もOKな「HP Pavilion Notebook PC dv2」をチェックした
Netbookは安くて魅力的だけど、画面が狭いし性能もいまひとつ……。そんな現状に喝を入れるべく登場したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。(2009/4/23)

2009年PC夏モデル:
NetbookやフルHD対応の液晶一体型PCなどの初物が登場――富士通「FMV夏モデル」発表
4月21日、富士通が個人向けFMVシリーズの2009年夏モデルを発表した。同社初のNetbookやフルHD対応の液晶一体型PCに注目だ。(2009/4/21)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2009年になって、ようやくAMDの力が出せたかなと」――Phenom IIで飛躍するAMD
1月10日に登場した新型CPU「Phenom II」にあわせて、AMDがユーザーイベントを実施。インテル製CPUとのベンチマーク対決やオーバークロックの解説など、いろいろと踏み込んだ内容だった。(2009/1/14)

魅惑的なアートの群れ:
性能とデザインを自分色に染められるデルの「Studio 15」で年を越す
スタイリッシュなデザインにHDMI出力端子を搭載し、豊富なデザイン天板を備えた異色のノートPC「Dell Studio 15」の新モデルを徹底解剖した。(2008/12/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
待望の「KUMA」登場も、「AMDはいつもタイミングが悪いッス」
コードネーム「KUMA」こと、AMDのK10世代デュアルコアCPUが登場した。そこそこ好評に売れているが、ウワサが出てから1年以上経ったためか、ショップの反応は少しだけ冷めている様子。(2008/12/21)

2009年PC春モデル:
16:9の15.6型ワイド液晶を初採用した主力ノート――「FMV-BIBLO NF」
富士通の主力ノート「FMV-BIBLO NF」は、中位機にAMDプラットフォーム、下位機にアスペクト比16:9の15.6型ワイド液晶を採用し、バリエーションを増やした。(2008/12/15)

2009年PC春モデル:
AVCRECに対応し使い勝手を高めたリビングPC――「FMV-TEO」
富士通のリビングPC「FMV-TEO」の春モデルは、AVCREC対応のDixel HDエンジンを搭載して長時間録画に対応し、DTCP-IPに対応したのが特徴だ。(2008/12/15)

2009年PC春モデル:
富士通、2画面+水冷ノートやXP搭載UMPCなど「FMV春モデル」を発表
富士通は、FMV-BIBLO、FMV-DESKPOWER、FMV-TEOの2009年春モデルを発表した。全11シリーズを12月19日から順次発売する。ノートPCの新シリーズに要注目だ。(2008/12/15)

元麻布春男のWatchTower:
次の波は2011年に来る──Analyst Dayに見るAMDの進化速度
45ナノプロセルルールを導入した“Shanghai”が発表された11月13日に、AMDは「Analyst Day」を行った。ここでは、そこでアップデートされたロードマップを紹介しよう。(2008/11/14)

最新動向をチェック:
CPUとプラットフォームに見るPC秋冬モデルのトレンド
2008年のPC秋冬モデルでは、各社の主力ノートPCにデュアルコアCPUが採用され、Vistaをより快適に利用できる環境が整ってきた。そのトレンドを整理しよう。(2008/10/22)

CEATEC JAPAN 2008:
初めてのCEATECだから、「AMD HD! Experience」をアピールする
AMDはCEATEC会場に設けた自社ブースで、「AMD HD Experience!」を紹介するカンファレンスイベントを開き、AMDのHDコンテンツ再生技術を訴求した。(2008/9/30)

Studio×Puma:
デルが放つ“Puma”な「Studio 1536」を間近に見た
デルの個人向けPCで「Inspiron以上、XPS未満」というポジションに位置付けられる「Studio」シリーズ。そのAMDモデルの実力はいかに。(2008/9/17)

日本HP、約7万円からの14.1インチワイド液晶エントリーノートPC「Dv4」シリーズ
日本ヒューレット・パッカードは、CTOカスタマイズに対応する14.1型ワイド液晶内蔵のノートPC「dv4」シリーズ2モデルを発表した。(2008/9/8)

ペンでもタッチでもOK:
Pumaに衣替えした10万円を切る激安タブレットPC「HP Pavilion Notebook PC tx2505/CT」の実力は!?
低価格なタブレットPCとして人気が高い「HP Pavilion Notebook PC tx2000」シリーズ。最新モデルでは内部を一新しながら10万円以下の価格を実現。その実力に迫る。(2008/8/26)

2008年PC秋冬モデル:
富士通、Atom搭載「LOOX U」や地デジ付き「DESKPOWER F」など秋冬モデルを一挙発表
富士通は、FMV-DESKPOWER、FMV-BIBLO、FMV-TEOの2008年秋冬モデルを発表。Atom搭載の「LOOX U」をはじめ、全10シリーズを8月22日から順次発売する。(2008/8/20)

2008年PC秋冬モデル:
ダビング10に標準対応し利便性をアップしたリビングPC――「FMV-TEO」
富士通のリビングPC「FMV-TEO」シリーズがラインアップを一新。出荷段階でダビング10に対応したのがトピックだ。(2008/8/20)

Intelを意識:
AMDがビジネスデスクトップ向けの新プロセッサをリリース
AMDの新しいAthlonおよび「Phenom」プロセッサのリリースは、同社が最近投入したビジネスデスクトッププラットフォーム向けのプロセッサラインアップを充実させるものとなる。AMDは、企業向けクライアント分野でIntelとの競争力を高める考えだ。(2008/8/19)

