ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アートフィルター」最新記事一覧

今日から始めるデジカメ撮影術:
第186回 曇天と水着とアングルの関係
回数を見て「ん?」と思った人もいるかもしれないが、1年ぶりとなったデジカメ撮影術は、13回目を迎えた海辺での水着撮影なのである。残念ながら今年は天気に恵まれなかったが、曇りなら曇りでいろいろと撮りようがあるのだ。(2016/7/18)

PR:マイクロフォーサーズで“次の1本”を選ぶなら オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」はいかが?
レンズ交換式カメラの醍醐味は、明るい単焦点レンズにあると言っても過言ではない。単焦点レンズを1本買ってみると、キットレンズとしてボディーに付属する標準ズームレンズとはまた違った世界が撮れるようになる。(2016/6/24)

カメラファンを魅了する、質感の高いPEN――オリンパス「PEN-F」
半世紀前に誕生した世界初のハーフサイズ一眼レフの名を継承したPENシリーズの最高峰。シリーズ初搭載のファインダーが、往年のカメラ好きの心を震わせるメカっぽいデザインや操作系にマッチして心地よい。(2016/2/3)

オリンパス、レンジファインダースタイルのミラーレス一眼「PEN-F」を発表
懐かしのハーフサイズカメラと同じ名を冠したミラーレス一眼「PEN-F」がオリンパスから登場。これまでのPENとは異なる、質感の高い通好みのカメラだ。(2016/1/27)

小さくて軽いボディにミドルクラスの機能と操作性――「OM-D E-M10 Mark II」を試す
OM-Dシリーズのエントリーモデルに位置付けられるE-M10がMark IIとして新登場した。新たに5軸手ブレ補正やAFターゲットパッドなど、使い勝手を向上させる仕組みが取り入れられ、上位モデルに迫る機能と操作性を手に入れた。(2015/8/31)

エントリー一眼でもボディ内5軸手ブレ補正 オリンパス「OM-D E-M10 Mark II」を発表
ファミリー層をターゲットにした購入しやすい価格帯のミラーレス一眼、「OM-D E-M10」が5軸手ブレ補正機構を採用してパワーアップ。「OM-D E-M10 Mark II」として登場する。(2015/8/25)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「IoTで変わるモノの本質」
これからのビジネスや社会に向けて活用が過熱化しているといわれるIoT。この機にIoTでの新たなビジネス展開を、と考えている方もいることでしょう。そんなとき、3分立ち止まって押えておきたいポイント「IoTで変わるモノの価値」を紹介しょう。これで名案が浮かぶこと請け合い!(2015/6/29)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズの“大三元”が完成――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」
オリンパスのマイクロフォーサーズ対応レンズのラインアップに、F2.8通しの広角ズームレンズが登場。これで広角から望遠までをF2.8でカバーする「大三元」レンズがそろった。(2015/6/24)

撮ったらすぐにスマホに転送:
カシオの「EXILIM EX-ZR1600」に見る、スマホ時代のコンデジのあり方
Bluetooth SmartとWi-Fiを組み合わせて、スマートフォンとのWi-Fi接続がストレスなく行える製品が登場してきた。今後、スマホと組み合わせて使うタイプのコンパクトデジカメは、こうしたスタイルになっていくのかもしれない。(2015/3/31)

新世代カメラを楽しむ:
いろいろなレンズ、スタイルで撮る「OLYMPUS AIR A01」
マイクロフォーサーズのレンズをあれこれ付けて、いろいろなスタイルで遊べる「OLYMPUS AIR A01」が発売になった。今回は手持ちのレンズをいろいろと試してみたのでご覧あれ。(2015/3/26)

アプリで進化するカメラ:
マイクロフォーサーズを小さくまとめた“マウントだけカメラ”「OLYMPUS AIR A01」
残念ながら発売の延期が発表されたが、オリンパスからスマホと連携して遊べる新世代カメラ「OLYMPUS AIR A01」が登場する。アプリやパーツの作成が可能なオープンプラットフォームカメラという位置付けだが、まずはカメラ機能をチェックしてみよう。(2015/3/6)

交換レンズ百景:
魚眼レンズとアートフィルターで見慣れた景色も違って見える――オリンパス「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」
オリンパスが、ボディーキャップ代わりに付けておくレンズとして展開しているボディーキャップレンズに、焦点距離9ミリの魚眼レンズが登場。ちょっとした街歩きに便利だし、アートフィルターとの相性もいい。(2015/1/22)

注目の4機能を解説:
「OM-D E-M1」ファームウェアVer.2.0の進化ポイントを探る
オリンパスのハイエンドミラーレス一眼「OM-D E-M1」のファームウェアが、Ver.2.0へとメジャーアップデートを果たした。1.xから2.0になり、どこが変わったのかチェックしていこう。(2014/10/23)

自分撮りと夜景が楽しくなるカジュアルカメラ――オリンパス「PEN Lite E-PL7」
アジア圏の若い世代を中心に「自分撮り」を楽しむ人が増えている。そんな自分撮り機能を前面に押し出したミラーレスカメラとしてオリンパスから「PEN Lite E-PL7」が登場した。(2014/9/19)

オリンパス「OM-D E-M1」のファームウェアVer.2.0を公開 シルバーモデルも10月下旬発売
オリンパスのミラーレス一眼フラッグシップモデル「OM-D E-M1」に最新機能を追加するファームウェア Ver.2.0が公開された。これに合わせてVer.2.0を搭載するシルバーモデルも10月下旬に発売する。(2014/9/16)

自分撮りとスマホ連携を強化したPENの新モデル「PEN Lite E-PL7」
オリンパスイメージングから、スマートフォンユーザーを強く意識したPENの新モデル、「PEN Lite E-PL7」が登場。(2014/8/28)

「もう一度“PEN”を見直して、大胆に」――受け継がれるオリンパスの“PENイズム”(後編)
オリンパスのデジカメ「PEN」シリーズも誕生から5年。LiteやMiniなどバリエーションも増え、「OM-D」シリーズも登場した。受け継ぐべき“イズム”と、時代に即した“変化”は何か。(2014/7/10)

インタビュー:
「とにかくカッコイイ」「新しい」カメラを作ろう――受け継がれるオリンパスの“PENイズム”(前編)
オリンパス「OLYMPUS PEN」シリーズは初代から5年が経過するものの、いまでもそのルックスとコンセプトは色あせることがない。最新モデルまで脈々と受け継がれているPENイズム。そのヒミツを聞いてみることにしよう。(2014/7/9)

「PEN Lite E-PL5」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「PEN E-P5」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

1ミリを44.4ミリにする「STYLUS TG-3 Tough」でぐぐっとミクロの世界に迫ってみよう
オリンパスのタフデジカメ「OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough」は強力な防水性能やF2からの明るいレンズなどはそのまま、マクロ撮影機能を強化することで、“スマホでは撮れないデジカメならではの写真”を手軽に楽しめる。(2014/6/9)

AFレスポンス向上など「OM-D E-M1」「OM-D E-M10」最新ファームウェア
(2014/5/21)

スマホアプリからの操作性向上など、「STYLUS 1」「E-P5」最新ファームウェア
オリンパスが「STYLUS 1」および「E-P5」の最新ファームウェアを提供開始した。(2014/5/15)

購入者全員にシステム拡張用アダプタープレゼント、「STYLUS TG-3 Tough」発売記念キャンペーン
オリンパスがタフデジカメの最上位機「OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough」の発売を記念し、購入者全員にコンバーターアダプター「CLA-T01」をプレゼントするキャンペーンを実施する。(2014/5/13)

1ミリが44.4ミリに マクロ機能を強化したタフデジカメのフラグシップ「STYLUS TG-3 Tough」
F2.0からの明るいレンズを搭載したタフネスデジカメ「STYLUS TG-3 Tough」が登場。レンズ周りは既存TG-2を踏襲し、マクロ撮影機能を強化、Wi-Fiも搭載した。(2014/5/13)