スタンダードPCでもBD搭載:
08年版NECの定番ノートPC「LaVie L LL570/RG」を眺める
NECのメインノートPC「LaVie L スタンダードタイプ」の中で、フラッグシップとなる「LL570/RG」をじっくりと観察した。(2008/8/19)

2008年PC秋冬モデル:
Pumaプラットフォームを採用しHDMI端子を搭載――「LaVie L スタンダードタイプ」
NECのノートPCで主力を占めるのが「LaVie L スタンダードタイプ」だ。Pumaプラットフォームに一新して性能強化を図っている。(2008/8/19)

富士通謹製リビングPC:
黒くて“四角い”リビングPC「FMV-TEO/A90D」を試す
「FMV-DESKPOWER F」と並び、富士通が提案する新スタイルのPCが「FMV-TEO」だ。進化した第2世代の黒モデルをチェックした。(2008/8/15)

選べる天面カラーは全8色:
“プチぜいたく”を味わえるミドルレンジノートPC――デル「Studio 15」
デルのコンシューマー向けPC「Studio」シリーズ。ミドルレンジに位置する新ブランドの実力を見ていく。(2008/8/14)

この色が欲しかった:
“シンプルなこだわり”を積み重ねた淡色ノートPC――NEC「Lavie N」シリーズ
NECが2008年秋冬モデルとして投入する新ノートPC「LaVie N」。使いやすさや可搬性、高いデザイン性がコンセプトのニューモデルを最速でチェックした。(2008/8/5)

2008年PC秋冬モデル:
落ち着いたカラーとデザインで魅せるNECの新コンパクトノート――「LaVie N」
NECが4面にカラーリングを施した13.3型ワイド液晶ディスプレイ搭載の新ノートPCを投入する。発売は8月7日の予定だ。(2008/8/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Wind Notebook U100」の再入荷は7月末?――“神様”と“兄貴”も登場したMSIイベント
MSIがユーザーイベントを秋葉原で開催。話題のWind Notebookや発表したばかりの新型ノートPCなどを展示し、“たまたま”来場したサプライズゲストによる講演などが行われた。(2008/7/27)

PumaもMontevinaも登場:
MSIブランドのモバイル/ゲーミングノートPCを投入――低価格ミニノートPC第2弾も言及
エムエスアイコンピュータージャパンがノートPCのラインアップを一新。MSIブランドのノートPCとして日本に投入される。(2008/7/26)

AMD、低価格ノートPC用プロセッサは当面なし
AMDの最高マーケティング責任者が、超低価格ノートPC向け市場への取り組みや、Opteronの新版Shanghaiについて語った。(2008/7/24)

日本HP、“grid”デザイン採用ノートPCなど秋冬モデル7製品を発表
日本ヒューレット・パッカードは、秋冬モデルとなる個人向けノートPC「HP Pavilion Notebook PC」およびデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC」新製品計7モデルを発表した。(2008/7/22)

選択と集中:
プロセッサ事業を見直すAMD
AMDのヘクター・ルイズCEOが退任し、ダーク・マイヤー社長が同社の舵取りを引き継ぐ。それに伴い、AMDはサーバとPC向けのチップ、低価格ノートPC市場向けのプロセッサにフォーカスした堅実な目標を目指す。(2008/7/22)

インテル、“Montevina”こと「Centrino 2」を発表
インテルは7月16日に、新世代のノートPCプラットフォームとなるCentrino 2を正式に発表した。FSB1066MHzへの対応、切り替え可能なグラフィックス機能、WiMAXを想定した無線LANなどが注目される。(2008/7/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ATIとくっついた強みが出てきた」――GPUの活用を示したAMDイベント
RADEON HD 4850/4870が好調に売れ続けるなか、AMDは「納涼 AMD祭り」を開催し、同GPUの新しい活用法を紹介した。(2008/7/14)

新モバイルプラットフォーム:
Intel、「Centrino 2」をいよいよ発表
発表が延期されたIntelの新モバイルプラットフォーム「Centrino 2」は、7月14日にデビューする。ノートPC用の最新のCore 2 Duoプロセッサ、そして強力なグラフィックスとワイヤレス技術を提供する。HPやLenovoなど多数のベンダーが新ノートPCを投入する予定だ。(2008/7/10)

デルの新ブランドノート「Studio 17」「Studio 15」ショートショートレビュー
「Studio」のインテルプラットフォームモデルを早速紹介。そのスマートなスタイルと性能を見てみよう。(2008/6/27)

デル、コンシューマー向け新ブランド「Studio」発表
デルは6月27日に、新しいコンシューマー向けノートPCのブランド「Studio」を立ち上げ、その第1弾となる「Studio 17」「Studio 15」「Studio 1536」を発表した。7月1日から販売を開始する。(2008/6/27)

Pumaで広がるAMD HD! Experienceの世界
日本AMDは、COMPUTEX TAIPEI 2008で発表した新世代ノートPCプラットフォームと、2008年3月に発表したAMD HD! Experienceのアップデートを日本の関係者に紹介した。(2008/6/12)

2008年PC夏モデル:
中はPuma、外はBlackな新生リビングPC――「FMV-TEO」
富士通はリビングPC「FMV-TEO」を一新。AMDの新プラットフォームを採用し、BDドライブとダブルチューナー搭載の構成で実売価格は20万円前後まで下がった。(2008/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
Pumaのごとくスタートダッシュを狙うAMD――「Turion X2 Ultra」発表
AMDは、Centrino 2の延期を尻目にノートPC向け新プラットフォーム“Puma”の出荷を開始。発表会では、東芝製ノートPCや外付けGPUも公開された。(2008/6/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。