使い勝手のいい“PENデザイン”の24倍ズームコンパクト オリンパス「STYLUS SH-1」
オリンパスの人気シリーズ「PEN」を連想させるボディに、24倍ズームと光学5軸手ブレ補正を備えたコンパクトデジカメが「STYLUS SH-1」だ。“世界初”のブレ補正は強力で、使い勝手の良い製品に仕上がっている。(2014/5/1)

PENデザインに“世界初”光学5軸手ブレ補正 オリンパス「STYLUS SH-1」
オリンパスが「PEN」シリーズを連想させるデザインのボディに、“世界初”の動画と静止画いずれにも有効な光学5軸手ブレ補正を備えたコンパクトデジカメ「STYLUS SH-1」を発売する。(2014/3/31)

本格的な使い勝手と画質、小さなOM-D「OLYMPUS OM-D E-M10」
オリンパスOM-D三兄弟の末弟、それが「OM-D E-M10」。上位機が備える防じん防滴は省かれたけれど、それを除けば、コンパクトで携帯性は高く、手ブレ補正の効きもいい。良くできたカメラで、“一眼レフ”を買おうとしている人も候補にした方がいい。(2014/2/28)

水中で自分撮り チルト液晶搭載のタフカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」
オリンパスは防水などのタフネス性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」を発売する。TG-850はチルト液晶を搭載、“水中での自分撮り”など多彩な撮り方を楽しめる。(2014/2/12)

狙った獲物は逃さない “ワシの目”照準器搭載 オリンパス「STYLUS SP-100EE」
オリンパスは世界初という、ドットサイト式照準器を搭載した超高倍率ズーム機「STYLUS SP-100EE」を発売する。EEはEagle Eyeの略称。(2014/2/12)

高速EVF搭載、上位機の特徴を引き継いだスモールプレミアム「OM-D E-M10」
オリンパスがマイクロフォーサーズ規格に準拠したミラーレスカメラの新製品「OM-D E-M10」を発売する。OM-Dシリーズのエントリーながら、センサーやエンジンは上位機と同等、高精細なEVFも搭載した。(2014/1/29)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
2013年を総括! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
この1年間を振り返り、とくに印象深いハードとソフトをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。今年はハイレゾ関連のタイトルや機材が多いようです。(2013/12/25)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第35回 「メシマズ写真」にならぬiPhoneテクニック
iPhoneで料理を撮る機会は多いと思う。しかし、ただ撮っただけではいわゆる「メシマズ写真」になりかねない。もちろん撮るコツもあるんだけど、一手間かけるだけで見違えるのだ。今日はそんなお話し。(2013/12/3)

万能感の高い 1/1.7型 搭載機の最高峰――オリンパス「STYLUS 1」
ミニOM-D的なスタイルの中身は間違いなく本格派。1/1.7型撮像素子搭載デジカメの中では間違いなく最高峰であり、かなりスゴい。ちょっとした旅行や撮影ならこれ1台で済みそうだ。(2013/12/2)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第34回 紅葉を鮮やかにするiPhoto実践テクニック
都内も冷え込んできて、きれいな紅葉を手軽に楽しめるようになってきた。そこで、紅葉を脳内イメージのように鮮やかにするのである。iPhotoで。(2013/11/26)

手のひらに“サンニッパ” 全域F2.8 10.7倍ズームの「OLYMPUS STYLUS 1」
オリンパスが小型ボディに全域F2.8 35ミリ換算28〜300ミリズームを搭載した「OLYMPUS STYLUS 1」を発売する。「OM-D E-M5」同等のEVFも備えるなど、本格的な撮影を楽しめる。(2013/10/29)

実用度の高いハイエンドミラーレス 「OLYMPUS OM-D E-M1」
オリンパス「OLYMPUS OM-D E-M1」は同社最上位モデルであり、「実用機」としての存在感が強い本格的なフラッグシップ機。E-M5との比較も含めて、使用感をお伝えしたい。(2013/10/1)

オリンパス、一眼レフを統合するフラグシップ「OLYMPUS OM-D E-M1」
オリンパスがミラーレス一眼のフラグシップ「OLYMPUS OM-D E-M1」を発売する。一眼レフ「E-5」の後継でもあり、「オリンパスの集大成」とも呼べる画質と技術を小型ボディに詰め込んだ。(2013/9/10)

交換レンズ百景:
アートフィルターと相性抜群、いい味出してる“ボディーキャップ” オリンパス「BCL-1580」
わずか9ミリと薄く、そして安価。なんとも面白いレンズがオリンパスの“ボディーキャップレンズ”「BCL-1580」。「PEN」などに組み合わせて、アートフィルターを楽しむのに最適だ。(2013/9/6)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第23回 Snapseedで写真を派手に!
iPhoneで撮った写真にフィルタをかけるのは珍しいことじゃないけど、「Snapseed」にはこれはっていう特徴的なフィルタがたくさんある。「ドラマ」やレトロ系など、代表的なモノを紹介してみるのだ。(2013/8/6)

ミラーレス一眼の“顔”とも呼べる魅力的カメラ――「OLYMPUS PEN E-P5」
外観の印象こそ初代から大きく変化してないが、「OLYMPUS PEN E-P5」はガラリと変わった。いわゆる「OM-D画質」になって、操作性も向上。モニタはチルトするし、手ブレ補正はよく効く。WiFiにも対応と、P3からの買い換えも勧められるデキだ。(2013/7/1)

「あったらいいな」をきめ細やかに備えた、熟成の1台「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」
「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」は既存「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」の上位モデル。基本機能はそのままに細部への改良が多く加えられ、熟成された製品だ。(2013/6/7)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第14回 デジカメユーザー的視点によるiPhoneカメラQ&A 15連発
この連載ではここまでiPhoneカメラの活用の話を中心にしてきたのだけど、今回はちょっと趣向を変えて、カメラ性能・機能そのものの話。15のQ&Aでお送りします。(2013/5/28)

OM-Dをしのぐ高性能機 「OLYMPUS PEN E-P5」(β) ファーストインプレッション
久々に登場するPENシリーズのフラグシップが「OLYMPUS PEN E-P5」。OM-D E-M5をしのぐ高性能と操作性を手に入れた最新機種のファーストインプレッションをお届けする。(2013/5/27)

E-P5最大の進化、それは“喜び” 新PEN発表会
PENシリーズ最新の最上位モデル「E-P5」がもたらすのは“喜び”。新製品発表会の席上で、新モデルの狙いが語られた。(2013/5/10)

オリンパス「E-P5」「E-PL6」購入者へレンズフードやボディキャップレンズなどプレゼント
オリンパスが「OLYMPUS PEN E-P5」ならび「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」の発売を記念したプレゼントキャンペーンを実施する。(2013/5/10)

PENデザイン進化、5軸手ブレ補正や高速シャッター装備の最上位モデル 「OLYMPUS PEN E-P5」
“PENらしさ”を突き詰めたシリーズ最上位機「OLYMPUS PEN E-P5」が登場する。デザインはさらに洗練され、5軸手ブレ補正や1/8000秒の高速シャッター、チルト液晶など機能面も充実した。(2013/5/10)

レスポンス高速化、タイムラプスなど充実機能 「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」
オリンパスが「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」を発売する。OM-D譲りの画質の高さはそのままにレスポンスを高め、タイムラプスやインターバル撮影など機能を充実させた。カラバリも4色展開に。(2013/5/10)

小さな高機能コンパクト、オリンパス「STYLUS XZ-10」で撮る春の予感
オリンパス「STYLUS X」シリーズの第3弾として「STYLUS XZ-10」が登場。大口径の光学5倍ズームや新感覚の「PHOTOSTORY」機能を薄型ボディに詰め込んだ意欲作だ。この高機能コンパクトを使って、訪れつつある春の息吹を撮ってみた。(2013/2/20)

オリンパス、「STYLUS XZ-10」などSTYLUSシリーズ新製品の発売日を告知
オリンパスは「2月下旬」としていたコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS XZ-10」の発売日を2月23日と発表した。(2013/2/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。